外国為替証拠金取引 とは。 FX(外国為替証拠金取引)とは?特徴と攻略法解説 | FX検証ブログキング

FX(外国為替証拠金取引)の仕組みをわかりやすく解説【初心者用】

外国為替証拠金取引 とは

FXは「Foreign Exchange」の略と言われています。 直訳すれば「外国為替」となります。 しかし、一般的には「FX」のことを、 日本語では「外国為替証拠金取引」と呼んでいることを考えると、 FXは「Foreign exchange margin trading」の略と 考えた方が良いでしょう。 繰り返しになりますが、FXとは 「外国為替証拠金取引」 です。 言い換えると、 「 外国為替を使った 証拠金取引」 です。 以降、「証拠金取引」の特徴について説明します。 この記事を読むと、 FX(外国為替証拠金取引)の仕組みを理解でき、 実際に取引するために必要な概念が分かっていただけます。 月に30万稼ぐために、 まず最初に理解していただきたいとても大事な「概念」になります。 これを理解することで、自分で証拠金の計算ができたり、 資金管理計画ができるようになります。 FX取引の重要概念である「証拠金取引」とは それでは「証拠金取引」とは何でしょうか。 証拠金取引とは証券会社またはブローカー(仲介業者)に、 一定のお金を 担保として預け入れて、 預け入れした金額以上の取引を可能とする仕組みのことです。 FX以外では、 株式の信用取引(信用取引では「保証金」と呼びます)や 先物取引(日経225先物、225mini先物など)が同様の考えで 取引されています。 具体例を挙げてみます。 50(111円50銭)です。 以下、計算しやすように1ドル 112円とします。 また、1ドルでは金額が小さいため、 ここでは 1,000ドル分の取引をすることを考えます。 さて、1,000ドルを買うには幾ら必要でしょうか。 1,000ドルを買うには11万2千円必要ということになります。 FX(外国為替証拠金取引)取引のレバレッジとは 上の例で、 1,000ドルを買うには11万2千円必要でした。 これは実際の為替の現物の取引です。 ニューヨークに旅行に行く場合に1,000ドル必要であれば、 空港で11万2千円+手数料で、1,000ドル買うことができます。 これに対して、 証拠金取引の場合、大きく3つの特徴があります。 10キロの重さの荷物をレバレッジを使えば、 1キロの力で上げることができるようなイメージのものです。 日本国内FX証券会社の場合、25倍まで設定することができます。 証拠金取引の場合、11,200円支払うということでなく、 11,200円の証拠金があれば取引できる。 という表現が正しいです。 差金決済とは、買ったときに「買ったことにして」 その反対売買の売り(決済)を行ったときに、 その差額を損益として計算することです。 例えば、上の例の場合、 11,200円の証拠金で、1,000ドル(11万2千円相当)を買ったことにして、 その後ドル円レートが 112円から113円になったときに決済すれば、 その差額である (113円-112円)x 1,000 円=1,000円の利益が発生します。 ドル円のレートは0. FX(外国為替証拠金取引)取引の新規売りOKの意味は また、通常の対象商品の実体がある取引であれば、 実際に持っていないものは売ることが出来ません。 したがって、ドル円のレートが下がると思えば、 最初から「売る」ことができます。 これが証拠金取引の大きな特徴になります。 いかがでしょうか。 株式の信用取引や日経225先物などの取引経験がある方は すんなり理解できる内容だと思います。 全くの初心者の方にはちょっと馴染めない考えかもしれません。 ただ、とても重要なので、是非理解していただきたい内容です。 計算が苦手な方は、具体例をノートに書き自分で計算してみると 理解ができると思います。

次の

レバレッジとは?

外国為替証拠金取引 とは

1.外国為替証拠金取引とは• (1)外国為替証拠金取引の概要 外国為替証拠金取引は、1998年の外為法(外国為替および外国貿易法)改正により可能となった新しい取引です。 その後、2005年7月に施行された改正金融先物取引法、2007年9月に施行された金融商品取引法の適用を受け、外国為替証拠金取引は、より公正で透明性の高い取引となっています。 (2)ダイワFXの仕組み 「ダイワFX」は、相対取引で行われます。 当社は、インターバンク市場の為替レートを参考に取引可能な為替レートをお客さまに提示します(このレートを「提示レート」といいます)。 (3)外国為替証拠金取引の取引方法 外国為替証拠金取引は、一定の証拠金を担保に、その数倍から数十倍の金額の外国為替取引を行うことができる取引です。 「ダイワFX」では、お客さまがレバレッジを1倍、2倍、5倍、10倍、20倍、25倍の中から選択することができ、それぞれ証拠金額の約1倍、約2倍、約5倍、約10倍、約20倍、約25倍までの外国為替取引が可能です。 外国為替証拠金取引での新規取引とは、外国為替取引を新たに行う取引のことをいい、新規取引を行って保有した外国為替を「建玉」(「買いの新規取引」を行った場合は「買建玉」、「売りの新規取引」を行った場合は「売建玉」)といいます。 新規取引と反対の決済取引を行っていただくことで、建玉を決済することができ、新規取引と決済取引との差損益を授受することができます。 例えば、1米ドル110円で1万米ドルの「買いの新規取引」を行います。 ただし、「買いの新規取引」に対して「売りの新規取引」(「売りの新規取引」に対して「買いの新規取引」)を行っても決済したことにはなりません。 決済する際は、「買いの新規取引」に対して「売りの決済取引」(「売りの新規取引」に対して「買いの決済取引」)を行っていただきます。 (4)ロールオーバー 外国為替取引には、スポット取引(直物取引)とフォワード取引(先物取引)があります。 現時点で通貨の交換を行うことをスポット取引といい、将来のある時点における通貨の交換を行うことをフォワード取引といいます。 スポット取引では通常、取引成立日(約定日)の翌々営業日に受渡しが行われます。 「ダイワFX」はスポット取引のため、約定日の翌々営業日に差損益等の受渡しが行われます。 しかし、未決済の建玉については自動的に想定受渡日(決済した場合の受渡日)が1営業日繰延べられます。 これをロールオーバーといい、これにより建玉の決済期限は原則として無期限になります。 (5)スワップポイント ロールオーバーを行うと、建玉通貨ペアの金利差に相当する額が調整(受取りまたは支払い)されます。 この金利差調整額をスワップポイントといいます。 スワップポイントはロールオーバーを行うことで生じるので、ロールオーバーが行われないときにはスワップポイントは発生しません。 また、休日を挟む場合などで想定受渡日が複数日繰延べられる場合は、ロールオーバー時に、繰延べられた日数分のスワップポイントが発生します。 この場合、日本円を売ってNZドルを買っています)、スワップポイントを受け取ることになります。 また、通貨の需給の偏りにより、スワップポイントが金利差を反映せず、買い付けた通貨の対象国の金利が売り付けた通貨の対象国の金利よりも高い場合にもスワップポイントを支払うことになる場合があります。 スワップポイントは、取引日が終了したとき(「ダイワFX」では、ニューヨーク時間17:00〔米国標準時間の期間は日本時間で7:00、米国夏時間の期間は日本時間で6:00〕を取引日の終了時間としています)に、その時点での未決済建玉に対して発生します(受取りまたは支払いが行われます)。 「ダイワFX」では、日々発生するスワップポイントは評価損益として計上され、実際の受取りまたは支払いが発生するのは決済取引の受渡日となります。 2.外国為替取引とは 外国為替取引には、以下のような特徴があります。 (1)外国為替取引の概要 例えば、アメリカへ海外旅行に行くとき、日本円を米ドルに交換します。 この通貨を交換する行為を外国為替取引といいます。 このとき、米ドルと日本円を交換する比率を「為替レート」といいます。 為替レートは、ある通貨1単位に対して交換する通貨がいくらであるか(1米ドルを買うのに日本円でいくら必要か、もしくは、1米ドルを売ると日本円でいくらになるか)という形で表示されます。 (2)外国為替市場 外国為替市場とは、外国為替取引が行われている場を指します。 取引参加者は、電話や端末を用いて相対取引(取引参加者同士の直接的な取引)を行っています。 外国為替市場は、取引参加者や取引金額などの違いにより、インターバンク市場と対顧客市場の2つに大きく分類されます。 インターバンク市場 銀行など信用力の高い金融機関同士が取引する市場です。 ここで形成される為替レートが、ニュースなどで外国為替相場として報道されるレートになります。 対顧客市場 銀行などインターバンク市場に参加している金融機関が、貿易会社などの企業や個人と取引をする市場です。 ここでは、インターバンク市場の為替レートに基づいて、外国為替取引が行われます。 (3)外国為替の変動要因 外国為替の変動には、以下のような要因が考えられます。 各国通貨間の金利差• 各国の景気・経済動向• 戦争等の政治的な要因、地震等の天災• 各国通貨間の資金の流れ.

次の

証拠金取引とは? 初心者コーナー/マネックス証券

外国為替証拠金取引 とは

FXは、レバレッジを利用し、少ない証拠金を元手にその何倍もの金額を運用することができます。 (個人のお客様は最大25倍、法人のお客様は過去の相場変動に基づき当社が定める額) 金利差で収益を得られるチャンスも! FXでは、2つの通貨の金利差で収益を得られるチャンスがあります。 一般的に、金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買えば、2通貨間の金利差からその差額(スワップポイント)を受け取ることができます。 逆に、金利の高い通貨を売って、金利の低い通貨を買う場合は金利を支払うことになります。 また、2通貨間の金利差が縮小するとスワップポイントの受払額は少なくなり、金利差が逆転するとスワップポイントの受取りと支払いの関係が逆転します。 また、外国為替証拠金取引(FX)は少額の証拠金で、その差し入れた証拠金を上回る金額の取引をおこなうことができるため、大きな損失が発生する可能性があります。 また、その損失額は差し入れた証拠金を上回るおそれがあります。 外国為替証拠金取引(FX)の取引にかかる費用等 外国為替証拠金取引(FX)の取引手数料は無料です。 なお、取引にあたっては各通貨の売付価格と買付価格には差(スプレッド)があります。 スプレッドは通貨ペアごとに異なります。 詳しくは取引説明書等をご確認ください。 〔楽天MT4口座〕 想定元本の4%以上の証拠金が必要となります。 「為替リスク想定比率」とは、金融庁長官が定める方法(定量的計算モデル)を使い算出されるものです。

次の