生理を遅らせたい ピル以外。 生理を遅らせたいときに知っておきたいこと

不正出血があるので、ピルを飲んだら治りますか?

生理を遅らせたい ピル以外

おすすめは、 ピルを飲むことです。 ピルは避妊以外に、子宮まわりの病気予防に役立ちます。 子宮内膜を薄くする作用があるため、生理ではがれ落ちる部分が減り、結果、 経血量を軽減。 それによって、 生理痛も緩和されます。 さらに、注目したいのが 子宮内膜症進行の予防、 卵巣がんなどにかかりにくくなるなど、病気のリスクを軽減する作用も期待できる点。 また、生理前後のホルモンバランスの乱れを整える作用もあるので、 PMSや ホルモンバランスの乱れによる肌荒れの改善にも役立ちます。 「今のところ、妊娠はいいや」と思っていても、飲んでおくのが賢明です。 ピル服用時のポイントは? ピルを服用するときに、知っておきたいことは以下の通り。 しっかり頭に入れておきましょう。 服用理由を伝えて処方してもらう まずは婦人科でピル処方の希望を伝えましょう。 症状や服用理由によって、適したピルを処方してもらえるので、服用の目的をしっかり伝えることが大事です。 「低用量ピル」と「超低用量ピル」の2タイプがある 違いは、含まれる女性ホルモンのエストロゲンの量。 超低用量ピルは月経困難症などの症状があれば、保険が適用されます。 1シート¥2,000〜3,000 自費でも保険適用でも、1シート(約1ヵ月分)で、この程度。 安いからとネットで購入せず、必ず医療機関で処方してもらいましょう。 服用は1日1回 処方されて最初の生理が始まった日から1日1錠を服用して。 飲み忘れたら、気付いたときに1錠飲み、その日の分も飲めばOKです。 処方は2〜3ヵ月分が一般的 保険適用のピルは、まとめて処方できるのが3ヵ月分まで。 自費のピルの場合、半年分くらいは処方してもらえる医療機関が多いです。 最初の1〜2ヵ月は副作用があることも 昔と比べて副作用が断然少なくなったものの、ホルモンバランスが変わるので、からだのだるさ、軽い吐き気や頭痛などがあることも。 かかりつけの病院を持っておきましょう 「不正出血がある」「おりものがちょっと変」など気になることが起こった場合に、すぐに行ける病院を持っておくといいでしょう。 そこで、検診も継続して受けるのがベストです。 それは毎回違う病院に行くよりも、過去の超音波検査などのデータもあるほうが、医者も診断しやすいから。 これは婦人科に限らず、ほかの科でも同じ。 かかりつけの病院を持っておくことは、自分のからだを愛することにつながります。 定期的な検診はもちろんですが、自分のからだのためにできることを考え、実行していきましょう。 監修/産婦人科医・高橋怜奈先生 東邦大学医療センター大橋病院・婦人科在籍。 2016年6月にボクシングのプロテストに合格し、世界初の女医ボクサーに。 女性医師が数多く所属する「女医+(じょいぷらす)」の一員として、健康の啓蒙活動なども行う。 イラスト/上坂じゅりこ.

次の

生理で悩んでいるなら、低用量ピルを。私が医師として勧める理由

生理を遅らせたい ピル以外

スポンサーリンク 生理を遅らせるピルの悪影響 吐き気などの副作用以外でピルを飲むことで体に悪いことはあるのかな?と調べてみました。 まず、生理を遅らせる、などの目的を問わず、ピルによる悪影響もわずかですがあります。 ・血栓症(血管のなかに血の塊ができる)リスクが高まる。 ・子宮頸がん発症率がわずかに増える という悪影響が報告されているそうです。 なので、心臓病を持っている人や、高血圧の人などはお医者さんに相談する必要があると思います。 ですが、ピルは広く世界中で多くの女性が使っている薬です。 生理を遅らせる、という目的だけでなく、生理周期安定のためや、避妊のためなど、 日常的に服用している人も多い薬。 なので、過剰に心配する必要はないのではないかな?と個人的には思います。 生理を遅らせるための2週間服用しただけで、一気に血栓症になったり子宮頸がんになったりする可能性が高いのであれば、 そもそもピルなんて流通してないんじゃないかと思うので…。 ただ不安な場合は、処方してもらう前にお医者さんにこれでもかってくらい質問しておくのが安心ですよね。 また、ピルを服用することによって、その後妊娠しにくくなる…などといった報告はないそうです。 生理を遅らせるピルを服用中のお酒について 旅行の日程に生理が被らないようにピルを服用中、お酒は飲んでもいいのでしょうか? 折角旅行に出かけるのだから旅先でお酒も楽しみたいですよね。 気になって調べてみたのですが、 ピルはホルモン系のお薬なのでピル服用中に飲酒してもOKです。 ・・・が、 ついうっかりピル服用後、お酒を飲み過ぎて嘔吐してしまった場合…。 飲み込んだピルが体に吸収されずに排出されてしまう可能性があります。 もし、お酒の飲みすぎによる嘔吐によってピルが出てしまったら… ピルを飲み忘れたことと同じになり、月経移動に失敗したということになるので、 そこだけ注意したいですね。 産婦人科で処方してもらえるし、手軽に服用することができます。 が、デメリット(主に副作用)があるのも事実…。 自分の体質と相談しながら、ピルを服用して生理をずらすか、 生理とうまく付き合いながら旅行に挑むか決めたいところですね…。

次の

生理を遅らせるピルの購入方法と値段。保険は適用される?

生理を遅らせたい ピル以外

ピルの力を持ってしても難しい生理日の変更 生理日を本気で変更したいと考えているのなら、プラノバールのようなピルを病院で処方してもらうのが一番確率が高いです。 ところがそのピルを持ってしても100%の成功率ではありません。 生理日の変更には「生理を早める方法」と「生理を遅らせる方法」がありますが、どちらかというと生理を遅らせる方が成功率は高いと言います。 どちらを選択するかは病院の先生とよく相談して決めるといいと思います。 私の場合、旅行のスケジュールや副作用を考慮して先生から「早める」方を提案してもらいました。 私は生理を早めるためにプラノバールを処方してもらい、結果なんとかうまくいきましたが、かなりスケジュールが迫っていたので正直ヒヤヒヤしました。 プラノバールには副作用もあり、よほどのことがなければもう二度と飲みたくはないなあと思います。 そんな私でも未だに「生理日を変えたい!」と思う事はよくあります。 できれば安全で酷い副作用のない方法によって生理日を変えることができるのなら、これに越したことはありません。 豆乳のイソフラボンは効かなかった経験あり 豆乳のイソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きがあることから、摂り過ぎると生理が遅れる場合があると言われています。 これを利用して生理日がズレないかなあと思い豆乳を飲んでみたことがありました。 結果はこの記事の通り失敗しました。 このようにホルモンに影響すると言われている食品で何とかしようとするのはおすすめもできませんし、成功率も高くはありません。 それをふまえた上で、生理の周期に影響が出る可能性があると言われている食品には一応次のようなものがあります。 この他にもたくさんの食品があると思います。 これらの食品の信憑性や確実性はよく分かりません。 (「遅らせる」と「早める」に分類していますが、逆の結果になる人もいるみたい・・・) 私は豆乳で失敗に終わりましたが、みなさんが成功するかどうか、こればかりは何とも言えません。 実際に成功した人もいるでしょう。 ただしそれが摂取した食べ物のおかげなのかどうかを証明することは難しいと思います。 またより問題なのはサプリメントや成分を追加しているような製品です。 どんなものも過剰摂取にはくれぐれも気を付けてください。 スポンサーリンク 食べ物以外の方法について 生理日をズラす方法には食べ物以外にもいくつか言われているものはあります。 同じように確実性や成功率は分かりませんが、簡単にできるものもあるので参考にしてみるといいと思います。 ・ツボ押し ・マッサージ ・生理の友人にうつしてもらう ・イメージトレーニング ・気合い ・アロマテラピー これらは食べ物やサプリメントのように体内に入れるものじゃないという点では、リスクはあまりないような気がします。 (効果のほどは別にして副作用の心配は食品ほどはないでしょう。 ) ツボ押しはお金もかからないし理論はある程度確立しているのでやってみてもいいと思います。 私は生理をズラすためにツボを押したことはありませんが、生理痛を緩和するために生理前からツボを刺激したことは何度もあります。 有名なツボで 三陰交(さんいんこう)と 血海(けっかい)というツボがあります。 それに加えて 合谷(ごうこく)というツボも押しました。 これらのツボを刺激して生理痛を和らげようとしていました。 必ずではありませんでしたが、時々ビックリするくらい生理痛が軽い月があり、もしかしたらツボ押しが成功したのかな?って思ったことは何度かあります。 余談ですが、合谷を押すと思わず悲鳴をあげてしまうほど痛いです(笑) ツボの場所はこちらのサイトが分かり易いように思います。 それと結構メンタル面から攻めているものもあります。 こういった話は眉唾物ですし、信じられない人も多いとは思いますが。 私の友達は「友達にうつしてもらう」という方法で数回成功した!?という人がいました。 よく学生のころ冗談半分で「うつして〜」なんて言っていました。 なんでも血のニオイを本能が嗅ぎつけるらしいです。 もしそれが本当なら凄いですよね、人間の身体って。 だから生理になりたくない人は逆に生理中の人には近づかない方がいいらしいのです。 ちなみに私が成功(?)したのは「気合い」です。 絶対にこの日までならないぞ! って感じに日々自分に気合いを入れます。 これで生理日を遅らせたことがあります。 (あ、本当にそう信じているので生温かく見守ってください) もちろん本当に気合いのおかげかどうかは確かめようがありませんが、こういう時は「成功した!」って思いこむのも一つの手。 次に繋がるかもしれません(笑) でもこういうのって結構馬鹿にならないと思います。 心と体は繋がっているし、心の鍛錬を積んでいる人は身体をある程度自由自在に扱えるといいます。 精油の香りには女性ホルモンのバランスを整えるものがあると言われています。 ストレスは生理周期に影響を及ぼすので、心を癒す方法としてアロマテラピーもいいのではないでしょうか。 もっともこの場合、遅らせたり早めたりというより正常に戻すような気もしますが、もし生理周期がバラバラで困っている人にはいいかもしれませんね。 藁にも縋る思いは女性なら一度は経験する 上記に書いた通り、生理日を変更するにはピルが一番確実です。 ですが、ピルが飲めないケースというのもあります。 まずは緊急の時。 そんな時ピルは間に合いません。 生理予定日が数日に迫って医者に駆け込んでも無理なのです。 遅らせるにしても早めるにしても一定の期間をかけて計画的に服用しなくてはならないためです。 後はピルの副作用が激しくて飲み切れずに失敗した経験を持つ人。 他の薬を服用していてピルを飲むことができない人など。 こんなケースではピル以外の方法を探してしまうのも無理はないこと。 そんな場合は何か他のことを試してみてもいいと思います。 人間の身体はロボットではありませんから、生理周期もちょっとしたことがきっかけで数日ズレることは女性なら誰もが経験しているはずです。 何が上手くいくかは分かりません。 もしピルを飲むことができないけれど切実にズラしたい理由があるようなら、ダメ元でもやってみる価値はあると思います。 女性なら「どうしてこの日に・・・」って経験を誰もがしているはず。 藁にも縋る思いで何でもやってみたい人は、自分の出来る範囲内で、そして健康を害しない方法でトライしてみてください。 そして結構大事なのは 「成功体験を積み重ねる」こと。 どっちみちピル以外はその方法が本当に効いたかどうかを立証することはできません。 ですから思いこみでも何でも自分の中で「確信」を作っていくことって、案外重要なのかなって思っています。 これでダメならもう諦めます。 世の中、仕方のないこともあるし、生理は自然のことですから本来自然にまかせるのが一番です。 私は実際に使用したことはないのですが、例えば月経カップ(スクーンカップ)を使えば、長時間取り替えが不要だったり、今まで無理だったプールや温泉に入ることもできるといいます。 根本的な解決策ではありませんが、生理が来てもできるだけ快適に過ごせる方法を自分なりに持っておくといいかもしれません。

次の