なんワールド。 のどじまん!ザ・ワールド ー ー

のどじまん!ザ・ワールド ー ー

なんワールド

鴨川シーワールドってなんだ!? 今回私が旅行に行ったのは、 鴨川シーワールド 千葉の鴨川にある水族館です。 鴨川シーワールドは チーバくんでいえば脚の付け根あたり。 シャチショーがとても有名な老舗水族館です。 ド迫力…! さらに鴨川シーワールドには 隣接するオフィシャルホテル 「鴨川シーワールドホテル」があります。 ここに宿泊すると 一般客とは別の裏門から鴨川シーワールドに入園することができるというVIP体験ができるのです。 秘密の入り口。 さらには 宿泊客限定でナイトツアーで、 夜間の寝ているシャチちゃんやイルカちゃんのオフショットを見ることができます。 貴重な体験… 今回はこの 鴨川シーワールドに宿泊するプランを「じゃらん」で予約してみました。 プランの概要はこんな感じ。 1泊2日 鴨川シーワールド2日間 フリーパス付き 温泉付き 全部屋朝日の入るオーシャンビュー 夕食・朝食 バイキング 付き 近くのいちご畑でいちご狩り です。 小さい子供は食事とお布団代だけ別途かかるので 家族4人で合計¥30,000くらいでした。 気になる人は じゃらんで「鴨川シーワールドホテル」と検索してみましょう。 ちなみに じゃらんでの予約は Pontaカードポイントが溜まるので非常にオススメ。 なので今回も 3000ポイントほどゲット!! Pontaカードポイントは 火・金曜にローソンに行くとありえない換金率で商品と交換してもらえますので私は大好きなのです。 Pontaカードポイントの素晴らしさについてはいずれお話ししたいと思います、のでここでは割愛…。 …と、そんな感じで 1泊2日の鴨川旅行が始まったわけです。 鴨川シーワールドって最高!!! バイキングでは わらさの活け造りが!! 鴨川シーワールドホテルの オフィシャルキャラクターベルーガのシルキーちゃんも来てくれましたし、 みんなだいすきシルキーちゃん 部屋でもお風呂でも食堂でも 子供連れ家族が助かるのサービスが満点だったし、 幼児用便座に ふみ台まで… 部屋からの 朝日も感動ものでした。 心にしみる… シャチショーの迫力も最高でしたし、 いちご狩りも心から楽しめました。 貸し切り状態…!! とくに、千葉限定の 新品種 「チーバベリー」の味が非常に美味でした!!! 日持ちしないから県外に流通できないらしい ということで 鴨川シーワールドホテルと鴨川シーワールドを思う存分満喫したのでした。 イルカもかわいい…。 ・・・・めでたし、めでたし。 エコアクアロームは管釣り師必見!!! ・・・・・・と、これで終わると 管釣りファンの方の顰蹙を買ってしまいそうですので、 最後に 鴨川シーワールドで見つけた管釣り師必見のコーナーを紹介したいと思います。 それがここ。 入り口入ってすぐ横! 「エコアクアローム」 鴨川シーワールドの 正門から入場してすぐ右手の建物の中 エコアクアロームは 最上流の渓流からその終着点の海まで、自然のサイクルを再現しているコーナーなのです。 その中でも 特に管釣り師の方々にオススメなのが 入口入ってすぐの渓流コーナー。 イワナ や ヤマメ さらには ご存知ニジマスちゃん 管釣りでお馴染みのトラウトちゃんたちが出向かえてくれるのです。 管釣りおなじみのトラウトの紹介記事はこちら!! …これが初っ端。 「よーし、今日はシャチやイルカを見るぞーーー!!」と意気込んで鴨川シーワールドにきた家族を 最初に出迎えるのがイワナ。 イワナ、ヤマメ、ニジマス。 トラウトのオンパレード。 ・・・・・・最高ですよね? 私はここで、 一気に鴨川シーワールドファンになりました。 エコアクアロームでは 自然界の状況を再現しているので 水の中でトラウトがどうやって泳ぐのか、がよーくわかります。 流れに逆らってみたり 流れに逆らう! みんなで同じ方向を向いていたり みんなおなじとこをみてますね。 流れが反転しているところでは反対を向いていたり 水中でのトラウトの習性がじっくりみれるのです。 これを 真剣に観察すれば管釣りレベルアップも間違いなし!!! ということで管釣り師の皆様。

次の

なんでも情報サイト » Blog Archive » ワールドトーク

なんワールド

全142回。 通称『 世界番付』。 キャッチコピーは 「世界を学び、日本を知る。 」 目次• 概要 [ ] 様々な分野の世界ランキングと日本の順位を紹介し、各国の国情や風習の違いを解説する。 スタジオには20人が集結して、ランキングに関連したトークを繰り広げる。 番組内で紹介するランキングは、全ての国を対象にしたものだけではなく主要な国または調査結果が得られた国のみを対象にしているものもある。 ランキング内容によっては、タレント特派員による現地調査も行われる。 元々は、単発番組として2011年・に『』枠で放送されたが、好評だったためレギュラー化が決まった。 までは21:00 - 21:54に、2012年からは19:56 - 20:54に放送された。 しかし、視聴率の低迷を理由に2016年3月18日で打ち切られた。 主な企画 [ ] 世界ランキング 各種ランキングから上位3カ国と日本の順位を紹介し、外国人パネラー「G20」(外国人20人)がランキングの項目やテーマに合わせたトークを行う。 国民性検証ダービー 日本を含む世界数カ国で一般人にドッキリを仕掛け国民性を試す検証企画。 ダーリンは異国人 ()が彼女役となり、彼氏役の外国人がその国の風習を紹介しながら異国の風習に振り回されるラブストーリーを展開する。 春日の部族滞在記 ()が世界各地の少数民族を訪問滞在するロケ企画。 滞在の最後には部族の住民に春日のトレードマークであるピンクベストを配る。 日本と母国 イイのはどっち!? あるテーマに関して在日外国人に日本と母国のどちらがいいかを問う街頭インタビューを行う。 タイムラプス動画番付 世界で話題を集めた動画を紹介する。 ワールドニュース番付 ある一つのテーマにまつわる世界のニュースをランキング形式で紹介する。 オードリー春日の世界イエスマンの旅 春日俊彰が海外で「YES」とだけ答え続けながら旅行を行うロケ企画。 アイリスのNIPPON優しさ旅 がのからのまでの3771kmをヒッチハイクを中心に日本人の優しさによる協力だけで縦断する。 出演者 [ ] メインキャスト [ ] MC• レギュラーパネリスト• ネプチューン G20リーダー• ネプチューン• 名倉はMC席、原田はパネリスト席、堀内はG20(外国人20)席に着く。 イモトは、名倉と共にMCを担当する。 当番組では同局の『』でのメイク・姿ではなく、風の姿で出演している。 準レギュラーパネリスト [ ]• () G20(外国人20) [ ] 週替わりで20人程度が出演している。 堀内がリーダーを務めている。 アジア [ ] ヨーロッパ• :アルニ、ボットリ• :、エリザベス、JJ、ジョナサン、、• :カウアン、サブリナ、ステファニー、、ピエトロ、、マジロ、ロマーノ• :ティアナ、マリーナ• :ケンノ• :リチャード• :ニコラ• :、ティナ• :ウルリカ、エリナ、ニクラス• :アッセナ、イレーネ、、ジェシカ、、、マリーサ、ムニョス• :エラ、ペトル• :、リセ• :アンナ、、、リル• :オメル、サブリナ• :オース• :シキ、シニッカ、シルック、マキビ• :アルノ、アド、イザベル、ジル、、ダヴィ、ニコラ、、プジョール、ラシェル、ルカ• :パスカル• :アーシャ• :アンドリュース• :イリナ、、ポレナ アフリカ [ ] オセアニア• :、ジャッキー、ソフィー、、、ミシェル、• 2015年4月3日以降、19:00からの2時間スペシャル放送時には、通常時の前番組『』(同月改編以降、金曜19時台はローカルセールス枠に変更。 なお、2015年10月以降は『』を放送)を差し替えて自社制作番組を放送する局に限り、19:56飛び乗りとすることがある(編成によっては臨時同時フルネットとすることもある)。 スタッフ [ ] レギュラー版 [ ]• 企画・演出:• ナレーション:、• 構成:小笠原英樹、カツオ、丸山浩司、島津秀泰、上村知子• TM:江村多加司• CAM:福田伸一郎、大庭茂嗣、田代義昭(週替り)• MIX:池田正義、山田値久(週替り)• AUD:青山禎矢、中村宏美、三石敏生(以前は、MIX)、藤岡絵里子(週替り)• VE:三山隆浩、石山実、笈川太、狩野博貴(週替り)• 照明:粂野高央、星勇次(以前は、VE)、小川勉、小笠原雅登(週替り)• バーチャル:鈴木寿晃、中村柱子、桾澤勇(週替り)• 美術プロデューサー:稲本浩• デザイン:栗原純二• メイク:土屋裕子• 装置:武井俊幸• 電飾:木内加寿美• 装飾:伊沢英樹• 編集:増田功紀、伊藤さやか、河村健太(週替り)• MA:植木俊彦• 音効:岡田淳一• 技術協力:、、ミジェット• 美術協力:• CG:大隈商店• イラスト:安藤尚美• リサーチ:神谷翔、宮下沙希、鈴木さくら、丸公代(週替り)• アンケート:• TK:山沢啓子• デスク:当田駒子• AD:酒井太夢、川口順也、中村望美、辻信吾、横山優花、川野辺沙耶、佐藤優里、北奥蓉平、羽生由輝、酒井亜耶、森川千理、入一樹、山口早紀、羽部麻里奈(週替り)• 統計監修:• プロデューサー:藤﨑一成(2014年12月5日 - 以前は、ディレクター)/山口敦司、坂本真起子、佐藤里絵、常盤吉弘(2013年4月5日 - 以前は、AP)• チーフプロデューサー:(2015年6月5日 - 以前は、2014年6月6日 - 2015年3月6日まではプロデューサー、2015年4月3日 - 2015年5月29日までは統括プロデューサー)• 制作協力:、、、• 製作著作:日本テレビ 過去のスタッフ(レギュラー版) [ ]• スーパーバイザー:• VE:高橋卓• 照明:塩原和益• バーチャル:中村桂子、神崎正斗、塚越千恵• 美術プロデューサー:高津光一郎• 電飾:政岡悠一郎• 装飾:吉田研二• リサーチ:石井伸也(フォーミュレーション)、平馬雪• ロケCAM:岸田一彦、清水利彦、佐々木美穂、海野亮、山田大輔• 編成:稲垣眞一、鈴木淳一、池田潔美、佐藤俊之• 編成企画:、吉無田剛、原司• 広報:• デスク:小林祐子• 制作進行:加藤千穂• AD:三田泰子、北川瑛絵、北田有輝、若月雄一郎、岩崎由佳、牛山亜紀子、豊巻紘宣、佐藤洋一、顔嘉螢、奈良純、永井秀幸、櫻井弘美、浅野典昭、鶴田竜次、新井一平、西川華衣、小原靖広、中川喜生、玉田玲也、森靖典、嶋田茜、相馬令子、李埈炯、古庄裕、宮野里奈、稲垣和将、齋藤優、佐藤桃子、牧香織里• AP:鈴木美枝子、問山幸子、輿石将大、大島香、菅原めぐみ、山室麗、池田千草、川地俊輔、加賀紗弓、牧村正嗣、三田村奈緒子、羽根葵、竹村祐美• ディレクター:青木章浩、西崎修一、工藤和彦、及川桂一、小田玲奈、山本真之 乃 介、大場剛、川島佳子、吉田直也、加藤昌義、奈須亮三、藤田志帆、利根川広毅• プロデューサー:吉田和生、、(2012年12月7日 - 2014年5月30日、以前は、編成企画)、杉本光一朗(2013年2月8日 - 2014年5月30日、以前は、AP)、服部紳一、坂井康世、古賀絢子(2014年5月23日 - 以前は、制作進行)• チーフプロデューサー:(2012年12月7日 - 2014年5月30日、以前は、プロデューサー)、(2014年6月6日 - 2015年5月29日、以前は、単発時2回共・2011年10月18日 - 2012年11月30日の期間もCP) パイロット版 [ ]• ナレーション:、織田宏史(共に第1,2回)、(第1回)、、大山裕子(共に第2回)• 構成:小笠原英樹、カツオ、丸山浩司、上村知子(共に第1,2回)、島津秀泰(第2回)• TM:江村多加司• SW:鎌倉和由• CAM:吉田健治(第1回)、蔦佳樹(第2回)• MIX:池田正義(第1,2回)、瀧健太郎(第1回)、三石敏生(第2回)• AUD:中村宏美(第1回)、亘美千子(第2回)• VE:石山実(第1回)、三山隆浩(第2回)• VTR(第1回):岡田直紀• 照明:高橋明宏(第1回)、名取孝昌(第2回)• バーチャルCG:神崎正斗、中村桂子、桾澤勇• 美術プロデューサー:高津光一郎• デザイン:栗原純二• 装置:武井俊幸• 電飾:樋口巧(第1回)、西本敬(第2回)• 装飾:吉田研二• メイク:栗原真理亜(第1回)、小島梨香(第2回)• イラスト:安藤尚美(第1回)、リトルベア(第2回)• 音効:岡田淳一• 編集:大関秀雄、平間梨絵• MA:植木俊彦• 技術協力:NiTRo、麻布プラザ、ミジェット• 美術協力:日本テレビアート• リサーチ:フォーミュレーション(第1回)、石井伸也、神谷翔(共にフォーミュレーション、第2回)• ロケ技術:EAT• ロケCAM:金光利也(第1,2回)、佐々木由、礒野伸吾(共に第1回)、藤進、玉木正成(共に第2回)• ランキング監修(第1回):鈴木賢志• 編成:稲垣眞一(第1,2回)、下田明宏(第1回)、岩佐直樹、土谷幸弘(共に第2回)• 企画協力(第2回):伴在正行• 宣伝:戸田聖一郎• TK:山沢啓子• デスク:小林祐子• AD:儀万由佳(第1,2回)、藤田志帆、島田麻衣、渡辺智、川島佳子、藤巻聖、高橋容子(共に第1回)、大屋万梨子、嶋田茜、鶴田竜次、小川香織(共に第2回)• AP:久保田博哉、鈴木美枝子、輿石将大(共に第1,2回)• ディレクター:栗原利典、大輪和孝、山井貴超(共に第1,2回)、首藤光典、藤﨑一成(共に第1回)、青木章浩(第2回)• 企画・演出:黒川高• プロデューサー:加藤幸二郎、天笠ひろ美、中村昌哉、山口敦司、(共に第1,2回)、円城寺剛(第2回、第1回はAP)• 監修:吉川圭三• チーフプロデューサー:安岡喜郎(第1,2回)、(第2回)• 制作協力:THE WORKS、極東電視台、acro• 製作著作:日本テレビ テーマ曲 [ ]• 初代:「」• ネプチューンとイモトアヤコに加え、G20の中から歌唱オーディションにより選抜されたメンバー20人 が参加している。 2012年7月27日の2時間スペシャルでがノーカット放送された。 2012年7月27日より日テレ携帯サイトなどでが先行配信された。 2012年8月8日にはが発売された。 2012年8月15日にはのステージイベントで生ライブが行われた。 2012年10月12日から12月10日にはG20とネプチューン・イモトアヤコが及び全国人権擁護委員連合会が定めた2012年度「第64回」のPR大使に就任し「ボクラノセカイ」がPRソングに選ばれた。 脚注 [ ] []• お笑いナタリー 2012年2月17日• 2016年1月22日. 2016年2月16日閲覧。 ただし、イモトが『世界の果てまでイッテQ! 』の長期ロケのために欠席する場合は、日本テレビのアナウンサーが代理出演する。 2013年10月4日・2014年5月2日・2014年5月9日・2015年7月24日放送分は、2013年10月25日放送分は、2013年11月29日・2014年5月16日・2014年5月23日放送分は、2014年6月20日・2014年6月27日放送分は、2015年6月12日放送分はが代理出演した。 2015年2月13日放送のクイズSPではイモトが解答者に回ったため、郡司が進行を務めた。 番組で扱うランキングの監修も担当している。 2015年4月3日開始。 宮崎県としては半年ぶりに放送再開。 2011年11月7日放送開始。 2015年3月までは、23:53 - 翌0:53に放送していた。 遅れネットではあるが、宮崎放送が日本テレビ系列金曜20時枠を放送するのは、1981年3月まで放送した『』の同時ネット以来、約31年半ぶりのことであった。 ベリッシモ、ガウ、イレス、プリスカ、ブンシリ、王雪丹、紗佳、シモネ、アニール、サヘル、ルネ、シルック、リチャード、パックン、クリス、ジャミール、ボビー、カトリーナ、テガン、ラブリ。 - 日テレ企業IR情報 プレスリリース(日本テレビ放送網 2012年10月11日) 外部リンク [ ]• - (2011年10月17日アーカイブ分) 火曜21:00 - 21:54枠 前番組 番組名 次番組.

次の

アドベンチャーワールド

なんワールド

39 ID:HboWh2JP0. net 「痴漢に遭った」「胸を触られた」と訴える女性たちが話題になっている。 多くの人々がハイタッチや肩を組み、歌を歌い、ジャンプして日本の勝利を喜んでいた。 人がごった返しとなり、どこで何が行われているか判別できない、まさに「お祭り状態」だ。 格上のコロンビアへの勝利ともあり、いつもに増してハイテンションだったことも予想される。 そんな中、ツイッターでは痴漢被害に遭ったという女性たちの叫びが投稿されている。 渋谷で飲んでたんだけと スクランブル交差点付近やばすぎて 痴漢はんぱない。 おっぱい触られるわ 腕捕まれるわ サポーター全否定するわけじゃないけど 本当クズしかいない。 yuchan7269 June 19, 2018• 81 ID:HboWh2JP0. 私はおっぱいとおしり触られて ブラのホックはずされそうになりました…男性と来てる場合は守ってもらうようにお願いしてみましょう 香波@かなみん kanaminmin0105 ミニスカート履いているわけじゃないのにめちゃくちゃ沢山の人に痴漢とスカートめくりされたの初めてです… 日本代表が勝って嬉しいのは分かるけど、テンション上がったら何してもいいって訳じゃないからな�� 今日でサッカーファンの人たちが少し嫌いになりました��浮かれ過ぎるなボケ��• 91 ID:HboWh2JP0. 純粋に日本代表を応援し、喜んでいたファンにとってはとんだとばっちりだろう。

次の