デスクトップ 付箋。 【Windows 10】Sticky Notes(付箋)のデータ保存(バックアップ)方法

【Windows 10】Sticky Notes(付箋)のデータ保存(バックアップ)方法

デスクトップ 付箋

仕事中使う事が多いPC。 ですが、知らない便利機能が沢山あるかもしれません。 実はPCに付箋がつけられる事をご存知でしたか?業務中に役立つ機能をご紹介!意外と知らない便利機能を使いこなして、日々の業務をちょっと楽にしてみましょう。 まずは細かい改善から。 今回は、とっても便利な「PCに付箋を貼るアプリ」についてご紹介します! メモ帳不要!?PCの付箋アプリ 仕事のメモを付箋で管理している、という方も多いかと思います。 目に入りやすく、すぐに剥がせる付箋はメモとしても大活躍!PCのディスプレイに沢山貼り付けていたりする方も多いのではないでしょうか?ですが、付箋は「服やカバンにくっついてはがれてしまう」「手書きをするのが面倒くさい」「書く事が多いと、入りきらない時がある」「間違えたら書き直しをしなくてはいけない」といった、紙ならではのお悩みもありますよね。 「PCに付箋機能があったらいいのに!」とお考えではありませんか? 実は、Windowsでは デスクトップに付箋を貼る事が出来るのです。 デフォルトで搭載されている「 Sticky Notes」というアプリを活用してみましょう!スタートメニューの「S」の項目に入っていますので、探してみてください。 こちらが、Sticky Notesのアプリの画面です。 本物の付箋のようなデザインになっていますが、使い方はいたってシンプル。 付箋をクリックして、文字を入力するだけです。 改行、文字数も自由で、必要なだけ文字を入れる事が出来ます。 用事が沢山!付箋を増やすには? 付箋を追加するには、表示されている付箋をクリックします。 すると、付箋の上部にメニューバーが表示されます。 右上にある「+」をクリックすると、新しい付箋を追加する事が出来ます。 付箋はサイズの変更も可能なので、数が増えてきた場合はウィンドウを細めにしておくとデスクトップが見やすくなります。 用事を色別で管理したい……付箋の色を変えるには? 内容や緊急度によって付箋の色を変更している方もいらっしゃるかと思います。 Sticky Notesでも、付箋の色を変更する事が可能です。 先ほどのメニューバーに表示されていた、「…」をクリックすると色変えのメニューが表示されます。 選べる色は、全部で6色。 今回は、黄色を選んでみましょう。 付箋の色が変更されました。 大事な予定なども、管理がしやすくなります。 必要なくなった付箋だけ消したい! 用事が終わった後、付箋を1個だけ消したい時もありますよね。 その際は、メニューバーの右上にあるゴミ箱ボタンをクリックします。 付箋を消したい時は、この削除ボタンを押しましょう。 このSticky Notesは、画面下部のタスクバーに常駐しているので、クリックする事でいつでも付箋の内容を確認する事ができます。 一時的に全ての付箋を消したい時は、タスクバー上のアイコンを右クリックをして「ウィンドウを閉じる」を押すと、付箋はデスクトップ上から消えます。 再びSticky Notesを立ち上げる事で作成した付箋のデータが再表示されます。 また、 作成した付箋はPCをシャットダウンしてもしっかり保存されています。 シャットダウン前にSticky Notesを起動しておくと、次のPCの起動時に自動でSticky Notesが起動してくれるので、起動を忘れていたせいで用事を逃してしまった……という心配もありません。 改善活動は、「まずは身近な小さな改善から」がとても大切です。 小さな改善の効果にご興味がおありの方はぜひこちらの記事もご覧ください。 何かと便利な付箋アプリ。 もし「入っていない!」という場合も、Microsoft Storeから無料でダウンロードが可能です。 是非お試しください!•

次の

Mac 標準の付箋アプリ 「スティッキーズ」が便利

デスクトップ 付箋

確認済OS• Windows 8. 1以降 Windows 10含む• Windows 8は、表だけで画像ができないかも 検証中 確認済Office• Office 2010• そして貼り付け ただし、注意点!• 罫線の色が自動だと、線の色は、なぜか白• 背景の色が自動だと、塗りつぶしの色は、透明 TIPS• 列の幅や高さも覚えている• 罫線の太さや色・背景色も変えることができる• 太字や右揃えも張り付けることができる• あとから文字列や幅を編集できる 画像の実施方法 たんにコピーして 貼り付けるだけです。 IEやChromeに表示されている画像も張り付けることができました。 まとめ:知っているといいかも! まだまだ、知らないことが多くて、びっくりです。 Windows関連記事• お問い合せ• ブログ更新履歴• ソーシャルリンク ランダム表示• タグクラウド カレンダー 2020年6月 月 火 水 木 金 土 日 30 カテゴリー• 399• 162• 2,376• 119• 101• 7 月間アーカイブ• 2 Amazon広告 楽天広告.

次の

知ってる?Windows標準の付箋で表や画像を貼り付けられるよ! PCまなぶ

デスクトップ 付箋

早速のアドバイスありがとうございました。 しかしながら、「アイコンの自動整列」や「アイコンを等間隔に整列」にチェックが入っていませんか? ということで済む話ではないと思われます。 以前も更新の後アイコンの位置ばかりか大きさも違ってしまうことがありました。 その時はウイルス対策ソフト「NOD32」との相性が悪くなって、 レジストリまでいじってしまうようでした。 原因がわかってからはマイクロソフト、ソフト会社の対応で問題が消えました。 今回もそれに近い感じで、どこかレジストリをいじってしまっているのでは思ったのです。 より使い勝手を良くしようというマイクロソフト社の努力には感謝しますが、 時々わけのわからないことが起きるので不安です。 使用マシンは;CPU i7、Win10、64bit その情報だけでは解決の糸口にはなりません。 ・そのパソコンは、旧OSからのアップグレードですか? ・アップグレードなら、その後クリーンインストールは実施していますか? ・クリーンインストール未実施なら、アップグレード前に事前準備はしていましたか? (セキュリティソフトの停止、Windows 10 非対応アプリ等の削除) ・そもそも、Windows 10 動作保証(またはメーカーが動作確認)された機種ですか? Windows 10 動作確認機種ではないパソコンで、高速スタートアップが有効になっていると、 最新の更新を適用すると、起動時(再起動は除く)にディスプレイ表示関連のトラブルが 起きるようになりました。 高速スタートアップは、起動時の読み込みに時間のかかるデバイス情報を一時保存する機能ですが、 デバイスドライバが Windows 10 対応のものに更新されていない(そもそも公開されていない)と、 今回の更新から、高速スタートアップによる一時保存データからの読み込みにトラブルが起きるようです。 古いデバイスは今まで「たまたま」動いていたのでしょうが、更新が進んで対応デバイスの条件が 絞り込まれたことで、未対応のハードウェアは対応できなくなり始めているように伺えます。 今回の更新でトラブルが起きたパソコンを2台チェックしましたが、高速スタートアップ無効化で 改善しました。 それだけで直るかもしれないので、該当するようでしたら試してみてください。

次の