しゅく だい やる気 ペン。 商品購入 しゅくだいやる気ペン<iOS・Android 両対応モデル>

宿題やる気ペン、コクヨから発売口コミは?!価格とどこで買えるの?

しゅく だい やる気 ペン

2018. ~子どもの書く習慣化を助けるIoT文具~ コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長執行役員:黒田 英邦)は、小学校低~中学年向けに、鉛筆に筆記の動きを認識するアタッチメントを装着し、スマートフォンと連動させることで、日々の筆記量を見える化するIoT文具「しゅくだいやる気ペン(仮)」の開発に着手しました。 文部科学省の学習指導要領の改訂による脱ゆとりが進められる中、授業時間の増加、さらには宿題など自宅での学習時間も増加傾向にあります。 宿題等の自宅学習は、取り掛かるまでに時間がかかったり、集中力や意欲が続かないといった悩みを親、子ども双方が抱えています。 「しゅくだいやる気ペン(仮)」のアタッチメントは、株式会社ワントゥーテンドライブとの共同開発により、加速度センサーとBluetoothを搭載し、筆記の動きをデータとして蓄積します。 そのデータを「勉強パワー」としてスマートフォンを介して連動するアプリに取り込むことで、日々の筆記量(努力)が見える化される仕組みです。 さらに将来的には、溜まった「勉強パワー」に応じて、文具などのごほうびに交換できるサービスの実現を検討してまいります。 一般ユーザーの意見を取り入れながら、2019年春の発売を目指し、本格的な開発を推進します。 2mm)にアタッチメントを取り付けるだけで使用でき、筆記量に応じてLEDが点灯します。 加速度センサーによるセンシングデータはアタッチメント内のメモリに保存され、筆記後にBluetoothを利用してスマートフォンと通信し、アプリと連携します。 電池は充電式で、マイクロUSBで充電します。 【アプリ概要】 筆記量を記録します。 日々の筆記量(努力)が見える化されます。 【イベント出展のお知らせ】 IoT文具「しゅくだいやる気ペン(仮)」のプロトタイプを下記イベントに出展します。 プロダクトの根本からプロトタイピングを積み重ねることで、従来の次元を超える体験を生み出しています。 人々の楽しさや利便性をアップデートするような「体験をつくるメーカー」として、次世代へ繋がるモノやサービスをつくり続けています。 【お問い合わせ先】 コクヨお客様相談室:0120-201-594.

次の

宿題地獄から脱出してポジティブなフィードバックで子どものやる気を目覚めさせる「しゅくだいやる気ペン」レビュー

しゅく だい やる気 ペン

「しゅくだいやる気ペン」最大の効果 都内に住むある共働きのご家庭では小学1年生の娘さんがこのペンを使っている。 「しゅくだいやる気ペンにはどのような効果がありましたか?」という質問に対し、お父さんが「学習意欲が高まった」と回答していた。 さらに、「使い始めてから、学校の宿題では物足りず、100円ショップで計算ドリルを購入し、それをやりたいがためにしゅくだいやる気ペンを使っています」というコメントが続いている。 しかもその家庭学習は毎日続いているという。 日々の宿題にも苦戦している親子にとっては、うらやましすぎる話だ。 しかし、子を持つ親としていちばん「いいな」と思ったのは、取り組んだワークのページの片隅に「まるつけおねがいね」という娘さんからのメッセージが書かれてあったこと。 そして親からも「まちがえたところはもう一度やってみよう!」という励ましの言葉が書かれてあったことだ。 じつは、しゅくだいやる気ペン最大の効果はここにある。 アンケートでも、 親子のコミュニケーションが活発になったと答える親が非常に多いという。 今回の休校騒動をうけて、開発責任者の中井信彦さんはこう語る。

次の

鉛筆に取り付けるだけ!子どもの勉強への取り組みを分析し努力を見える化するコクヨのIoT文具「しゅくだいやる気ペン」|@DIME アットダイム

しゅく だい やる気 ペン

「しゅくだいやる気ペン」最大の効果 都内に住むある共働きのご家庭では小学1年生の娘さんがこのペンを使っている。 「しゅくだいやる気ペンにはどのような効果がありましたか?」という質問に対し、お父さんが「学習意欲が高まった」と回答していた。 さらに、「使い始めてから、学校の宿題では物足りず、100円ショップで計算ドリルを購入し、それをやりたいがためにしゅくだいやる気ペンを使っています」というコメントが続いている。 しかもその家庭学習は毎日続いているという。 日々の宿題にも苦戦している親子にとっては、うらやましすぎる話だ。 しかし、子を持つ親としていちばん「いいな」と思ったのは、取り組んだワークのページの片隅に「まるつけおねがいね」という娘さんからのメッセージが書かれてあったこと。 そして親からも「まちがえたところはもう一度やってみよう!」という励ましの言葉が書かれてあったことだ。 じつは、しゅくだいやる気ペン最大の効果はここにある。 アンケートでも、 親子のコミュニケーションが活発になったと答える親が非常に多いという。 今回の休校騒動をうけて、開発責任者の中井信彦さんはこう語る。

次の