フリー ランス。 FREENANCE(フリーナンス)

個人事業主・フリーランス

フリー ランス

1,フリーランスのライターといっても仕事は様々 引用元: フリーランスのライターと一言でいっても、執筆した文章が掲載される媒体によって様々な種類の仕事があります。 以前は、ライターの仕事としては雑誌や本が中心でしたが、最近では WEBサイトや電子書籍、スマホサイトなど多様化しています。 また、雑誌でもファッション雑誌や音楽雑誌など、分野に即した専門性が求められる仕事もあります。 会社員ではこれらの媒体のうち一つの仕事だけを担当するということが多いですが、フリーランスでは、媒体やジャンルを問わずに仕事をしている人もいます。 フリーランスのライターになるには? 引用元: フリーランスのライターになるには、様々な方法があります。 ライターとしての仕事だけでなく 編集の経験もあると、編集者に求められていることが掴みやすくなります。 独立後には、フリーランスの エディター兼ライターとしても働けるなど仕事の幅も広がります。 期間は 3カ月~1年ほどが中心で、学費は10万円程度のところもあれば100万ほど要するスクールもあります。 授業は平日の日中に行われるスクールもありますが、会社員向けのクラスでは平日の夜か、土曜日や日曜日の夜に行われることが多いです。 修了後には、 出版社や編集プロダクションへの就職を目指す人もいれば、 フリーランスのライターとしてスタートを切る人もみられます。 スクールでは、現役で活躍するライターや編集者が講師を務めることもあり、就職先や仕事の紹介も行われますので、 人脈作りにも役立つでしょう。 異業種からライターへの転身を目指す人には近道ともいえます。 未経験のフリーランスのライターでは、雑誌などの紙媒体の仕事をするのは難しいですが、WEB媒体ならチャンスもあります。 特にクラウドソーシングサイトでは、未経験でもできるライティングの仕事も募集していますので、 実地でスキルアップを図っていくことも可能です。 ライティングのスキルが向上するにつれて、単価のよい仕事が得られるようになってきます。 フリーランスのライターに求められることとは? 引用元: フリーランスのライターに求められることは、なにも文章作成能力だけではありません。 編集者やディレクターの 要望を読み取る力やクライアントとの コミュニケーション能力も必要です。 円滑に取材を進めるためには、取材先への気遣いも求められます。 つまりライターだからといって、黙々と文章を書いていればよいという仕事ではありません。 特に雑誌では編集担当者との相性も重視されますので、柔軟な姿勢で仕事に臨むことが大切です。 音楽や車、ファッションなど専門誌や専門サイトのライターでは、 その分野に関わる知識も必須とされます。 得意な分野があれば、ライターとしての強みとなっていきます。 また、フリーランスのライターにとって 人脈は大切なものになります。 出版社や編集プロダクションでの勤務経験のある人は、そこから仕事が広まることもありますので、人脈は大切にしましょう。 未経験の人がフリーランスのライターを目指す場合、人脈づくりのためにスクールに通う人もみられます。 人脈がなければ、 ライター募集の広告を探すか、 クラウドソーシングサイトに登録をして、WEBライターから始める方法もあります。 フリーランスのライターはどのくらい稼げる? 引用元: フリーランスのライターの年収は、 50万円程度の人から1000万円近く稼ぐ人まで幅があります。 雑誌の記事の相場は、400文字詰めの原稿用紙1枚分で5000円~2万円ほどで、取材経費が別途支給されるかどうかはケースバイケースです。 WEBの仕事では1000文字程度で、1本数百円~3000円くらいとなっています。 ライターの報酬は、媒体や個々の実力によって大きく差が開きます。 雑誌や書籍、テレビ関係のお仕事など「あなたに書いて欲しい」という名指しの依頼が来るようになると収入も安定するようになるでしょう。 関連記事 5. フリーランスのライターの失敗 引用元: フリーランスのライターでの失敗でよく挙げられるのは、仕事の受注に対する見込みの甘さです。 1本大きな仕事が入って独立したとしても、その後同様の仕事が続くとは限りません。 フリーランスとして独立して順風満帆だったライターが、 契約していた雑誌が休刊となり、路頭に迷うこともあります。 休刊にならずとも、 編集長が変わってウマが合わないことを理由に契約が打ち切られることもあるのです。 こうした事態に陥らないためには、 複数のクライアントと仕事をして、リスクに備えておくことが大切です。 人脈を大切にしながら、常にアンテナを張っておくようにしましょう。 契約を結ぼう 引用元: ライターが仕事を請け負うときには、本来であれば業務委託契約を結びます。 1本単位あるいは文字単位で単価を設定し、本数もしくは期間を定めて契約を行うのが一般的です。 納品物に関する事項のほかに、納期や支払い条件といった項目も盛り込まれます。 しかし、単価を口約束して月末に出来高で請求書を送るケースも多く、トラブルになることもあります。 契約書を交わすことは、クライアントに手間をかけると気にする人もみられますが、行き違いなく仕事をするためにも、契約は結んでおきたいものです。 多くのクラウドソーシングサイトでは、仕事を始める前に契約を交わすシステムになっていますので安心して利用することができます。 フリーランスのライターを目指そう ライターには特別な資格は必要なく、文章を書くのが好きな方であれば始められる仕事です。 最近では、未経験でもWEBライターから始めて、経験を積んでいった後に取材に行く仕事をしたり、紙媒体の仕事をする機会ができたりとステップアップも望めます。 少しでもフリーランスのライターを目指してみたいと思った方は、まずはお仕事を始めてみましょう。 クラウドワークスには今すぐにでも始められるライターのお仕事がたくさんあります。 経験を積むこと、これがフリーランスライターへの第一歩です。 関連記事 実際のフリーランスの案件を見てみよう 「クラウドテック」はエンジニア・デザイナーなどフリーランス専門のエージェントサービスで、まずは実際に募集のあるお仕事の事例をチェックしてみましょう。 登録をすると、Web上では非公開の案件もご紹介を受けることができます。 まずはクラウドテックへ無料登録するところからスタートしてみましょう。

次の

勢いで「フリーランス」になるバカの末路 「社会保険料」は全額自己負担です

フリー ランス

デザイン系 グラフィックデザイナー グラフィックデザイナーの仕事は、ポスターやカタログ、商品のパッケージから電車内の広告などのデザインを製作します。 広告代理店や制作会社、企業の宣伝部門などで働くのが一般的でしたが、現在はフリーランスの人がかなり増えてきています。 グラフィックデザイナーになるには、Illustratorやphotshopなどのソフトを使えるスキルが必須になります。 Webデザイナー Webデザイナーの仕事は主にWebサイト制作や更新と、名刺やロゴ、アイコン、バナーの作成など、グラフィックデザイナーと重なるような仕事もしています。 しかし、基本的にはサイトの制作や更新の方が単価も高く、仕事も取りやすいためこの二つで生計を立てていくことになります。 イラストレーター イラストレーターをしている人の多くはフリーランスで仕事をしています。 基本的に、今はデジタルイラストが主流なので、イラストレーターを目指す場合には、ペイントソフトを使えるスキルが必須です。 イラストの製作は製作時間に比べて報酬が低いので、フリーランスの場合はイラストレーターだけでなく、グラフィックデザイナーや他のの仕事を兼任する人も少なくありません。 人によっては連載作家ではなく、フリーのアシスタントとして安定した収入を得ている人もいます。 また、ストーリー漫画以外にも、企業の商品の販売促進のための紹介漫画を描いたり、デザイナーやイラストレーターの仕事を兼業するという道もあります。 カメラマン フリーランスのカメラマンとして、写真や動画などを撮影するサービスや、画像や動画などを編集をする仕事をしている人もいます。 最近では、フリーランスのカメラマンを目指す人や、本業で企業のカメラマンや映像編集者をしながら、副業で個人の仕事の依頼を撮ってきて仕事をしている人も増えてきています。 写真や動画の撮影には、最初に機材を揃えるのにたくさんのお金がかかりますが、最近ではスマホの写真を販売できるサービスなども出てきているので、今までよりも手軽に始められるようになりました。 IT系 デバッガー・テスター ソーシャルゲームやアプリ開発の現場では、リリース前に商品のデバッグ(不具合やバグがないかチェックすること)やテストプレイをするデバッガーという仕事があります。 デバッガーやテスターの仕事は社員ではなく、業務委託やアルバイト、フリーランスの人がやることが多いです。 エンジニア フリーランスのエンジニアは主に、アプリ開発やシステムの開発などを業務委託で行っています。 最近では、業務委託をする企業が増えているため、フリーランスのエンジニアを目指す人も増えてきました。 エンジニアの場合は、スキル的な面もありますが、いきなりフリーランスになっても仕事が取れないため、就職してそこで築いた人脈からの紹介で仕事を取るというのが一般的で、いきなりフリーランスになるよりも企業に就職して何年か経験を積んだ後、独立する人が多いです。 しかし、逆に言えば、仕事を取ることが出来るなら、ブラック企業が多いエンジニアの業界で就職するよりも、最初からフリーランスになる方が自由で、収入的にもかなり高くなります。 情報発信系 ブロガー ライターの中でも依頼された文章を書くだけではなく、自身のブログを開設して情報発信をしていき、広告収入を得て生活している人もいます。 一般的には楽な仕事と思われがちですが、1記事書けばいくらもらえるというわけではなく、ブログで稼げるようになるのにはという時間がかかります。 紙媒体に掲載する記事とは異なり、SEOや簡単なコーディングなどのスキルや知識が必要になります。 ユーチューバー 有名ユーチューバーの登場で、一躍メジャーな職業になったユーチューバーもフリーランスの職業の1つです。 ユーチューバーの収入の仕組みは、投稿した動画のバナー広告や再生前に流れる広告などから入る広告収入で収入を得ています。 また、人気になると企業から商品を宣伝するためのPVに出演してほしいという依頼や、グッズ販売やイベント出演といった芸能活動のような仕事もしています。 しかし、ユーチューバーとしての収入だけで生計を立てるのは難しく、なれるのは本当にごく一部の人だけです。 ライター系 ライター ライターの仕事は、一言で言うと文章を考える、書く仕事です。 具体的にはWeb上で記事やコラムといった文章を執筆したり、メッセージ性のある文章やキャッチコピーを考える仕事です。 ライターの仕事はスキルの差はありますが、パソコンやスマホといった道具があれば比較的誰でも始めることが出来るため、フリーランスの仕事の中でも多くを占めています。 編集者 ライター系の仕事の中には、文章を作成するだけではなく、すでにある文章を校正、添削したり、リライトする編集者という仕事もあります。 基本的にフリーランスの編集者は出版社で編集者として働いた後、独立する人が多いです。 シナリオライター ソーシャルゲームなどのゲーム作りの現場では、シナリオ(ストーリー)をフリーランスのライターが書く場合もあります。 働く場所を選ばず、好きなことを仕事にしたいと考えている人が増えているため、目指している人も増えてきています。 仕事の取り方は個人で営業、知り合いからの紹介、 またゲーム開発系に特化した人材派遣会社もあるのでそこを利用するという方法もあります。 ディレクター系 ディレクター ソーシャルゲームやWeb制作などの業務の進行を管理するディレクターの仕事をフリーランスでやっている人もいます。 企業と契約してフリーランスとしてやっている人と、個人でデザイナーやエンジニアなどの仕事を兼業しながらやっている人もいます。 基本的には、フリーランスの場合でも企業と同じように、自分で製作を一生やっていくというよりは、下が育ってきたら仕事を任して、自分はディレクターになるのが一般的です。 コンサルティング系 コンサルティング コンサルティングというのは、企業や個人の相談に乗ったり、教えるということでお金をもらう仕事です。 基本的には、どんな分野でもコンサルティングの仕事はありますが、多いのは企業のメディア運営(WEBやSNSを使った集客や販売戦略)や経営などのコンサルティング、セミナー講師を仕事にしているフリーランスはたくさんいます。 特にWeb関係のコンサルティングは、まだまだWebの知識が全然ない企業も多いので、フリーランスでそこまで知名度のある人ではない場合でも、大きな企業の仕事を任せてもらえることは少なくありません。 英語系 翻訳者 英語が話せるという人はフリーランスで翻訳者として仕事をしている人も多いです。 フリーランスの翻訳者は企業で使用する契約書やマニュアルなどの翻訳や海外で出版された小説やビジネス書などの翻訳、映画やドラマなどの映像を日本語に翻訳するなどの仕事が一般的です。 最近では飲食店のメニュー表や企業のホームページなどを英語に翻訳する仕事も増えてきています。 また、英語以外の言語は翻訳出来る人が少ないため、仕事の母数は少ないですが、一度仕事を取れれば安定して高い収入を得ることが出来るようです。 販売系 営業マン フリーランスで働いている人が多い職業の一つに営業マンがあります。 営業マンの基本的な仕事は商品やサービスを販売したり、仕事を取ってくることで、基本的には人と関わることや、営業にネガティブなイメージを持っていない人に適した仕事です。 フリーランスの営業マンは企業の営業マンに比べ「成果を出せば出しただけ収入が増える」、「自分の好きな商品を売れる」というメリットがあります。 そのため、中には企業で営業をしているという人よりも、契約をたくさん取って月収100万円以上稼いでいるというフリーランスの営業マンも少なくありません。 ネットショップ運営 最近では誰でも簡単にネットショップを開設出来るようになったため、ネットショップを運営して個人で生計を立てる人が増えてきました。 ショップを運営していくには、どの商品が売れるのかを見極め、仕入れをすることが重要になってきます。 人によって扱う商品は色々ですが、ブランド物や電化製品、アクセサリー類などから、海外のブランド物や日本では販売されていない商品を輸入して販売したり、自作のハンドメイドのアクセサリーなどを販売している人もいます。 紹介系 不動産仲介 引っ越しや一人暮らしを始めるときなど、家を探すときにはお店に行って不動産に紹介してもらうのが一般的ですが、それを個人で行っているフリーランスの人もいます。 収入は歩合制で、物件の紹介をするとその物件の家賃の何割かを紹介料をもらえるというシステムになっています。 メリットは1件成約するだけでかなりの報酬がもらえるということと、成果を出せば出すほど稼ぐことが出来ることです。 しかし、逆に言えば実力によって収入が左右されるので、思うような収入が得られないこともあります。 また、それまでに大家さんや不動産などと繋がりを作っておくことが必要になります。 人材紹介 フリーランスの中には人材紹介会社と提携をして、企業に人材を紹介する仕事をやっている人もいます。 基本的には不動産の紹介と同じく収入は歩合制で、企業が求めている人材を紹介すると、その紹介した人の年収の何割かを紹介料をとしてもらえます。 不動産よりも紹介するのが簡単なことと、ネットなどで副業としても紹介が出来るサービスが出てきているで、今後こういった紹介系の仕事はどんどん増えていくでしょう。 音楽系 作曲家 フリーランスの作曲家として仕事をしている人は、企業や他のフリーランスからゲームやPV、アニメなどに付ける楽曲の製作を依頼されて作ったり、自分で作曲した曲を販売して収入を得ています。 また、エンジニアやデザイナーと兼業していたり、メジャーデビューを目指して活動する傍らで、こういった案件をこなして生活費を稼いでいるという人もいます。 音楽家 作曲家を兼業している人も多いですが、有名になると演奏家として呼ばれて演奏したり、個人の音楽教室を開いて先生として音楽を教える仕事をしている人もいます。 歌い手 歌い手とは、ユーチューバーにも少し近いですが、ニコニコ動画やYouTube、こえ部などの音源入りのメディアを投稿できるサイトにおいて、「歌ってみた」作品の制作者(ボーカリスト)のことです。 人気の歌い手はユーチューバー的な存在で広告収入だけでなく、グッズを販売したり、イベントを開催して多くのファンを集めるという人もいます。 また、元々ニコニコ動画などで配信していてメジャーデビューする歌い手もいます。 今は、路上ライブをするよりも、ネットで配信した方が多くの人に見てもらいやすく、ファンもつきやすいので、メジャーデビューを目指しているという人は、まずはこう言ったサイトで自分の楽曲を配信してみてもいいでしょう。 美容系 美容師 美容師として固定のお客さんを持っている人は、独立してフリーランスの美容師として活動したり、自分のサロンを持つ人もいます。 また、「面貸し」といって、自分のお店を作る資金などがない人は美容室やサロンの一部を借りて、そこでフリーランスの美容師として働くシステムもあります。 このシステムによってフリーランスの美容師は増えてきています。 メイクアップアーティスト 俳優や女優、モデル、タレントなどにメイクをするのが一般的ですが、フリーランスでやる場合は、主に就活生や結婚式に出席する女性など一般の人にメイクをしたり、メイク塾を開いてメイクを教えている人もいます。 フリーランスの場合は、基本的にはSNSやブログを使ってお客さんを見つけ、また口コミによって仕事につなげています。 ネイリスト メイクアップアーティストと同じように、SNSやブログを使ってお客さんを見つけ、フリーランスのネイリストとしてネイルをしたり、塾を開いてネイルを教えている人もいます。 また、元々サロンで働いていて固定のお客さんを持つようになり、独立してフリーランスのネイリストとして活動したり、個人のサロンを持つ人もいます。 その他 陶芸家 個人で陶芸家として働いている人もいます。 Webサイトで作品を販売することで、海外からの注文もあるそうです。 陶芸以外にも、染物や和紙などといった、伝統工芸品をインターネットで販売している人も少数ですがいます。 フードコーディネーター 企業のレシピ本に載せる料理の作成と写真撮影や、個人のお料理教室を開くなど、仕事の幅は多岐にわたります。 最近ではクックパッドやSNSで人気になり、料理本を出版する人なども少なくありません。 また、自分のサイトやブログを持ち、料理を教えたり、レシピを販売する、有料のメルマガを発行するという人もいます。 運転手 タクシー運転手のように、車を持っている人が個人で運転手をやる仕事もあります。 「運転手」と「乗り手」をマッチングするサイトもあり、副業でやっている人から本業として年収700万円近く稼いでいる人もいます。 また、人だけでなく配達員として荷物や食事を運ぶ場合もあります。 ゲストハウス、民泊の経営 最近では、部屋を借りてゲストハウスや民泊を経営している人もいます。 上手くいけば大きな収入を得ることができますが、ランニングコストもかかり、競合も増えてきているため、誰でも簡単に成功するというわけではないので、始めようと考えている場合はじっくり検討することをオススメします。 農家 農家をやる場合も、フリーランス(自営業)です。 平均年収はサラリーマンよりも農家の方が高く、年収1000万円近い人もたくさんいます。 地方や田舎には仕事がないというわけではなく、若者に人気の仕事がないだけで、脱サラして農家を始めて、会社員時代よりも稼いでいるという人も実は少なくありません。 まとめ 以上、フリーランスで出来る仕事をご紹介しました。 細かく分ければ、上記で紹介した職種以外にもたくさんの種類がありますが、フリーランスの働き方は本当に多種多様です。 フリーランスであれば、従来のように就職し、同じ企業で働き続けるというスタイルでは叶わなかったような、自分のやりたかったことも実現出来るかもしれません。 もし、あなたが自分のスキルや知識、好きなことを仕事に生かしたいと思うなら、ぜひフリーランスという働き方も視野に入れてみてください。

次の

フリーランスは増加した。でも「奴隷的」会社員の延長では社会は不自由なままだ。

フリー ランス

フリーランスの4タイプ 副業系すきまワーカー・・会社員としての給料を得ながら、空いた時間で副業をするフリーランス。 副業であるため、ほとんどの方が年収10万円未満。 複業系パラレルワーカー・・空き時間や休日に行う副業とは違い、プロフェッショナルとして、2社以上の企業と契約ベースで仕事をしているフリーランス。 自由業系フリーワーカー・・複業のように、企業との雇用関係がない独立したフリーランス。 最近話題のブロガーやユーチューバーがこれにあたります。 自営業系独立オーナー・・または1人で法人経営をしているフリーランス。 税理士や弁護士などの士業がこれにあたります。 最近では、会社を独立してプロフェッショナルとして働く、 複業系パラレルワーカーの人口が増えています。 その中でも特に、エンジニアやデザイナー、マーケターなど Webに関わるフリーランスの需要が高まってきています。 やを覗くと、募集されている案件の9割以上がWebに関する案件です。 そこでこの記事では、Webの中でも特に需要が高まっている仕事・職種を厳選して10種類ご紹介します。 需要が高まるフリーランスの仕事10選 まずはじめに、フリーランスを目指すファーストステップとして、フリーランスの業界構造を把握しておく必要があります。 以下の図をご覧ください。 職種ごとに必要なスキルや人脈、 収入の天井などを把握することができます。 また、商流が上がれば上がるほど、組織を束ねる マネジメントスキルも求められるようになります。 フリーエンジニアが常駐案件を獲得する方法としては、「 」や「 」のような、フリーエンジニア専門エージェントを活用するのが一般的です。 最近ではリモートワーク可・週1日〜稼働OKな案件も増えてきており、エンジニアがより柔軟に働ける環境が整ってきています。 リモートワーク可能な案件を探すなら「 」、 週2日・ 週3日から参画できる案件を探すなら「 」がおすすめです。 一方で、実務経験が浅いエンジニアはエージェントから仕事を紹介してもらえません。 クラウドソーシングでは「 」、Webデザイナー向けのエージェントとしては「 」や「」がおすすめです。 未経験からフリーランスのWebデザイナーとして仕事を獲得することは困難なので、まずは「」でWebデザインを学んだのち、Web業界の転職に強い「 」を活用し、Webデザイナーとしての実績と経験を積んでから独立されることをおすすめします。 Webライター フリーライターの平均収入は 約300万円です。 3人に1人が200万円未満であり、稼げる人と稼げない人の二極化が顕著な職業です。 年収 割合 200万円未満 32. Webマーケターが案件を獲得する方法としては、前職の繋がりやエージェントを経由して獲得するのが一般的で、Webマーケター向けのエージェントとしては、「」や「」がおすすめです。 Webマーケターとしてのスキルや経験がない方は、エージェントから相手にしてもらえないので、TechAcademyの「」でSEOや広告運用を学んだのち、マーケター向けの求人が多い「 」を活用して転職し、転職先の会社で1年以上の実務経験を積んでから独立することをおすすめします。 Webディレクター の平均年収は 約452万円です。 Webディレクターとは、主にWebサイトを制作する際に指揮をとる人のことを指します。 具体的には、PMと同行でクライアントとの打ち合わせに参加し、 課題や要望をヒアリングして要件定義を行い、その内容を踏まえてデザイナーやコーダー、ライターなどの制作スタッフに指示を出します。 その後、Webサイトが完成するまでの進行管理や、品質管理も行います。 また、クライアントと密に関わるので、継続案件や新規案件を獲得する営業的な役割も担います。 商流で言うと、Webディレクターは以下の図のレイヤー3の位置付けになります。 クライアントや制作スタッフ含め、とにかくコミュニケーションを多く必要とする仕事なので、リモートではなくオフィスに常駐して仕事をするのが一般的です。 Webディレクター向けのエージェントとしては、「 」がおすすめです。 Webコンサルタント の平均年収は 約610万円です。 Web業界の中では、エンジニアに次いで高い水準になっています。 経験と実績があるWebコンサルタントがフリーランスとして独立した場合、収入は青天井になります。 年収 年収 20代 512万円 30代 672万円 40代 821万円 50代 886万円 60代 648万円 コンサルタントの仕事は、クライアント企業の経営課題を発見・分析・改善し、利益の向上や事業拡大の支援をすることです。 WebコンサルタントとITコンサルタントはよく混同されがちですが、仕事内容は全く異なります。 Webコンサルタントは、企業の マーケティング戦略を強みとしていますが、ITコンサルタントは 開発のオペレーション戦略を得意としています。 フリーランスのWebコンサルタントが仕事を獲得する方法としては、コンサルタント専門のエージェントを活用するのが一般的で「 」や「 」がおすすめです。 クライアントに引っ張りだこなコンサルタントは、コンサルティングだけじゃなく、 フリーランスチームを作って実行支援まで巻き取っているケースが多いです。 動画編集者・映像クリエイター 動画編集者の平均年収は 約406万円です。 企業がコーポレートサイトやサービスサイトを立ち上げるのは当たり前のことですが、最近ではそれと同じように、企業が YoutubeチャンネルやInstagramのアカウントを立ち上げることも当たり前になってきました。 その影響で、動画編集のニーズがかなり高まってきており、人手不足の状態が続いています。 実際に、「」のサイト内検索で「動画編集」と検索すると、9728件(2020年8月現在)の案件が見つかりました。 動画編集未経験の状態でフリーランスになってしまうと、安く買い叩かれてしまう可能性が高いので、「」や「」で編集スキルや交渉スキルを身につけておくことをおすすめします。 また、Webマーケティングの領域では、 動画広告の効果がかなり高いことが実証され始めているので、前述のWebマーケターやWebコンサルタントとチームを組むことで、安定的に案件を獲得することができます。 広告収入を目指して、副業でYoutubeを始るのもいいですね。 Youtuber YouTuberの平均年収は 約800万円です。 サラリーマンの平均年収が430万円ですので約2倍です。 YouTuberと聞くと、はじめしゃちょーやフィッシャーズのような中高生向けのエンタメ動画を想像してしまいますが、おすすめはビジネス系YouTuberです。 なぜなら、エンタメ系動画の視聴者は中高生ですが、 ビジネス系動画の視聴者はビジネスマンなので、広告収入に直結するクリック単価がエンタメ系に比べて圧倒的に高いです。 このブログも、フリーランスをターゲットにアフィリエイト記事を書いていて、月60万円ほどのアフィリエイト収入を得ています。 加えて、私の本業はというフリーランス向けシェアハウスの経営なのですが、その集客も全てこのブログで行っています。 「フリーランス シェアハウス」「エンジニア シェアハウス」などのキーワードで検索すると、このブログが1位表示されており、毎月30名以上の方から入居希望の連絡をいただきます。 ブログは、 アフィリエイト収入に偏るのではなく、 本業と掛け合わせるのをおすすめします。 まとめ 以上、これから需要が高まるフリーランスの仕事・職種10選でした!今回ご紹介した仕事・職種に加え、以下の表にフリーランスに人気の仕事・職種をまとめてみました。

次の