吉本 やすこ。 可愛い女芸人ランキングは?吉本新喜劇の美人座員も?若手は?

内田恭子、旦那の木本公敏は超エリート!画像あり

吉本 やすこ

以降は入団数が増加し、現在は客員・休業中を含めて100人を超える団員が在籍する(座員名は毎回の編集時に参照したの「座員紹介」の名前の有無による)。 座長 原則として、4人いる座長の中から1人が作家と相談しながら担当週の新喜劇の脚本を作成し上演するシステムをとっている(2人以上出演の場合も、最初に名前がある者が作成者である)。 また、このシステムは作成者それぞれの新喜劇に対する方向性や個性の違いが非常に出やすい(「特定のキャラクターを演じる」「半ばシリーズ化する」など)。 また、座長それぞれにほぼ専属の若手座員が何名かいる(のテレビ等での発言より。 これを「座組」という)。 また、座長同士の間では座長に就任した順に発言力がある。 なお、には石田や「やめよッカナ」時代の経験者のが座長として公演を行うことがあった。 女性座員では、2017年7月にがレギュラーでは初座長に就任したが、その前には特別公演などで過去にも女性座長は存在した。 実例としてからの1週間を皮切りに、毎年の時期に「 女座長特別公演」が行われていたことがある。 現在、なんば・祇園の両花月の公演で座長を務めるのは下記の4名。 このほか、公演プログラムの出演者トップに座長名の表記がないときは4名のリーダーが座長代理を務める。 (の舞台から)• (の舞台から)• (の舞台から)• (の舞台から) 歴代座長 芸名 生没年 座長在任 備考 1937年 - 2015年 1963年 - 1969年 1916年 - 1986年 1962年 - 1966年 1936年 - 没年不詳 1966年 - 1969年 1934年 - 1966年 - 1969年 1938年 - 2005年 1966年 - 1972年 1934年 - 2013年 1969年 - 1970年 1936年 - 1969年 - 1972年,1990年 - 1995年 現役座員 1939年 - 1972年 - 1976年,1979年 - 1982年 1934年 - 没年不詳 1972年 - 1974年 1950年 - 2019年 1973年 - 1988年 1949年 - 1973年 - 1988年 現在は座員ではないが、特別公演や地方公演などに不定期に出演する。 伴大吾 1948年 - 1974年 - 1978年 1940年 - 1974年 - 1979年 1946年 - 2018年 1982年 - 1984年 1943年 - 1990年 - 1995年 現役座員 1960年 - 1999年 - 2019年 1995年からニューリーダー(事実上の座長)、現役座員 1964年 - 1999年 - 2019年 1965年 - 1999年 - [ いつ? ] 1995年からニューリーダー、現在は座員ではないがや地方公演などに不定期に出演し座長を務める。 1967年 - 1999年 - 2007年 1997年秋からの内場、辻本の東京進出に伴う不在の間、ほぼ毎週リーダーを務めた。 現役座員。 1973年 - 2006年2月28日 - (在任中) 1967年 - 2007年6月19日 - (在任中) 1972年 - 2014年6月11日 - (在任中) 1986年 - 2017年7月26日 - (在任中) 初の女性座長 副座長格(リーダー) 座長不在の公演で座長に代わり主役を演じるとともに、劇の脚本・構成を担当する。 (第4個目金の卵(2008年)、元)• (第1個目金の卵(2005年)、元トレイントレイン、前田真希の夫)• (第2個目金の卵(2006年)、元リンゴスター)• (第6個目金の卵(2012年)、元) 以下2名はリーダー経験者• (現在も、吉本以外の事務所の芸人とのコラボレーション「よしもと砦の戦い」で新喜劇座員のリーダー役である)• 漫才コンビとしての名前はそのまま、中川と共に2007年10月1日に入団。 の舞台から個別に出演) なお、副座長格はこれまでは明文化されたポストではなく、上述のとおり座長が不在またはゲスト出演する公演で座長に代わり主役を演じる座員を便宜上表現してきたものであるが、2019年3月1日の新喜劇60周年にともなう体制刷新の中で、次期座長候補とされる座員のために「リーダー」のポストが公式に新設され 、上記7名のうち清水・吉田・信濃・諸見里の4名が就任することが公表された。 重鎮クラス 座長経験者。 舞台に登場すると必ずと言っていいほど拍手が飛ぶ。 登場時にコケるギャグの使用が許されている。 (新喜劇座員では現在最年長、高齢もあり現在は特別公演以外未出演)• ベテラン 座長経験者同様、ストーリーや役柄の軽重に関係なく舞台登場時には拍手が飛び、また、あいさつの持ちギャグを披露し、他の出演者をコケさせることができる。 (座長経験はないが、「…じゃあ〜りませんか」のギャグが「ポケメシ」のテレビCMで全国的にブレークし、1991年の第8回日本で年間大賞を受賞、新喜劇の東京進出に大きく貢献したとされ重鎮ポジションに昇格した)• の死後は女性最年長)• (女性陣の中では新喜劇在籍年数最長)• (約10年の謹慎後、2010年3月より正式に座員として復帰) マドンナ ヒロイン的役割を担う女性演者。 新喜劇では必要不可欠な存在である。 ストーリーにより、主役の妻や片思いの相手、主役の不倫相手であったり…と変わるため、かならずしも明確な基準はない。 ただ、在籍年数を重ねると徐々に後輩の女性演者にそのポジションを譲りベテラン座員として処遇される。 末成・浅香・未知ら年長の女性座員もかつてはマドンナ格で舞台に出演していた(元漫才師の若井を除く)。 ただし、マドンナと呼ばれる座員が必ずしも新喜劇でヒロインを演じるわけではないということを留意する必要がある。 (の長女、吉田裕の妻)• 一般座員• (12月再入団)• (7月再入団)• (2009年3月入団。 の舞台から出演)• (、2014年入団。 の舞台から出演)• (長らくテレビタレントとして活動していたが、座員として復帰)• (浅香あき恵の夫、元Wヤング、2019年12月再入団)• (から) 若手 2005年まで行われていた『』や、を主役として2006年に公演された『』などの座員を中心に、うめだ花月で活動する芸人も加わっていた。 2005年からの「吉本新喜劇 金の卵オーディション」出身者は後述。 第1個目金の卵(2005年) 2005年に行われた「吉本新喜劇 金の卵オーディション」に合格した座員。 新人といっても芸人や舞台人などのキャリアがある者も含まれ、すでに何人かは吉本新喜劇以外で活動がある。 月1回の「金の卵ライブ(金の卵LIVE)」に全員が出演。 以下の座員による「金の卵ライブ」は2006年7月が最終回。 (の長女、吉田裕の配偶者)• 第2個目金の卵(2006年) 2006年に行われた「吉本新喜劇 金の卵オーディション」に合格した座員。 2008年当時、大阪・京橋にも「京橋花月」がオープンし、新喜劇の上演が決定したことから、これに対応した採用と思われる。 (の実妹)• 第3個目金の卵(2007年)• (2017年7月座長に昇格) 第4個目金の卵(2008年)• (元ダ・ヴィンチ)• 第5個目金の卵(2009年)• 第6個目金の卵(2012年) 、「第5個目 金の卵オーディション」以来、3年ぶりとなる座員オーディションが実施された。 中尾星太• 第7個目金の卵(2013年)• (元つぼみ、元りんごあめ、吉本坂46)• 前園健太• (元グッドモーニング、元ストライク)• (元ドルフィンズ) 第8個目金の卵(2015年)• 葛原亜依• 大黒ケイイチ• 玉置洋行• 松本慎一郎 第9個目金の卵(2017年)• 新井崇史• 入澤弘喜• 大塚澪• (元カバと爆ノ介)• 川筋ライラ• 谷川友梨• 筒井亜由貴• 速見めぐみ• 松元政唯 第10個目金の卵(2018年) 2018年に行われた「吉本新喜劇 金の卵オーディション10個目」に合格した座員。 2018年4月14日(土)なんばグランド花月で開催された「吉本新喜劇特別公演〜すっちー、川畑、酒井藍、春の3座長祭り!!〜」にて合格座員の発表が行われた。 2018年9月28日(金)YESシアター にて「金の卵10個目ライブvol. 1」が開催され、ゲストとして川畑座長が前説、後説のMCを担当し劇中ではすっちー座長、酒井藍座長も登場し金の卵10個目メンバーに花を添えた。 生瀬行人• 石井萌々花• けんたくん(おきなわ新喜劇出身)• 住吉大和• 曽麻綾• 野下敏規• 宮内紀佳• 第11個目金の卵(2019年)• 伊丹祐貴(元クラスメイト、元ファイトクラブ)• 多和田上人(元フラワーズオブロマンス、元あまえんB)• 野崎塁• 杉江大喜• 矢内井玲奈• 佐藤美優 作家 主に以下の者が担当している。 鳴瀬冨三子(檀上茂を師匠とする)• 村上太(川畑・すっちー週)• 佐藤トモ(川畑・すっちー)• (小籔・川畑・すっちー)• 三栗雅子(すっちー)• 宮崎高章(元・新喜劇座員)(小籔・すっちー)• 稲見周平(川畑)• 藤原和博(川畑・すっちー・酒井)• 大東伸明(川畑)• 当山穂高(川畑)• 玉井聡司(川畑・酒井)• 吉田佳• 矢田和也 それ以外にもイベント等では以下の作家が担当している。 (久馬歩)(ザ・プラン9のリーダー) 主要座員のテレビ・ラジオ出演 辻本茂雄、小籔千豊、未知やすえは関西地区を中心に新喜劇以外のテレビ番組にも出演している。 特に小籔は新喜劇座長に就任したまま初めて東京に本拠地を移し 、タレントやファッションモデル、バンドマンとしても活躍している。 辻本は全国放送の『』に相談員として出演している。 この他、すっちー、吉田裕、松浦真也らが新喜劇でのギャグの掛け合い場面をアレンジしたショートコントを全国区の番組で披露することがあるほか。 また、森田まりこを筆頭に若手座員がに出演することもある。 ラジオでは、小籔やなどがレギュラー番組を持っている [ ]。 旧座員 以下に挙げる人物は、過去に在籍した座員のごく一部である。 旧体制時代(1989年9月以前) 座長経験者 最初期の新喜劇では、ほぼ毎回ゲストが座長を交代で務める形が採られており(、、 ほか)、純然たる新喜劇在籍者が座長を務めるようになったのはからのことである。 その中で最初に座長として頭角を現したのは・守住清の2人であった。 以下は存命者または存命と思われる人物。 故人は後述。 守住清• (2016年現在も地方公演で座長を務めている)• その他• 青木ミキ(1973年2月入団、夫人)• (小島あきら)• 青島みどり• 浅田祐介(元くるみ座の研究生)• 姉川巌(1974年入団)• 天野久美子(NSC出身、1983年入団)• 飯田ミエ• 伊玖野暎子• 石井マキ• 池田昌代(1977年入団、1978年退団)• 石田輝代• 石川大介• 伊豆あすか• 泉多美子(後の占い師)• 石川寿子(アチャコ劇団出身)• 伊藤哲三(1963年7月入団)• 糸川ナホミ(1972年11月入団、やなぎ浩二夫人)• 井上和子(1966年入団)• 井上味佳(OSK出身、1963年入団)• 今岡まき子(1984年6月入団、マドンナ)• 今西博子(1984年入団)• 上原光代(間寛平夫人)• 歌川節美(1975年2月入団)• 内海英子(1962年9月入団、マドンナ)• 宇野由利子• うのりういち(1979年6月入団)• 英京介(花紀京に師事、1963年7月入団)• 大井文子• 大内洵子(1960年入団)• 大江将夫• 大川直子• 大崎隆晴• 大里裕美(1961年ごろから2年程出演)• 太田裕子(OSK出身、1961年入団)• 大橋一博(1980年3月入団)• 大宅乃夫子(1959年入団、結婚し退団)• (1983年に「おかけんた・ゆうた」を結成して退団)• 岡田光男• 尾崎ゆう子(1960年入団)• 甲斐野トミ(昭和40年代に出演)• 香川明子(1964年から1965年ごろ出演)• 笠原亮三• (木村進元夫人、1987年入団)• 梶原一弘(現:落語家)• 片岡あや子(1968年6月入団)• 片山英昭• 片山理子• 金沢富子(結婚し退団)• 金乃成樹(松竹新喜劇へ移籍)• 雷門禄郎• 菊池大助(松竹新喜劇出身、1966年11月入団)• 岸田一夫(「笑いの王国」、「ピエル・ボーイズ」出身)• (現 俳優)• 木村明• 木村優(木村進、風間舞子の娘、1987年入団、子役)• 京風美千代(宝塚歌劇団出身、1960年に結婚し退団)• 黒木雪夫(後の)• 黒瀬良(子役として数回出演)• 香月京子• (現在ピン芸人)• 九重千鶴(宝塚歌劇団出身)• 小島のぶえ• 小島ゆかり(NSC出身、1985年入団)• 坂井秀太郎(時代劇専門)• 坂本豪(1971年4月入団)• 桜国子(1983年2月入団)• 佐々五郎(佐々十郎の実弟)• 五月十三子• 佐藤ひろし• 塩野一平(1984年入団)• 清水正• 新谷京子• しんぶらしすたーず• 角ともや(元自衛隊の陸士長、1968年10月入団)• 関本千世子(1959年入団、研究生、結婚し退団)• 園みち子(1978年1月入団、マドンナ)• 園みつ子(1965年研究生で入団、結婚し退団)• 高勢ぎん子(1967年入団)• 高橋和子(1979年5月入団、元新喜劇座員前田国男夫人)• 武内正和(1981年入団)• 武田京子(1974年11月入団)• 立花宏子(1959年入団)• 田中智鶴恵• 田之本了(1971年8月入団)• 田中猛• 田中ひとみ• 玉井清美• 玉松キャップ• (シベリア文太、新喜劇座員)• 千原万紀子• 司芙美(1963年、研究生で入団、奥津由三夫人)• 蔦陽子(OSK出身)• 陳玉華• 津島ひろ子(1974年入団、マドンナ)• 鶴岡徹• 仲圭介(松竹新喜劇に移籍)• 長江あきら• 中尾愛子(1980年3月入団)• 中岡秀樹(1968年11月入団)• 中川明巳(1986年入団)• 中嶋恵美子(1979年5月入団、寿一実夫人)• 中野みさよ• 夏目京子• (の長女)• 西川花助• (4代目西川サクラ)• 西川洋子(1966年1月入団)• 二宮二朗• 庭野千草• 萩清二• 長谷一郎(1963年8月入団)• 拔天太郎• 花井三郎• 浜谷敦子• 速川進(1964年10月入団)• 春風すみれ• 春名幸子• 東田つぐみ• 一ツ橋雪• 平川幸男(後を結成)• 平野恵美子• 平山のぶ子(1970年5月入団)• 平山信子(1975年5月入団)• 藤健一• 藤里美(1969年5月入団)• 藤江竜海• 藤田信二• (西川きよしと結婚し退団)• 堀江たかし• 堀田正子(NSC出身)• 真壁一夫• 政晴子• 真智恵子• 丸橋清美(宝塚歌劇団出身、結婚し退団)• 三角八重• 峰きよし• 三輪ますみ• 宮武要人• 三輪やすひこ(元松竹新喜劇出身、1966年11月入団)• 村田いつ子(1960年12月入団)• 望岡幸敏• 森一修• 森公平(1981年8月入団)• 森秀人• 安田密子• 柳井幸多朗• 山口真代• 山中正(1972年7月入団)• 山本幸子• 結城美千代• 由利謙(1962年6月入団)• 横井修平• 淀川吾郎(1967年8月入団)• 横山アウト• 与志きみと• 吉野幸子(ルーキー劇団に移籍)• 米坂福太郎• 若山みち子• 和田志朗• 渡辺広美• 竹田京子 故人• (元座長)• (と漫才コンビを組む)• (第9回目より特別出演)• (初代芦屋凡凡)• 市川小金吾(初代市川青虎)• 梅田ひろし(1969年9月入団)• (夫人)• (元座長)• 春日井真澄(1960年頃出演。 作曲家加納光紀の夫人)• (雷門五郎)• (3代目博多淡海、元座長)• 下田道子(1960年入団)• (元座長)• (元座長)• (松竹新喜劇に移籍)• 中田軍治(後Wヤングを結成))• 3代目西川サクラ(の華ぼたん)• (元座長)• 花和幸助(松竹新喜劇へ移籍)• (元座長)• 益田やよい• (元座長)• (元座長)• (レツゴーじゅん)• 伴大吾• (定期的な座長ではない) 「やめよッカナ!? 」時代以降(1989年10月以後) 座長(主役)クラス• (現:ルミネtheよしもと新喜劇座長)• (現:ルミネtheよしもと新喜劇座長)• (現:ルミネtheよしもと新喜劇座長)• (現:ルミネtheよしもと新喜劇座長)• (現:ルミネtheよしもと新喜劇座長) 座員• 青柳裕之(第6個目金の卵オーディション合格者)• 安藤成寛(第8個目金の卵オーディション合格者)• 石野マユ• (第2個目金の卵オーディション合格者)• 板坂由美子• (第5個目金の卵オーディション合格者。 2016年6月まで活動)• (第8個目金の卵オーディション合格者。 2017年、結婚を機に退団)• インス(金 仁淑(きん ひとみ))• (第5個目金の卵オーディション合格者)• (ルミネtheよしもと新喜劇班へ移籍)• 尾崎小百合()• 御澤知世(第5個目金の卵オーディション合格者)• 梶本愛(元。 、結婚し退団・引退)• 廉林優(第8個目金の卵オーディション合格者。 2017年11月退団)• (第4個目金の卵オーディション合格者)• 狩場愛子• 神所正良• (元つぼみ、第6個目金の卵オーディション合格者)• (第5個目金の卵オーディション合格者。 2011年正月まで活動)• (第10個目金の卵オーディション合格者)• (第6個目金の卵オーディション合格者)• (ルミネtheよしもと新喜劇班へ移籍)• (元、第6個目金の卵オーディション合格者)• (金のひよこ。 2012年12月頃まで活動)• 酒井美紀• 坂田朗子(元大阪パフォーマンスドール)• サラ(母親が日本人、父親がイラン人のハーフ。 大阪府出身。 第9個目金の卵オーディション合格者 約1年未満在籍)• (京橋花月での新喜劇に一時期出演)• 清水陽子• しゃっきー(第6個目金の卵オーディション合格者。 2016年3月退団)• (第1個目金の卵オーディション合格者。 クリエイティブプロデューサー)• 竹迫唯(第5個目金の卵オーディション合格者)• 田島幸恵• (、)• 坪田光生(第3個目金の卵オーディション合格者)• 鶴屋華丸(現:、2001年客員として参加)• ともえ(第2個目金の卵オーディション合格者)• (金のひよこクラス。 2010年1月頃まで活動)• (元ランディーズ)• (米国への"筋肉留学"を経て、東京に拠点を移す)• 中野正之• (第6個目金の卵オーディション合格者。 2016年12月まで活動)• 西田あつし• 西峯喜策• 野村多加子(、結婚し退団・引退)• 波多野健太(元ママレンジ、第3個目金の卵オーディション合格者)• (、)• はやしよしえ(第7個目金の卵オーディション合格者)• (第5個目金の卵オーディション合格者。 2010年9月頃まで活動)• ヒロト(第7個目金の卵オーディション合格者。 2017年3月まで活動)• 堀川貴広(金の卵9個目オーディション合格。 2018年5月退団。 NSC39期生)• 福岡亮治• (元、第6個目金の卵オーディション合格者。 2017年、との結婚を機に退団)• (2001年頃客員として参加)• (元)• (2010年5月頃まで活動)• 前田由梨• 前田央昭(2009年4月退団)• (第1個目金の卵オーディション合格者。 東京本社で活動中)• 牧野大介• 松村恵美(第7個目金の卵オーディション合格者。 2016年12月まで活動)• 見取慎太郎(元リンゴスター、第2個目金の卵オーディション合格者。 2011年4月頃まで活動)• (の娘。 2009年結婚のため退団)• 宮崎高章(2012年3月退団。 現在は構成作家)• (金のひよこ。 2014年6月頃まで活動)• もりしゅん(第6個目金の卵オーディション合格者)• 森内紀世(元夫人。 育児のため退団 )• (第3個目金の卵オーディション合格者。 2016年6月まで活動。 地元熊本に拠点を移し、熊本県住みます芸人らと「よしもと南国劇団」を立ち上げ)• 山田琴音(芸名:リンリン 第9個目金の卵オーディション合格者。 2018年3月退団。 NSC39期生)• (第5個目金の卵オーディション合格者。 2011年2月末頃まで活動。 、のちに選手に転向)• (元平安美人、第6個目金の卵オーディション合格者)• (、、現・ルミネtheよしもと新喜劇メンバー)• (、) 作家・演出家• 吉井三奈子• 古川順一• 大工富明• 竹本浩三• 檀上茂• 中村進• 徳田博丸(現在は沖縄花月の新喜劇などを担当)• (NSC1期生として同期である内場主演の脚本を担当)• マスコットキャラ• (吉本新喜劇ではとごかの飼い犬をしたり色んな所で登場する犬のでマスコット的な存在)• 中尾星太• 前園健太• 葛原亜依• 小西武蔵• 大黒ケイイチ• 玉置洋行• 松本慎一郎• 新井崇史• 入澤弘喜• 大塚澪• 川筋ライラ• 白原昇• 谷川友梨• 筒井亜由貴• 速見めぐみ• 松元政唯• 本山悠斗• 生瀬行人• 石井萌々花• けんたくん• 住吉大和• 曽麻綾• 野下敏規• 宮内紀佳• 伊丹祐貴• 多和田上人• 野崎塁• 杉江大喜• 矢内井玲奈• 佐藤美優 作家• 関西の子供たちは、このテレビ放送でボケとツッコミを覚え、立派な関西人になるとされる(岩本 2009参照)。 その後、の特番を経て、より『』としてレギュラー放送再開。 - Yahoo! ブログ• 2011年7月2日放送の『』()でのの発言より。 なお、のでは2009年から禁止と説明されている。 吉本新喜劇公式ホームページ• ヒット曲の『アホの坂田』など吉本タレントが唄う歌謡曲の作詞も多く手掛け、新喜劇50周年(2009年)記念公演の監修に当たった。 現在、吉本興業文芸顧問、現代ライフ学部教授、文学部講師、大阪市「上方芸能文化顕彰」選考委員。 竹本と共に吉本新喜劇を立ち挙げ隆盛させた作・演出家であり、現在も特別公演では脚本・演出を担当する一方で、後進の育成も手掛けている。 『上方芸能・笑いの放送史』(著、、)• 例えば、あるチームが上席に京都で掛けた芝居は、引き続いてうめだの中席で同じ芝居を上演されるが、下席のなんばでは別の新作を上演する。 このなんばの新作は基本的に京都、うめだでは上演されない。 ただしギャグや演者のキャラクターが今ほどに重視されるようになったのは、、等が台頭後の時代の話でありその昔は吉本新喜劇もストーリー性をそれなりには重視していた。 他の3人と同様、ニューリーダーの打診があったがTV番組出演の関係で見送られた。 サンスポ 2019年4月20日• お笑いナタリー 2015年6月15日. 2015年8月15日閲覧。 過去には木村進の提案で1987年から「うめだ花月」で同様のトークが行われていたことがある• での小籔の発言より• 新喜劇座員のSNSやブログでは、従前からリーダーという表現は使われている• 浅香、島田珠代などもごく稀ながらヒロインを演じることがある。 NHK大阪放送局. 2013年12月1日時点の [ リンク切れ]よりアーカイブ。 2014年11月3日閲覧。 一門の曽我廼家蝶五郎の門下、漫才ではやを相方にしていた• やの友村順一に師事、「ポンカラキンカンコン」のギャグで新喜劇草創期を支えた。 の大御所。 へ移籍• 1967年1月入団。 人気を博したが、借金問題で退団した• ザ・プラン9 お〜い!久馬のblog 「歩記」、2015年01月21日より• 2012年8月3日, at the. MSN産経ニュース 2012年5月27日• ガールズケイリン公式ブログ 2013年7月1日. 2013年7月15日閲覧。 は、客との合意の上で成立する、何年も使ったギャグを知っていることを前提とした笑いであるとする。 または、大阪では面白いヒトで笑う傾向があり、お決まりキャラクターで笑わせる面が強いとする(岩本 2009)。 阪田真己子は、ズッコケることで笑いどころを視覚的合図として送るという信頼関係が構築されており、それを受け入れない部外者には理解できず時に怒りさえ覚える、とする。 (岩本 2009)。 SonyMusicShop. 2020年1月4日閲覧。 よしもとネットショップplus 本店. 2020年1月4日閲覧。 よしもとネットショップplus 本店. 2020年1月4日閲覧。

次の

吉本新喜劇・高橋靖子の昔や週刊ポスト画像が美人!結婚情報も総まとめ

吉本 やすこ

芸名・本名:高橋靖子(旧芸名:武田京子)• 職業:吉本新喜劇女優• 生年月日:1967年5月26日• 出身地:岐阜県不破郡垂井町• 最終学歴:滋賀県立短期大学• 血液型:A型• 趣味:スキー• 事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー 小さい頃は手を挙げたり発言したりすることも出来ない大人しい少女だったそうです。 昔を知ってる人には、現在の高橋靖子さんのことをとても驚かれるといいます。 また学生時代は陸上とバレーボールに明け暮れるほど、運動神経抜群な一面も持っています。 2018年51歳という年齢にして週刊ポストで大胆なグラビアに挑戦!.

次の

吉本新喜劇のやすよちゃんは結婚してる?彼氏は誰?出演動画も!

吉本 やすこ

来歴・人物 [ ] 、卒業。 実家は蕎麦屋。 、高校在学中に花月・ポケットミュージカルスにダンサーとして出演し、その後入りする。 、「」を結成。 デビュー間もないころに若手漫才コンクールで新人賞を受賞するなどして、将来を期待されていたが、にコンビを解散。 その翌日からに入団する。 新喜劇デビュー作は、の上席『』だった。 「 未知(みち)」という屋号は、コンビ解散後「」での公募により決まったもの。 夫は、新喜劇座長のである。 公の場では自分が芸歴が上ということもあり、夫を「内場くん」と呼ぶ。 から1週間、新喜劇では初の女性座長を務めた。 以降も毎年の時期に1週間、「未知やすえ 女座長特別公演」が継続されている。 、治療のため一時休養することを発表した。 、退院を報告。 ギャグ [ ] (終了した番組・中継を含みます)は、での販売や公式な、またはが紹介するまで、 出典として用いないで下さい。 に基づき除去される場合があります。 吉本新喜劇 [ ] 共演者から罵倒されたり、言うことを聞いてもらえなかった時に、温厚な性格を一転させて怒り出す芸が有名。 もともとはの持ちネタであり、新喜劇においても後継者的なポジションに居る。 初期にはかなり太っており、お腹が出ている(他に三段腹、妊娠している)ことなどを散々ネタにされていた。 これを逆手に取り「白ブタ! 」と言われると「 おい、誰が白ブタや! ゴルァ! 」とキレる(また、夫であるに 「家で怒られている気分になった」とかぶせさせたこともあった、痩せてからはこの後に「 最近痩せましたね言われるけどな」という台詞で繋ぐ事が時折見られる)。 内場を相手にキレる際は 「明るいのは舞台の中だけで家に帰ったら部屋に篭ってる」などと私生活に関して言及することもある。 その後はあまり使われないギャグとなり、白ブタと言われても「白ブタってうちのこと? 出演者たちが揉めて、収拾がつかなくなると「 じゃかましいわ! 」と一喝。 出演者を横一列に並べてさせ、一人ずつを巻きざっぱ(ツッコミ用の柔らかい棒)で殴りながら毒づいていく。 口応えをしようものならさらに殴る。 あまりにも見事な悪態ぶりにから「なんて言葉のテクニシャン」と言って落とされたこともある。 これもあまり見られないギャグの一つとなっているが、たまにがそのギャグをアレンジして披露することがある。 ヤクザに人質にされ、救助が難航したり突き飛ばされたりした際に「お前ら待たんかい! 」や「待て待て待て!! 」と言った後、ヤクザよりも恐ろしいで「 お前の頭スコーンと割ってストローで脳みそちゅーちゅー吸うたろか!!! 」「 鼻の穴から割り箸突っ込んで下からカッコンしたろかワレ!!! 」、「 コンクリート詰めにしてに沈めんどォ〜!!! 」などと恫喝する。 ヤクザが怯えて解放すると「 怖かった〜」と可愛く振る舞い舞台上の役者が皆こける。 または、ふと他の出演者を見て「あの人怖い」「誰か助けて」「怖かった〜」と可愛く振舞ったりする場合もある。 その後、「あんたが一番怖いわ! 」と突っ込まれることも多い。 このネタは、腹から出すよく通ったドスのきいた声と巻き舌で放たれるにより、ヤクザも一蹴されてしまうというネタである。 見ている人たちもスッキリした気分になるネタのため、観客からも支持されている。 昔は怒り肩で肩幅が広いことを桑原和男によくいじられていた。 例:「アーラ恥ずかしい肩」「ほんまに女? 」「逞しい体」など。 生放送番組(『』、『』)出演により休演が必ず週2回あるため、台詞や出演時間が以前に比べて少なくなり、代演がきく配役となっている。 「綺麗ですね」などと褒められると「そんなキレイやなんて……」とはにかんだ後「フハハハハ……!! 」と不気味に笑う。 なにわ人情コメディ 横丁へよ〜こちょ! [ ]• 突然で「ちょっと待ったな!! 」と叫びだし、が「やすえさん、今日もエライ舌巻いたなぁ〜〜」というセリフの後、共演者一同が「ラテンの血が騒いだの〜〜〜! 」とコーラスしたり、便乗して「ちょっと待ったりぃ〜〜〜な!! 」と真似をする。 真似をされると「もう! みんなで言わんといて」と返す。 後番組『』でもこのギャグを使うことがある。 ぜんざい屋の弟役を演じるに平手打ちをしたり、場合によってはトレイで頭部を殴る。 最近は、髪の毛を抜く(フリをする)ことも多い。 他の出演者に岩尾のブサイクぶりを貶されると、「やめてぇ〜〜〜!! 」と叫び、悲哀感漂うに合わせて岩尾がこれまでにブサイクであるがために受けた辛い仕打ちを長々と語り出す。 共演者同士の恋愛が上手くいっていると、それをおっさん口調で冷やかす。 に「やすえさん! 『やす おさん』になってる! 」と指摘されると、「ヤンヤン! 」または「ヤンヤン、怖い〜〜〜」などとし、共演者のほとんどがコケそうになる。 後に、共演者も一緒に「ヤンヤン! 」と言うようになっている。 [ ] から不定期で『』()にゲスト出演している。 共演者たちのあいだで乱闘が起こり、収拾がつかない状況になると、から「 やすえ姉さん、助けて! 」「 やすえ姉さん、(乱闘を) 止めて! 」と仲裁を求められる。 言われた通りに乱闘を止めに入るが、何度かにフレーム外へ放り投げられた後、最終的には持ちネタの「ブチギレ芸」を披露するのがお約束となっている。 2009年10月24日放送:「」 - の歴史を講義する先生として、、、とともにゲスト出演。 (加藤浩次、、、、、、矢部浩之)に対してキレ芸を披露した。 2010年1月23日放送:「第6回 団体戦」 - チームの一員として、、、とともに出場。 、、、、に対してキレ芸を披露した。 この深夜収録がメンバーのせいで時間が押して朝一のに間に合わない事に怒っていた。 2010年3月6日放送:「東京ギャグコレクション」 - 観覧のギャルに混じって出演。 エンディングで起こったとの喧嘩を仲裁するためステージに上げられ、、世界のナベアツ(現・)、、堀内健に対してキレた。 「怖かった〜」とオチるはずのキレ芸の流れを堀内のアドリブギャグによって大幅に邪魔され、最終的には堀内をビンタすることでオチをつけた。 この回では加藤浩次が番組に出演していなかったため、原西孝幸が「フレーム外への放り投げ」を代行した。 2010年4月10日・5月29日放送:「」 - 、とともに女性ゲストとして出演。 オープニングで黒谷がでの舞台(共演:)を、星野がでの舞台(共演:)をそれぞれ宣伝したため、やすえはでの「池乃めだかのハチャメチャコメディ」(共演:池乃めだか、)を宣伝した。 エンディングでは、加藤浩次、、藤本敏史、、黒谷、星野、に対してキレ芸を披露した。 2010年9月4日放送:「めちゃイケ500記念 スペシャル」 - 前半部では、島田珠代とともにフジテレビの清掃係として登場。 後半部ではに対してキレ芸を披露したが、オチが決まっても清原がコケなかったため、清原の頭を2度叩いた。 エピソード [ ]• 若手時代、『』のコーナーである「お笑い君こそスターだ! 」にも出演した。 また、が素人だったころに「出演したい」との依頼があったため、紹介した(やすえの男子同級生がモモコを偶然ナンパした縁で、関係があった)。 その後モモコはに入学したが、やすえとモモコは同学年のため、モモコがやすえに「やすえ〜」と気安く声をかけたところ、やすえは「(芸能界では自分のほうが先輩なのだから)やすえ姉さんと言い! 」とモモコを一喝した。 (夫・と同期)の2人とは同学年で、互いにため口で話す仲(芸歴はやすえのほうが長い)。 ダウンタウンは2人(・)とも彼女を「 えーちゃん」というあだ名で呼ぶ。 内場との結婚式で両親に宛てた手紙を読む、感動的なシーンの写真が『』でも度々取り上げられるが、その度に会場に爆笑が起こる「鉄板の一枚」となっている。 での初出演作品は『』である。 出演当時17歳。 素人時代には漫才で多くの賞をもらう活躍が出来たが、プロになった途端全くウケなくなったと述べている。 その後相方が引退を決めたため、コンビを解散する事になる。 解散後は相方と共に吉本を辞める予定だったが、「お前はアホやから残れ」と会社に言われ、相方にもそう勧められたため残る事にした。 最後の漫才舞台の前日に「明日の夜から舞台稽古に出ろ」と突然新喜劇入団を言い渡された。 受賞歴 [ ]• 2002年 - 話題賞 出演番組 [ ] 現在のレギュラー番組 [ ]• (毎日放送)• (毎日放送)• () - 準レギュラー• () 過去のレギュラー番組 [ ]• (1991年、)• (1997年10月 - 1998年9月、毎日放送)• (2003年9月1日 - 2004年3月、)• (2004年3月 - 2005年12月、関西テレビ) - 金曜• (2004年10月3日 - 2008年3月30日、朝日放送)• (2006年10月 - 2008年6月、) - 金曜• (2007年10月6日 - 2008年9月27日、朝日放送)• (2008年4月6日 - 2009年3月29日、朝日放送)• (2008年4月7日 - 2012年3月29日、関西テレビ)• (2009年4月5日 - 2010年3月28日、朝日放送)• (2010年4月4日 - 2011年4月3日、朝日放送)• (2008年7月 - 2013年3月、ラジオ大阪)• (2013年4月7日 - 2013年9月29日、朝日放送) - 準レギュラー テレビドラマ [ ]• (1986年、)- お康 役• (1989年、)- 保子 役• ごきげんいかが? テディベア(、毎日放送)• (2009年、NHK連続テレビ小説)- 笹原フミ 役• 天王寺ブロードウェー(2010年7月30日、)• (2011年1月5日、毎日放送)• (2019年、NHK連続テレビ小説) - 熊谷和歌子 役 映画 [ ]• 大阪好日(1997年4月5日公開、主演:) - やすえ 役• 父危篤、面会謝絶(1997年4月26日公開、主演:内場勝則) - 内場の妻 役• マネージャーの掟(1997年4月26日公開、主演:) - 赤松千晶 役• ラブドール(2007年7月7日公開、監督:)• 夢だけが人生やない(2007年7月14日公開、監督:)• スキヤキのうどん(2007年7月21日公開、監督:内場勝則) - みちよ 役 日本語版吹替 [ ]• (2016年9月9日公開) - ホルスの召使い 役 CM [ ]• ( - )• 『オフィス 篇』 - 夫・内場勝則も登場。 『居酒屋1 篇』• 『居酒屋2 篇』• クックドゥ( - )• 日本PCサービス パソコン生活応援隊! ( - )• 株式会社(関西地域のみ)• 「壁紙はシンコール」篇(西日本のみ)( - ) 舞台 [ ]• (2011年5月、)• 深夜のキラ星〜スター誕生〜(2012年11月、) - 役 その他 [ ]• 過去にも女性座長は存在したが、短期だったり体制が整っておらず、本格的な女性座長はこれが初めてであった• 「」で、1999年ごろに座長就任の話があったことを明かしている• はから1週間、はから1週間、それぞれ座長を務めた。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2020年3月31日. 2020年4月29日閲覧。 日刊スポーツ 日刊スポーツ新聞社. 2020年4月28日. 2020年4月29日閲覧。 2017年1月22日閲覧。 毎日放送. 2017年1月22日閲覧。 毎日放送. 2017年1月22日閲覧。 スポニチアネックス. 2016年7月22日. 2016年7月22日閲覧。 外部リンク [ ]• michiyasue -.

次の