埼玉 保育士。 埼玉県保育協議会・保育士会

埼玉県の保育士事情。給料や勤務時間、補助や取り組みなど│保育士求人なら【保育士バンク!】

埼玉 保育士

今すぐにフローチャートで確認したい方は 次のいずれかに該当する方は受験資格があります。 (1)学校教育法による大学に2年以上在学して62単位以上修得した者または高等専門学校を卒業した者• (2)学校教育法による大学に1年以上在学している者であって、年度中に62単位以上修得することが見込まれ• る者であると当該学校の長が認めた者• (3)学校教育法による高等専門学校および短期大学の最終学年に在学している者であって、年度中に卒業す• ることが見込まれる者であると当該学校の長が認めた者• (4)学校教育法による高等学校(中等教育学校の後期課程を含む)の専攻科(修業年限2年以上のものに限• る)または特別支援学校の専攻科(修業年限2年以上のものに限る)を卒業した者または当該専攻科の最終• 学年に在学している者であって、年度中に卒業することが見込まれる者であると当該学校の長が認めた者• (5)専修学校(専門学校)と各種学校について• (ア)学校教育法第124条及び第125条による専修学校の専門課程 修業年限2年以上のものに限る または• 第134条の1による各種学校(同法第90条に規定する者を入学資格とするものであって、修業年限2年以• 上のものに限る)を卒業した者• (イ)(ア)に規定する当該専修学校の専門課程または当該各種学校の最終学年に在学している者であっ• て、年度中に卒業することが見込まれる者であると当該学校の長が認めた者• (ウ)平成3年3月31日以前に学校教育法第124条及び第125条による専修学校の高等課程(修業年限3年以• 上のものに限る)を卒業した者• (6)外国において、学校教育における14年以上の課程を修了した者• (7)学校教育法による高等学校もしくは中等教育学校を卒業した者もしくは通常の課程による12年の学校教• 育を修了した者(通常の課程以外の課程によりこれに相当する学校教育を修了した者を含む)または文部科• 2年以上の勤務で、総勤務時間数が2,880時間以上、児童の保護に従事した者• 次の(ア)または(イ)に該当する場合は、経過措置により受験資格があります。 (ア) 平成3年3月31日までに学校教育法による高等学校を卒業した者(旧中学校令による中学校を卒業し• た者を含む もしくは通常の課程による12年の学校教育を修了した者(通常の課程以外の課程によりこ• れに相当する学校教育を修了した者を含む)または文部科学大臣においてこれと同等以上の資格を有す• ると認定した者• (イ) 平成8年3月31日までに学校教育法による高等学校の保育科を卒業した者• 助産施設・乳児院・母子生活支援施設・保育所(保育所型認定こども園含む)・幼保連携型認定こども園・児童厚生施設(児童館)・児童養護施設・障害児入所施設・児童発達支援センター・児童心理治療施設・児童自立支援施設・児童家庭支援センター• (幼稚園型認定こども園および地方裁量型認定こども園は、2ー(1)ーアを参照してください。 ) 2 受験資格の認定を受ければ受験資格を得られる場合 上記1の受験資格がない方で、 次の(1)から(3)のいずれかに該当する場合は、保育士試験願書の提出前に、あらかじめ埼玉県知事による受験資格の認定を得ることで受験できます。 認定を受ける場合は、下記3を参照してください。 (1)学校教育法 昭和22年法律第26号)による高等学校を卒業した者もしくは中等教育学校を卒業した者も• しくは通常の課程による12年の学校教育を修了した者(通常の課程以外の課程によりこれに相当する学校• 教育を修了した者を含む。 )または文部科学大臣においてこれと同等以上の資格を有すると認定した者で• あって、以下に掲げる ア ~ セ の施設等において、2年以上かつ2,880時間以上児童等の保護または援護• に従事した者。 (ア)認定こども園(就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律(平成18年• 法律第77号)第2条第6項に規定する認定こども園)• (イ)幼稚園(学校教育法第1条に規定する幼稚園(特別支援学校幼稚園部を含む))• (ウ)家庭的保育事業(児童福祉法(昭和22年法律第164号)第6条の3第9項に規定する家庭的保育事業)• (エ)小規模保育事業(児童福祉法第6条の3第10項に規定する小規模保育事業)• (オ)居宅訪問型保育事業(児童福祉法第6条の3第11項に規定する居宅訪問型保育事業)• (カ)事業所内保育事業(児童福祉法第6条の3第12項に規定する事業所内保育事業)• (キ)放課後児童健全育成事業(児童福祉法第6条の3第2項に規定する放課後児童健全育成事業)• (ク)一時預かり事業(児童福祉法第6条の3第7項に規定する一時預かり事業)• (ケ)離島その他の地域において特例保育(子ども・子育て支援法第30条第1項第4号に規定する特例保育)• を実施する施設(旧へき地保育所)• (コ)小規模住居型児童養育事業(児童福祉法第6条の3第8項に規定する小規模住居型児童養育事業)• (サ)障害児通所支援事業(児童福祉法第6条の2の2第1項に規定する障害児通所支援事業(保育所訪問支援• 事業を除く))• (シ)一時保護施設(児童福祉法第12条の4に規定する一時保護施設)• (ス)18歳未満の者が半数以上入所する次に掲げる施設等• ア:障害者支援施設(障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(平成17年法律第• 123号)に規定する障害者支援施設)• イ:指定障害福祉サービス事業所(障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に規• 定する指定障害福祉サービス事業所(生活介護、自立訓練、就労移行支援又は就労継続支援を行う• ものに限る))• (セ) 認可外保育施設(児童福祉法第6条の3第9項から第12項までに規定する業務又は法第39条第1項に規• 定する業務を目的とする施設であって同法第34条の15第2項もしくは同第35条第4項の認可又は認定• こども園法第17条第1項の認可を受けていないもの)のうち、次に掲げるもの• ア:児童福祉法第59条の2の規定により届出をした施設(届出をした日からの勤務実績が該当)• イ:アに掲げるもののほか、都道府県等が事業の届出をするものと定めた施設であって、当該届出をし• た施設• ウ:児童福祉法施行規則第49条の2第3号に規定する幼稚園併設型認可外保育施設• エ:国、都道府県又は市町村が設置する児童福祉法第6条の3第9項から第12項までに規定する業務又は• 法第39条第1項に規定する業務を目的とする施設• (2)上記(1)に掲げる施設等において、5年以上かつ7,200時間以上児童等の保護または援護に従事した者• (3)上記1の(1)~(6)に準ずる者。 (注2)法令等の改正により、根拠規定が変更になっている場合でも、これまで対象となっていた施設・事業に従事していた期間は、引き続き従事期間として算定して差し支えありません。 3 受験資格の認定手続きについて 以下の書類を少子政策課施設運営・人材確保担当宛てに郵送してください。 手続きには、 申請書等が担当に届いてから1週間程度かかりますので、余裕を持って申請していただきますようお願いいたします。 様式 1 2 勤務証明書(以下に掲げる施設等のうち該当するものを使用してください) (ア) (イ) (ウ) (エ) (オ) (カ) (キ) (ク) (ケ) (コ) (サ) (シ) (ス) (セ) 3 旧姓と現姓が記載された戸籍抄本(旧姓と現姓が一緒の場合は不要) 4 卒業証明書(上記2(2)の場合は不要) 5 返信用封筒(長3型封筒)・切手 保育士試験に関する問合せ先 一般社団法人 全国保育士養成協議会保育士試験事務センター(0120-4194-82).

次の

埼玉県 保育士派遣会社

埼玉 保育士

今すぐにフローチャートで確認したい方は 次のいずれかに該当する方は受験資格があります。 (1)学校教育法による大学に2年以上在学して62単位以上修得した者または高等専門学校を卒業した者• (2)学校教育法による大学に1年以上在学している者であって、年度中に62単位以上修得することが見込まれ• る者であると当該学校の長が認めた者• (3)学校教育法による高等専門学校および短期大学の最終学年に在学している者であって、年度中に卒業す• ることが見込まれる者であると当該学校の長が認めた者• (4)学校教育法による高等学校(中等教育学校の後期課程を含む)の専攻科(修業年限2年以上のものに限• る)または特別支援学校の専攻科(修業年限2年以上のものに限る)を卒業した者または当該専攻科の最終• 学年に在学している者であって、年度中に卒業することが見込まれる者であると当該学校の長が認めた者• (5)専修学校(専門学校)と各種学校について• (ア)学校教育法第124条及び第125条による専修学校の専門課程 修業年限2年以上のものに限る または• 第134条の1による各種学校(同法第90条に規定する者を入学資格とするものであって、修業年限2年以• 上のものに限る)を卒業した者• (イ)(ア)に規定する当該専修学校の専門課程または当該各種学校の最終学年に在学している者であっ• て、年度中に卒業することが見込まれる者であると当該学校の長が認めた者• (ウ)平成3年3月31日以前に学校教育法第124条及び第125条による専修学校の高等課程(修業年限3年以• 上のものに限る)を卒業した者• (6)外国において、学校教育における14年以上の課程を修了した者• (7)学校教育法による高等学校もしくは中等教育学校を卒業した者もしくは通常の課程による12年の学校教• 育を修了した者(通常の課程以外の課程によりこれに相当する学校教育を修了した者を含む)または文部科• 2年以上の勤務で、総勤務時間数が2,880時間以上、児童の保護に従事した者• 次の(ア)または(イ)に該当する場合は、経過措置により受験資格があります。 (ア) 平成3年3月31日までに学校教育法による高等学校を卒業した者(旧中学校令による中学校を卒業し• た者を含む もしくは通常の課程による12年の学校教育を修了した者(通常の課程以外の課程によりこ• れに相当する学校教育を修了した者を含む)または文部科学大臣においてこれと同等以上の資格を有す• ると認定した者• (イ) 平成8年3月31日までに学校教育法による高等学校の保育科を卒業した者• 助産施設・乳児院・母子生活支援施設・保育所(保育所型認定こども園含む)・幼保連携型認定こども園・児童厚生施設(児童館)・児童養護施設・障害児入所施設・児童発達支援センター・児童心理治療施設・児童自立支援施設・児童家庭支援センター• (幼稚園型認定こども園および地方裁量型認定こども園は、2ー(1)ーアを参照してください。 ) 2 受験資格の認定を受ければ受験資格を得られる場合 上記1の受験資格がない方で、 次の(1)から(3)のいずれかに該当する場合は、保育士試験願書の提出前に、あらかじめ埼玉県知事による受験資格の認定を得ることで受験できます。 認定を受ける場合は、下記3を参照してください。 (1)学校教育法 昭和22年法律第26号)による高等学校を卒業した者もしくは中等教育学校を卒業した者も• しくは通常の課程による12年の学校教育を修了した者(通常の課程以外の課程によりこれに相当する学校• 教育を修了した者を含む。 )または文部科学大臣においてこれと同等以上の資格を有すると認定した者で• あって、以下に掲げる ア ~ セ の施設等において、2年以上かつ2,880時間以上児童等の保護または援護• に従事した者。 (ア)認定こども園(就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律(平成18年• 法律第77号)第2条第6項に規定する認定こども園)• (イ)幼稚園(学校教育法第1条に規定する幼稚園(特別支援学校幼稚園部を含む))• (ウ)家庭的保育事業(児童福祉法(昭和22年法律第164号)第6条の3第9項に規定する家庭的保育事業)• (エ)小規模保育事業(児童福祉法第6条の3第10項に規定する小規模保育事業)• (オ)居宅訪問型保育事業(児童福祉法第6条の3第11項に規定する居宅訪問型保育事業)• (カ)事業所内保育事業(児童福祉法第6条の3第12項に規定する事業所内保育事業)• (キ)放課後児童健全育成事業(児童福祉法第6条の3第2項に規定する放課後児童健全育成事業)• (ク)一時預かり事業(児童福祉法第6条の3第7項に規定する一時預かり事業)• (ケ)離島その他の地域において特例保育(子ども・子育て支援法第30条第1項第4号に規定する特例保育)• を実施する施設(旧へき地保育所)• (コ)小規模住居型児童養育事業(児童福祉法第6条の3第8項に規定する小規模住居型児童養育事業)• (サ)障害児通所支援事業(児童福祉法第6条の2の2第1項に規定する障害児通所支援事業(保育所訪問支援• 事業を除く))• (シ)一時保護施設(児童福祉法第12条の4に規定する一時保護施設)• (ス)18歳未満の者が半数以上入所する次に掲げる施設等• ア:障害者支援施設(障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(平成17年法律第• 123号)に規定する障害者支援施設)• イ:指定障害福祉サービス事業所(障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に規• 定する指定障害福祉サービス事業所(生活介護、自立訓練、就労移行支援又は就労継続支援を行う• ものに限る))• (セ) 認可外保育施設(児童福祉法第6条の3第9項から第12項までに規定する業務又は法第39条第1項に規• 定する業務を目的とする施設であって同法第34条の15第2項もしくは同第35条第4項の認可又は認定• こども園法第17条第1項の認可を受けていないもの)のうち、次に掲げるもの• ア:児童福祉法第59条の2の規定により届出をした施設(届出をした日からの勤務実績が該当)• イ:アに掲げるもののほか、都道府県等が事業の届出をするものと定めた施設であって、当該届出をし• た施設• ウ:児童福祉法施行規則第49条の2第3号に規定する幼稚園併設型認可外保育施設• エ:国、都道府県又は市町村が設置する児童福祉法第6条の3第9項から第12項までに規定する業務又は• 法第39条第1項に規定する業務を目的とする施設• (2)上記(1)に掲げる施設等において、5年以上かつ7,200時間以上児童等の保護または援護に従事した者• (3)上記1の(1)~(6)に準ずる者。 (注2)法令等の改正により、根拠規定が変更になっている場合でも、これまで対象となっていた施設・事業に従事していた期間は、引き続き従事期間として算定して差し支えありません。 3 受験資格の認定手続きについて 以下の書類を少子政策課施設運営・人材確保担当宛てに郵送してください。 手続きには、 申請書等が担当に届いてから1週間程度かかりますので、余裕を持って申請していただきますようお願いいたします。 様式 1 2 勤務証明書(以下に掲げる施設等のうち該当するものを使用してください) (ア) (イ) (ウ) (エ) (オ) (カ) (キ) (ク) (ケ) (コ) (サ) (シ) (ス) (セ) 3 旧姓と現姓が記載された戸籍抄本(旧姓と現姓が一緒の場合は不要) 4 卒業証明書(上記2(2)の場合は不要) 5 返信用封筒(長3型封筒)・切手 保育士試験に関する問合せ先 一般社団法人 全国保育士養成協議会保育士試験事務センター(0120-4194-82).

次の

埼玉県の保育士求人なら【マイナビ保育士】

埼玉 保育士

関東 東京都• 東京都すべて• 23区から選ぶ• 千代田区• 中央区• 新宿区• 文京区• 台東区• 墨田区• 江東区• 品川区• 目黒区• 大田区• 世田谷区• 渋谷区• 中野区• 杉並区• 豊島区• 荒川区• 板橋区• 練馬区• 足立区• 葛飾区• 江戸川区• そのほかの市• 八王子市• 立川市• 武蔵野市• 三鷹市• 青梅市• 府中市• 昭島市• 調布市• 町田市• 小金井市• 小平市• 日野市• 東村山市• 国分寺市• 国立市• 福生市• 狛江市• 東大和市• 清瀬市• 東久留米市• 武蔵村山市• 多摩市• 稲城市• 羽村市• あきる野市• 西東京市 神奈川県• 神奈川県すべて• 横浜市• 横浜市全域• 鶴見区• 神奈川区• 保土ケ谷区• 磯子区• 金沢区• 港北区• 戸塚区• 港南区• 瀬谷区• 青葉区• 都筑区• 川崎市• 川崎市全域• 川崎区• 中原区• 高津区• 多摩区• 宮前区• 相模原市• 相模原市全域• そのほかの市• 横須賀市• 平塚市• 鎌倉市• 藤沢市• 小田原市• 茅ヶ崎市• 逗子市• 三浦市• 秦野市• 厚木市• 大和市• 伊勢原市• 海老名市• 座間市• 南足柄市• 綾瀬市• 三浦郡 埼玉県• 埼玉県すべて• さいたま市• さいたま市全域• 大宮区• 見沼区• 中央区• 浦和区• 岩槻区• そのほかの市• 川越市• 熊谷市• 川口市• 行田市• 秩父市• 所沢市• 飯能市• 加須市• 本庄市• 東松山市• 春日部市• 狭山市• 羽生市• 鴻巣市• 深谷市• 上尾市• 草加市• 越谷市• 戸田市• 入間市• 朝霞市• 志木市• 和光市• 新座市• 桶川市• 久喜市• 北本市• 八潮市• 富士見市• 三郷市• 蓮田市• 坂戸市• 幸手市• 鶴ヶ島市• 日高市• 吉川市• ふじみ野市• 白岡市• 北足立郡• 北葛飾郡• 比企郡• 入間郡• 南埼玉郡• 大里郡• 児玉郡 千葉県• 千葉県すべて• 千葉市• 千葉市全域• 中央区• 花見川区• 稲毛区• 若葉区• 美浜区• そのほかの市• 銚子市• 市川市• 船橋市• 館山市• 木更津市• 松戸市• 野田市• 茂原市• 成田市• 佐倉市• 東金市• 習志野市• 勝浦市• 市原市• 流山市• 八千代市• 我孫子市• 鴨川市• 鎌ケ谷市• 君津市• 富津市• 浦安市• 四街道市• 袖ケ浦市• 八街市• 印西市• 白井市• 富里市• 匝瑳市• 山武市• いすみ市• 印旛郡• 山部郡• 長生郡 茨城県• 茨城県すべて• 水戸市• 日立市• 土浦市• 古河市• 石岡市• 結城市• 龍ケ崎市• 下妻市• 常総市• 常陸太田市• 高萩市• 北茨城市• 笠間市• 取手市• 牛久市• つくば市• ひたちなか市• 鹿嶋市• 潮来市• 守谷市• 常陸大宮市• 那珂市• 筑西市• 坂東市• 稲敷市• かすみがうら市• 桜川市• 神栖市• 行方市• 鉾田市• つくばみらい市• 小美玉市• 猿島郡• 稲敷郡 栃木県• 栃木県全域• 宇都宮市• 小山市 群馬県• 群馬県すべて• 前橋市• 高崎市• 太田市 近畿 大阪府• 大阪府すべて• 大阪市• 岸和田市• 豊中市• 池田市• 吹田市• 泉大津市• 高槻市• 貝塚市• 守口市• 枚方市• 茨木市• 八尾市• 泉佐野市• 富田林市• 河内長野市• 松原市• 大東市• 和泉市• 箕面市• 柏原市• 羽曳野市• 門真市• 摂津市• 高石市• 藤井寺市• 東大阪市• 四條畷市• 交野市• 大阪狭山市• 阪南市 兵庫県• 兵庫県すべて• 神戸市• 神戸市全域• 東灘区• 兵庫区• 長田区• 須磨区• 垂水区• 中央区• そのほかの市• 姫路市• 尼崎市• 西宮市• 洲本市• 芦屋市• 伊丹市• 相生市• 加古川市• 赤穂市• 西脇市• 宝塚市• 三木市• 川西市• 小野市• 三田市• 加西市• 篠山市• 養父市• 丹波市• 南あわじ市• 朝来市• 宍粟市• 加東市• たつの市 京都府• 京都府すべて• 上京区• 左京区• 中京区• 東山区• 下京区• 右京区• 伏見区• 山科区• 西京区 滋賀県• 滋賀県すべて• 大津市• 彦根市• 草津市 奈良県• 奈良県すべて• 奈良市 和歌山県• 和歌山県すべて• 和歌山市 東海 愛知県• 愛知県すべて• 名古屋市• 名古屋市全域• 千種区• 中村区• 昭和区• 瑞穂区• 守山区• 天白区• 名東区• そのほかの市• 豊橋市• 一宮市• 瀬戸市• 半田市• 津島市• 碧南市• 豊田市• 安城市• 西尾市• 蒲郡市• 犬山市• 江南市• 小牧市• 稲沢市• 新城市• 東海市• 大府市• 知多市• 知立市• 尾張旭市• 高浜市• 豊明市• 日進市• 田原市• 清須市• 弥富市• 長久手市 静岡県• 静岡県すべて 岐阜県• 岐阜県すべて 三重県• 三重県すべて 北海道・東北 北海道• 北海道すべて• 札幌市• 札幌市全域• 中央区• 白石区• 豊平区• 厚別区• 手稲区• 清田区• そのほかの市• 函館市 宮城県• 宮城県すべて 福島県• 福島県すべて 青森県• 青森県すべて 岩手県• 岩手県すべて 山形県• 山形県すべて 秋田県• 秋田県すべて 北陸・甲信越 新潟県• 新潟県すべて 長野県• 長野県すべて 石川県• 石川県すべて 富山県• 富山県すべて 山梨県• 山梨県すべて 福井県• 福井県すべて 中国 広島県• 広島県すべて 岡山県• 岡山県すべて 山口県• 山口県すべて 島根県• 島根県すべて 鳥取県• 鳥取県すべて 四国 愛媛県• 愛媛県すべて 香川県• 香川県すべて 徳島県• 徳島県すべて 高知県• 高知県すべて 九州 福岡県• 福岡県すべて• 北九州市• 北九州市全域• 門司区• 若松区• 戸畑区• 小倉北区• 小倉南区• 八幡東区• 八幡西区• 福岡市• 福岡市全域• 博多区• 中央区• 城南区• 早良区• そのほかの市• 久留米市 熊本県• 熊本県すべて 鹿児島県• 鹿児島県すべて 長崎県• 長崎県すべて 大分県• 大分県すべて 宮崎県• 宮崎県すべて 佐賀県• 佐賀県すべて 沖縄県• 沖縄県すべて 職種 保育士 幼稚園教諭 保育教諭 主任 園長 看護師 保育補助 児童発達支援管理責任者 指導員 副主任 リーダー その他 施設形態 認可保育園 認証・認定保育園 小規模認可園 認定こども園 幼稚園 認可外保育園 病院内保育 企業内保育 企業主導型保育 学童保育 放課後等デイサービス 託児所 インターナショナルスクール 病児保育 その他 特徴 プレミアム求人 住宅手当あり 賞与4ヶ月以上 借り上げ社宅 新卒OK 年休120日以上 土日休み 残業少なめ 社会保険完備 小規模保育園 初心者OK 乳児保育 4月入職OK オープニング求人 駅徒歩5分以内 マイカー通勤OK 社会福祉法人 時短勤務OK ブランクありOK 寮・社宅あり 英語が身につく 2021年4月オープニング求人 WEB面接可 上京サポートあり フリーワード 埼玉県の保育士求人の給料・相場 保育のお仕事に掲載されている求人データより、埼玉県の保育士の給料相場をご紹介します。 埼玉県全体の平均月給は16. 3万円です。 施設形態別にみると、保育園では18. 7万円、幼稚園では17. 3万円、認定こども園では17. 1万円となっています。 雇用形態別では、正社員は17万円、パート・アルバイト・契約社員では16. 1万円です。 パート・アルバイトの平均時給は960円となっています。 埼玉県の保育士求人倍率 厚生労働省の「保育士等に関する関係資料」によると、平成27年では、全国の有効求人倍率1. 93倍に対し、埼玉県の保育士の有効求人倍率は2. 63倍を記録し、全国平均より高くなっています。 また、平成26年の有効求人倍率は、1. 82倍だったことから、保育士不足が加速している状況が伺えます。 埼玉県で働いている保育士の内訳 埼玉県で働いている保育士の総数は平成27年時点で11,584人いて、これは全国で2番目にあたります。 内訳は、保育所11,552人、認定こども園32人となっています。 埼玉県の保育所・保育施設数 平成28年時点、保育所は1148ヶ所、認可外保育園(ベビーホテル除く)は72ヶ所、認定こども園は45ヶ所、幼稚園は548箇所、放課後児童クラブは1,506箇所あり、今後も増える予定です。 病院内保育所や企業内保育所、大手民間企業の保育園、認可保育園など様々な施設もあります。 また、子育て中の親子が気軽に集える地域子育て支援拠点や、保護者が入退院や、冠婚葬祭で一時的にお子さんのお世話が出来ない時、児童養護施設等で一時的に預かる子育て短期支援事業も存在します。 埼玉県の保育関連の取り組み 埼玉県では、5年ごとに県政運営の指針となる総合計画「埼玉県5か年計画」を策定しています。 平成24~28年度に実施し、認可保育所、認定こども園の整備、幼稚園の連携、企業との連携、低年齢児保育の促進に力を入れてきました。 平成29年以降も、施設の整備促進、保育士の人材確保・定着への取り組みを通じ、地域における子育て支援の充実を行い、平成34年で待機児童0人を目指しています。 また、埼玉県では保育士の人材確保が課題とされていることから、「保育士合同就職面接会」を実施しています。 潜在保育士に対して、県や労働局がダイレクトメールの送付などで周知をし、求職者の発見から就職のサポートを行っています。 埼玉県ってどんなところ? 埼玉県は、関東地方の中央西側内陸部にあり、東京の北に位置しています。 県庁所在地はさいたま市です。 人口は、平成29年3月時点で、7,289,701人で、面積は3797. 25k㎡です。 都道府県別人口第5位、人口密度では、東京、大阪、神奈川に続き4番目です。 区市町村数は63あります。 そのうち、市は40、町は22、村は1あります。 政令指定都市はさいたま市です。 名産品には、深谷ネギ、草加せんべい、川幅うどん、狭山茶、岩槻人形などがあります。 県内には観光スポットが多くあります。 鉄道博物館、埼玉古墳群、加須市ジャンボ鯉のぼり、小江戸と呼ばれる川越、映画「のぼうの城」の舞台となった行田、秩父・長瀞などが有名です。 方言は埼玉弁、秩父弁があります。 埼玉県の主要企業は、赤木乳業、安楽亭、島忠、サンキョーなどがあります。 ゆるキャラには、ふっかちゃん 深谷市 、トコろん 所沢市 、コバトン 埼玉県 、もろ丸くん 毛呂山町 、ゾウキリン 新座市 などがいます。 県内全域をカバーしている『保育のお仕事』なら、好きなエリアでの求人検索が可能です。

次の