マイレージ プラス jcb。 [マイレージプラスカード比較]ユナイテッド航空マイルを貯めるおすすめブランドと種類

最強『マイレージプラスゴールドカード』を新たに発見!【2020年版】

マイレージ プラス jcb

ビジネスクラス :140,000マイル エコノミークラス: 70,000マイル 日本の国内線なら最低1万マイルで済みますが、どうせなら長距離路線で使いたいところ。 そうなるとかなりのマイルを貯める必要があります。 最大の敵はマイルの期限切れ そこで敵になるのがマイルの期限切れ。 ANAやJALだと3年でマイルが失効してしまいます。 失効までにマイルを使わなければいけないので貯められるのは実質2年。 2年で貯まるマイルは限られます。 クレジットカードによるマイルについては後述します 20,000マイルだとANAやJALの場合は香港、台湾、マニラへのエコノミークラスの無料特典航空券。 近場にしかには行けません。 それに頑張って貯めても海外旅行だとスケジュールが合わなければいけないため、使うタイミングも気にしないといけません。 無期限なら貯めやすく使いやすい それが無期限であれば安心して貯められるし、安心して旅行の計画が立てられます。 ユナイテッド航空のマイレージプラスの期限は 無期限。 ANAマイレージクラブやJALマイレージバンクは3年の有効期限があるため、大きなアドバンテージ。 ANAやJALの場合は、最上級の上級会員になる以外にマイルの期限が伸びることはないので、大きな違いになります。 夢のファーストクラスに一歩近づきます。 ユナイテッド航空ファーストクラスラウンジ 貯まったマイルが簡単に無料航空券に交換できるか? せっかくマイルを貯めても簡単に使えないのでは意味がありませんよね。 ユナイテッド航空は、インターネットで簡単に無料特典航空券が予約できます。 ユナイテッド航空便であれば、 シートマップでリアルタイムに座席の空き具合を確認しながら、無料特典航空券の予約が出来るので隣り席を確保しての予約も可能! 複数人で行くなら飛行機の座席の位置も大事だけど、やっぱり1番は並び席が確保したいですよね。 スターアライアンス加盟の航空会社もオンラインで簡単予約 ユナイテッド航空だけでなく、スターアライアンスに加盟しているANAやルフトハンザ、タイ航空などもネットで予約可能! ネットでいつでも空き状況を確認しながら予約出来るので簡単に予約可能です! 燃油サーチャージがかからない 「燃油サーチャージがかからない」これはかなりのメリット! 燃油サーチャージとは、原油高の影響で近年航空会社が運賃にプラスして徴収する燃料代。 そのため、航空券の料金の内訳は、「運賃+税金+燃油サーチャージ」となっています。 ANAやJALなどは、無料特典航空券であっても燃油サーチャージが徴収されます。 それがユナイテッド航空の場合は 燃油サーチャージ0円! ちなみにアメリカやヨーロッパの場合1人42,000円もかかっている時期もありました。 現在は、燃油サーチャージが安くなったとはいえ、できれば払いたくないですよね。 燃油サーチャージが0円になるのは大きなメリット。 家族以外でも使える ANAやJALの特典航空券の利用範囲は家族に限定されています。 一方、ユナイテッド航空は家族以外でも特典航空券を取得することができます。 恋人や友人の分の特典航空券を発券し、プレゼントすることができるのも柔軟性が高く使いやすいです。 国内線にも交換できる 海外行きの無料特典航空券を目指すとはいえ、やっぱり国内線にも交換出来るほうが便利だと思いませんか? ユナイテッド航空なら、同じスターアライアンスの ANA国内線の無料特典航空券に交換可能! しかも、実は ANAマイレージクラブよりもお得なマイルで交換できます。 飛行距離が800マイル以下の国内線の区間は片道につき5,000マイル or 5,500マイル。 飛行距離が801マイル以上の区間については片道につき8,000マイル or 9,000マイル。 800マイルを超える区間は、東京から出発の場合、沖縄(那覇・石垣・宮古)のみとなり、ほとんどの区間は5,000マイルで特典航空券の利用が可能。 もちろん国内線はANA便。 国内線のほとんどが往復1万マイル ちょっとというのは、ANAのマイレージプログラム(通常期1万2千マイル)よりも少ないんです。 国内線の特典航空券をメインに貯めている方でも利用価値が高いですね。 クレジットカードのポイントが効率良く貯まるか? 大量のマイルをどのように貯めるのか? 正直、飛行機に乗って貯めるには厳しいです。 100万円年間クレジットカードを利用した場合、200円につき1マイルしか貯まらないクレジットカードだと5,000マイルしか貯まりません。 一方、100円につき1マイル貯まるクレジットカードだと10,000マイルも貯まります。 年間にクレジットカードを使う金額はだいたい決まっていますよね。 出来る限りクレジットカード払いにすることは出来ますが、マイルが欲しいからといって利用金額を増やして散財してしまっては本末転倒。 ポイント還元率の高いクレジットカードと提携しているマイレージプランを選択するのがファーストクラス、ビジネスクラスでの特典旅行の早道。 ユナイテッド航空のマイレージプラスを一押しする大きな理由が 還元率の高さ! ユナイテッド航空のマイルが貯まるおすすめのクレジットカード ユナイテッド航空のマイルが貯まるクレジットカードは多数あります。 35マイル(上限なし) 【ETCカード】 無料 【スマホ対応】 Apple Pay(QUICPay) (SPGアメックス)は、マリオットボンヴォイ(シェラトン、マリオット、リッツ・カールトンを擁するホテルグループ)とアメックスの提携カード。 ユナイテッド航空のマイルが直接貯まるわけではないのですが、ユナイテッド航空のマイラーにも人気の1枚。 ユナイテッド航空のマイルの有効期限が2019年8月に無期限になったことに伴い、ユナイテッド航空マイラーにイチオシに。 (これまでは、ユナイテッド航空のマイルの有効期限を伸ばすために直接マイレージプラスのマイルが貯まるカードが必要でしたが、完全無期限化に伴い不要に) その理由は、• 35マイル貯まる• マリオットボンヴォイ系列ホテルの ゴールドエリートが自動付与• 毎年 無料宿泊特典付き SPGアメックスは、ユナイテッド航空、ANA、JALなど40社以上のマイルに交換可能。 35マイル」相当でポイントをマイルに移行できます。 また、SPGアメックス最大のメリットは、マリオットボンヴォイ系列ホテルの ゴールドエリートに自動的になれること。 ゴールドエリートなら、 無料で部屋のアップグレード、 14時までのレイトチェックアウトなどの特典が受けられます。 さらに、カード更新時に毎年 無料宿泊特典がもらえるため、年会費は簡単に元が取れる! 還元率ではこのあと紹介する2枚には少し劣りますが、ANAやJALなど40社以上のマイルに交換可能なので、マイルの改悪にも強く、トータルパフォーマンスでは一番優れたカード。 5マイル(上限30,000マイル) 【ETCカード】 無料 【スマホ対応】 Apple Pay、Google Pay(iD QUICPay) ユナイテッド航空のマイルを貯めるのにオススメのクレジットカードといえば、 ! 高還元率カードの中で年会費最安値ですが、なんと、 1000円につき15マイル!貯まります。 すなわち、「100円=1. ちなみにANAカードも100円につき1マイル獲得するためには、マイルアップメンバーのようなものに入る必要があるためトータル7千円〜。 JALカードも同じくマイルアップに加入して5千円〜。 同じ年会費でも、ユナイテッド航空の還元率の高さが分かりますね。 カードブランドは、世界中どこでも使えるVISAがおすすめ。 5マイル」相当は年30,000マイル(ショッピング年200万円まで)までと上限あり。 5マイル(上限なし) 【ETCカード】 無料 【スマホ対応】 Apple Pay、Google Pay(QUICPay) MileagePlus JCBカード ゴールドカードは、 マイレージプラスでがっつりマイルを貯めるなら、選ぶべきカード。 5マイル」と驚異的にマイルが貯まるため、日々の生活でどんどんマイルを貯めることができます。 5マイル」で貯められます。 どんどんマイルを貯められますね。 さらに、 空港ラウンジや充実の 海外旅行保険・ 国内旅行保険・ 航空機遅延保険も無料でついており、ゴールドカードとしての特典もバッチリ。 ユナイテッド航空券購入で マイル2倍になるので、 驚異の3%還元も。 VISAブランドを選べば、 世界中どこでも困ることなく使えるため、 貯め漏れの心配なし。 5マイル」相当と驚異的にマイルが貯まり、 空港ラウンジ、 海外旅行保険など年会費の元は十分に取れます。 海外旅行保険は 家族特約も付いているので安心。 本気でMileagePlusを貯めるならMileagePlusセゾンゴールドカードがおすすめ。 プラチナカードなので特典充実。 ゴールドカードの特典にプラスして、24時間365日対応の コンシェルジュサービス、 優先搭乗、 ユナイテッドクラブ利用パス(ユナイテッド航空の ビジネスクラスラウンジ)が付帯。 カード更新時には、 毎年5,000マイルプレゼント(国内線片道相当)! マイルプレゼントとユナイテッドクラブ利用パスだけでもカード年会費の元をかなり取れます。 マイルを貯めるだけでなく、お得に 旅を優雅にしたいならMileagePlusセゾンプラチナカードがおすすめ。

次の

ユナイテッド航空MileagePlus JCBカード徹底解説!|クレジットカード比較の達人

マイレージ プラス jcb

『』(以下:『マイレージプラスJCBゴールドカード』)を申し込むべきか検討していますね。 申し込みを考えている理由は特に下記の2つに当てはまる方が多いのではないでしょうか。 ユナイテッド航空の良いゴールドカードを探している• ユナイテッド航空のマイルを効率よく貯めたい 上記のような方でも、実は使うべきでない人もいるので、契約前にしっかりとカードの機能や条件を比較してから申し込まないと後悔するので注意しましょう。 このページでは、大手カード会社に3社勤務した経験を活かして『マイレージプラスJCBゴールドカード』について以下の流れで全てご紹介します。 状況によって『マイレージプラスJCBゴールドカード』よりももっと便利でお得に使えるカードもご紹介しています。 全て読んでいただければ、契約後に後悔することなく、あなたが本当に選ぶべきクレジットカードかどうかがわかるでしょう。 7月1日更新 最新情報に更新しました。 MileagePlus JCBカード ゴールドカードはこんな人におすすめ! 『』はユナイテッド航空とJCBが提携して発行しているゴールドカードで、年会費は税抜き15,000円です。 大手カード会社に3社勤務し、9千枚のカードを見てきた私の評価は以下のようになります。 多くの人におすすめできるとても良いゴールドカードですが、カードの利用額が年500万円未満だったりコスモ石油の利用が多いなら他のカードの方がより効率よくマイルを貯められます。 以上のように、 ほとんどの人におすすめできるとても優れたカードです。 そこで『マイレージプラスJCBゴールドカード』に興味を持っている方向けに、下記の2つの目的別のおすすめ度を示しました。 5%の還元率でマイルをためられるので、年500万円以上利用する人に特におすすめ! あなたに当てはまる目的をクリックすると、その内容をすぐに見れます。 1-1. ユナイテッド航空の良いゴールドカードを探している 空港ラウンジ無料などゴールドカードの特典を利用しつつ、カードの利用額が年500万円以上の人なら特におすすめできます。 なぜなら、 どれだけたくさんカードを利用しても獲得できるマイルに制限がないからです。 航空系カードの中にはマイルの獲得や交換が制限されるものもあるので、そうした制限を気にせずに使えるのは大きなメリットです。 他社で提携して発行しているユナイテッド航空のゴールドカードと比較してみました。 ほとんどの人におすすめできる優れたカードですが、次の項目に当てはまるなら、そのカードを利用した方が良いでしょう。 マイル還元率を重視(年500万円未満。 2%還元となるコスモ石油をよく利用する):『』• 海外の空港を月1回以上利用する:『』 1-2. ユナイテッド航空のマイルを効率よく貯めたい 『マイレージプラスJCBゴールドカード』はカード利用でマイル還元率1. 5%と最高レベルの高さに加えて、マイルの獲得に制限がないので使えば使うほど多くのマイルがもらえます。 他社で提携して発行しているユナイテッド航空のクレジットカードとマイルの貯まりやさを比較してみました。 カード名 年会費(税抜) マイル還元率 リボ払いボーナス コスモ石油での利用 年間マイル獲得制限 『』 15,000円 スマリボで5,000円(税込)キャッシュバック 1. 5% 『』+マイルアップメンバーズ利用 6,500円 1. 5%、海外2%へ改悪されました。 上記のように、ユナイテッド航空と提携しているゴールドカード中でもマイルが貯まりやすいです。 しかし、2%のマイルがもらえるコスモ石油の利用が多いなら『』を選んだ方が良いでしょう(マイルの制限が発生する75,000マイルはカード利用額約500万円相当です) カードの利用金額が少ない人は年会費6,500円(マイルアップメンバーズ利用)でマイル還元率を1. 5%にできる『』がかなりおすすめです(ブランド違いで複数枚持てます) 参考:『マイレージプラス MUFGカード ゴールドプレステージ』の数字のカラクリに要注意! リボ手数料が1円以上発生すると『』のマイル還元率は最も高くなります。 ですが、リボ手数料を1円など最小金額で発生させるための残高調整の計算や手間がかなり面倒で難しいので、そうした手間暇をかけられる人のみにしかおすすめできません。 また、10月16日利用分からリボ払いで加算されるマイルが減るので選ぶ理由はないでしょう。 海外のホテルを利用する機会が多い方は『SPG AMEXカード』もおすすめ ユナイテッド航空を利用して海外へよく出張や旅行に行き、海外のホテルを利用する機会が多い方は、『SPG AMEXカード』(『』)もおすすめです。 375%のマイル還元率にできます。 ポイントは下記のようなメリットがあり、貯めやすく使いやすいので非常に便利です。 Marriott Bonvoy参加ホテルの宿泊で約4%の還元率• 世界約100ヶ国1,300軒を超える11のMarriott Bonvoyホテルの無料宿泊特典に交換できる• 150社以上の航空券に交換できる• 主要提携航空会社のマイルにほとんど3:1の比率で移行できる(ボーナスポイントもあり) 1章まとめ ここまでをまとめると、『マイレージプラスJCBゴールドカード』はユナイテッド航空と提携しているゴールドカードの中でも下記の全てに当てはまる人におすすめできるカードです。 マイル還元率を重視しカードの利用額が年500万円以上• 空港ラウンジ無料や補償金額の高い保険などゴールドカードの特典を利用したい 『マイレージプラスJCBゴールドカード』公式ページ: 2章以降は、『マイレージプラスJCBゴールドカード』についてより詳しくメリットや注意点などを説明するので、読みたい方だけ読んでください。 MileagePlus JCBカード ゴールドカードの2つのメリット 『マイレージプラスJCBゴールドカード』は下記の2つのメリットがあります。 マイレージプラスのマイルがたまりやすい• ゴールドカードの特典が利用できる 2-1. マイレージプラスのマイルがたまりやすい 『マイレージプラスJCBゴールドカード』はカードの利用でユナイテッド航空のマイルであるマイレージプラスがたまります。 そして、他に4社から発行されているマイレージプラスのゴールドカードの中でもトップクラスの利用100円につき1. 5マイルという高いマイル還元率になっています。 カード名 マイル還元率 リボ払いボーナス コスモ石油での利用 年間マイル獲得制限 『』 1. 5%、海外2%へ改悪されました。 さらに、どれだけカードを利用しても 獲得できるマイルに制限がありません。 ANAなどスターアライアンス加盟航空会社の利用で最大350%のフライトマイルが貯まる ユナイテッド航空会社が加盟しているスターアライアンスは、ANAなど次の26社が加盟しています。 エーゲ航空 エア・カナダ 中国国際航空 エア インディア ニュージーランド航空 ANA(全日本空輸) アシアナ航空 オーストリア航空 アビアンカ・エルサルバドル ブリュッセル航空 コパ航空 クロアチア航空 エジプト航空 エチオピア航空 エバー航空 LOTポーランド航空 ルフトハンザドイツ航空 スカンジナビア航空 シンセン航空 シンガポール航空 南アフリカ航空 スイス インターナショナル エアラインズ TAPポルトガル航空 タイ国際航空 ターキッシュ エアラインズ ユナイテッド航空 『マイレージプラスJCBゴールドカード』は提携しているユナイテッド航空の利用でマイルが貯まります。 ですが、マイレージプログラムのルールが変わったせいで、提携航空会社を利用した方がよりマイルが貯まることがあります。 例えばANAのフライトではカードの支払いで付く1. 5%のマイルに加えて、マイレージプラスステータスという会員の資格や搭乗する席のクラスによって 最大350%という大量の特典マイルが加算されます。 ANAの利用クラス 特典マイルの加算 ファースト 300%〜350% ビジネス 150%〜300% エコノミー 25%〜150% 出典: 参考情報:ためたマイルはANAの国内線航空券にも交換できる 外資系の航空会社のマイルは使いにくいことが多いですが、マイレージプラスの場合ANAが利用でき、特典航空券に必要なマイル数も少ないためとてもお得で便利に使えます。 出典: ユナイテッド航空のメイン路線である北米行きの国際線だけでなく、ANAの国内線に少ないマイルで飛行機に乗れます。 2-2. ゴールドカードの特典が利用できる ゴールドカードとして標準的な下記の特典を利用できます。 国内32・海外1空港ラウンジ無料利用• 旅行保険の条件が非常に良い• ANA免税店で10%引き• 特に国際線を利用する場合は搭乗ゲートまで余裕を持って移動していなければならないため、手続きが終わると飛行機に搭乗するまでの時間長く待っていなければなりませんが、ラウンジを利用することで待ち時間を有効に活用できます。 出典: 電源・Wi-Fi・ドリンク・軽食を無料で利用することができるだけなく、アルコールなどの一部の飲み物やシャワー・マッサージチェアなどを有料で利用できるところもあります。 利用料金は1,000円前後ですが、カードと当日の搭乗券を提示することで無料にすることができます。 年15回以上ラウンジを利用する人は、それだけで年会費の元が取れる計算になります。 『マイレージプラスJCBゴールドカード』で使える詳しい空港名を知りたい方はを参照してください。 旅行に関する保険の条件が非常に良い 国際ブランドがJCBであるため、保険の条件が普通のゴールドカードよりも良くプラチナカードに匹敵する条件の金額がいくつかあります。 特に大切な海外旅行保険と飛行機の遅れに関する保険について、他のブランドのゴールドカードと比べてみました。 自動付帯:カードを持っているだけで適用• 利用付帯:カードで旅費の支払いが必要 全ての項目で金額が1番高いだけでなく、国内・海外 航空機遅延保険 がカードを持っているだけで付くのはとても安心です。 時間に正確だと思われている国内の飛行機利用でもLCC(格安航空会社)の場合、会社によっては25%近く遅延しており、JALなど大手の航空会社に比べて約3倍遅れや欠航のリスクがあるので、よくLCCを利用する人には特にメリットとなります(出典:) 1度でも保険の対象になれば2〜4万円の保険金がもらえるので、年会費以上お得になります。 『マイレージプラスJCBゴールドカード』に付く保険の詳しい内容を知りたい方はを参照してください。 ANA免税店で10%引き 同じスターアライアンスに所属しているANAの次の対象店舗で、『マイレージプラスJCBゴールドカード』で支払うと10%引きになります。 成田国際空港• 関西国際空港のANA DUTY FREE SHOP• 羽田国際空港のTIAT DUTY FREE SHOP SOUTH 出典: ショッピングマイルも100円につき1. 5マイルたまります。 GOLD Basic Serviceを受けられる JCBのゴールドカードを持っている人が使える「GOLD Basic Service」という特別なサービスを利用できます。 主なサービスは下記の通りです。 ゴールド会員専用デスク|フリーダイヤルで問い合わせを受けてくれる• ゴルフサービス|ゴルフ場の予約やコンペ形式のイベントへの参加などができる• グルメ優待サービス|全国250店舗で飲食代金またはコース代金が20%OFF• 会員情報誌「JCB THE PREMIUM」|旅・食・趣味・地域情報やJCBのキャンペーン・チケット情報などを掲載した冊子が毎月無料で送付される ただし、『』のようなJCBが直接発行しているカードと違い、一部使えないサービスがあります(OkiDokiポイントがたくさんもらえるトラベルサービスなど) 3. MileagePlus JCBカード ゴールドカードの2つの注意点 この章では『マイレージプラスJCBゴールドカード』の注意点を2つ挙げていきます。 カードの利用額や特典の利用回数が少ないと年会費の元を取りにくい• 電子マネーのチャージでマイルがたまらない 3-1. カードの利用額や特典の利用回数が少ないと年会費の元を取りにくい 『マイレージプラスJCBゴールドカード』は年会費が15,000円(税抜)とゴールドカードの中でもやや高い年会費なので、カードの利用額が少なかったり飛行機を使った旅行をあまりせずに特典の利用回数が少ないと年会費の元を取りにくいです。 スマリボを設定し、年1回以上の利用で年会費5,000円(税込)キャッシュバックを受けられますが、リボ手数料を0円にするためには繰り上げ返済をする、支払い総額を5,000円or10,000円以下にするなど少し手間が必要です。 あなたの目的や状況によっては別のカードを持った方が、よりお得にユナイテッド航空のマイルをためられたり、少ない年会費負担で旅行を快適にできます。 年間カード利用額500万円未満でマイルだけを効率良くためたい方へ あなたが年間に使うカードの利用額によって、次のカードを利用した方が最も少ない年会費負担でマイルを効率良くためることができます。 年間カード利用額 カード名 年会費(税抜) マイル還元率 特徴など 〜200万円 『』 +マイルアップメンバーズ(有料オプション) 6,500円 1. 5%〜2% 年間30,000マイル(カード利用額200万円相当)まで1. 5%〜2% 1枚につき年間30,000マイル(カード利用額200万円相当)まで1. 5% コスモ石油での利用は2% 〜500万円 『』 20,000円 1. 5%〜2% 年間75,000マイル(カード利用額500万円相当)まで1. 5% コスモ石油での利用は2% ただし、コスモ石油での利用額が多いともらえるボーナスマイルの関係でお得度が若干前後しますので、上記の利用額はおおよその目安と考えてください。 マイルアップメンバーズは有料のオプションなので抵抗を感じる人もいるかも知れませんが、マイルが付きやすくなる他に、海外旅行保険の補償金額が追加されるというメリットもあります。 合計の補償金額はゴールドカード1枚よりも良くなるので、安い年会費負担で海外旅行専用のサブカードにもできます。 3-2. 電子マネーのチャージでマイルがたまらない 電子マネーのチャージや利用にはEdy・nanaco・QUICPay・モバイルSuica・SMARTICOCAと幅広く対応していますが、 マイルが付くのはQUICPayを利用した時だけです。 Apple Payに対応 『マイレージプラスJCBゴールドカード』はApple Payに対応しています。 Apple Payでの支払いはQUICPayになり、1. 5%分のマイルがたまります。 (Suicaへのチャージ分はたまりません) そのため、電子マネーへのチャージでポイントを稼ぎたい人は年会費が無料の下記のカードを別に1枚持つことをおすすめします。 カード名 Edy nanaco モバイルSuica 『』 0. 5〜1% — 0. 2% 1. 参考情報:AMEXゴールドカードの特典とマイルをためやすい『SPG AMEXカード』 また、『マイレージプラスJCBゴールドカード』に比べて次のようなメリットとデメリットがありますが、『SPG AMEXカード』(『』)なら1枚でマイルのためやすさとAMEXゴールドの豪華な特典・優待の両方を満たせます。 メリット デメリット• ポイントの有効期限が実質無期限• AMEXのゴールドカードの特典がほとんど利用できる• 2年目から毎年1回世界各地のMarriott Bonvoy参加ホテルに交換レート1泊50,000ポイントまでの部屋に最大2名無料で宿泊できる• ポイントを購入してマイルに交換できる(変則的なバイマイル)• 直接マイレージプラスのマイルをためられなくなる• マイル還元率が最高1. 375%と若干下がる 4. まとめ 『』に関しておすすめできる人や状況、メリット・注意点を解説しました。 『マイレージプラスJCBゴールドカード』は、以下のようなメリットがあるとても便利なクレジットカードです。 マイレージプラスのマイルがたまりやすい• ゴールドカードの特典が利用できる カードの利用で1. 5%という高いマイル還元率だけでなくマイル獲得の制限もないので、マイルがたまりやすいです。 また、空港ラウンジの無料利用や国内外の飛行機の遅れに関する保険が付くなどゴールドカードの特典も利用できます。 『マイレージプラスJCBゴールドカード』を利用することであなたの生活がより豊かで便利になることを祈っています。 『マイレージプラスJCBゴールドカード』公式ページ: カード詳細情報 この章では、『マイレージプラスJCBカード』についての詳細情報を表にまとめました。 上記でご紹介した他にカードについて細かい情報を知りたい人だけお読みください。 また、参考情報として『マイレージプラスJCBカード』のグレード別情報簡単比較表やユナイテッド航空のゴールドカード情報簡単比較表、ユナイテッド航空のマイルが貯まるカード一覧表を紹介しています。 学生の方はお申し込みになれません。 ゴールドカード独自の審査基準により発行します。 家族会員 生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方 締め日・支払日 JCBのホームページを確認してください ショッピング 利用可能枠 JCBカードの審査基準により決定 支払い方法 JCBのホームページを確認してください キャッシング 利用可能枠 JCBカードの審査基準により決定 支払い方法 JCBのホームページを確認してください マイル情報 マイル名 マイレージプラス 基本マイル付与 100円につき1. 5マイル 有効期限 無期限(2019年8月28日より) 入会ボーナスマイル 3,000マイル スターアライアンス各社のフライトマイル ANAやルフトハンザドイツ航空などのの利用分も UNITEDマイレージプラス・マイルに加算されます。 獲得できるマイルはによって異なります。 5マイル ー QUICPay 無料 100円(税込)利用で1. 5マイル 専用カードやモバイルを選択できます モバイルはおサイフケータイ対応機種が必要 Apple Pay 無料 QUICPay:100円(税込)利用で1. 5マイル Suicaチャージできるが、マイルは付かない プラスEXカード【エクスプレス予約サービス(プラスEX会員)】 年:1,000円(税別) 100円(税込)利用で1. 被保険者が公共交通乗用具に乗客として搭乗中の急激かつ偶然な外来の事故によるケガが原因• 被保険者が宿泊施設に宿泊中に火災・破裂・爆発によって被ったケガが原因• [対象店舗] 成田国際空港、関西国際空港のANA DUTY FREE SHOP、羽田国際空港のTIAT DUTY FREE SHOP SOUTH(運営:全日空商事デューティーフリー株式会社) GOLD Basic Service ・ ベーシック 会員専用デスク: カードに関する全般的な問い合わせなどを JCBゴールド会員の方専用の通話料無料のゴールドデスクで受けてくれる 会員情報誌「JCB THE PREMIUM」: 本物を知る大人にふさわしい、上質感の演出をコンセプトとし、JCBプレミアムカード会員の皆様に「本誌」と「別冊」の2冊を毎月届けてくれる ・トラベル 手荷物無料宅配券(片道)サービス:JCBトラベルデスクに対象の海外パッケージツアーを申し込み、JCBゴールドで旅行代金を支払うと、手荷物無料宅配券(往復分)をプレゼントされる(1組につき) ハーツレンタカーサービス: 世界有数のネットワークを誇る「ハーツレンタカー」をおトクに利用できる割引サービス ・グルメ JCBゴールド グルメ優待サービス: 全国250店舗で、事前予約、専用クーポンの提示、JCBゴールドの支払いをすると飲食代金またはコース代金より20%OFFとなるサービス 京爛漫: 京情緒が味わえる情報が満載のJCBオリジナルガイドブックです。 京都ならではの趣あるお店が紹介されている。 JCBが自信を持っておすすめする旅館、飲食店、名品店にて優待が受けられます ・エンターテイメント JCBゴールド ゴルフサービス ゴルフエントリーサービスの利用: 通常はゴルフ場メンバー以外の方は予約困難な憧れの名門コースをはじめ、全国約1,200ヵ所のゴルフ場の プレー予約を、電話で受けてくれる JCBゴールド ゴルフイベントへの参加: 有名コースを舞台としたコンペ形式のゴルフイベントを随時開催 JCBゴルファーズ倶楽部への入会: 憧れの名門コースでのプレーを楽しめる倶楽部。 豊富なラウンド枠が用意されている JCBゴールド チケットサービス:演劇、コンサート、歌舞伎などの良席保証・先行販売・特典付チケットを毎月JCBプレミアムカード会員に案内してくれる ・ライフ 健康サービス• 人間ドックサービス:地域に提携医療機関があり、優待料金で利用できる• ドクターダイレクト24(国内): 24時間・年中無休で、健康や介護、育児などに関する相談に無料でこたえてくれる• 健康チェックサービス: 痰などの検体を郵送するだけで、自宅にいながら専門家のアドバイスが受けられる JCB暮らしのお金相談ダイヤル:暮らしにまつわる税務・年金・資産運用についての相談を、電話で受けてくれる。 相談料は無料です。 ゴールドフラワーサービス: 通常価格より5%引きで 指定先に花を届けてくれる ・JCBオリジナルカレンダープレゼント 毎年1部無料でプレゼントされる(年末の応募期間に申し込みが必要) マイレージプラスJCBカードグレード別情報簡単比較表 マイレージプラスJCBカードについて、グレード別に情報を簡単に比較できるよう表にまとめました。 5%(利用金額200円=1マイル) 1%(利用金額100円=1マイル) 1. 5%(利用金額100円=1. ANAグループ空港内免税店で10%引き• グルメ優待サービスなどのGOLD Basic Service ユナイテッド航空ゴールドカード情報簡単比較表 ユナイテッド航空のマイルが貯まるゴールドカードについて、各ブランド毎に情報を簡単に比較できるよう表にまとめました。 カード名 『マイレージプラスJCBゴールドカード』 『マイレージプラスセゾンゴールドカード』 『マイレージプラス MUFGカード ゴールドプレステージ』 『マイレージプラス UCゴールドカード』 『マイレージプラス ダイナースクラブカード』 申し込み対象 本会員 20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方(学生不可) 18歳以上(高校生は除く)の電話連絡が可能な方 原則として20歳以上で、ご本人に安定した収入のある方(学生を除く) 原則として満25歳以上で年収500万円以上の方 原則として27歳以上 家族会員 お申し込みご本人と生計を同一にする配偶者、ご両親、18歳以上(高校生を除く)のお子様 本会員様と生計をともにする、18歳以上(高校生を除く)の同姓のご家族様 本会員の配偶者・親・子供(高校生を除く18才以上)の方 本人会員と生計を同一にする配偶者・親子で同姓かつ18歳以上に限ります 本会員の配偶者の方、ご両親、18歳以上のお子様 カード利用 マイル還元率 1. 5% 18歳以上(高校生は除く) 『』 1,500円 +5,000円:マイルアップメンバーズ 0. 5% 1. 5%:マイルアップメンバーズ 『』 1,500円 0. 5% 『』 20,000円 学生・未成年を除くご連絡が可能な方 『』 15,000円 12,000円:楽Pay割引 1%〜2% 20歳以上(学生不可) 『』 『』 18,000円 1% 満25歳以上で年収500万円以上 『』 28,000円 1% 27歳以上 『』 43,000円 1. 5%〜2% 27歳以上 『』 50,000円 1. 極力サービス内容が変わり次第更新をしますが突然変わりすぐに更新できない可能性もあるため、カードご入会の前には必ずご自身でカード発行元の公式サイトで最新の情報をご確認した後にお申し込み下さい).

次の

ユナイテッド航空のマイレージプラス完全ガイド!マイルのお得な使い方とは

マイレージ プラス jcb

マイレージプラス MileagePlus JCBゴールドカードが人気な理由 どうしてマイレージプラス MileagePlus JCBゴールドカードは評判が高い?人気の理由からポイント還元率、審査情報(審査は厳しい?甘い)など、作る前に知っておきたい秘密を大公開! マイレージプラス MileagePlus JCBゴールドカードのメリット 保障が手厚い!旅行者向けゴールドカード! 『マイレージプラス MileagePlus JCBゴールドカード』は、カード利用100円につき1. 5マイルが付与される高還元率ゴールドカードです。 最高1億円の海外旅行傷害保険が利用付帯で付いてくる上、カードを利用しなくても自動付帯で最高5,000万円までの補償が受けられます。 また国内旅行傷害保険も最高5,000万円までと手厚く、ショッピング保険も自動付帯されています。 ゴールドカード特典と実質無期限のマイルが利用可能! 本カードで貯めたマイルには上限も無く、カードを利用し続けていれば実質的に失効することもありません。 マイル換算率1. 5マイルの高還元率! 「マイレージプラス MileagePlus JCBゴールドカード」のポイントプログラムはありません。 代わりにユナイテッド航空のマイルが直接貯まります。 直接貯まるため他のカードのようなマイル移行手数料もありません。 通常のショッピングや食事などで本カードを利用すれば、100円の利用で1. 5マイルが付与されます。 そのためマイル換算で還元率は1. マイルがクラシックカードの2倍!一般カードの3倍貯まる! 200円で1マイル付与の『』(還元率0. ただし年会費もだいぶ違うので、利用料金が少ない方はクラシックの方がお得になります。 交換手数料無料で無期限に貯められる!QUICPayでも貯まる! もちろん搭載されている電子マネー「QUICPay」の利用でも100円利用につき1. 5マイルが付与されます。 貯めたマイルはユナイテッド航空の航空券のほか提携する航空会社の航空券と交換することができる上に、貯めたマイルに上限が無いため好きなだけ貯めることも可能です。 ただし他の電子マネーではチャージができても、ポイントは貯まりませんのでご注意を。 MileagePlusモール活用でマイルをさらに貯めよう! なおオンラインショッピングモール「MileagePlusモール」では、ショッピングのほか生活に必要な様々なサービスを利用できる上にお得にマイルも貯めることができます。 パートナーサイトも豊富なほか、マイルアップキャンペーンなども行われているため、生活シーンに合わせて幅広く活用することができます。 スターアライアンス利用でフライトマイルが貯まる! 「マイレージプラス MileagePlus JCBゴールドカード」へ入会するには、その前にユナイテッド航空のマイレージプログラムへの会員登録が必須となっています。 マイレージプログラムへ登録してあればユナイテッド航空を利用した際にフライトでマイルを貯められます。 また世界有数の航空連合であるスターアライアンス加盟航空会社を利用しても同じくマイルを貯められます。 スターアライアンス加盟航空会社はユナイテッド航空以外にも日本のANAなど世界27の航空会社が加盟しています。 貯めたマイレージプラスは実質無期限! ANA航空券でも使えます。 本カードで貯めたマイレージプラスはスターアライアンス各社で利用可能。 つまりANAでも利用できます。 また、カードの利用実績がある限りはマイルの失効も心配ありません。 すなわち本カードを利用してさえいれば、貯めたマイルが失効することはありません。 そのためじっくりとマイル貯めることもできます。 海外旅行傷害保険は最高1億円!自動付帯でも5,000万円まで補償 『マイレージプラス MileagePlus JCBゴールドカード』には、最高1億円の海外旅行傷害保険が付帯されています。 1億円は利用付帯の場合、自動付帯では5,000万円です。 すなわち旅行代等の支払いに本カードを利用しなくても、最高5,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯されます。 国内旅行も広く補償!ショッピング保険も また、クラシックカードや一般カードには付帯されていない国内旅行傷害保険も最高5,000万円の補償で自動付帯されています。 最高500万円の海外・国内ショッピングガード保険、空き巣被害お見舞い金5万円が付帯します。。 また、国内の主要空港はじめハワイ・ホノルル国際空港の空港ラウンジをいつでも無料で利用することができます。 家族カードで貯めたマイルは本会員の所有するマイレージ口座へ合算させることも可能です。 合算させることでさらに効率よくマイルを貯めることができます。 ただしコストパフォーマンスはあまり良いとは言えません。 単純にマイルを貯めるだけなら、『』にマイルアップメンバーズを加えた方がお安く(年会費トータル6,500円で1. マイレージプラス MileagePlus JCBゴールドカードのまとめ 頑張ってるJCBゴールドカード! マイル換算1. 5マイルが付与されるなど、効率的にマイルを貯められる上位マイルカードです。 さらにJCBゴールドカードの付帯サービスも利用できるのは大きな魅力。 海外・国内旅行傷害保険が付帯されている他、ショッピング保険も充実。 免税店での割引や空港ラウンジ無料利用などゴールド付帯サービスも利用可能です。 ただし同じ年会費の『』はコスモ石油で2%還元など異なったメリットがあります。 代わりに1.

次の