ステムリム ipo 初値 予想。 ステムリム(4599):IPO上場情報

【IPO】ステムリムの初値予想を見て思うこと

ステムリム ipo 初値 予想

全1654文字 東証マザーズに上場する大阪大学発のバイオベンチャー、ステムリムの公募価格が8月1日、1000円に決まった。 7月24日に決定した1000円から1700円という仮条件の幅の間には収まったものの、上場承認時に発表された想定仮条件(2370円から3730円)を大きく下回る。 なぜ、こんなことになったのか。 当初の計画では時価総額が最大2000億円近くの大型上場となるはずだった。 だが、8月2日に決まった公募価格から計算すると、上場時の株式時価総額は600億円強となる。 ステムリムはIPOで当初200億円近くを調達する計画だったが、これも100億円弱と大きく減少する。 上場後の戦略は修正を迫られそうだ。 なお、仮条件を決める段階でステムリムは公募株数を当初計画の600万株から810万株に増やし、売り出し株数を240万株から30万株に引き下げている。 どうしてこのような事態になったのか。 公募価格は通常、主幹事証券の提示に基づいて想定仮条件を決め、上場承認後に機関投資家向け説明会を開催してそのフィードバックを受けて仮条件を決定する。 この仮条件に対する投資家からの需要に基づいて公募価格は決まる。 つまり主幹事であるSMBC日興証券の価格設定を多くの機関投資家が「高すぎる」と見たため、仮条件を引き下げざるを得なかったわけで、SMBC日興証券の見る目が無かったことが最大の原因と言わざるを得ない。 想定価格を大きく下回った理由をSMBC日興証券の広報に尋ねると、「進行中の案件なので、詳細なコメントは差し控えたい」とのことだった。 一方、ステムリムの岡島正恒社長は、「上場承認後に50社を超える機関投資家に説明して回り、将来への期待の高さは感じたが、バイオベンチャーに投資できる国内機関投資家の層が薄いということだろう」と話す。 7月12日に投資家向け説明会に出席したステムリムの岡島社長 今回の事態はバイオベンチャーの株価の評価の難しさを表している。 バイオベンチャーに限らず、赤字で上場する研究開発型企業の場合、企業価値は売上高、利益などの財務情報では評価できない。 このため証券アナリストなどは、将来生み出す価値に基づくディスカウントキャッシュフロー法などで株価を予想するが、バイオベンチャーの場合は研究開発に非常に長い時間がかかり、かつ、開発中の品目の成功確率や市場規模など不明確な要素が多いため、アナリストによって評価が大きく異なるケースが多い。 しかもステムリムの場合、開発中の品目はそれなりにあるものの動物実験段階のものが多く、臨床試験を実施している品目は2品目のみ。 最も先行している品目は、表皮水泡症という希少疾患の治療薬で、承認されたとしても市場規模には限りがある。 もう1つの品目は脳梗塞が対象で、契約相手の塩野義製薬が臨床試験を行っているものの、その詳細は不明だ。 こうしたことから証券アナリストなどからも、「想定仮条件の価格は高すぎる」という声が出ていた。 一方、機関投資家からの需要や意見に基づいて公募価格を決めるやり方が実態にそぐわないという声もある。 経済産業省が7月に改訂版を発表した「バイオベンチャーと投資家の対話促進研究会報告書」によると、上場バイオベンチャーの株式を機関投資家が保有している比率は1社平均で9%しかない。 国内株式市場でバイオベンチャーに投資しているのはほとんどが個人投資家なのだ。 ステムリムの開発品目は、体の傷付いた部位を修復する作用を持つ幹細胞と呼ばれる細胞を血中に増やすユニークな作用を持つ医薬品だ。 つまり、製造コストが安価な医薬品によって再生医療を実現する可能性があり、開発の成功に期待を寄せる声も多い。 この会社の価値が、実際に株式市場ではどのように評価されるだろうか。 8月9日の株式公開日が注目される。

次の

ステムリムのIPOは回避が正解!? 初値予想アンケートの結果が心臓に悪いんだが…

ステムリム ipo 初値 予想

全1654文字 東証マザーズに上場する大阪大学発のバイオベンチャー、ステムリムの公募価格が8月1日、1000円に決まった。 7月24日に決定した1000円から1700円という仮条件の幅の間には収まったものの、上場承認時に発表された想定仮条件(2370円から3730円)を大きく下回る。 なぜ、こんなことになったのか。 当初の計画では時価総額が最大2000億円近くの大型上場となるはずだった。 だが、8月2日に決まった公募価格から計算すると、上場時の株式時価総額は600億円強となる。 ステムリムはIPOで当初200億円近くを調達する計画だったが、これも100億円弱と大きく減少する。 上場後の戦略は修正を迫られそうだ。 なお、仮条件を決める段階でステムリムは公募株数を当初計画の600万株から810万株に増やし、売り出し株数を240万株から30万株に引き下げている。 どうしてこのような事態になったのか。 公募価格は通常、主幹事証券の提示に基づいて想定仮条件を決め、上場承認後に機関投資家向け説明会を開催してそのフィードバックを受けて仮条件を決定する。 この仮条件に対する投資家からの需要に基づいて公募価格は決まる。 つまり主幹事であるSMBC日興証券の価格設定を多くの機関投資家が「高すぎる」と見たため、仮条件を引き下げざるを得なかったわけで、SMBC日興証券の見る目が無かったことが最大の原因と言わざるを得ない。 想定価格を大きく下回った理由をSMBC日興証券の広報に尋ねると、「進行中の案件なので、詳細なコメントは差し控えたい」とのことだった。 一方、ステムリムの岡島正恒社長は、「上場承認後に50社を超える機関投資家に説明して回り、将来への期待の高さは感じたが、バイオベンチャーに投資できる国内機関投資家の層が薄いということだろう」と話す。 7月12日に投資家向け説明会に出席したステムリムの岡島社長 今回の事態はバイオベンチャーの株価の評価の難しさを表している。 バイオベンチャーに限らず、赤字で上場する研究開発型企業の場合、企業価値は売上高、利益などの財務情報では評価できない。 このため証券アナリストなどは、将来生み出す価値に基づくディスカウントキャッシュフロー法などで株価を予想するが、バイオベンチャーの場合は研究開発に非常に長い時間がかかり、かつ、開発中の品目の成功確率や市場規模など不明確な要素が多いため、アナリストによって評価が大きく異なるケースが多い。 しかもステムリムの場合、開発中の品目はそれなりにあるものの動物実験段階のものが多く、臨床試験を実施している品目は2品目のみ。 最も先行している品目は、表皮水泡症という希少疾患の治療薬で、承認されたとしても市場規模には限りがある。 もう1つの品目は脳梗塞が対象で、契約相手の塩野義製薬が臨床試験を行っているものの、その詳細は不明だ。 こうしたことから証券アナリストなどからも、「想定仮条件の価格は高すぎる」という声が出ていた。 一方、機関投資家からの需要や意見に基づいて公募価格を決めるやり方が実態にそぐわないという声もある。 経済産業省が7月に改訂版を発表した「バイオベンチャーと投資家の対話促進研究会報告書」によると、上場バイオベンチャーの株式を機関投資家が保有している比率は1社平均で9%しかない。 国内株式市場でバイオベンチャーに投資しているのはほとんどが個人投資家なのだ。 ステムリムの開発品目は、体の傷付いた部位を修復する作用を持つ幹細胞と呼ばれる細胞を血中に増やすユニークな作用を持つ医薬品だ。 つまり、製造コストが安価な医薬品によって再生医療を実現する可能性があり、開発の成功に期待を寄せる声も多い。 この会社の価値が、実際に株式市場ではどのように評価されるだろうか。 8月9日の株式公開日が注目される。

次の

ステムリム【4599】のIPO抽選申込どうする?

ステムリム ipo 初値 予想

ステムリム 4599 IPOが新規上場承認されました。 市場は東証マザーズで主幹事はSMBC日興証券が務めます。 公開株数8,400,000株、オーバーアロットメント1,260,000株、想定発行価格3,050円から上場による資金吸収を計算すると約294. 6億円にもなります。 事業は再生誘導医薬に特化しており、これまでのES細胞やiPS細胞を使用しなくても脳梗塞や心筋症などの患者に投与できる独自の治療薬となっています。 再生誘導医薬とは生きた細胞や組織を用いることなく、医薬品の投与のみによって再生医療と同等の治療効果を得られる新しい医薬品になるため医療業界では期待されているはずです。 ただし上場後も製品化に向けたハードルは高いとみています。 一部メディアでは「iPS細胞を使う治療方法と比べ実用化のハードルは低い」と書かれていますが製品化できればの話でしょう。 期待感はありますけどね。 具体的には以下のとおりであります。 また、上記調達資金は具体的な充当時期までは安全性の高い金融商品等で運用していく方針であります。 目次まとめ• ステムリム 4599 IPOの業績と事業内容 業績はバイオ銘柄と言うことで赤字です。 2016年は黒字化しているようですが、前期と今期ともに塩野義製薬への売上のみです。 再生誘導医薬は、従来型の再生医療/細胞治療とは異なり、生きた細胞の投与を必要とせず、物質=医薬品の投与によって、患者自身の体内に存在する幹細胞を活性化する方法です。 これにより簡便かつ安全に、治療効果の高い再生医療を実現します。 再生誘導医薬開発により、生きた細胞製剤では難しい安定した品質による迅速な再生医療を実現する製品供給が可能となることから、広く普及可能な新しい再生医療となり得ます。 再生誘導医薬の投与によって患者の体内で誘導される幹細胞は、血液循環を介して体内を巡り、損傷した組織特異的に集積します。 損傷部位に集積した幹細胞は、神経や皮膚、骨、軟骨、筋肉、血管など、様々な種類の組織に分化する能力を有するため、再生誘導医薬という共通のプラットフォームによって、脳梗塞や脊髄損傷などの中枢神経系疾患、心筋梗塞や心筋症などの循環器系疾患、難治性皮膚潰瘍などの上皮系疾患、難治性骨折などの間葉系疾患など、組織損傷をともなう数多くの難病に対して幅広い治療効果をもたらすことが期待されます。 当該開発品をはじめとして同社はこれまでの研究開発活動を通じて、複数の疾患に対する複数の研究開発パイプライン 医薬品候補群 を保有しており、再生誘導医薬の実現に向けた多面的・多層的な創薬研究開発事業を展開しています。 同社の事業モデルは医薬品の研究開発を主たる業務としています。 自社研究若しくは大学等研究機関との共同研究を通じて、生体内における組織再生誘導メカニズムの解明と幹細胞の特性解析、幹細胞の制御技術に関する基礎研究をおこない、その成果を活用したスクリーニング系によって、再生誘導医薬シーズの探索をおこなっています。 同定した候補物質については、自社単独若しくは共同研究を実施した大学等研究機関と共同で特許を出願し、研究開発活動の果実である知的財産の構築を進めています。 大学等研究機関と共同で出願した特許については、同社が独占的な実施権の許諾を受け以後の製品化に向けた研究開発を主導で進めています。 候補物質については、自社若しくは大学等研究機関/パートナー企業と共同で、製造方法の開発、非臨床薬効薬理試験、安全性試験、初期臨床試験等までを実施し、医薬品開発の成功可能性と知的財産価値を高めた上で、国内・海外の製薬企業に対して製品の開発権、製造権、販売権等をライセンスアウトしています。 そうすることで契約一時金、開発の進捗に応じて支払われるマイルストーン収入、製品上市後に売上高の一定割合が支払われるロイヤリティ収入、売上高に対する目標値を達成するごとに支払われる販売マイルストーン収入等を得る事業モデルを採用しています。 またパートナー企業とは、ライセンス契約に至る前の比較的早期の研究開発段階において、将来のライセンス契約を前提とした共同研究契約を締結することもあります。 この場合はパートナー企業から契約一時金、共同研究収入を得ることで、自社の費用負担を低減しつつ、かつパートナー企業の開発リソースも活用することで研究開発を加速できるメリットを得られます。 同社の再生誘導医薬は、投薬により体内の幹細胞の働きを促進することを作用メカニズムとするため、幹細胞を用いた再生医療・細胞治療が行われている疾患領域を広くマーケットとして捉えることが可能です。 また同社は生命科学者の自由闊達な研究活動を通じて、難病に苦しむ世界中の患者さんに革新的な新薬を提供し続ける挑戦的バイオテクノロジー企業を目指しているそうです。 再生医療の市場規模予測では、国内2020年950億円が2050年2. 5兆円、世界2020年1兆円が2050年38兆円と大幅な増加が見込まれており、従来の医薬や医療では治療が困難であった疾患に対する新たな医療への期待が大きいようです。 2億円です。 オーバーアロットメントを含めると 約294. 6億円になります。 赤字バイオで1枚あたりの単価が高いためかなり不安です。 直近の売上は塩野義製薬だけに発生しているようです。 本決算が7月なので今期も赤字決定だと思います。 来期がどれだけ挽回してくるかだと思いますが、簡単に商品化できないと思われるため来期も赤字か? ステムリム 4599 IPOの幹事団詳細と会社データ 公募株数 6,000,000株 売出株数 2,400,000株 公開株式数 8,400,000株 OA売出 1,260,000株 引受幹事 大和証券 野村證券 みずほ証券 いちよし証券 岡三証券 西村証券 当選を狙うならからの申し込みは必須です。 申込めば当選できるような株数なのでメディア情報を調べると、「関西初のユニコーン企業」と言われているようです。 通常であれば赤字バイオなのでスルーしてもよいと思いますが、かなり有名な企業で再生医療で有名なiPS細胞よりも治療法としてはハードルが低いそうです。 実用化されれば大きな収益期待があるとされています。 会社設立は2016年10月30日、本社住所は大阪府茨木市彩都あさぎ七丁目7番15号、代表取締役会長CEOは冨田憲介氏 70歳 です。 冨田憲介氏は業界ではとても有名な方でアンジェス 4563 やオンコセラピー・サイエンス 4564 との関わり合いが深いようです。 ポジション的には会長を務めているそうです。 従業員数は20人 臨時雇用者18人 、平均年齢39. 0歳、平均勤続年数3. 3年、平均年間給与約530万円です。 ステムリム 4599 IPOの初値予想 氏名又は名称 所有株式数 割合 玉井 克人 10,500,000株 19. 78% 玉井 佳子 5,400,000株 10. 17% 冨田 憲介 5,025,000株 9. 47% 大久保 俊幸 4,650,000株 8. 76% 株式会社SMBC信託銀行信託口08900027 2,850,000株 5. 37% 山﨑 尊彦 2,700,000株 5. 09% みやこ京大イノベーション投資事業有限責任組合 2,443,200株 4. 60% 大阪バイオファンド投資事業有限責任組合 2,433,300株 4. 58% 大和日台バイオベンチャー投資事業有限責任組合 2,333,100株 4. )に対して、本募集及び引受人の買取引受による売出しに係る元引受契約締結日に始まり、上場(売買開始)日から起算して180日目の2020年2月4日までの期間(以下「ロックアップ期間」という。 )中は、主幹事会社の事前の書面による承諾を受けることなく、元引受契約締結日に自己の計算で保有する当社普通株式(潜在株式を含む。 )の売却等を行わない旨を約束しております。 当社普通株式の管理を目的に委託した信託財産である株式会社SMBC信託銀行信託口08900027(以下「当該信託口」という。 )における委託者兼受益者である塩野義製薬株式会社は、主幹事会社に対して、ロックアップ期間中は、主幹事会社の事前の書面による承諾を受けることなく、元引受契約締結日に当該信託口で保有する当社普通株式を当該信託口における受託者である株式会社SMBC信託銀行に譲渡又は売却を行わせないこと、当社普通株式の管理を目的として当該信託口以外の新たな信託口が設定された場合においてその受託者に譲渡又は売却を行わせないこと及び信託財産としての当社普通株式が受託者から当社に交付された場合において譲渡又は売却を行わない旨を約束しております。 ステムリムIPO幹事引受け株数決まる 幹事団 引受け株数 割合 5,712,000株 68. 00% 大和証券 1,008,000株 12. 00% 野村證券 672,000株 8. 00% みずほ証券 672,000株 8. 00% 210,000株 2. 50% いちよし証券 42,000株 0. 50% 岡三証券 42,000株 0. 50% 33,600株 0. 40% 西村証券 8,400株 0. この手のIPOは不参加にしたほうが賢明だと判断します。 利益見込みよりもリスクのほうが高いのではないかと思います。 仮条件発表前の初値予想は2,000円~4,000円となっていました。 想定発行価格が暫定的だったとは言え3,050円からの大幅修正は違和感しかありません。 仮条件下限は1,000円になり3分の1程度まで引き下げられることになります。 また公募株数と売出し株数が変更されているようですが公開株数の変更はありません。 公募株数6,000,000株が8,100,000株へ、売出株2,400,000株が300,000株に変更されています。 吸収金額はOAを含め約164. 2億円に修正され時価総額も約855億円に修正されます。 算出価格は仮条件上限1,700円を基準としています。 仮条件が引き下げられユニコーン企業の時価総額1,000億円定義から外れるため話題性に欠けることになりました。 どうやら機関投資家は仮条件上限で決めてくると想定しているため地合いなどによる売り圧力があったとしてもシンジケートカバーで十分吸収できると考えているようです。 それでも初値利益を狙いに行く要素は感じられなくなったためブックビルディングに参加する方は気を付けたほうがよいでしょう。 8月唯一のIPOかもしれないため期待していましたが残念な結果となりそうです。 また初値が公開価格を割ってしまうと上値が重くなるため頑張ってほしいと思います。 私は狙いに徹したいと思います。 当選したら買いますけどね! ステムリム 4599 IPOを個人的に分析してみました ストックオプション期間 株数残 2012年3月29日~2020年3月28日 1,950,000株 発行価格2円 2012年3月29日~2020年3月28日 1,290,000株 発行価格2円 2014年6月01日~2022年5月31日 1,335,000株 発行価格2円 2015年8月01日~2023年7月31日 1,803,000株 発行価格5円 2016年6月26日~2024年6月25日 495,000株 発行価格100円 2016年12月6日~2024年12月05日 438,000株 発行価格283円 2016年12月06日~2024年12月5日 153,000株 発行価格283円 2019年10月27日~2027年10月26日 222,000株 発行価格300円 2019年10月27日~2027年10月26日 279,000株 発行価格300円 2019年10月27日~2027年10月26日 30,000株 発行価格300円 2019年10月27日~2027年10月26日 30,000株 発行価格300円 2019年10月27日~2027年10月26日 39,000株 発行価格300円 2020年10月26日~2028年10月25日 269,100株 発行価格300円 2020年10月26日~2028年10月25日 30,000株 発行価格300円 2020年10月26日~2028年10月25日 429,600株 発行価格300円 ロックアップは180日間 2020年2月04日 、ロックアップ解除倍率の記載は目論見になく解除倍率の設定はありません。 ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。 ストックオプションで行使期限を迎えている株数が7,464,000株もあり要注意でしょう。 株数が多くて投資家の心理状態も悪化しそうです。 ただ調べているうちに気が付いたことがあり、同社は国内外で78件の特許取得を行い現在の40件を申請しているそうです。 いずれ収益に結び付きそうですね。 時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の50,282,700株から算出すると 想定価格ベースで約1,533. 6億円になります。 バイオ株は上下に大きく動くため苦手ですが「億り人」が多く出ている業種です。 資産を吹っ飛ばす方もいますが、そーせいグループのように一相場あれば爆益となります。 アンジェスのようになかなか上に行けないバイオ株もありますが同社はどうでしょう。 大阪大学初のスタートアップ企業やユニコーン企業と言われ知名度も高いため、もしかすると利益が見込めるかもしれません。 IPOに参加できる準備だけは怠らずにしておきたいと思います!簡単に当選できそうなので少し期待しています。 DMM. com証券がついにIPO株を取り扱う! 【 限定キャンペーンが凄い】.

次の