ダイソー アルコールジェル 濃度。 100均のおすすめ無水エタノールと消毒液《ダイソー・セリア》使い方も!

キレイキレイのハンドジェルの口コミは?アルコール濃度が低いから効果が薄い?-生活お役立ちブログ

ダイソー アルコールジェル 濃度

それでは、100均でも購入出来る無水エタノールと消毒用エタノールとの違いとは何なのでしょうか? 先ほど紹介したように、無水エタノールというのはほとんど水を含まないエタノールとなっていたのですが消毒用エタノールというのは100均で入手できる無水エタノールにと違い、少しアルコール度数が低い物となっています。 消毒用なので濃度が高いようにも思うのですが、あまりエタノールの濃度が高すぎると一瞬で蒸発してしまうため、消毒用とは違い、逆に消毒用としては向いていないのだそうです。 無水エタノールよりも濃度が低く、消毒として適しているものとなっているのが消毒用エタノール、消毒用とは違い、一瞬で蒸発してしまうので消毒用としてはあまり向いていないものの、掃除などいろいろな用途で使えるのが無水エタノールとなっています。 掃除やキッチンアイテムの消毒などに使用できる除菌スプレーを100均で購入したいという方におすすめの100均商品は、ダイソーの 「ウィルス除菌スプレー」です。 こちらの消毒液もダイソーオリジナルとなっていますので、100均のダイソーで探してみて下さい。 スプレータイプとなっていますので、 広範囲にスプレーしたいという時にもおすすめとなっています。 スプレー式となっているのですが、先ほど紹介したダイソーの100均スプレー、きれいな手とは違い、大きなサイズになっていますので、もち運びにはあまり向いていません。 床掃除などの広範囲に素早くスプレーできるという事で、ダイソーの中でも人気のスプレーとなっているようです。 消臭剤も含まれているアルコール除菌スプレーも100均には揃っています。 セリアで購入出来る 「キッチンアルコール除菌スプレー」は、精製水や発酵アルコールの他にも消臭剤などが配合されており、包丁やまな板、電子レンジや冷蔵庫の除菌にも使用できるという便利なスプレーになっています。 100均のセリアの商品となっていますのでもちろん値段は100円となっており、 300ml入っていますのでコスパの良い商品にもなっています。 包丁やまな板の消毒をするときには直接スプレーすることができますし、冷蔵庫、電子レンジに使用するという時には乾いた布にスプレーし、そのまま拭き取るようにして使用しましょう。 100均で気軽に試せるセリアの除菌スプレーです。 また、100均で購入出来る無水エタノールは電化製品の掃除という使い方にも役立ちます。 上記では精製水で希釈させて、消毒用アルコールを作っていましたが、電化製品の掃除に使用したいという時には薄めず、そのまま掃除に使用するようにします。 無水エタノールは水をほとんど含んでいないため、電気を通さず、電化製品の掃除にはうってつけとなっているのです。 おすすめしたいのが、パソコンのキーボードの掃除に使用する方法です。 パソコンのキーボードは毎日長時間使用するという方も多く、汚れや粘り気が気になるという方も多いかと思います。 こういう時には、無水エタノールを綿棒に含ませて、丁寧に掃除をしていきましょう。 キーボードをきれいに掃除することもでき、触り心地も変わってくるかと思います。 ただ、実際に無水エタノールで掃除する前には、あらかじめ説明書きを読んでおくことをおすすめします。

次の

【100均ダイソー】無水エタノールのレビュー!消毒用との違いも

ダイソー アルコールジェル 濃度

それでは、100均でも購入出来る無水エタノールと消毒用エタノールとの違いとは何なのでしょうか? 先ほど紹介したように、無水エタノールというのはほとんど水を含まないエタノールとなっていたのですが消毒用エタノールというのは100均で入手できる無水エタノールにと違い、少しアルコール度数が低い物となっています。 消毒用なので濃度が高いようにも思うのですが、あまりエタノールの濃度が高すぎると一瞬で蒸発してしまうため、消毒用とは違い、逆に消毒用としては向いていないのだそうです。 無水エタノールよりも濃度が低く、消毒として適しているものとなっているのが消毒用エタノール、消毒用とは違い、一瞬で蒸発してしまうので消毒用としてはあまり向いていないものの、掃除などいろいろな用途で使えるのが無水エタノールとなっています。 掃除やキッチンアイテムの消毒などに使用できる除菌スプレーを100均で購入したいという方におすすめの100均商品は、ダイソーの 「ウィルス除菌スプレー」です。 こちらの消毒液もダイソーオリジナルとなっていますので、100均のダイソーで探してみて下さい。 スプレータイプとなっていますので、 広範囲にスプレーしたいという時にもおすすめとなっています。 スプレー式となっているのですが、先ほど紹介したダイソーの100均スプレー、きれいな手とは違い、大きなサイズになっていますので、もち運びにはあまり向いていません。 床掃除などの広範囲に素早くスプレーできるという事で、ダイソーの中でも人気のスプレーとなっているようです。 消臭剤も含まれているアルコール除菌スプレーも100均には揃っています。 セリアで購入出来る 「キッチンアルコール除菌スプレー」は、精製水や発酵アルコールの他にも消臭剤などが配合されており、包丁やまな板、電子レンジや冷蔵庫の除菌にも使用できるという便利なスプレーになっています。 100均のセリアの商品となっていますのでもちろん値段は100円となっており、 300ml入っていますのでコスパの良い商品にもなっています。 包丁やまな板の消毒をするときには直接スプレーすることができますし、冷蔵庫、電子レンジに使用するという時には乾いた布にスプレーし、そのまま拭き取るようにして使用しましょう。 100均で気軽に試せるセリアの除菌スプレーです。 また、100均で購入出来る無水エタノールは電化製品の掃除という使い方にも役立ちます。 上記では精製水で希釈させて、消毒用アルコールを作っていましたが、電化製品の掃除に使用したいという時には薄めず、そのまま掃除に使用するようにします。 無水エタノールは水をほとんど含んでいないため、電気を通さず、電化製品の掃除にはうってつけとなっているのです。 おすすめしたいのが、パソコンのキーボードの掃除に使用する方法です。 パソコンのキーボードは毎日長時間使用するという方も多く、汚れや粘り気が気になるという方も多いかと思います。 こういう時には、無水エタノールを綿棒に含ませて、丁寧に掃除をしていきましょう。 キーボードをきれいに掃除することもでき、触り心地も変わってくるかと思います。 ただ、実際に無水エタノールで掃除する前には、あらかじめ説明書きを読んでおくことをおすすめします。

次の

アルコールジェル・消毒液のおすすめ人気ランキング7選【手指の洗浄にも!】

ダイソー アルコールジェル 濃度

ダイソーのコンパクトサイズのオキシドールは薬箱に入れやすいサイズで重宝します。 ちょっとしたケガであればダイソーのオキシドールを使い自宅で消毒してケアできます。 ダイソーのオキシドールは傷に直接塗ることも可能ですし、脱脂綿やコットンに湿らせて塗ることもできます。 ピアス穴の殺菌消毒に使っている方も多く、ダイソーの人気商品です。 またオキシドールは消毒のイメージが強いですが、他にも漂白効果があり水で薄めて衣類にスプレーすることで黄ばみを落とすこともできます。 ダイソーのオキシドールは木材へのダメージも少ないのでカビ掃除にも役立ちますし、血液の汚れも落とすことができるなど万能な使い方ができるダイソーのおすすめの商品です。 無水エタノールは薄めずそのまま使うことで油汚れも落とすことができます。 エタノールは有機溶媒と呼ばれる特性があり、これによって油をきれいに落としてくれるのです。 そしてエタノールは親水性と不溶性、両方の性質を併せ持っています。 そのため油によく馴染み、さらには水には溶けにくい油も水と一緒に洗い流すことができるようになります。 つまり油を溶かすことによりきれいに洗い流すことができるので、無水エタノールをスプレーして放置しておくのはよくありません。 放置してしまうと無水エタノールが蒸発してしまいまた油は固まってしまいます。 油が再び固まってしまうとうまく拭きとれなくなってしまいますので、無水エタノールをスプレーしたら蒸発する前に雑巾などでしっかりこすって油汚れを落とすようにしましょう。 作り方もとてもシンプルで無水エタノールと精製水を混ぜ合わせるだけで簡単に作ることができます。 除菌にも使うことのできる割合は無水エタノール7に対し、精製水3になります。 これでエタノール濃度70%の消毒液の完成です。 エタノール濃度が高いとすぐに蒸発してしまいうまく除菌ができませんので70%程度にすることで消毒に適した濃度になります。 またペパーミントのアロマオイルを一緒にいれることで抗ウイルス効果の期待ができます。 アロマオイルを入れる場合には消毒液の2%から4%程度の濃度が適量です。 市販の消毒液はこれに加え保湿成分が入っていることが多いです。 エタノールは肌に必要な皮脂も取り除いてしまうため、手作りの消毒液を使った場合はいつも以上に保湿することを意識しましょう。

次の