腎盂 腎炎 やばい。 自律神経やばいです。仕事柄長時間労働に低賃金すぎてギリギリの生活が赤字…...

急性腎盂腎炎になった私が伝える、急性腎盂腎炎にならないための4つの予防策

腎盂 腎炎 やばい

腎臓の病気|腎盂腎炎(腎盂炎) 腎臓の病気の1つで、細菌による感染症です。 感染によって「腎盂」、もしくは「腎実質」に炎症が起きて、様々な症状が現れます。 では、「腎盂腎炎」と「腎盂炎」という病名、どう違うのでしょうか? 厳密に言えば、細菌感染が「腎盂」で起きていれば腎盂炎、感染がさらに「腎実質」にまで及ぶと腎盂腎炎と云います。 実際、細菌が入ってくると、感染は腎盂だけにとどまらず、腎実質まで広がる為、腎盂炎と腎盂腎炎はあまり区別されてません。 一般的には腎盂炎と云われ正式名を腎盂腎炎としている様です。 この病気は膀胱炎同様、女性がかかる事が多いです。 それは、膀胱炎と同様に身体の構造にあり、男性に比べ尿道が短い事と、尿道口が膣や肛門に近い事が、細菌が侵入しやすい理由となります。 なお、腎盂腎炎を発病した女性の約3割が、膀胱炎を併発しています。 ですが、高年齢になると、男性にも増えてきます。 それは、高年齢になると「前立腺肥大」にかかる人が増える為です。 前立腺が肥大すると尿道を圧迫し、尿の流れが悪くなる為、腎盂腎炎になりやすくなると云われています。 そら豆を縦にしたような形で、お互いにへこんでいる方を背骨側に向けています。 なお、皮質と髄質と合わせて「腎実質」と云います。 腎臓に運ばれてきた時点の血液には、それまでに体内で作られてきた栄養素の残りカスや老廃物が含まれています。 それをそのまま体内に留めておくと、身体には有害なので、血液から取り除かなければなりません。 その為に、腎臓は血液をろ過して、身体に有害なものを血液から取り除き、その分を尿として作り換えます。 血液をろ過するのは、「糸球体」と云われるものによって行われます。 糸球体にはきめ細かいフィルターがあり、そのフィルターで血液をふるいにかけます。 ろ過された血液は、「腎静脈」を通って心臓に戻ります。 ですが、尿細管へ流れていったものが全て尿になる訳ではありません。 なお、尿細管と集合管で再吸収した成分や水分は血液に戻し、腎静脈を通って心臓に戻ります。 <症状> 腎盂腎炎には、「急性腎盂腎炎」と「慢性腎盂腎炎」と2種類あり、それぞれ症状は異なります。 その症状も、風邪に似てい たり、ほとんど感じられないという所から、腎盂腎炎と気づかず、放置して悪化してしまうケースもあります。 腎臓は左右に1つづつありますが、炎症を起こした方に痛みが現れます。 両方に炎症が起こる事はあまりなく、通常、左か右かのどちらか片方です。 炎症を起こしている方の背中を"トントン"と叩くと、激しい痛みを感じます。 排尿痛や残尿感といった膀胱炎の様な症状も現れます。 また、尿に白血球が混じるので、白く濁ります。 ですが、自覚症状がないという事もあり、その場合、判断するのは難しいと云われています。 <原因> この病気は細菌による感染症ですが、原因は細菌の侵入経路によって3タイプに分かれます。 一番多いのは「上行性感染」です。 細菌は「大腸菌」が大半を占めますが、2種類以上の細菌で感染している場合もあります。 その誘因としては、尿路の構造上の異常、前立腺肥大、尿路結石、膀胱炎、痛風、妊娠などが挙げられます。 通常、膀胱と尿管のつなぎ目は「弁」の機能を持っており、尿が尿管に流しないようになっています。 ですが、元々、このつなぎ目に異常があったり、膀胱や尿管の異常があってその影響でこのつなぎ目が弱くなったりする事があります。 その為に、弁の機能が働かなくなって(弱まって)、尿が逆流していくのです。 なお、1歳以下の子供が腎盂腎炎になった場合、半数以上がこの膀胱尿管逆流症であると云われています。 <血行性感染> 別の臓器にあった感染源となる細菌が、血液によって運ばれ、腎臓にて感染したものを云います。 <リンパ性感染> リンパ管を通って、細菌が運ばれ、腎臓にて感染したものを云います。 尿道から膀胱、尿管、腎盂の周りにあるリンパ節(腺)より感染します。 風邪などで体の抵抗力が低下している時には、この感染にてかかる事が多いようです。 <治療法> 治療方法は、急性と慢性とで異なってきますが、基本的にはどちらとも抗生物質の投与となります。 <急性腎盂腎炎> 原因となっている細菌を特定し、その細菌に有効な抗生物質を用いて治療を行います。 症状を抑える為に、消炎鎮痛剤を用いる事もあります。 通常、4〜7日ほどで症状は治まってはきますが、治療は1〜2週間程かかります。 また治療が終了した後にも、更に1〜2週間あけて、再発していないか確認する為に検査を行います。 なお、治療で一番気を付けないといけない事は、お薬の服用です。 症状が治まったからといって、勝手に止めてはいけません。 症状が治まったとしても、細菌はまだいるのです。 中途半端な飲み方をすると、細菌が繁殖して、ぶり返したり、また急性は慢性化したりします。 処方されたお薬は、必ず飲みきりましょう。 <慢性腎盂腎炎> 急性腎盂腎炎と同様に、抗生物質にて治療を行います。 ですが、再発を繰り返している場合、尿検査で反応がない事もある為、症状が治まったとしても、一ヶ月以上続けなければなりません。 そして、持ってる基礎疾患が原因で慢性腎盂腎炎となっている場合には、基礎疾患の治療も必行わなければなりません。 また、これらは再発予防策ともなります。 ・安静腎臓への血流量は、体を横にしている状態(寝ている姿勢)で一番多くなります。 血流量を増やす事によって、腎臓機能の回復を早める事が出来ます。 ・保温体を冷えると、腎臓への血流量は減ってしまいます。 季節が寒い時の防寒はもちろん、暑い時には冷房にて冷え過ぎない様にします。 ・水分補給排尿には器官に付いてる細菌を洗い流すという役割を持っています。 ですので、尿の量が少ないと十分に洗い流せず、細菌は繁殖しやすくなります。 また量があっても、尿意があるのに我慢してしまうと、その分、尿の中の細菌が繁殖してしまいます。 ですので、たくさん水分を取って、我慢せずにトイレに行き、たくさんの尿で細菌を体から出す様にします。 <予防> 膀胱炎の予防ポイント「菌を入れない・増やさない、抵抗力を落とさない」が、そのまま腎盂腎炎の予防となります。 ・排便後のふき取りは、前から後ろに拭く。 ・セックス前は、シャワーを浴びて清潔にし(自身だけでなく相手もです)、セックス後は、排尿する事。 但し、トイレに行くのを我慢してしまうと、細菌が繁殖してしまうので、なるだけ我慢せずに行く事。 尿意がなくても、3〜4時間毎にトイレに行くようにする。 もし、冷え性であれば、下半身を冷やさない様にしましょう。 冷え性だと膀胱炎になるリスクが高いと云われています。

次の

ご意見・ご質問

腎盂 腎炎 やばい

こんにちは。 たいら です。 私は20代後半の 2016年夏に急性腎盂腎炎という腎臓の病気になって1週間入院しました。 実際に苦しんだ私が伝えるこんな症状が出たら、もしかしたら 急性腎盂腎炎の 前触れかも!?っていうのをまとめました。 判断に迷っている方は、ぜひご参考ください。 スポンサーリンク• 私が経験した急性腎盂腎炎の前触れ 私が経験した急性腎盂腎炎の前触れは下記の通りです。 血尿が出る• 何の前触れもなく高熱と寒気を発症• 右の腰を突かれると飛び上がるくらい痛い• 下半身がものすごいむくむ• むくみで体重が1週間で6キロ増えた 順番は、症状がでた順番で書いています。 症状を一言で書いただけですが、まあ ヤバいやつですw では、細かく書いていきます! 血尿が出る 私の場合、何の前兆もなくいきなり 血尿が出ました。 異常事態です。 もし血尿が出た場合、膀胱か腎臓が病気の 可能性大です。 最悪 ガンも有り得ます。 膀胱がんの症状は、赤色や茶色の尿 肉眼的血尿 が出ることが最も一般的な症状です。 また、頻繁に尿意を感じる、排尿するときに痛みがあるなど膀胱炎のような症状を来すこともあります。 膀胱がんの場合は、症状が軽い、あるいはこのごろ症状が出現したばかりだとしても、がんの進行がゆっくりで、早期の状態であるとは限りません。 から引用させて頂きました なので、血尿が出たら 即刻病院に行って下さい。 何の前触れもなく高熱と寒気を発症 私は血尿が出ても放置してました。 2,3日後の夜中に、風邪の初期症状の代表格であるノドが痛いとか、頭痛がするとか 全く出ずに、ものすごい 高熱が突如出ました。 その時は体がだるすぎて重すぎて動くことができなかったため、体温を測ってません。 が、体感で 40度はあったと思います。 それくらい額が 熱かったです。 そして同時にものすごい 寒気を感じました。 どれくらい寒かったかと言いますと、 真夏なのに 真冬の布団を頭からかぶってもガタガタ体が震えるくらい寒かったです。 もうそれくらい寒いです。 今にして思えば、この時点で と気付くべきでした。 ちなみに、突如高熱が出るのは、急性腎盂腎炎の代表的な症状です。 急性腎盂腎炎の場合、膀胱炎と同様に排尿時痛、頻尿、残尿感などの症状に加え、発熱、全身倦怠感などの全身症状、腰や背中の痛み、さらには悪心、嘔吐などの消化器症状を認めることもあります。 から引用させて頂きました 右の腰を突かれると飛び上がるくらい痛い 皆さん腎臓の位置ってご存知でしょうか? だいたいわき腹らへんに左右に1つずつあります。 その位置をただつんつんと突っつくだけで 痛い!って叫ぶくらい痛いです。 でこピンをしようものなら悶絶します。 それくらい腰が痛いので、仰向けで寝るのが出来なくなります。 仰向けだったら、こんなに穏やかな顔で寝られません また椅子に座って背もたれにもたれかかると、健康な人は楽な姿勢です。 急性腎盂腎炎を発病している人は 苦痛以外の何物でもありません。 このような症状が出ている場合、ほぼ 急性腎盂腎炎であると判断して良いと思います。 スポンサーリンク 下半身がものすごいむくむ なんて 可愛いもんじゃありません。 足がポケモンの ナッシーのような太さになり、おなかが ボンレスハムのようになります。 私は 太ももから 足首まで 同じ太さになり、 足首の くびれが 無くなりました。 足の甲の骨はむくみすぎて 触れません。 本当にナッシー。 あの時の自分の足を写真で撮っておけば良かった。 短期間で目に見えるくらいおなかが ボンレスハムになりました。 このおばちゃんのおなかが可愛く見えるレベルのおなかになります。 発症前より、ベルトの穴が前より2つずれたと思います。 むくみで体重が1週間で6キロ増えた むくみは半端なものではなく、私は約1週間で体重が 6キロ増えました。 もちろん 暴飲暴食していません。 むしろ食べることがきつかったです。 おにぎり1つ食べるのも無理でした。 なので、増えた6キロはすべて 水です。 人間ってこれくらい体に水を貯められるんです。 人間の体って不思議。 このとき私は産まれて初めて、 自分の体重が重いという感覚を味わいました。 別に私は肥満体系でなく、BMIでいうと普通体重。 なので計算上の体重は適しているのですが、自分の体重が重い。 座ってるとき、体を机とかに手で支えてないときつかったです。 あの時はずっと寝ていたかったです。 体は異常事態が起きていると本当に体を休めさせるべく正直になります。 スポンサーリンク まとめ:1個でも該当したら、病院に行きましょう! 以上が私が急性腎盂腎炎になったときの初期症状です。 まとめなので、症状を振り返ります。 血尿が出る• 何の前触れもなく高熱と寒気を発症• 右の腰を突かれると飛び上がるくらい痛い• 下半身がものすごいむくむ• むくみで体重が1週間で6キロ増えた 上記のような症状が出ている場合、急性腎盂腎炎の可能性がめちゃくちゃ高いです。 特に むくみで6キロとか、急性腎盂腎炎関係なくやばいので 即刻病院に行ってください。 あなたの病気が少しでも良くなることを。 急性腎盂腎炎について、いろいろ書いていますので良ければご参考ください。 Tairax.

次の

救急病院の対応について

腎盂 腎炎 やばい

もう10年以上前なんだけど、腎盂腎炎になりました。 耳慣れない方も多いけど、案外経験者も多いそんな病気。 しばらく腰痛が続いていて動くのも辛かったんだけど、その頃は元々腰痛でも悩んでいたので「腰痛ひどいなー」とまさか内臓の痛みとは思わず放置していたんですよ。 仕事も忙しくてしっかり休む時間もなくて。 連休かお盆かでオットの実家に帰省する朝、「あ、私今日行けないかも」っていうくらい痛くなってオットに言ったんだけど、「えーっ!」て嫌な顔されて仕方ないのでそのまま行ったら、翌日の朝、親戚周りができないくらい体調が悪くお留守番になり、みんなを送り出したら今度は急に寒気と熱さが交互に来て、ガタガタ震えだして、「これやばいやつ!」と思って携帯で電話をするも田舎すぎて当時はソフトバンクの電波が入らず、立つのもやっとで朦朧としているのに窓側まで行って窓を開けてやっとの思いで通話して状況を話したら戻って来てくれて、熱を測ったら40度越え。 (行きに撮った私の写真を見直してみると、もうね、死相が出ているような表情でしたよ。。。 本当に辛かった) 救急車を呼ぶのを渋られたとかまぁそういう話もありますが、置いておいて、そのまま救急車に乗って病院へ。 ついて即入院でした。 初救急車、初入院。 余談ですが、行きながら「無理かも」って言ったり、さらに東京駅では新幹線が遅れるというような、「行くなー」というサインはあちらこちらにあったんですけどね。 無視して無理して行ったら大変なことになりました(笑) この腎盂腎炎、女性に多いみたいなので、あまりに 長引く腰痛とか、 膀胱炎気味が続くなーっていう時には早めに病院行って抗生物質もらって飲んでくださいね。 私はインストラクターとか接客業、講師業を長くやっていたため、お手洗いにいく回数が少ないんですよ。 それで膀胱炎にも気付きづらくて、発見が遅れたんだと思います。 何を急にこんなことを思い出して書いたかといいますと、一度なってしまって以来、疲れがたまると膀胱炎というか、腎盂腎炎手前的な腰のだるさとかになりやすくて、先日もちょっと熱中症気味になったら膀胱炎というより腎盂腎炎手前的な状況になってしまったのです。 (熱中症の症状に膀胱炎もあるらしいです。 はじめて知りました。 ) こうなると、病院に行くか、とにかくビタミンCをとってどんどん排泄を促して、体を休めるしかなくなります。 (写真はビタミンCのイメージですw) ということで昨日は、ロードバイク乗ったりあれしたりとやりたいこともたくさんあったのに、動こうと思ったらすぐに力尽き、少し仕事して、また寝て、、夜中まで仕事して少し寝て、明け方また起きて仕事して・・・・、のような細切れな生活になっていました。 あ、今朝は一仕事終えて午前中ゆっくりしたらスッキリして元気になってきました。 なんか途中で意識落ちていたら心拍がおかしいよーってApple Watchに起こされたんですけど、まぁ元気になってきた感じがするのでいいとします。 本当に身体大切。 体力が比較的あるので無理がきいちゃうので、早め早めに休息とるように意識したいと思いました。

次の