スーパー ソコ。 豪EVバイク「スーパーソコ」日本上陸…BOSCH高性能パワーモーター採用

ウイルス検査完了時にパソコンをシャットダウンしたい 【スーパーセキュリティ】|ソースネクスト

スーパー ソコ

以下に適合します:. これが適合するか確認:• 【安心の国内生産】&【一年間無償保証】1年間保証後も永久的にサポート&修理保証• Intel Celeron Processor G3950 2M Cache, 3. 00 GHz• メモリ : DDR4-8GB SSD:120GB 光学ドライブ:スーパーマルチDVDドライブ• OS:Windows10 pro Office:WPS 2016 インターフェース:USB3. 1x3、USB2. when 'SponsoredProductsViewability'. html?

次の

原付二種クラスの電動スポーツバイクが日本上陸! SUPER SOCO(スーパーソコ)「TSx」「TC」解説&試乗インプレ(2020年) (2/2)

スーパー ソコ

Super Soco TCは、 した革新的な電動モペットです。 TCには、17インチのインホイール3,000ワットのBosch電気モーター(ハブモーター)があり、トルクは150 nmです。 これにより、モペットに高速加速が提供されます。 原付には、原付とは独立して充電できる1つまたは2つの取り外し可能なバッテリーを装備できます。 バッテリー1本の走行距離は80kmで、最大走行距離は160km。 バッテリーには、長期間のバッテリー寿命を保護する高度なバッテリー管理システム(BMS)が含まれています。 バッテリーには独自の充電技術が採用されており、最大30 kmの距離で20分でバッテリーを充電できます。 フル充電時間は5時間です。 モペットには、CBSブレーキアシストシステムを備えたフロントとリアのダブルピストンディスクブレーキがあり、あらゆる気象条件で強力なブレーキ性能を発揮します。 モペットには、フロントサイドダウンフォークとデュアルコンパウンドタイヤがあり、カーブで最大限のグリップを提供します。 フロントLEDライトユニットは、クラシックな外観で強力でモダンな稲妻を提供します。 原付けは施錠可能な収納コンパートメントを提供します。 原付けには、バッテリーの状態や速度などの情報へのアクセスを提供する最新のハイコントラストLCDダッシュボードと組み合わせたクラシックダッシュボードがあります。 モペットには、ボッシュの電気モーターの出力を正確に制御できる高精度の制御ハンドルがあります。 原付の電気は、それがトラフ水を運転することができるように耐水性です。 スマートモペット Super Soco TCは、スマートフォンに接続してモペットアプリケーションや速度やバッテリーの状態などの情報にアクセスする真のスマートモペットです。 原付けは多くの色で利用でき、多くのアクセサリーを提供しています。

次の

イタリアの名門メーカーが電動スクーターを発売!?「ドゥカティ仕様」など5モデルを日本導入

スーパー ソコ

概要 [ ] に前作及びの後継として開発された機体で、名称こそガレブを受け継いでいるが全くの新設計機である。 初号機はに、2号機は翌年にそれぞれ初飛行した。 12月17日には前量産型機が初飛行し、全規模生産はに開始され、からユーゴスラビア空軍への引き渡しを開始。 ユーゴスラビア空軍の「 ()」でも使用されていた。 少数ながらへ輸出もされている。 機体はに似た低翼の単発機で、主翼は22度の後退角を持つとなっている。 タンデム複座のコックピットは後席が25cm高く配置され、前後どちらにも製のを装備している。 中央胴体下部には離陸補助用ロケットの装備も可能とされているが、実際に使用されたかどうかは不明である。 主翼下と胴体下に合計5箇所のを備え、軽攻撃機としての使用も可能。 総生産数は136機に達したとされているが、の影響で91機の生産に留まったとする資料もある。 にソコ社の工場が閉鎖された際はまだ数機の機体フレームが未完成状態のまま残っており、生産用の治工具はUTVA社に引き取られたが、生産の再開は確認されておらず、そのまま生産は終了したと見られている。 その前年には対地攻撃能力を強化した G-4Mという派生型が発表されており、機外搭載重量を増やし、電子機器の近代化や主翼端へ用ランチャーの装備を行うとされ、 ()の後継として装備が進められるとも言われていたが、実用化には至らなかった。 の際は、旧ユーゴスラビア空軍機の一部が勢力によって使用されていた。 一連の紛争を生き延びた機体は現在も旧ユーゴスラビア諸国で運用されており、が保有する機体の一部は近代化改修を施された G-4MDとなっている。 唯一の輸入国であったミャンマー空軍では、1960年代前半から長らく使用されてきたの代替の軽攻撃機として、1990年代初頭に導入した。 2014年現在も胴体下に機銃ポッドを搭載して爆撃任務やに従事している。 運用国 [ ]• (ユーゴスラビアから継承)• (ユーゴスラビアから継承)• (ユーゴスラビアから継承)• 諸元 [ ]• 全長:12. 25m(機首含む)• 全幅:9. 88m• 全高:4. 30m• 翼面積:19. 50 m 2• 運用自重:3,172kg• 最大離陸重量:6,300kg• エンジン:Mk632-46 (定格推力17. 実用上昇限度:12,850m• 航続距離:1,900km(機内燃料最大時)、2,500km(増漕使用フェリー飛行時)• 乗員:2名• 武装:胴体下部に ほか各種、など兵装搭載量1,280kg 参考文献 [ ]• 分冊百科「週刊 ワールド・エアクラフト」No. 138 2002年 社• 青木 謙知編 「Jwings戦闘機年鑑 2011-2012」 2011年• 「世界の軍用機パーフェクトBOOK」 2012年 コスミック出版 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の