ロニー キャットフード。 エリザベスキャットフード サーモンの口コミ評価、評判、おすすめ商品を徹底解剖!

【猫好きに朗報】栄養バランスが高水準!ロニーキャットフードを徹底的に試してわかった真の評価

ロニー キャットフード

ロニーキャットフードは、ペット先進国として知られている ベルギーが原産のキャットフードです。 ベルギーといえば、チョコレートやワッフルをはじめ、ムール貝、チーズ、ビールなど美食の宝庫として有名な国で、 ペットフードに使用されている食材の質もかなり高品質といえます。 犬よりも猫の飼育数が多く「 猫文化」が根付いている国でもあるため、ベルギーをはじめヨーロッパのキャットフードは世界中から厚い信頼を得ています(モグニャンやカナガンもイギリス産です)。 実際、ロニーキャットフードは 高品質な原材料を厳選し、 栄養バランス、消化吸収、食感、匂い、味にとことんこだわっており、肉食動物である猫の特性をきちんと考えて作られたキャットフードです。 もちろん、プレミアムフードとして危険な原材料や成分は一切含まれていないので、安全性も評価できます。 今回はそんなロニーキャットフードの特徴や原材料、口コミ・評判などを調べてみたので紹介していきます。 ロニーキャットフードの特徴 ロニーキャットフードの 1 番の特徴は、メイン原材料となる 鶏肉の含有量が 66 %と、とても高いところです。 猫の健康維持にもっとも必要な栄養素は、お肉類などに含まれる動物性たんぱく質ですが、高たんぱく低脂肪としてキャットフードの原料に適している鶏肉が 66 %も使用されているので、猫の筋肉、皮膚、被毛、神経、血液の形成に大いに役立ちます。 しかも、鶏肉は 猫が大好物としている食材のひとつですから、嗜好性の高さと食いつきはかなり期待できるでしょう。 実際に、ロニーキャットフードの成分分析値を見てみると、 粗タンパク質が 36 %となっており、内訳は「脱水鶏肉 29 %」「鶏生肉 20 %」「鶏タンパク質 9 %」「鶏脂 8 %」と、たんぱく質がほぼ鶏肉だけで構成されているのがわかります。 また、鶏肉に加えて「サーモンフィッシュオイル」も配合されており、お魚特有の栄養素である「 DHA」「 EPA」も摂り入れることができるので、メイン原材料および動物性原材料がしっかりしているキャットフードという印象です。 ロニーキャットフードはこだわりの食材を41種類も配合 ロニーキャットフードの魅力は、動物性原材料だけではありません。 ジャガイモやニンジン、トマト、パセリなどの野菜類と、ブルベリーやマルベリー、オレンジ、梨などの果物類、 合計 41 種類の食材が配合されていて、栄養バランスがかなりいいところも特徴です。 猫は肉食動物だと前述しましたが、長生きするためには人間同様にバランスの良い食事を心がけることが大切ですよね。 ロニーキャットフードは「たんぱく質」「脂質」「炭水化物」「ビタミン」「ミネラル」と、猫が生きていくために必要な 5 大栄養素を、新鮮な食材から摂り入れることができるので、愛猫の毎日のごはんとしてぜひ食べさせたいキャットフードです。 特に、ブルベリーとマルベリーは、尿路結石のケアに役立つ果物で、酸の働きによって、アルカリ性に傾いた ph 値を正常に戻す働きをもっています。 そもそも尿路結石の予防をするためには、「カルシウム」「リン」「マグネシウム」のバランスを気にしないといけませんが、ロニーキャットフードは「 1. 0 %:0. 8 %:0. 1 %」と理想的な比率で配合されているため、 結石のケアにも役立つキャットフードといえます。 また、通常のキャットフードは、ビタミンやミネラルなどを添加物(人工添加物ではありません)で配合しているものが多いですが、このロニーキャットフードは自然食材だけで摂り入れることができるので、まさに 「ナチュラルキャットフード」の名にふさわしいフードとなっていますよ。 ロニーキャットフードの「脱水鶏肉」と「南極オキアミ」ってなに? ロニーキャットフードの品質の良さはわかったと思いますが、原材料を見ていると「 脱水鶏肉」と「 南極オキアミ」というはじめて聞く原材料が使用されています。 この 2 つの原材料が「どういうものなのか?」「安全性は大丈夫なのか?」気になったので調べてみましたが、 結論からいうと 2 つの原材料とも猫に良いものだということがわかりました。 まず、脱水鶏肉ですが、別名「 ディハイドレイテッドチキン」といい、ゆっくりと時間をかけて低温で脱水した鶏肉のことをいいます。 市販のキャットフードなどに配合されているチキンミールなどは、高温で加熱させた乾燥鶏肉を粉末状にしていますが、加熱することによって失われる栄養素が多いというデメリットがあります。 しかし、 ディハイドレイテッドチキンは、ゆっくりと水分を抜くことで、たんぱく質やアミノ酸を失わずに凝縮できるというメリットがあるため、効率よく栄養素を吸収できるんですね。 最近は、この脱水鶏肉を使用したキャットフードが少しずつ増えてきているので、今後注目の原材料になるでしょう。 次に、南極オキアミですが、主に南極海に生息する エビに似たプランクトンの仲間です。 高栄養素を含有しているのが特徴で、最近では健康食品(サプリ)などにも配合されている食材ですね。 主に「たんぱく質」と「アスタキサンチン」を含んでいて、 抗酸化作用が強いことから目や脳、肝臓など性能を高めてくれるともいわれているんです。 ちなみに、南極オキアミの抗酸化作用は、 ビタミンCの 100 倍、 ビタミンEの 1000 倍もあるそうですよ。 このことから、脱水鶏肉も南極オキアミも猫の健康をサポートしてくれる食材だということがわかりますので、安心して食べさせることができます。 ロニーキャットフードの口コミ・評判 ここまでで、ロニーキャットフードの品質の良さは十分にわかったと思いますが、気になるのは口コミや評判ですよね。 ロニーキャットフードは、2018 年 7 月 2 日に発売されたばかりの新商品です。 そのため、 まだ信頼できる口コミや評判は寄せられていないようです。 また、amazon や楽天などでも取り扱いがありませんから、商品レビューなどもありません。 ただ、ロニーキャットフードの原材料を見るかぎり、悪い食材はまったく入っていませんから、 今後良い口コミや評判が増えてくると考えられますね。 良質なたんぱく質はもちろんのこと、繊維質が豊富な野菜も入っているので、 毛並みやお通じで悩んでいる猫が食べるフードとして人気が出てくると予想されます。 ロニーキャットフードは食べやすい? 粒の大きさはどれぐらい? ここまでで、ロニーキャットフードの品質や特徴がわかったと思いますが、肝心なのは実際に猫に与えたときに食べやすいかどうかですよね。 小さな口の猫でもストレスなく食べることができるか? きちんと噛み砕きやすいか? など粒の大きさを気にする飼い主さんも多いと思いますが、ロニーキャットフードは粒の大きさがなんと 約 7 mmとなっており「 超小粒」の分類に入ります。 形状も、楕円形というよりは角の丸い正方形に近い形になっているので、より小粒感を感じることができます。 また、小粒のデメリットである丸飲みのリスクを低減するために、 厚さはあえて 3~5 mmと厚めに作られているので、きちんと噛み砕くことができ非常に食べやすいフードですね。 ロニーキャットフードの安全性 何度も書いていますが、ロニーキャットフードは「人工添加物不使用」「ヒューマングレード」「グレインフリー」のスペックをもっているキャットフードですから、 安全性に問題はありません。 まぁ、この 3 つに関しては、プレミアフードとしては当たり前になりつつあるスペックなので、特に説明する必要はないと思いますが、ロニーキャットフードがもっとも信頼できる点は「 中国産原材料不使用」「 遺伝子組み換え食材不使用」「 動物性油脂不使用」という、飼い主さんが気になるあろう食材も一切使われていないところです。 人間の食べ物でも中国産原材料や遺伝子組み換え食材はなるべく避けるという人はいると思いますが、キャットフードにもこれらの原材料は入っていないほうが安全性は高くなります。 動物性油脂に関しても、市販のフードなどにはよく配合されていますが、「動物」というアバウトな表現がされており「 何の動物の油脂なのかわからなくて不安・・・」と懸念する飼い主さんは多いです。 ロニーキャットフードには 「鶏脂」と呼ばれる鶏の油と 「サーモンオイル」といったフレッシュな油分が使用されているので、信頼できる作りになっていますよ。 また、製造工場も「 BRC(英国小売業協会)」「 IFS(国際食品規格)」の基準に従って運営されている工場で作られているので、安心できますし、当然 総合栄養食として AAFCO の基準もクリアしているので、安心して愛猫に食べさせることができますよ。 はじめての切り替えでも安心!愛猫の体調を管理できるチェックシートが同封 キャットフードを切り替えるときは、今までのフードに少しずつ新しいフードを混ぜながら 約 10~14 日間かけて切り替えを完了させます。 もちろんロニーキャットフードも、この方法で切り替えていくのが基本になりますが、新しいキャットフードに切り替えたときというのは、「ウンチの状態」や「食いつき」「給与量」など、気になることがたくさんあります。 飼い主さんがきちんと確認することが大事ですが、ロニーキャットフードにはこの確認がスムーズにできるように 「1 ヶ月チェックシート」というものが同封されています。 「排泄物の状態」「水分摂取量」「食いつき」「フードが足りているか」の 4 項目を 7 段階の評価でチェックするようになっており、愛猫の健康管理がしやすくなっています。 こういうチェックシートが同封されているのは飼い主さんにとってありがたいことですし、販売会社の親切さが伝わってきますね。 フード切り替え時の飼い主さんの不安を少しでも取り除いてくれるアイテムなので、ロリーキャットフードを購入した際はぜひ活用してみてください。 ロニーキャットフードのコスパはどう?お得に購入する方法 ロニーキャットフードの価格についてですが、単品価格は 1. 8 kgで 4,300 円(税抜)と一般的なキャットフードよりも少し割高です。 まぁ、ペット先進国であるベルギーで製造されており、かなり高品質な食材で作られているのでこれぐらいの価格は仕方ないのかもしれませんが「1 度食べさせてみたい」と思っている飼い主さんからしてみれば、ちょっとハードルが高いですよね。 ただ、ロニーキャットフードには割引が適用される定期コースが用意されており、安く購入することもできます。 定期コースで注文すると、 10 %OFFが適用され 3,870 円(税抜)で購入することができるんですね。 プレミアムフードとして有名なモグニャンやカナガンも価格は 3,960 円となっているので、10 %が適用されることで同じぐらいの値段で購入することができます。 しかも、ロニーキャットフードの定期コースは、 縛りが一切なく、いつでも休止・解約が可能なので、フードが溜まってしまったり、食いつきが悪いと感じたらすぐにやめることができます。 つまり、最初の 1 袋を定期コースで注文し、2 回目をキャンセルすれば、 1 袋だけでも 3,870 円の割引価格で手に入れることができるので、ロニーキャットフードを猫に食べさせたい人は、定期コースでの購入がおすすめですよ。 市販の安いフードと比べて人間が食べるものに匂いが近いです。 うちの猫はワガママでドライだけでは食べてくれずウェットを絡めて出しているんですが、安い市販品フードだと食い付きがやや悪いんですがこちらは疑い無く食べてくれます。 また、お安いお肉が少ないものは便臭が少なすぎる 肉が少ないからこその匂いの薄さ があり不安でしたが、ロニーは適度な硬さのいかにもお肉を食べたようなくさい 苦笑 便が出るので安心です。 お迎えした時初回 野良で急遽だったので… 以外安めの市販はあげていないので体質かもですが涙やけもないです。 食べ飽き防止用に他のプレミアムフードとローテですが今後も継続してあげる予定のフードです。 5が多い中1. 3匹の愛猫がいます。 2匹は便秘気味で、時々オリゴ糖をおやつに混ぜて排便させていました。 1匹は家に来た当初から軟便でしたが、あるフードに替えたら更に軟便がひどくなったので、とにかく猫の体に良さそうなフードにしようと検索して、ロニーを購入しました。 もう2ヶ月近くお世話になっています。 初めてお皿に入れたときは、これまで見たこともない食いつきの良さでした。 数日するとその食いつきはおさまって、普通に食べました。 便秘の2匹は便通が良くなり、オリゴ糖も要らなくなりました。 軟便の子は基本軟便気味なのですが、形のある便を見ることが増えました。 また、毛もしっとりさらさらつやつやになりました。 ただ、便秘気味だった1匹が2週間前くらいから急に食べてくれなくなりました。 仕方がないので以前食べていたフードをほんの少量混ぜると食べてくれるのですが、なぜか時々軟便です。 原因はよくわかりませんが、成分も考えもロニーが1番安心なのでこのまま続ける予定です。 3匹なので、もう少し安いと助かるのですが…。 評価: コメント 内容に問題なければ、下記の「コメントを投稿する」ボタンを押してください。 また、誹謗中傷や商品に関係のないコメントは承認しかねますのでご了承下さい。 このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。。

次の

エリザベスキャットフード サーモンの口コミ評価、評判、おすすめ商品を徹底解剖!

ロニー キャットフード

正しい情報を確実にお伝えする!• 愛猫の健康を考えたキャットフード選択!• 【まず.. 】市販のキャットフードは安くするため、ねこちゃんに有害な原材料が多く使用されています…! まず前提として、 市販のキャットフードには安くするためにねこちゃんに有害な原材料が多く使用されています。 それはどんなものかというと、 容量をカサ増しするためのものだったり、人工的な添加物だったりです。 また、本来ねこちゃんは肉食動物であるにも関わらずとうもろこしや小麦といった穀物を使用しているキャットフードも多くあります。 もちろん、全てが全てそうした原材料が多く含まれているだけで一概に悪いキャットフードとは言えませんが、市販の安いキャットフードにはそうした安全面で心配せざるを得ないポイントがあるため注意して選ぶようにしましょう。 市販のキャットフードの全てが悪い原材料を使用しているわけではありませんが、その傾向は強いです。 しかし、ねこちゃんの健康維持をするとなるとプレミアムキャットフードで高くなってしまうのではないかと心配になる方も多いことでしょう。 内容量 2. 2kg フードのタイプ ドライフード カリカリ 一言 プレミアムキャットフードの中でも特に低価格で販売しているキャットフード。 その上、内容量も多く、コスパが非常に良い。 グレインフリーやライフステージ・症状など種類が豊富なので、目的別に合わせて買い分けることもできます。 口コミ・評判 おすすめする5つの理由• 世界的に有名な大手食品企業のネスレが作っていて安心!• 子猫から高齢猫まで全てのライフステージで対応!• タンパク質が豊富でねこちゃんの好みに合わせた肉・魚を選べる!• キャットフードの容量が2. 2kgと多めに入っている!• 2kg(グレインフリーは1. 6kg)で1,880円ですが、定期購入にするとさらに安くなり1,489円で購入できるのが魅力的です。 ねこちゃんの健康を強く考えて作られており、安全性抜群。 お試しサンプルもあるので、不安な人でも1度試すことができる。 口コミ・評判 おすすめする5つの理由• ペットフード先進国のイギリスで作られ日本でプロデュースされた新登場のキャットフード!• グレインフリーで無添加・無着色・保存料なしの高い安全性!• ねこちゃんの食いつきを徹底的に研究して作られた!• 300円で100gお試すことができるサンプルもある!• 5kg フードのタイプ ドライフード カリカリ 一言 香りと味わいを追求した獣医師も強く勧めるキャットフード。 プレミアムキャットフードの中でも日本人に特に人気で評価の高いキャットフードとなっています。 口コミ・評判 モグニャンキャットフードがおすすめな5つの理由• 試食会で93. ねこちゃんのエネルギーとなるタンパク質を他のキャットフードよりも多く摂れる!• グレインフリー・無添加で安全性を確保!• 獣医師からも推薦されているキャットフードなので、キャットフードの美味しさはもちろん、健康面でも高い評価を受けているため品質・価格ともにプレミアムキャットフードの中でも非常にコスパの高いキャットフードです! おすすめする3つの理由• キャットフードで数々の賞を受賞している!• グレインフリーでアレルギーになりやすいねこちゃんでも大丈夫!• 危険な原材料や成分が含まれておらずキャットフードの中で安全性は随一!• 高たんぱく質・低炭水化物でねこちゃんの必要な栄養素をしっかり補給!• 340gから購入でき、量の調整がしやすい! オリジンキャットフードはプレミアムキャットフードの中でも1番といっていいほど 危険な成分や原材料が一切含まれていない高品質なフードです。 価格としては容量あたりに換算すると高く思えるかもしれませんが、逆に捉えればそれだけの高い質を誇るキャットフードともいえます。 5kg フードのタイプ ドライフード カリカリ 一言 ねこちゃんの安全を考えた世界高品質のキャットフード。 初回お試しパックが1000円で利用できプレミアムキャットフードを試してみるにはうってつけのフードです。 口コミ・評判 おすすめする5つの理由• 初回購入がプレミアムフード最安値の1,000円で購入できる!• 栄養バランスと食いつきを考えて作られている!• 世界最高基準の品質で作られているキャットフード!• 人間も食べられるヒューマングレードの食材を使用!• 20年以上の長い運営実績がある! 20年以上の非常に長い運営実績があるファインペッツ。 その魅力はなんといっても 初回1,000円で試すことができるところ。 容量も1. 5kgも入っているためコスパは文句なしです。 もちろん、 安全性も高いキャットフードであり人間でも食べられるヒューマングレードの食材を使用しています。 5kg フードのタイプ ドライフード カリカリ 一言 プレミアムキャットフード売上実績No. 穀物不使用・無添加で多くのねこちゃんや飼い主から満足度を獲得しています。 子猫からシニア猫まで幅広く対応している安全なキャットフードです。 口コミ・評判 安い!質良い!安全!なキャットフードの見極め方• グレインフリー(穀物不使用)であること• 公式販売店が安心できるか• 好き嫌いの激しいキャットフードではないか ここまでは安くてコスパが良いキャットフードをランキング形式で紹介してきました。 しかし、 重要なのは『安い』『質が良い』『安全』の3つ全てが揃っていることです。 これらの条件を満たすキャットフードを見極めるポイントを1つずつ確認していきましょう! 見極め方1:グレインフリー(穀物不使用)であること ねこちゃんは人間とは違い肉食動物です。 そのため、穀物を消化する力がそこまでよくありません。 また、 穀物はアレルギーになりやすい原材料であるため、キャットフードに使用されているのはよくないと言われています。 安いから逆に質が心配という方でもグレインフリーかどうかを確認することでねこちゃんが元気でいられるかどうかの一つの指標として捉えることができます。 見極め方2:公式販売店が安心できるか キャットフードを購入する上でやはり公式販売店かどうかも重要です。 なぜなら、 公式販売店であれば偽物の心配がなくちゃんとした本物の正規品のみを取り扱っているため安全で安心だからです。 また、定期便で毎月届くようなサービスや割引で他よりも安く購入できる場合も多く コストの面でもメリットが大きいです。 さらに、トラブルや問題に対してのお客様対応が充実しているため、ただ購入するだけではなくアフターケアもしっかりとしているのも飼い主さんとしては見るべきポイントです。 見極め方3:好き嫌いの激しいキャットフードではないか ねこちゃんの好みがはっきりと分かれる好き嫌いの激しいキャットフードではないかということも見極める上で大切です。 ねこちゃんは気に入ったものしか食べてくれない場合が多く、好みや原材料、成分に合わないキャットフードは食いつきが悪くなりがちです。 特に、原材料や成分に添加物などねこちゃんの健康に悪いものが入っている場合は猫の本能として好き嫌いが明確に分かれやすいです。 好き嫌いの少ない食いつきの良いものを選ぶことはつまり、自然と香りや質の良いキャットフードを選ぶことに繋がるのです。 ピュリナワンの一押しポイント!• 世界的に有名な大手食品企業のネスレが作っていて安心!• 子猫から高齢猫まで全てのライフステージで対応!• タンパク質が豊富でねこちゃんの好みに合わせた肉・魚を選べる!• 病気などの療法食も充実!• キャットフードの容量が2. 2kgと多めに入っている!• さらに、定期便にするとポイントが付与され、そのポイントはピュリナワンを取り扱っている『ネスレ』の通販で使うことができます。 安全性はもちろん、食いつきに特化している• ねこちゃんのエネルギーとなるタンパク質を他のキャットフードよりも多く摂れる!• グレインフリー・無添加で安全性を確保!• 赤ちゃん猫からシニア猫まで対応しているキャットフード!• ねこちゃんは好き嫌いが激しく飽き性なので、気に入ったと思ったキャットフードを見つけてもすぐに食べてもらえなくなることもあります。 しかし、グランツはそうした選り好みするねこちゃんにでも美味しく長く食べてもらえるようにイギリスと共同開発で作られました。 また、 獣医師からも推薦されているキャットフードで、キャットフードの美味しさはもちろん健康面でも高い評価を受けています。 安いのは重要です。 しかし、単に安いだけではねこちゃんの健康維持を考えるとどうしても不十分。 安い上でねこちゃんの健康維持が可能な安全性の高いキャットフードを厳選して当サイトではランキング付けしています。 ランキングの付け方に関しても、原材料や成分を客観的に分析するのはもちろん、実際に利用した飼い主さんの声を受けて決めています。 では、本当の意味でのコスパが良いというのはどういうことかというと 『安くて量が多くて質が良い』というのが条件になってきます。 なぜなら、質が悪いとねこちゃんが病気にかかりやすくなってしまい突発的な出費が発生することになりかねません。 極端に安いキャットフードに含まれている危険な原材料• 肉副産物• 肉骨粉• BHA• BHT• 赤102(着色料)• コーングルテンミール• 小麦 etc.. 極端に安いキャットフードには危険な原材料が含まれている可能性が非常に高いです。 というのも、 なぜ極端に安い価格設定にできるのかを考えればわかります。 安いキャットフードというのは上でも軽く触れましたが容量をカサ増しする目的で使用されている小麦などの穀物やコーングルテンミールといったミール、低品質の肉である肉副産物や肉骨粉などが含まれている場合が多いです。 また、キャットフードが酸化しないようにする目的で使用される酸化防止剤もBHAやBHTといった人工物で格安で提供することができるようにしていることもあります。 「無料ほど怖いものはない」というように、「格安ほど怖いものはない」というのがキャットフードでも当てはまるのです。 食いつきが良くてねこちゃんが食べてくれるキャットフードだとしても、『 健康維持』という部分を考えるとお世辞でも良いとは言えません。 「安いから」という理由で与え続けると、 病気にかかりやすくなります。 そうなると、入院費や治療費がかかってしまうため、キャットフードで節約したお金以上に高い費用を払うことになるでしょう。 コストを抑えることを目的に安いキャットフードを購入したはずなのに、医療費の方が高くついてしまえば本末転倒。 飼い主さんにとってもねこちゃんにとってもマイナスであることは一目瞭然です。 ねこちゃんの健康を考えると、どうしても健康維持のできるプレミアムキャットフードを利用するのが一番良いです。 気に入れば毎月お得に継続利用することもできますし、他のプレミアムキャットフードが良いということになれば利用した分前向きに購入することができるはずです。 コスパの良いキャットフードランキングは『安さ』『量の多さ』『質の高さ』『安全性』の4点からランキング付けしている!• 安いキャットフードの中にはただ量をカサ増ししているだけの原材料が含まれていることがある!• 一番コスパの良いキャットフードは『』である!• 安くて量が多いだけではねこちゃんの安全を考えていないためコスパが良いとは言い難い!• 安いのに質が良くて安全なキャットフードを見分けるポイントは3つある!• 安すぎるキャットフードにはねこちゃんの健康を脅かす危険な原材料が含まれている場合が多い!• 安過ぎるキャットフードは食いつき重視で作られているので健康維持には向いてない! 今回はコスパの側面から選ぶおすすめキャットフードを紹介しました。 キャットフードを選ぶ際には、安全性を気にする飼い主さんがほとんどのことでしょう。 しかし、飼い主さんのお財布事情も考えると安全性だけではなく、安いということもそれなりに考えることも必要にならざるを得ません。

次の

キャットフードおすすめ人気比較評判ランキング。子猫からシニアまで安全

ロニー キャットフード

おすすめの正誤はサイト次第 いくら報酬が出るからといっても、 悪いものをトップランクにしてはサイトの信用性が落ちて、検索で上位に表示はされません。 実際にランクインしているキャットフードが報酬が高いだけの悪いものというわけでもありません。 平均的に上位に入っているキャットフードはとても考えられた、コストもかかっている良いフードだと思います。 ただ、そのキャットフードをランクインしていいんですか?というキャットフードも入っていることは否めません。 例えばA判定、B判定やこの項目は何点という判定をしているサイトも見られますが、 総合栄養食とそれ以外が混ざっている例も見られ、そもそも与え方が違うものを比べるのは難しいですね。 また、 公開されていない情報を考慮せずに判定している点も非常に気になります。 店舗でコーナーを作っておすすめしてもらうのと同じ、一般的な販売方法のひとつ 非常に難しい問題なのですが、 キャットフードに限らずブランディングというのは大変重要です。 各社同じような品質のものを販売していても、ブランディングの成功によって高い値段で売れたり、大ヒットを出せたりするわけですね。 特にキャットフードを食べるのは猫ですから感想をネットに書き込めるわけでもありません。 判断するのは常に人間です。 つまりブランディングにも大きく左右されますし、どの世界でも同じですが 「必ずしもいいものだから売れる」ということではないのは事実ですね。 こうした観点からもアフィリエイトという販売方法は珍しくもなく、特別肯定派というわけでもありませんが、こうした手法自体は利用するメーカーがあってもいいと考えています。 例えば 携帯電話や車も契約台数に応じてメーカーが小売店に報酬を支払ったりします。 知ってるか知らないかだけで、販売の世界では一般的なことでもあります。 お金を出せば店舗でコーナーを作っておすすめしてもらえるのと同じではないでしょうか。 日本に輸入されると評価が悪くなるものもある どのキャットフードと名指しはできませんが、私自身が製造工場やペットショップで聞き込みまでして確認してきた結果、本国では非常に評価が高いのに、日本に輸入すると評価が悪くなるものがあります。 これらは 輸送、保管状況が著しく悪いということも考えられますが、これもわざわざそういうところを選ばない限りは劣悪な環境になることの方が難しいかなと思いますので、 もし統計的に悪い声が多いのであれば、日本の生活環境にある猫に合っていないとかそうしたことも考えられます。 火の無い所に煙は立たぬともいいますから、本当のところは私にもわかりませんし、もしかしたら管理体制などに何か原因があるのかもしれませんが… アフィリエイトとフードの品質に関連性はない 擁護するわけではありませんが、ペットフードに限らず、スーパーやデパートなどで販売されているものは、店員さんは試していないものも多いのではないでしょうか。 アフィリエイトや店頭展開、販売報酬、CMなどはあくまで販売手法のひとつとして捉えるといいかと思います。 愛猫の体調が悪くなったことで怒りの余りアフィリエイトとフードの品質が一緒になってしまう意見が大変多く聞こえてくるのですが、アフィリエイトはアフィリエイト、品質は品質として考え、 キャットフードの学校では少しでも飼い主が判断していけるようになればと、情報の共有をしていきたいと考えています。 ただ過剰評価は多くに見られますのでその点は注意が必要です。 私からお話できる部分といえばこの辺りになりますでしょうか。

次の