ストレス限界サイン。 仕事のストレスで毎日辛すぎ。ほっとくと危険な限界のサイン

「もうストレスが限界……」その時に出される3つのサインとは?

ストレス限界サイン

ストレスの限界はとてもわかりにくいのです。 今自分は動けるから、まだストレスの限界では無いのかな?と思っていたとしたら、それは違います。 限界が来ていても動くことが出来ますし、気が付かないこともあります。 そのまま限界を超えてしまうと、心や身体を壊し、 その後の生活に長く大きな支障が出てしまうこともあります。 それでは遅いのです。 私自身、そのようにして心や身体を壊した経験があります。 その後の生活は本当に大変でした…。 私のその時の体験を元に、私が経験したストレス限界のサイン、更に、一般的に言われているストレスのサインもまとめてご紹介しますので、ご参考いただけると嬉しいです。 下の目次を見るだけでも、ストレス限界のサインをチェックすることができます。 ストレス限界のサイン 感情、日常/習慣、身体、それぞれに分けてご紹介します。 これらは本人の特性・体質などによっても違うので、全てが当てはまる訳ではありません。 日常生活に影響が出るほど、これらのサインのいくつかを強く感じる場合は、ストレスに対し根本的に向き合い、早めに対応する必要があります。 自分が甘えていると勘違いして、我慢してしまうこともありますが、これらのサインを見逃さないでください。 限界に来ているとのメッセージかもしれません。 理由もなく涙がでる ストレスが限界の時には、なんでもないように感じることに、思いがけず心が反応してしまうことがあります。 すると、ポロポロと涙が出ます。 自分のストレスの大きさを自覚していない時は、理由が無く涙が出ているように感じます。 感傷的になりやすく泣き続ける 夜ひとりになると感傷的になり、泣きだす日々が続くことがあります。 女性などに多いですね。 この場合、本人は心のどこかで、もう限界にきていると認識しているのではないでしょうか。 好きだったことをしても楽しめない 楽しい・嬉しい・幸せなどの感情が希薄になります。 それをもっとも感じるのが、自分が好きだった事をしているときです。 以前のように楽しむことができません。 何をしても心から楽しめなくなったと気づいたら、いつからそうなったのか思いを巡らせてみてください。 期間が長いほど、ストレスが重く蓄積しています。 常に不安 常に漠然とした理由の無い不安が続きます。 見ている景色が全て不安な象徴に見え、恐ろしく感じることもあります。 その状態で、実際に何か不安なことが起こると(思い浮かべると)、不安が過剰に膨れ上がり、動悸が起こることもあります。 「不安で何も手につかなくなる」状態が続いている場合は、すでに限界を超えてしまっているかもしれません。 常に焦っている 焦りは不安と表裏一体です。 不安だから焦ってしまいます。 不安が常に存在しているので、焦りも常に存在しています。 私のことですが、家にいられる時間が貴重だったので、その時間はゆっくり休みたいという思いが強く、「ゆっくりしなければいけない!」と焦っていました…。 ゆっくりできるはずがありません。 すべてネガティブに捉えてしまう すべてにおいてネガティブに捉えてしまいます。 ネガティブな感情はとても強く、完全に支配されます。 時々抜け出すことはありますが、すぐにネガティブに戻ります。 逆に、物事をポジティブにとらえる事ができなくなります。 頑張ってポジティブに考えても、心が着いてきません。 怒り・悲しみ・落ち込みなどの感情の起伏が激しい 心に余裕があると、ネガティブな感情をコントロールできます。 でも、心がストレスでいっぱいのときは、余裕が一切無くなり、ネガティブな感情を止められなくなります。 そんな時、ネガティブな感情は、ささいなことにも爆発し、とても激しく他人や自分に襲いかかることがあります。 怒りやイライラが止められない ストレスが溜まると、脳は何度も何度もネガティブな感情や考えを作り出します。 もういらない!と言っても聞いてくれません…。 ネガティブな感情の力は異常に強く、なんとか怒りを鎮めようとしても長く持続してしまいます。 強い恐怖を感じやすい この恐怖も、不安と同じように漠然としていることが多いのですが、恐怖の力は非常に強く、自分の感情を支配してきます。 この漠然とした不安や恐怖は、実際の案件と結びつくと、更に大きな威力になります。 動悸が激しく、震えが起こることもあります。 人に会いたくない/部屋から出たくない コミュニケーションの得意・不得意に関わらず、人と会うことがとても重く感じる、もしくは怖く感じます。 部屋から出て、家族の誰かと会うことも辛く感じます。 そういう時、ゲームなどに熱中することで、不安から気持ちが離れることもあります。 死にたい/消えてしまいたいと感じる 自分が嫌いでたまらなくなり、みじめに感じます。 現状の全てを悲観的に感じ、生き続けることに嫌気がさします。 「死にたい」よりは「消えてしまいたい」と感じる人のほうが多いように思います。 サインが出始めの頃はまったく気づかないか、「なんとなく変だなー」くらいにしか感じません。 同じミスを繰り返す 毎日同じところで同じミス、というよりは、今ミスしたところをやり直そうとしても、繰り返し同じミスしてしまう、ということが多いように思います。 電車でいつも降りる駅を乗り過ごし、戻ろうと反対の電車に乗ったら、また降りる駅を乗り過ごして何度も繰り返す…。 ストレス限界のサインの「あるある」です。 私も経験しました。 愕然としてまるで超常現象のように感じました。 集中できない/文章が頭に入らない 会議などでも集中できない、もしくは、聞いていても頭で内容を処理できなくなります。 よくあるのは、文章を読んでいても、内容が頭に入ってこなくなるということです。 何度も同じ場所を読み返します。 私も本を読んでいる時、30分経っても同じ場所を読んでいることがありました。 今まで出来ていたことが、なかなか出来ない 今まで普通に行っていたことに、とても時間がかかるようになります。 私の場合は、いつも5分で返していたメールに3時間かかりました。 数日続いてようやくおかしいと思い始めました。 無気力が続く 常に身体がだるいので、何もしたくなくなります。 「億劫になる」と表現されますが、そんな生ぬるいものではありません。 不安感や恐怖感などで気持ちが萎縮しているうえ、身体が重く力が入りません。 気力が無くなっています。 身だしなみに気を使えない/お風呂に入れない オシャレが好きだった人さえ、身だしなみに気を使えなくなります。 どうでもよくなってしまいます。 更に、お風呂に入ることが苦痛になります。 放っておけば、何日でもお風呂に入りません。 決して入れないわけではないので、外出時には無理に入りますが、休みの日などは入らなくなります。 記憶力が鈍る 人の名前などが思い出せなくなることがあります。 今、自分がしていたこと、話していた内容などが分からなったり、今、人から聞いていた話の内容も思い出すことができなかったりします。 これらの頻度が多くなります。 景色に色を感じない/景色が重くどんよりしている 色を鮮やかに感じられなくなることがあります。 景色が灰色に見えるという人も少なくありません。 色は感じられても、まるでホラー映画のように、景色が恐ろしく見えることもあります。 私はこの状態がとても長く続きました。 逆にストレス状態から脱すると、同じ景色が、色鮮やかで空気が軽く、まるで違ったように見えます。 独り言が増える 余裕が無くなっているので、視野が狭くなり、周囲に気持ちが向けられません。 少ない集中力をフルに使っているので、独り言を言っていることに気が付きません。 今集中していることで精一杯の状態なのです。 独り言は、人に指摘されて気づくことが多くなります。 強迫行動が現れる 何度も確認したのに繰り返し確認し続けたり、潔癖が過剰になり何度も手を洗い続けたり、物などを定位置に置くことに強くこだわるようになったりします。 不安にかられるような妄想が生じる場合もあります。 お酒やギャンブル、性行為などの欲求が高まる ストレスの発散をお酒やギャンブルに求めることがあります。 これが発展すると依存になります。 あまりに頻度が増えた場合は、特に注意してください。 性欲はストレスにより減少することが多いですが、まれに高まる人もいます。 こちらも依存になることがあります。 気になる場合は、 専門機関への受診をオススメいたします。 慢性的なだるさが続く 常にだるさが続きます。 これは自律神経の問題で、立って歩けなくなるほど悪化する場合があります。 調子が悪くなると、動くことが辛く、一日中寝て過ごすことも増えます。 眠れない/すぐに目が覚める ストレス限界のサインで、とてもスタンダードなのが、この睡眠に関するサインです。 眠れなくなり、ネガティブな考えや感情に襲われます。 眠ってもすぐに目が覚め、朝も早くから目が覚めます。 目覚め直後に、普段よりも強い不安に襲われることもあります。 長時間眠ってしまう/眠気が抜けない ストレスが溜まると、眠気が抜けなく、長時間眠ってしまう人もいます。 1日15〜20時間も眠ってしまうことがあります。 寝ている時に、手足のしびれを感じることもあります。 眠った時間の長さに関係なく、常に眠気を感じます。 食欲がなくなる/味を感じなくなる 食欲がなくなるのも、スタンダードなストレス限界のサインのひとつです。 食べる気が起こらず、痩せる人も多くいます。 あまりに悪化すると、味を感じなくなるとも言われています。 まるで砂を食べているようだと感じる人もいます。 いくら食べても食欲が満たされない 食欲が減る人もいますが、急激に増す人もいます。 ストレス解消になにかを食べる人も多いですね。 食べることで解消される程度のストレスなら良いですが(太りすぎるようであれば問題です)、いくら食べても食欲が満たされない場合は注意が必要です。 頭痛もしくは肩こりが続く 頭痛や肩こりなどもよく起こる症状です。 偏頭痛が増え、吐き気などが起こることがあります。 私も頭痛がひどくて脳神経外科に行きましたが、何も異常がありませんでした。 このパターンは非常によく聞きます。 背中や腰が痛む 腰痛の原因がストレスによることが多いとの意見は以前からたくさんありましたが、背中の痛みもストレスによることが多いと言われるようになりました。 私自身も、この両方の痛みをよく感じていました。 普段から身体が緊張して固くなっている 気がつくと身体が緊張して固まっていることがあります。 椅子に座っている時や横になっている時など、本来はリラックスしている状態の時に起こります。 不安が強いので身体が緊張しているせいです。 あまりに続くと、筋肉痛になることがあります。 動悸や息苦しさが激しく起こる 不安や緊張で動悸が起こり、そのせいで、更に不安が高まることがあります。 私も特に理由がない動悸で、とても恐怖を感じたことがありました。 身体や心の緊張が続き、呼吸が上手く出来なくなると感じる人もいます。 腹痛や下痢が続く、もしくは便秘になる 腹痛や下痢を訴える人も多くいます。 お腹が下りやすくなる人もいれば、便秘になる人もいます。 ちなみに私は、限界を超えてしまった後、しばらくたってから便秘になるようになりました。 それまでは、お通じに問題なしでした。 めまいが起こりやすい/平衡感覚が乱れる めまいもよくある特徴のひとつです。 ちょっとした時にめまいが起こります。 これは、けっこう頻繁に起こります。 人によっては平衡間隔が乱れ、まっすぐ立っているのか分からなくなることもあります。 私もめまいは頻繁に経験しました。 歩いていると、10分間隔で、頭の中でプチンと音がして、フワっと意識が飛ぶのです。 これは怖いですよね!当時はなんか変だくらいにしか思っていませんでした。 汗が止まらない/手が震える 特に理由もないのに、手が震えたり、汗が止まらなくなることがあります。 私は気心の知れた人と話していただけなのに、なぜか急に手が震えだし、緊張感で身体が固まったことがありました。 ここまではっきりとサインが出れば、さすがにおかしいと感じますよね。 Sposored Links ストレス限界のサインを見逃さないで!心・身体・行動の変化32症状【まとめ】 恥ずかしいんですが、私自身もストレスのサインを見抜けず、無理をしすぎてしまい、何度も体調を壊してきました。 壊してようやく無理をしていたことに気づくのです。 そして、ようやく分かった私にとっての限界のサインは、睡眠でした。 あまりひどくない時は、過眠の傾向があります。 それに対して、とてもひどい状態になると、眠れなくなる、すぐ目が覚める、もしくは、目覚めにとても「 強い不安感」に襲われる日が続きます。 これが発作のように起こり、とてもとてもつらいのです…。 これが私には一番わかりやすいサインのようです。 私が理由も無く涙が出る時は、すでに限界が超えた時のようで、動けなくなった後です。 死にたい/消えてしまいたいも、限界を超えてしまった時です。 …やっぱり限界を超えたくないですねー。 おそろしいです…。 いずれにしても、 ストレスのサインは人それぞれです。 今、あなたがこの記事を読んでいるということは、すでにストレスフルになっている状態かもしれません。 限界まで頑張ろうとしてしまうと、 いつの間にか限界を超えてしまいかねません。 では、今回の振り返りです。 気になる場合は専門機関への受診をオススメします。 ・慢性的なだるさが続く ・眠れない/すぐに目が覚める ・長時間眠ってしまう/眠気が抜けない ・いくら食べても食欲が満たされない ・頭痛もしくは肩こりが続く ・背中や腰が痛い ・普段から身体が緊張して固くなっている ・動機や息苦しさが激しく起こる ・腹痛や下痢が続く、もしくは便秘になる ・めまいが起こりやすい/平均感覚が乱れる ・汗が止まらない/手が震える 以上です。 いかがでしたでしょうか。 上記に上げたサインが多少なりとも出ているなら、なんらかの対処をする必要があるかもしれません。 深刻な状態になる前に、 ぜひアクションを起こしていただきたいと、心から願います。

次の

【おすすめ】ストレス限界のサイン6選!ストレス過剰になると身体に現れる症状・前兆とは?今すぐ確認!知ってよかった健康雑学

ストレス限界サイン

ストレスチェックリスト• 怒りっぽくなった• 悲しい気分だ• なんとなく心配な気持ちになる• 泣きたい気持ちだ• 感情を抑えるのが難しい• 悔しい思いがする• 不愉快な気持ちだ• 気持ちが沈んでいる• イライラすることが多くなった• 仕事以外のことでも自信がない• 何もかもイヤだと思う• 自分がいなくなったら…など、よくないことを考える• 話や行動がまとまらない• 誰かになぐさめてほしい• 何かを意欲的に続けるような根気がない• 誰かと一緒にいるのが苦痛で、一人でいたい気分だ• 何かに集中することが難しい 参考書籍:坂野雄二監修 学校,職場,地域におけるストレスマネジメント実践マニュアル2004年 北大路書房 このチェックリストは、本来上記項目について0~3点で評価されるものです。 当てはまるものが5つ以上ある場合は、ストレスについて何らかの対策が必要だといえます。 軽度なストレス症候群は「サザエさん症候群」 日曜日の18:30~放送されているテレビアニメ「サザエさん」ですが、この番組を楽しんで見られるうちは仕事のストレスがほとんどないか、もしくは休日が土日ではない職業の人でしょう。 「サザエさん症候群」とは、実際に「サザエさん」を視聴してもしなくても、 日曜の夕方から夜にかけて、翌日から始まる仕事のことを考えると憂鬱な気分になり、体調不良になることを指します。 別名「ブルーマンデー症候群」とも呼ばれており、それほど 月曜から始まる仕事に行きたくないという強い気持ちがあることを裏付けるものでもあるのです。 ただし、「行きたくないな」くらいの軽い憂鬱であれば、働いている人の誰しもが持っている感情であり、 仕事でのストレスもそれほど高いとは言い切れません。 しかし、重度なものは病気に発展しかねないので注意が必要です。 朝刊シンドローム 朝刊を読むこともできないほど、日常生活に仕事のストレスが影響を与えており、 強い倦怠感、やる気が出ないなどの症状が現れるのが朝刊シンドロームです。 電車の中で決まってスポーツ新聞や本を読むという人が、「そんな気も起きない…」といつもの習慣ができないことも含まれます。 朝刊シンドロームの場合、 仕事が終わった直後や休みの日には上記のような症状が現れないため、出勤日に決まって症状が出る場合はその可能性があります。 また、出勤時を過ぎると症状がおさまるため 放置していると、本格的なうつ病に発展する恐れもあるため、注意が必要です。 セルフナーバス症候群 他人から自分の仕事ぶりがどう評価されているのか、過剰に気にしてしまうことを セルフナーバス症候群といいます。 ストレスや、本来の性格によって自意識過剰な人は、職場で社員が立ち話をしているだけでも 「自分のことを話しているのではないか」と考え、上司が内線で話している時にも「自分の仕事ぶりが悪かったと報告しているのではないか」などと思いこみ、一人で疲れてしまう人もいます。 完璧でなければいけない、すべての人によい評価をされなければいけないなどの 完璧主義者がこの症候群になりやすく、 幻聴が聞こえるまでになればかなりのストレスがたまっているというサインでもあるのです。 サンドイッチ症候群 食べ物のサンドイッチではなく、 職場において中間管理職が上司と部下の間に挟まれて身動きがとれなくなることを総称して サンドイッチ症候群と呼ばれています。 中間管理職では、 上司からのトップダウンで自分も部下も納得しがたい仕事を部下におろさなければいけません。 一方 部下からは「上は現場のことを何も分かってない」などの反発を食らい、上司からの命令と部下からの反発の間で悩むことが多くなります。 サンドイッチ症候群では、 強い不安や焦燥感、そして抑うつ症状が表れます。 ストレスは会社に対するものであるため、出社拒否症のように 会社に行こうとすると症状が強まることが多いのです。 三大欲求(睡眠・性欲・食欲)の減退または異常な増加は超危険 うつ病の症状にも含まれている 「睡眠・性欲・食欲」の著しい減退もしくは増幅といった症状がある場合は、精神的にかなり追い詰められていると考えられます。 睡眠の場合は、寝つきが悪くてベッドに入ってからも しばらく眠れない、あるいは眠っても数時間で目が覚めてそこから眠れないことや、反対に 1日に12時間以上寝てしまうなどの症状があります。 性欲の場合は、通常時にあったものがまったくなくなったり、反対に異常に強い性欲を感じて 衝動を抑えられないなどの症状があります。 食欲の場合は、食べること自体に意味を感じられず 食事量が減少する、あるいは暴飲暴食で 体重が短期間に増加するなどの症状があります。 いずれも 精神的にかなり追い込まれているサインですから、ストレスに対する対処が必要です。 仕事のストレスが限界のサインや症状が出てる人がすべき改善策 上記チェックリストに5つ以上あてはまる人や、三大欲求が急激に変化した人が今すぐできる改善策を紹介します。 紹介してきたような症状が出ている場合は、放置するのは危険です。 日本人の美徳である「忍耐」が、あなたを取り返しのつかない状態に追い込むこともあるからです。 上記のチェックリストで5つ以上当てはまる人は、すぐにでも信頼できる人に相談し、できれば休養をとることをおすすめします。 勇気を出して人に相談する ストレスを限界までため込んでしまう人は、 人に頼ったり甘えたりすることを嫌う人であったり、 プライドが高くて人に相談することができない人であることが多いものです。 しかし、プライドや強がりを優先してしまえば 後々症状が悪化する可能性が高く、すぐにでも自分の本当の気持ちを吐き出す必要があります。 そのため、 相談相手には職場以外の人を選ぶようにしましょう。 仕事へのグチ、同僚や先輩・上司へのグチなども含めてため込んでいることが多いため、 社内の人間に相談すれば噂になって広まってしまう可能性があるからです。 家族や仕事と関係のない友人に話すことで、少し気が楽になるでしょう。 仕事を辞めたいけれど、周りに相談できない時に相談できる場所と、相談してはいけない相手とその理由についてまとめました。 さらに、友だちや恋人に「仕事辞めたい」と相談された時の対応の仕方についても解説しています。 休暇を取る 心身から限界のサインが出るほど疲れている場合は、 身体と心を休めるのに公休日だけでは足りないのかもしれません。 そのような場合は、 有給を取得するなどして、いつもより少し長めに休みを取ることも必要です。 しかし、会社によっては「今は忙しいから」などと理由をつけて有給を取らせないところもあるでしょう。 このような場合は 産業医に診断書を作成してもらい、休職するという手段もあります。 休んでいる間はなるべく仕事のことは考えず、心も体もゆっくりと休ませましょう。 どうしても仕事のことを考えてしまう場合は、 本当にその仕事を続けることが自分のためになるのか、改めて考えてみるのもいいかもしれません。 他部署や支店に異動願を出す 休みを取るのは気が引ける、負けたような気がする…など、休暇を取ることが難しい人は、今の部署以外の 他部署や、他の支店に異動願を出すという選択肢もあります。 働く環境を変えるという行動に出た結果、気持ちや体調がよくなることもあります。 また、ストレスの原因が職場の人間関係にある場合は、直接の原因である社員から離れることで症状が軽減する可能性もあります。 しかし、この方法は 自分の限界値を把握しておくことが大切です。 他の部署に異動したとしても、 自分の限界値を知らなければ、また働きすぎて同様の症状で悩むことになってしまいます。 「キャパシティオーバー」という言葉がありますが、自分がストレスなく働けるキャパシティを把握しておくことで、 ワークライフバランスのとれた低ストレスな働き方が可能になるのです。 いつでも転職できるように準備しておく 今すぐに転職したいという人でなくても、転職サイトへの登録はしておいたほうが良いです。 ストレスや疲労が限界まで達すると、転職サイトに登録するという行動すら起こせなくなってしまいます。 「いつでも転職できる」という状況にしておくことで気持ちが楽になる場合もありますし、 良い求人に出会えるかどうかはタイミングに掛かっています。 常に求人をチェックして、気になった求人をピックアップしておきましょう。 求人数が転職サイトの中で一番多いリクナビNEXT 転職者の8割が利用しているとも言われる、 国内NO. 1の転職サイトです。 求人数がとても多く、 リクナビNEXTにしかない限定求人も豊富に取り揃えています。 新着・更新求人が毎週1,000件以上掲載されていて、自分の条件に合った求人を見つけやすいです。 おすすめの転職サイトについてまとめています。 どの転職サイトに登録すればいいのか悩んでいる人のために、年齢ごとのおすすめ転職サイト、女性向けや既卒向け、特定の職種に特化した転職サイトなどを紹介しているので、参考にしてみてください。 診断テストで自分に合った仕事を見つける 転職サイトは求人を紹介するだけでなく、 診断テストなども数多く用意されています。 性格診断や適職診断などを活用することで、 自分に合った仕事は何なのか、自分の理想の働き方ができるのはどんな職種なのかを診断してもらうことができます。 複数の選択肢から自分に当てはまる回答を選ぶだけなので簡単ですし、気軽に行うことができます。 自分に合った職業が分からなくて悩んでいる人は、まずは診断テストから行ってみると、自分では気がつかなかった適職を知れるかもしれません。 リクナビNEXTのグッドポイント診断 「親密性」、「冷静沈着」、「受容力」など、 18種類の中から自分の強みを5つ診断してくれます。 客観的に判断した結果ですので、自分では何とも思っていなかった部分が実は長所だったりと、新しい発見もあります。 適職を探すためだけでなく、自己PRなどにも役に立ち、リクナビNEXTでは 応募時に診断結果を添付することで自分の強みをアピールできます。 まとめ ストレスが限界まで達すると心身に影響が出てしまうので、そうなる前に チェックリストで自分のストレス状態を把握しておきましょう。 ストレスのサインとしては、 サザエさん症候群や朝刊シンドローム、セルフナーバス症候群などがあります。 重度のストレスを感じていると思ったら、 会社以外の人に相談したり休暇を取ったりして、心を休ませてください。 場合によっては、異動を申し出てみたり、転職サイトで優良求人をチェックしておくのも良いです。

次の

あなたは大丈夫?10個のストレスサイン(症状)を要チェック!

ストレス限界サイン

モクジ• ストレスの限界値ってあるの?限界になったら人はどうなるの? 仕事や恋愛や家庭内などで人は様々なストレスを抱えるが、 このストレスという謎のものは一体なんだろう?ストレスは限界値になると人はどうなるのだろう? というところにフォーカスしたい。 僕らは生きている限りストレスと戦い続けなければならないのだが、 皆ストレスを感じればカラオケで発散したり愚痴を聞いてもらったりといろいろ試行錯誤をする。 しかし中にはストレスを発散出来ずに貯め込む人がいるからだ。 今回の話では ストレスとは何? 限界値に達した人はどうなるのか? いかにストレスが危険か。 などを話していこうと思う。 ストレスとは何?肉体への攻撃ではなく精神的な攻撃。 ストレスとは、生活上のプレッシャーおよび、それを感じたときの感覚である。 Wikipedia 医学的な話にすると難しくなってしまうので凄く簡単に言ってしまうと 『外部の刺激によって精神面が緊張状態になっている事』 この緊張状態ってのは不安・恐怖・怒り・悲しみなどである。 この精神面が緊張状態になっている事をストレスというため、よくリラックスしようとか言う。 発散したほうが良い!って運動したりカラオケだったり行くのは ストレスに『快ストレス』というものがあり、ワクワクや楽しいやらの刺激は身体に良いとされているからだ。 しかし今回話すのは『不快ストレス』である。 ストレスの限界値は人それぞれ違う。 上司に怒られてもケロッとしていて平気な人もいれば、怒られたら相当凹む人もいる。 『ストレスは感じやすい人と感じにくい人がいる』 それはメンタルの強さや育った環境、もともとの脳の性質など人それぞれ違うだろう。 もちろん人は精神力を鍛えてストレスを感じにくいメンタルを作ることは出来るのだが、 一度ストレスを感じやすい状態になるとやる気もでないので中々戻るのは難しい。 もう無理!!!って思うストレスの限界値もそれぞれ人によって違う。 Wikipediaより つまりストレスとは思っている以上に軽いものではない。 ストレスとは大病の元とはよく言うが本当にそのとおりで、 人の健康の真逆にある病気の根本的な部分!コアと言ってもいい! 人間は防衛本能というのがあるのでストレスがどれだけあっても耐えられるというものではないが、 本当の意味で最後の最後までストレスの限界になったら人は思考を止めるのではないかと思う。 生命としての生きる事を放棄するからだ。 だからその前に人は ストレスありますよ!!!とかなり手前の所で身体にサインを出すのである。 スポンサーリンク ストレスの限界値に達する前の危険なサインとは 人は怪我をしたらどうなる?おそらくと言うか大半の人は必ず『痛い』と感じるだろう。 これは頭が身体が怪我してますよ。 というメッセージを送るために痛みを伝える。 風邪を引いた時も辛くなるのは頭が『病気ですよ!』とメッセージを伝えているからだ。 ストレスも同じように精神的な緊張が続くと、『頭はもう疲れてます・・・』となって様々な影響が身体に出る。 ストレスによる身体への不調は脳の伝達エラーによるものもあって一概にメッセージとは言えないが、 それでもストレスによって身体にサインが送られる事は絶対ある。 ストレスの限界一歩手前のサインは身体が言うことをきかなくなる。 ストレスによって不安、イライラ、恐怖、怒り、憂鬱などが長く続いて精神面がボコボコに傷ついていくと様々な事が身体に起きる。 第一段階はおそらく感情が表に出るとかだろう。 これは感情を表に出すことで発散しているからいい。 だがある一定の場所を超えてストレスが限界に近づくと 人の身体は自由に動けなくなる。 それは風邪を引いたときなどと同じように漠然とした様々な体調不良を起こす。 ストレス限界前の危険なサインの症状とは ストレスの本当の限界は命の危険なのだが、人がストレスの限界を感じるのはおそらく精神障害を起こす時だろう。 そのサインはうつ病だったり不安障害、パニック障害、自律神経失調症などにあたる。 だから本来限界前の症状とはこうしたうつ病などだろうが、 だからできればうつ病とかになる前のサインを汲み取りたいところだ! となると身体が出すサインの症状はこうなる。 やる気低下、イライラ、慢性的な不安感、気分の落ち込み、楽しいと思わなくなる、頭痛、身体の痛み、肩こり、腰痛、関節の痛み、腹痛、目の疲れ、動悸、めまい、息切れ、食欲低下、吐き気、便秘、下痢、不眠、ボーっとする事が多くなる、ミスが多くなる、物忘れが増える、などなど。 これは全部出てくるわけではなく人によって症状は様々だ。 ストレスだと思わずにただの疲れとか体調不良だと思ってることが実はストレスのサインだった! 身体のサインを放っといたらうつ病になってしまった!なんて話は本当によく聞く話なのだ。 ストレスは感じたら早急に対処することが最も大切。 基本的に体調不良を起こしたら休む事が最優先なのだが、ストレスサイン感じたら発散することが最優先となる。 それは思いつく限りの楽しい事を探してもいいし、いろいろ調べて発散方法を実践してみるといいだろう。 ストレスは雪原で小さな雪玉が生まれたようなもので、雪だるま式に放おって置くと大きくなって取り返しがつかなくなる。 小さなストレスを舐めてると本当に対処できないサイズのストレスに膨れ上がるのだ。 ちなみに僕の友人はあまりのストレスに思考を閉じて会社で気絶した。 こうならないようにしたいところだ。

次の