野毛 ゲイバー。 No.50 ノンケの運命 編 │ かねごんのゲイバー探訪ブログ

151

野毛 ゲイバー

横浜は野毛エリア(日ノ出町駅と桜木町駅の間)にゲイバーやハッテン場が存在しています。 淫乱旅館 日ノ出町駅から中央図書館方向へ徒歩5分ほどのところにある旅館です。 全館禁煙、カウンターではスナックの営業をしています。 年齢層は高めです。 タイプ 旅館 年齢層 30代、40代、50代、60代 料金 ミックスルーム:2300円、個室:5500円 2人 住所 神奈川県横浜市中区野毛町4 公式HP 2. 客層は20代~50代と幅広く、オールジャンルです。 blazer(ブレイザー) 18歳から49歳までが利用できるハッテン場です。 曜日ごとにイベントが開催されています。 各個室にコンドーム、ローションが設置されています。 シャワ浣設備やうがい薬あり。 タイプ クルージング 年齢層 20代、30代、40代 利用者 オールジャンル 料金 一般: 1500円、学割 要身分証 : 1000円、24歳以下割 要身分証 : 1000円 住所 神奈川県横浜市中区野毛町1丁目 公式HP 4. 光音座(こうおんざ) 日ノ出町駅を降りてすぐの映画館です。 ゲイ映画を上映しているのは関東地方でここだけ。 会員塘路億は無料です。 タイプ 映画館 年齢層 20代、30代、40代、50代 利用者 オールジャンル 料金 1550円 1130円 住所 神奈川県横浜市中区宮川町 公式HP 5. 太尾公園(ふとおこうえん) 下水道施設の上部を利用した公園です。 トイレはありますが身障者用トイレはありません。 最寄り駅は東横線の「大倉山駅」か横浜線・市営地下鉄線の「新横浜駅」です。 タイプ 公園 年齢層 20代、30代 利用者 オールジャンル 住所 神奈川県横浜市 大倉山七丁目40番1号 6. HOOK横浜 飲み系ハッテン場です。 年齢層は20代~40代。 バーで声を掛けてハッテン場へ。 タイプ バー+ハッテン場 年齢層 20代、30代、40代 利用者 オールジャンル 住所 神奈川県横浜市中区福富町西通3-5 大倉堂ビル1階 公式HP その他ゲイバー(野毛周辺) 横浜の野毛エリアには約30軒のゲイバーがあります。 権部(ごんべ) 住所:横浜市中区宮川町2-51 営業時間:19:00〜23:00 年齢層:50代、40代、60代 すまいる 住所:横浜市中区野毛町1-53 営業時間:17:30〜23:00 定休日:毎週月曜日 年齢層:60代、50代 スナック 樽(たる) 住所:横浜市中区野毛町4-161 サンハイツ野毛坂101(2階) 年齢層:40代、30代、50代、60代 営業時間:平日 18:00〜24:00(祝日前は01:00まで営業)、週末 18:00〜01:00 スナック つばさ 〜The Wing〜 住所:横浜市中区野毛町1-12 営業時間:18:30〜01:00(毎週月曜および隔週日曜日定休) 年齢層:30代、40代、20代、50代 公式HP: 倶楽部 鉄平(てっぺい) 住所:横浜市中区宮川町2-20 営業時間:日〜木曜 18:00〜24:00(祝日前は4:30まで営業) 金〜土曜 18:00〜4:30 年齢層:30代、40代、50代、20代.

次の

野毛のゲイバーに行きたいのですが、注意点はありますか?

野毛 ゲイバー

横浜の桜木町と言えば、みなとみらいをイメージされる方が多いのでは?駅から海側に出るとみなとみらいなんですが、反対側には「野毛(のげ)」と呼ばれる飲み屋街が広がっています。 野毛はお酒が好きな人達にとってはちょっとした有名なスポット。 個性あふれるお店が並びます。 今回、その野毛に住んでいる私が、ゴールデンウィーク暇で暇でしょうがないという方に向けて、ふらりと野毛に出かけて、1人で楽しく飲めるコースを紹介します。 野毛ってどんな街? 江戸末期に東海道から横浜港までをつなぐ「横浜道」を作るために、野毛山を切り開いて作られた野毛。 明治時代以降は、横浜港にできた造船所で働く人々を支える繁華街として栄えたり、戦後は闇市が広がったりと、常に人が集まる場所として賑わってきました。 みなとみらい線の開通に伴い、東横線の桜木町駅が廃止されたタイミングで老舗の店主達の店じまいが相次ぎました。 一時期はシャッター街となった野毛ですが、若くて面白いアイデアを持った店主たちが、割安になった賃料に魅力を感じて集まってきたのです。 それがだいたい12〜13年前。 今では個性的な飲食店が並ぶ街として、テレビなどメディアで紹介されることも増えた野毛。 20代前半の若い人たちも多いですが、お酒好きな人が集まるお店では年齢関係なくみんなが楽しく飲んでいます。 昼~夜で野毛を楽しもう! 今回、ゴールデンウィークに昼から夜まで野毛で1人楽しむとしたらどんなコース?というのを妄想してみました。 お昼過ぎに桜木町駅に到着し、横浜ならではの洋食店で遅めのランチ。 ランチにおすすめなのは、ガッツリ派だったら洋食の名店「センターグリル」。 ナポリタンやオムライスが人気のお店ですが、個人的にはお肉がぎゅーっと詰まったハンバーグがおすすめです。 夜はふぐとうなぎが推しのお店ですが、ランチのおすすめはいわし料理だそう。 昼飲みもできるので、まずここでビール1杯決めるのもアリです。 ゴールデンウィーク期間は開館30週年記念の展示が開催中です。 アートに興味がなかったら、少し混み合っていますが、無料で入れる野毛山動物園を歩いてもいいかも。 お笑い好きなら、横浜にぎわい座という寄席もあります。 ただし、最近は人気でチケットが取りづらいとのこと。 野毛でオススメの1人飲みのお店7選 そして、暗くなり始めたら、1人飲みを開始しましょう。 だいたい15時、16時くらいからお店はチラホラ開店します。 野毛で飲み慣れている人に聞くと「どこでも大体カウンターあるから、1人で入っても問題ないお店ばっかりだよー」と言いますが、そもそも一人飲みをほとんど経験したことがない私にとって、1人で居酒屋やバーに入るのはちょっと勇気がいる行動。 なので、私が実際に行ってみて、1人飲み初心者がカウンターの片隅で飲んでても居心地が良さそうだなと感じたお店を7つ紹介します。 大衆食堂2. 0 とぽす 桜木町駅から野毛方面に向かうためには、地下道を通ります。 その名も「野毛ちかみち」。 その地下道から直結してる商業施設ぴおシティの中には飲み屋街があります。 その中でおすすめなのが「大衆食堂2. 0とぽす」。 立ち飲みエリアとカウンターエリアがありますが、立ち飲みならふらりと入って楽しめます。 肉料理が名物なので、モツ系のメニューをぜひ頼んでみてください。 店名:大衆食堂2. 地元民に人気でいつも賑わっています。 こちらの店舗は大通り沿いでカウンターがあり、ふらりと入りやすいのが特徴。 ワインやカクテルも充実しているので、居酒屋系のビールやサワーに飽きたらこちらでリフレッシュするといいかも。 店名:ITALIAN BAR BASIL 住所:神奈川県横浜市中区野毛町2-81 キャッスル桜木 1F 営業時間:平日 16:00〜L. 25:00 土日祝 14:00~L. 入口すぐのカウンターは常連のお客さんでいつも賑わっています。 おすすめは、好きな料理を3品選べる盛り合わせ。 飲み物もウコン茶割、さんぴん茶割など、沖縄っぽいメニューが充実しています。 店名:151-A (イチゴイチエ) 住所:神奈川県横浜市中区野毛町1-50-1 A1野毛壱番館 A号室 営業時間:18:00~翌2:00 L. その裏手にあるのが関戸駄菓子です。 道路の脇に突如現れる横丁を突き当たって階段を上ると、木を使ったオシャレな内装のお店が現れます。 中には大きなカウンターが。 自称「滑舌が悪い」という店主が、おでんと駄菓子で温かくもてなしてくれます。 めちゃくちゃ居心地いいです。 はあとは、深夜でも美味しい馬刺しが食べられる人気店。 カウンター席もあり、一人で入りやすいんですが、人気店なので満席の可能性が高いです。 そんな時は向かいにあるmaru-tokuへ。 実はこちらでも馬刺しを食べることができます。 ちなみに、こちらの店主は、野毛町のお隣吉田町でクラフトビールを作っているほどのお酒好き。 こだわりのお酒とお料理を楽しめます。 また、はあとでは某有名日本画家直筆の絵を見ることができます。 APOLLO Companyも、日替わりでクラフトビールを楽しむことができるお店。 アンティーク調のぬくもりを感じるインテリアの中、カウンターでいろんな種類のビールを楽しむことができます。 居心地いいです。 これでドラマみたいに松田龍平と出会えたら完璧ですね。 酔いにまかせて、普段は接点がないような人たちと会話に花を咲かせてみてはいかがでしょう?私もゴールデンウィーク、もしかしたら飲んでるかもしれないので、ぜひ乾杯しましょう!.

次の

No.50 ノンケの運命 編 │ かねごんのゲイバー探訪ブログ

野毛 ゲイバー

「」も参照 明治維新後、日本初の鉄道駅が横浜(現)に開かれたこともあり、野毛地区はやの門前町として発展した。 祭礼の折には多数の見世物小屋がたち、芸人が見世物を披露する光景が見られていた。 によって甚大な被害を受けるが、戦後は焼け野原に多くの闇市が立ち並ぶ場所として賑わった。 がデビューを果たした横浜国際劇場を始め、映画館や芝居小屋が多く立ち並ぶ地区であった。 昭和中期の野毛地区は、桜木町にあったを始め、港湾労働者を目当てにした飲食店を中心に栄えていた。 しかし、1980年代には同造船所が移転、さらに根岸線の開通と延長や横浜駅周辺地区、みなとみらい地区など、より湾岸に近い地域の開発がはじまり、人の流れが変わっていったことによって、野毛地区の賑わいも徐々に薄れていった。 大道芸の開始 [ ] 1976年に開校したパリ国立サーカス学校でパントマイム科の講師を努めていたIKUO三橋は、1981年に帰国した後、野毛にパントマイムのアトリエ「むごん劇かんぱにい」を開設、大道でも芸の披露を行っていた。 野毛町に所在するバー「パパジョン」では、店主島村秀二を中心に、周辺の商店主たちとともに「野毛文化を育てる会」と称して、お囃子や寄席などの様々な企画を行っており、三橋もこれに誘われて参加することになった。 野毛の商店主たちはかねてからの来客の流出に対して危機感を共有しており 、「野毛文化を育てる会」では1985年に野毛の通りに絵画を並べる露天画廊企画を中心とした「春の野毛祭」行った。 露天画廊はあまり注目を呼ばなかったものの、三橋が野毛町の喫茶店「」の駐車場で行った大道芸は人気を博し、翌年から野毛大道芸ふぇすてぃばるとして大道芸イベントを行うこととなり、三橋は総合プロデューサーとして企画に関わることになった。 開始当初は主催者発表で3000人程度の観客であり、初回からの中心的メンバーの一人である森直美によるとこれも「盛った数字」であるということだった。 戦後の日本には公道における「大道芸」の文化がなく、投げ銭などの習慣も定着しておらず 、道路の使用許可を警察から得ることができないなど、試行錯誤が続いた。 しかし、野毛町の中華料理店「万里」の店主で、後に桜木町駅から野毛方面へ抜ける地下通路「のげちかみち」の命名者となるなど数多くの町おこし事業を行った福田豊を中心に、三橋や野毛の商店主、また、、、など、同町に関わりのある著名人なども大道芸イベントに参画し 、徐々に認知度と来場者数を増やしていった。 拡大と分裂 [ ] 1990年代に入ると、年2回春と秋に行われる恒例のイベントとして定着していった。 一方で、来場者と出演者が増加したことで、商店主やボランティアからなる運営にかかる負担も大きくなっていた。 1995年春からは、開催を年1回に限定する一方で、ランドマークタワー等みなとみらい地区へと会場を拡大した。 会場拡大の動きはその後も続き、2000年には新港地区 、2001年に桜木町地区のクロスゲートやみなとみらい地区のジャックモール 、2002年には新港地区の赤レンガ倉庫、伊勢佐木町イセザキモールが加わり 、2003年には吉田町での路上アートフェスティバルもイベントに含まれるようになり、期間中100万人の来場を見込む横浜市でも有数のイベントに成長した。 野毛大道芸の成長の一方、、2004年1月にはの開通に伴い桜木町駅が廃止になったことで、野毛地区の商店では経営の悪化や閉店などの深刻な影響を受けることになった。 協賛金集めも難しくなってきたことなどもあり、野毛大道芸を運営する実行委員会では、会場を野毛地区に限定し原点回帰を目指す意見と 、別の街との連携の中で商店街を盛り上げていくべきとする意見が対立 、野毛大道芸初期からの中心人物のひとりであり拡大路線を推し進めてきた福田が2005年に任期満了に伴い野毛地区街づくり会の理事を退任すると 、2006年に実行委員会は3つに分裂。 野毛大道芸は野毛地区限定のイベントとなった一方で、福田は「ヨコハマ大道芸」を立ち上げ、さらに1995年から会場となっていたみなとみらい地区でも独自の実行委員会が設立されて、三つの大道芸イベントが並立する事態となった。 平岡正明はこの分裂について方針の違いではなく、野毛の町おこしのほとんどを主導してきた福田に対するクーデターであると批判している。 野毛地区街づくり会は野毛のブランド化を推し進め 、2007年に施行された中小企業地域資源活用促進法に基づく地域資源活用事業の初回認定に野毛大道芸が入るなど、大道芸を中心とする街づくりに力を入れていった。 しかし、2014年2月には実行委員による協賛金会計に不正があったことが発覚し、同年春に予定していた野毛大道芸が秋に延期となる事態となった。 秋に開催された第40回の野毛大道芸では、分裂以降実行委員から離れていた福田、三橋、森といった初期の中心メンバーが運営に復帰した。 特徴 [ ] 野毛大道芸で披露される芸は、あめ細工、独楽曲芸、バナナのたたき売りなどの日本伝統の芸のほか、中国雑技、ジャグリング、パントマイムなど、海外発祥のものも多い。 海外の一流大道芸人の承知に熱心であることが野毛大道芸の特徴であり 、これまで徐領民雑技団、フライング・ダッチマン、テアトル・ド・ユニテ、クリスティアン・タゲなどが参加してきた。 初回からしばらくの期間、野毛大道芸に参加する芸人には出演料等の報酬がなく、交通費として2万円の現金 および食事(うな丼とビール)が支給されるのみ、収入については観客からの投げ銭のみという形式であった。 出演芸人に自由にパフォーマンスをさせるために、スケジュールを明確に設定しないことも野毛大道芸の特徴である。 大道芸の運営は野毛街づくり会を中心とする地元商店主などからなる実行委員会とボランティアによって行われている。 来場者の増加に伴って、会場や運営能力のキャパシティを超える混雑が起こりつつあること 、ボランティアの固定化による高齢化などが問題となってきている。 野毛大道芝居 [ ] 野毛大道芝居は、1994年から2005年までの間行われていた野毛大道芸の関連イベントである。 座長は俳優のだったが 、それ以外は舞台経験のない素人によって 大道芸の開催時、野毛の屋外で実施される芝居だった。 発案者は野毛大道芸と同じく福田で、「大道芸があるなら大道芝居があってもいい」と始まった。 当時客の入りが芳しくなかった野毛の飲食店を支援するために芝居をすることを着想、知り合いであった高橋長英に声をかけたところ、その場にいたや、平岡正明、など野毛の常連で福田の知り合いであった著名人が次々に興味を持ち、出演者が集まっていった。 第一回の演目は「花のウエストサイド一本刀土俵入り物語」 であり、との二つの脚本を強引にまとめ、さらに本筋とは関係のない賑やかしを混ぜ込むという手法で行われた。 こうしたやり方は、その後の大道芝居でも取り入れられた。 入場料の類いはなく、大道芸同様観客が自信の満足度に従っておひねりを投げるという形式だった。 第一回の興行が成功した後、継続して実施することとなり、横浜市と交渉によって設立準備のために使用されていたの市立図書館仮設館を稽古場および道具置き場として使用できるようになり、「フラスコ」と呼称された。 第二回の公演にはが 、第三回からは当時現役の横浜市長であったが参加するなど 、地元横浜・野毛に関連する著名人が多く関わっていた。 一方で、参加者に野毛域外からの参加者が多くなったことに対する不満もあり、2004年、プロデューサーとして芝居を手動してきた福田の野毛まちづくり会議理事退任、仮設館の閉鎖などが重なったこともあり、全11回で終了となった。 出典 [ ]• 神奈川新聞. 2016年4月22日. 竹本昌史「「地域再生の現場を行く 第51回 手作りが「売り」の大道芸イベント。 集客30万人。 賑わい取り戻す(横浜市野毛地区)」『経済界』第43巻第11号、経済界、2008年6月3日、 109頁。 朝日新聞: pp. 2009年9月13日• , p. 232. 256. , p. 233. , p. 109. , p. 234. 平岡正明「横浜・野毛の祭りは終わらない--大道芸の20年」『論座』第134巻、朝日新聞社、2006年7月、 170頁。 , p. 236. 170. 読売新聞: pp. 2004年10月4日• 読売新聞: pp. 1995年4月14日• 読売新聞: pp. 2000年4月23日• 読売新聞: pp. 2001年4月20日• 読売新聞: pp. 2002年4月21日• 読売新聞: pp. 2003年4月17日• 読売新聞: pp. 2006年4月11日• 朝日新聞: pp. 2006年4月19日• 読売新聞: pp. 2005年4月23日• 読売新聞: pp. 2008年3月18日• 読売新聞: pp. 2007年10月14日• 読売新聞: pp. 2014年2月28日• 2020年3月12日閲覧。 読売新聞: pp. 2005年4月24日• 朝日新聞: pp. 2016年4月19日• 朝日新聞. 1993年3月23日• , p. , p. , p. , p. 参考文献 [ ]• 『横浜・野毛の商いと文化 横浜商科大学野毛まちなかキャンパス』野毛地区街づくり会、横浜商科大学、横浜商科大学、2011年。 森直実『大道芸人』ビレッジセンター出版局、1997年。 野毛風太郎『横浜・野毛大道芝居の日々』山中企画、2018年。 外部リンク [ ]•

次の