ペイペイ登録方法。 PayPay(ペイペイ)にクレジットカードは登録するべき!登録方法やおすすめクレジットカードを紹介

PayPay(ペイペイ)にクレジットカードを登録する方法は?

ペイペイ登録方法

PayPay ペイペイ の支払方法とは の支払方法は、 PayPay残高、 クレジットカードの2種類です。 支払方法の優先順位は、PayPay残高、クレジットカードの順番となっていて、PayPay残高決済で決済金額が不足する場合は、優先順位がクレジットカードで決済されます。 のちほど解説しますが、PayPayでは支払方法によって、PayPayボーナスの還元率や「PayPayチャンス」の抽選対象となるか否かが異なるため、どの方法で支払うかはとても重要なポイントです。 「そもそもPayPayってどういう決済サービスなの?」という方は、PayPayの基本情報について解説している以下の記事をご覧ください。 メリット• 還元率が1. PayPay残高を気にすることなく使える それぞれどのような内容なのか、順番に見ていきましょう。 PayPay ペイペイ はクレジットカード決済で還元率が1. ただし、ポイント還元率が1. 5%になるクレジットカードは、ヤフーカードのみとなっているので気をつけて下さい。 PayPayを最大限使いたい方はヤフーカードを利用しましょう。 クレジットカードの種類によってはポイント2重取りも可能! 下記の内容については現在できなくなっております。 情報が更新され次第、再度更新します。 のちほどご紹介する「 Kyashリアルカード」をPayPayのクレジットカードに登録すると、 ポイント2重取りができます! ここまでご説明したことからわかるように、 PayPayをクレジットカード払いにするメリットは、他の支払方法よりもポイントの貯め方や使い方の自由度が高いことにあります。 クレジットカード払いなら、ポイント2重取りができ、自分の好きなポイントを貯めることが可能です。 また、貯まったPayPayボーナスはでしか使えませんが、クレジットカードに貯まったポイントは、マイルへの交換や電子マネーへのチャージなど、幅広い方法で使うことができます。 クレジットカード決済ならPayPay残高を気にすることなく使える! PayPayは、支払方法によってアプリの使いやすさが異なってきます。 PayPay残高で支払う場合、紐づけた銀行口座からあらかじめチャージしておく必要があります。 そのため、買い物をするときにチャージ金額が足りているかどうかを確認する必要があり、少し面倒というデメリットがあります。 一方 クレジットカード払いの場合、口座振替による後払いなので、利用上限金額さえ超えなければチャージ金額を気にする必要なくPayPayを利用できます! なお、PayPay残高での支払いで決済時にチャージ金額が不足していると、残高をチャージするか他の支払方法を選択するかを選ぶ画面が表示されるため、その場で対応することができます。 しかし、レジ待ちの列があるとき、アプリでこのような操作をするのはなるべく避けたいですよね。 PayPayを日常的に利用する方は、チャージが不要なクレジットカード払いのほうが使いやすいのではないでしょうか。 PayPayに登録できる条件• 国際ブランドはVISAかMastercard• クレジットカードの本人認証が必要 普段使っているクレジットカードが登録できない場合もあるので、事前に条件を把握しておく必要があります。 各条件の詳細を以下で解説していきます。 クレジットカードの国際ブランドはVISAかMastercard PayPayに登録できるクレジットカードのは、かです。 のみも登録可能となっています。 それ以外の国際ブランドは登録できないため注意が必要です。 PayPayに登録したいクレジットカードがありましたら、国際ブランドを確認してみてください。 PayPay ペイペイ ではクレジットカードの本人認証が必要 第1弾100億円キャンペーン開催時、クレジットカードの 不正利用が問題となりました。 それにより、PayPayでは不正利用防止の対策として、クレジットカードの利用上限金額を24時間および30日間で5,000円までと定めました。 1日で5,000円利用してしまったときには、30日後まで利用することができません。 利用上限金額を引き上げるためには、3Dセキュアによる本人認証が必要です。 本人認証は、事前にカード会社に登録したパスワードをPayPayで入力することによりおこなわれます。 本人認証をすると、利用上限金額は24時間で2万円、また、30日間で5万円まで引き上げられます。 また、特定の条件を満たしたユーザーは「 青いバッジ」の適用対象となり、本人認証されたクレジットカードでの利用上限金額が24時間および30日間で25万円までに、大幅に引き上げられます。 本人認証前後での利用上限金額は次のとおりです。 そこで本章では、ポイント還元 1. PayPay ペイペイ に最適なクレジットカードはヤフーカード PayPayの支払いに最適なクレジットカードといえば、断然です! 前述したとおり、PayPayはソフトバンク株式会社とヤフー株式会社の合弁会社が提供しているサービスですが、ヤフーカードはヤフーのグループ企業であるワイジェイカードが発行しています。 そのため、ヤフーカードをPayPayの支払方法に登録すると、さまざまな面において他のクレジットカードよりも優遇されるというメリットがあります。 ヤフーカードはどのような点で優遇されるのか、3つのポイントを解説します。 PayPay残高 1. この差は非常に大きいです。 ヤフーカードはPayPayのキャンペーンに参加可能 PayPayをクレジットカード払いにすると、「ワクワクペイペイ」や「PayPayチャンス」などのキャンペーンは適用対象外となります。 キャンペーンへの参加を目的にPayPayを利用している方にとって、これほど大きなデメリットはありません。 しかし、ヤフーカードで支払う場合は、PayPay残高での支払いと同様にキャンペーンの適用対象となります! 支払方法によって変わる、「ワクワクペイペイ」のPayPayボーナス還元率や「PayPayチャンス」の当選確率をご紹介します。 「ワクワクペイペイ」のPayPayボーナス還元率は次のとおりです。 PayPay残高 10回に1回の確率で最大1,000円相当戻ってくる ヤフーカード その他のクレジットカード 抽選対象外 2019年10月の「ワクワクペイペイ」対象店舗の目玉は、ユニクロとライフ スーパーマーケット です。 ユニクロでは、PayPayでヒートテックを一枚買うともう一枚が無料になるキャンペーンを実施しています。 ただし対象店舗によっては、開催期間が10日程度のものもあるので、早めにPayPayをチェックしキャンペーンの見逃しが内容チェックしましょう。 またキャンペーン対象となるのはPayPay残高での支払いとヤフーカードの支払いのみなので、支払い方法がキャンペーン対象となっているか確認する必要があります。 PayPay残高にチャージするには本人認証が必須 ヤフーカードは、PayPay残高をチャージできる唯一のクレジットカードです。 なお、ヤフーカードからチャージするには 本人認証が必須です。 本人認証前後でのチャージ上限金額は次のとおりです。 Kyashの特長• Kyashの残高にキャッシュバック• さらに、 Kyashリアルカードでは、紐づけたクレジットカードから残高にチャージして利用すると、クレジットカードに付与されるポイントとKyashリアルカードへのポイント還元で2重取りができます。 PayPayをKyashリアルカードで払うとポイント還元率2. 情報が更新され次第、再度更新します。 さらに、店舗によってはポイントの 3 重取りも可能です。 「dポイントカード」「」「Pontaカード」などのポイントカードが使えるお店で、PayPay決済する前にポイントカードを提示すると、3重取りが実現され、還元率は 3. ヤフーカードを持っていない方は、PayPayの支払用にKyashカードを作ってみてはいかがでしょうか。 PayPay ペイペイ のクレジットカード不正利用が心配?セキュリティについて 2018年12月、PayPayの第1弾100億円キャンペーン期間中にクレジットカードの不正利用が発覚し、SNSで拡散され話題となりました。 そのため、いまでもPayPayを利用することに抵抗があるという方も少なくないでしょう。 現在、PayPayではどのようなセキュリティ対策をおこなっているのでしょうか。 また、不正利用の発生率は低下したのでしょうか。 前述したとおり、PayPayは、不正利用発覚後の2019年1月にセキュリティ強化のため、3Dセキュアによる本人認証を導入しました。 それにより、 第1弾100億円キャンペーン時に0. ただし、不正利用はPayPayを使用していない人が所有するクレジットカードで発生するケースも多く、どこかでクレジットカードの情報が盗まれ、PayPayで悪用されるというケースがほとんどのようです。 そのため、 PayPayを利用しないということではセキュリティ対策の効果があまりないことにご注意ください。 個人でできるセキュリティ対策としては、やはり3Dセキュアによる本人認証が最適です。 所有しているすべてのクレジットカードにパスワードを設定しておくと、不正利用を高い確率で防ぐことができるでしょう。 万が一PayPayで不正利用が発生した場合、PayPayは被害額を「 全額補償」することを発表しています。 それでも不正利用が心配な方は、クレジットカードの情報漏洩に気をつけ、セキュリティ対策を万全にしておきましょう! PayPay ペイペイ にクレジットカードを登録する方法 PayPayにクレジットカードを登録する方法を解説します。 PayPayのホーム画面で「カードを追加」をタップします。

次の

【PayPay】加盟店に登録する方法!必要書類/条件など解説!

ペイペイ登録方法

話題のPayPay(ペイペイ)とは? PayPay(ペイペイ)とは、ソフトバンクとヤフーが設立した「PayPay株式会社」が運営する、スマホを使って支払うサービスです。 PayPayに対応しているお店で、現金ではなくスマホのPayPayアプリで支払いができます。 PayPayはモバイルSuicaなどのように、スマホ端末がおサイフケータイの機能に対応している必要はなく、スマホにインストールしたアプリに表示されるQRコードやバーコードを使って決済をするため、だれでも手軽に利用することができるのが特徴です。 昨年からキャッシュバックキャンペーンを実施していることもあり、PayPayに興味がある方も多いのでは? でも「ダウンロードしてみたものの使用方法がよくわからないので使っていない」、「使ってみたいけどどこのお店で使えるのかわからない」といった方もいらっしゃると思います。 アプリのバージョンによって、記事内の画面と異なる場合があります。 PayPayのアカウント登録方法 まず、以下からアプリをダウンロードします。 ダウンロード後、アプリを開くとアカウント登録画面が表示されます。 ここで電話番号と任意のパスワードを入力し、「新規登録」をタップします。 Yahoo! JAPAN IDで登録する場合は画面下にある「Yahoo! JAPAN IDで新規登録」をタップして、Yahoo! JAPAN IDの入力画面へ進みます。 電話番号で登録した場合は、SMS認証画面が表示されます。 登録した電話番号にSMSで4桁の入力コードが送信されますので、その4桁の認証コードを入力すれば登録完了です。 Yahoo! JAPAN IDで登録する場合もYahoo! にログイン後、電話番号の入力を求められますので、電話番号を入力します。 その後は電話番号で登録した際と同じ手順でSMS認証を行えば登録完了です。 お金のチャージ方法は? PayPayではアカウント登録をすることで最初から500円がチャージされています。 そのため少額の買い物であればすぐに使うことができますが、足りなくなった場合は「PayPay残高」にチャージします。 PayPay残高へのチャージは、以下のどちらかから行います。 Yahoo! ウォレットの預金払い用口座に登録されている金融機関口座• 本人認証サービス(3Dセキュア)に登録済みのYahoo! JAPANカード• セブン銀行ATMで現金をチャージ PayPayから直接、銀行口座を登録することはできませんので、事前にYahoo! アカウントを取得し、「Yahoo! ウォレット」で銀行口座の登録をしておいてください。 Yahoo! JAPANカードを利用する方法 トップ画面の左上にある「三」をタップし、画面右上の「詳細を見る」を選択します。 プロフィール画面の一番下にある「Yahoo! JAPAN IDと連携する」をタップすると、Yahoo! のログイン画面に遷移しますので、そこで設定を行えば連携完了です。 銀行口座からのチャージ方法 Yahoo! ウォレットに登録した銀行口座からPayPay残高にチャージする方法は、以下の通りです。 するとチャージ金額入金画面に遷移しますので、ここでチャージしたい金額を入力し、「チャージする」を選択すればチャージ完了です。 尚、クレジットカードからのチャージは先述した本人認証サービス(3Dセキュア)に登録済みの「Yahoo! JAPANカード」からのみ可能となっています。 セブン銀行ATMから現金をチャージする方法 セブン銀行ATMから現金をチャージする方法は、以下のとおりです。 まず、セブン銀行ATMで「スマートフォンでの取引」をタップし、開始用のQRコードを表示します。 近くのセブン銀行はアプリ内「近くのお店」から検索できます。 次に、PayPayホーム画面にある「チャージ」をタップし、「セブン銀行ATM」を選択します。 QRコード読み取り画面になるので、ATMに表示されたQRコードを読み取りましょう。 PayPayアプリに表示される4桁の番号をATM画面に入力し、チャージしたい金額をATMに入金したらチャージ完了です。 セブン銀行ATMでのチャージでは、おつりが出ません。 また、アプリに4桁の番号が表示されて10分以内に手続きを完了させる必要があるので、注意してください。 決済方法と支払い方法 PayPayの決済方法は2種類あります。 スキャン払い…レジにあるQRコードを読み込み、支払い金額を入力し、店員さんに確認してもらう方法• コード支払い…バーコードを表示させ、店員さんに読み込んでもらう方法 どちらの決済になるかはお店によって変わりますので、支払いの際に確認をし、ホーム画面右下にある支払い方法のどちらかをタップして行います。 支払い方法は次の3種類から選択できます。 PayPay残高• Yahoo! マネー• クレジットカード PayPay残高は前述したようにYahoo! ウォレットに登録した銀行口座、もしくはYahoo! JAPANカードからチャージしておくことで支払います。 Yahoo! マネーはPayPayと連携したYahoo! ウォレットに登録した銀行口座、もしくはコンビニで、現金でチャージしておくことで支払います。 クレジットカードはPayPayに直接、登録をしたクレジットカードからの支払いです。 これはチャージではなく、通常のクレジットカードでの支払いと同じように後からの請求になります。 支払い方法の選択(コード支払いの場合)は、ホーム画面でコード支払いをタップし、お支払い方法から、お支払い方法の選択画面で選択をします。 PayPayが使える店舗を探す方法 いざ使おうと思っても使える店舗がわからなければ使うことはできません。 使える店舗を探すには、ホーム画面にある「全国のお店一覧」をタップします。 すると今いる場所の周辺地図にPayPayが使える店舗がアイコンで表示されます。 PayPayが使えるお店はどんどん拡大しており、「PayPay」マークがあるお店ならば支払いに利用できます。 コンビニ• スーパーマーケット• ドラッグストア• 飲食店• 出前・宅配・デリバリーサービス• 居酒屋• 家電量販店• アパレル• 百貨店• 雑貨店• レジャー施設• ホテル、旅行サイト このようにさまざまなお店で利用可能。 ここで書いた以外でも使えるお店が街中にたくさんあります。 PayPay残高の有効期限や利用明細確認方法 PayPay残高の有効期限は2年間 残高にまったく増減がないまま2年が過ぎてしまうとどんなに残高があってもすべてなくなってしまう上、戻すこともできませんので注意が必要です。 最終利用日はホーム画面下にある残高をタップすれば、残高画面の中央付近に表示されます。 また同じ画面で下にスクロールしていけば、これまで使った利用明細も確認できます。 PayPayならではの特徴、メリットは? PayPayには3つの大きなメリットがあります。 定期的にキャンペーンを開催 サービス開始当初は「20%還元キャンペーン」で注目を浴びるなど、定期的にお得なキャンペーンを積極的に行っています。 加盟店が多い 便利なキャッシュレス決済ですが、加盟店が少ないと使いどころがありません。 PayPayは使えるお店が多く、日常的に利用するにはおすすめの決済サービスといえます。 家族や友人間で送金ができる PayPayは、決済だけではなくPayPayユーザー同士でお金を送金し合うことができます。 たとえば、飲食店やカラオケなどを複数人で楽しんだあとのお会計で割り勘する際にも、金額を入力して相手のバーコードを読み取るだけで完了。 一円単位で送金できるので、不要なトラブルも避けられます。 銀行振込と同じ感覚で使える機能なので、仕送りなどに利用することもできます。 銀行やコンビニを利用して振り込むのに比べ、手数料がかからないため節約にもなるのが魅力的なポイント。 送金額には上限がありますが、回数制限はないため使い勝手の良い機能といえるでしょう。 普通に現金で支払うよりもおトクなキャッシュレス決済。 キャンペーンを実施しているタイミングで、ちょっと使ってみたいなと思われる方は、ダウンロードされてみてはいかがでしょう。

次の

PayPay(ペイペイ)の使い方 超入門──登録から支払い方法、新機能まで全解説

ペイペイ登録方法

銀行口座の登録ステップ• JAPAN IDの登録 PayPayで銀行口座を登録するためには、Yahoo! JAPANのIDが必要です。 このIDと連携することによってPayPayで銀行口座が登録できるようになります。 JAPAN IDを入力・ログインで設定完了です。 この際、携帯電話の番号が必要になり、その番号へSMSが送信されます。 送信された認証コードを登録画面上に入力してください。 携帯電話の入力が完了すれば、最後にプロフィールを設定します。 この設定が終われば、Yahoo! ウォレットの登録が終わります。 ウォレットの預金払い用口座に登録されている銀行口座からチャージするための登録になります。 この登録には、通帳やキャッシュカード、暗証番号などが必要になりますので事前に準備しておいてください。 手順はPayPayホーム画面より「銀行口座登録」から画面の指示に従い内容を入力します。 対応している金融機関一覧 PayPayで対応している金融機関はYahoo! ウォレットで利用可能な銀行口座になります。 Yahoo! ウォレットでは60以上の銀行口座が対応しており、今後も順次拡大予定となっています。 メガバンク・ネット銀行:• ジャパンネット銀行• ゆうちょ銀行• みずほ銀行• 三井住友銀行• りそな銀行• イオン銀行• New!! 住信SBIネット銀行 あ行:• 愛知銀行• 青森銀行• 秋田銀行• 足利銀行• 阿波銀行• イオン銀行• 池田泉州銀行• 伊予銀行• 岩手銀行• 愛媛銀行• 大分銀行 か行:• 北日本銀行• 紀陽銀行• 京都銀行• 関西みらい銀行• 熊本銀行• 群馬銀行• 京葉銀行 さ行:• 埼玉りそな銀行• 山陰合同銀行• 滋賀銀行• 四国銀行• 静岡銀行• 七十七銀行• 親和銀行• ジャパネット銀行• 住信SBIネット銀行• 十六銀行• 常陽銀行• スルガ銀行• 仙台銀行 た行:• 大光銀行• 第三銀行• 大東銀行• 千葉銀行• 千葉興業銀行• 中東銀行• 筑波銀行• 東邦銀行• 東北銀行• 徳島大正銀行• 鳥取銀行• トマト銀行• 富山銀行 な行:• 長野銀行• 南都銀行• 西日本シティ銀行 は行:• 八十二銀行• 百五銀行• 百十四銀行• 広島銀行• 福井銀行• 福岡銀行• 北越銀行• 北陸銀行• 北海道銀行 ま行:• みずほ銀行• 三井住友銀行• 武蔵野銀行 や行:• 山梨中央銀行• ゆうちょ銀行• 横浜銀行 ら行:• りそな銀行 このほかに八十二銀行と北洋銀行などが以前までは登録が可能でしたが、現在は新規登録ができない状態となっています。 すでに利用中の方は引き続きチャージできるので、周りの人が利用していたとしても、新規で登録はできなくなっているため注意が必要です。 初心者の質問で恐縮です。 先日ペイペイを開始し、ヤフーカード決済を設定して使用していましたが、銀行登録を1週間以内にすることで、1,000円もらえるとの事なので、銀行登録をしました。 今、私がペイペイを使用した場合(ペイペイ残高は0円という前提)、ヤフーカードでの支払いではなく、直接使った分が、ダイレクトで登録した銀行口座から引き落とされるという理解でよろしいでしょうか。 仮にそうであれば、ヤフーカードで支払った方が、Tポイントもつくのでカード払いの方がポイントをもらうという点については有利な気がします(銀行口座引落ではポイントが付かない気がするので・・)が、如何でしょうか。 それとも銀行口座から引き落とされると何かポイントが付くものなのでしょうか。 的外れな質問でしたらすみません。。 宜しくお願い致します。 はちさん、コメントありがとうございます! 銀行口座に連携すると、チャージができるようになります。 (直接銀行口座からの引き落としは不可) つまり、結果としてチャージしたお金がペイペイ残高となります! 優先順位については、そもそもですが、例えばペイペイ残高が0円だとエラーとなって支払いができません。 銀行からチャージしてペイペイ残高を増やすか、ヤフーカード決済を選ぶ必要があります! なので、ご質問の銀行口座引き落としだとポイントがつかないということは「ない」ということですね。 (銀行の場合、ペイペイ残高にチャージするのでポイント還元される、ヤフーカードの場合は、ペイペイのポイント+Tポイントが付与される)•

次の