遺族厚生年金 金額 目安。 あなたが死んだ時に、遺族に出るお金【社保/厚生年金編】

会社員・公務員の遺族年金 支給額はいくら?|会社員・公務員の年金【保険市場】

遺族厚生年金 金額 目安

遺族年金の種類と受給資格 遺族年金とは 遺族年金とは、国民年金や厚生年金、または共済組合に加入している人が亡くなった際に、遺族に支給される年金です。 国民年金加入者には遺族基礎年金のみが、厚生年金や共済組合加入者には遺族基礎年金に上乗せする形で遺族厚生年金や遺族共済年金が支給されます。 また、受給するためにはいくつかの要件を満たしている必要があります。 遺族厚生年金との違い 遺族厚生年金は、厚生年金の被保険者に万一のことがあった際にその遺族に支給されるもので、厚生年金には会社員などが加入します。 遺族年金と違いがあるというよりも、「遺族厚生年金は遺族年金の一種である」ということができます。 ただし、遺族年金と遺族共済年期には違いがあり、遺族共済年金は公務員などの共済組合員の遺族に受給資格が発生します。 受給できる遺族の範囲と受給順位 遺族共済年金の遺族の受給範囲は、受給順位が上から順番に、配偶者と子、両親、孫、祖父母と定められています。 それぞれに条件があり、子や孫には「18歳に到達した日以降最初の年度末までの間にあって配偶者を持たない人」もしくは「組合員が亡くなった時点から引き続き障害等級1級または2級の障害を持っている人」が該当します。 夫や両親、祖父母の場合は60歳から支給が開始されます。 いずれの受給該当者であっても、組合員の収入で生計を維持していた人に限ります。 なお、「生計を維持していた人」というのは、年収が8,500,000円未満、もしくは所得額換算で6,555,000円未満の人を指します。 受給資格と発生要件 受給資格は前述の条件を満たしている人に限ります。 遺族年金の発生には以下の4点があり、いずれか1つに該当する必要があります。 共済組合員が亡くなった場合 2. 組合員期間中に病気や怪我によって初診を受け、その日から5年以内かつ退職後に亡くなった場合 3. 障害共済年金の障害等級が1級または2級に該当する人、もしくは障害年金の障害等級が1級〜3級に該当する人が死亡した場合 4. 組合加入期間が25年以上に至る人、もしくは退職共済年金などの受給権を持つ人が亡くなった場合 遺族共済年の金額は? 遺族共済年金の計算方法 遺族共済年金の年金額は、次の計算式によって算出します。 年金額=厚生年金給付額相当額 + 職域年金相当部分 +(中高齢寡婦加算) 金額の算出方法は短期要件か長期要件かで変化します。 短期要件とは前述発生要件の1~3に該当する場合、長期要件は4に該当する場合に当たります。 給付乗率は、平成15年の3月31日の組合加入期間に関しては7. 125を、それ以降に関しては5. 481を使用します。 次に職域年金相当部分も同様の計算式によって算出しますが、給付乗率については次のようになります。 713 ・それ以降の加入…0. 遺族年金の支給停止について 夫、父母、祖父母の支給停止条件 夫、父母、祖父母への遺族年金の支給は60歳以降に開始されるため、60歳に至るまで支給停止状態が続きます。 ただし、障害共済年金で障害等級が1級もしくは2級、障害年金で障害等級が1級〜3級と認定されている場合には支給されます。 これは、60歳以降もしくはある水準以上の障害状態である場合には稼得能力が低下すると判断されるためです。 妻と子供の支給停止条件 厚生年金や共済加入者が亡くなった時点で遺族年金の支給対象に妻と子がいる場合は、子に対する遺族年金の支給は停止され、代わりに妻が受給します。 ここでの子とは「18歳に到達した日以降最初の年度末までの間にあって配偶者を持たない人」を指し、支給要件を満たす子がいない場合もしくは子が結婚した場合などには、妻への遺族年金の支給が停止されます。 夫と子供の支給停止条件 厚生年金や共済加入者が亡くなった時、支給対象に妻と子がいる場合は、夫に対する遺族年金の支給は停止され、代わりに子が受給します。 ただし、平成26年の4月以降に発生した遺族年金で、夫が遺族基礎年金の受給権を所有している場合には、子の代わりに夫が受給します。 公務遺族年金について 公務遺族年金の受給要件 公務遺族年金の受給要件には以下の3つがあります。 共済組合加入者が公務、つまり仕事によって病気や怪我など(公務傷病)をし、それが原因で亡くなった場合 2. 共済組合加入者が加入期間中に初診を受けた公務傷病によって、初診を受けた日から2~5年で亡くなった場合 3. 公務障害年金で障害等級1級または2級と認定されているものが、障害の発生の原因である公務傷病で亡くなった場合 公務遺族年金の給付額 給付額は以下の式によって算出します。 25 によって算出します。 公務遺族年金の支給停止の条件 公務遺族年金の支給は、以下の3つの条件に該当した場合に停止されます。 夫、父母、祖父母が受給者の場合、60歳に至るまでの期間 2. 配偶者に受給資格がある場合の子 3. 遺族基礎年金の受給資格の所有者が子である間、配偶者が受給資格を有していない場合 遺族共済年金の受給権消滅について 受給権の消滅要件 公務遺族年金の受給権は、以下の8つの条件に該当した場合に消滅します。 亡くなった場合 2. 婚姻した場合 3. 直系の血縁関係にある、もしくは直系姻戚以外の人に養子に入る場合 4. 亡くなった共済加入者との親族関係が終了した場合 5. 30歳未満で公務遺族年金の受給権を得た妻が、その受給権の理由と同じ理由で遺族基礎年金の受給権を得ずに、5年が経過した場合 6. 5の遺族基礎年金と公務遺族年金の受給権の取得が逆の場合 7. 障害等級条件に該当しない子や孫が、18歳に到達した年度末に至った場合 8. 障害等級の条件に該当したする子や孫が、18歳年度末から20歳に至るまでの間に障害の程度が軽くなった場合、もしくは障害を持ったまま20歳に到達した場合 子供のいない30歳未満の妻の場合 組合加入者であった夫が亡くなって、30歳未満で遺族共済年金の受給権を得た妻は、以下の条件を満たす場合に期限付きの給付となります。 上記の条件を満たしていて、かつ子供がいない場合 2. 上記の条件を満たしていて、かつ子供がいて遺族基礎年金の受給権を得ている場合 1の場合には5年の期限付きで支給されます。 2の場合には、妻が30歳に至るまでに遺族基礎年金の受給資格を失った時から5年が経過するまで支給されます。 なお、ここでの子とは「障害等級条件に該当する子」を示します。 まとめ 遺族共済年金を受給するためには、子供の障害等級や受給者の年齢など細かな条件を満たしている必要があります。 万一の際に遺族年金受給のための手続きを迅速に進められるように、受給要件と受給金額をチェックしておきましょう。

次の

遺族年金はいくらもらえる?仕組みと受給額をわかりやすく解説します

遺族厚生年金 金額 目安

しかし、民間の生命保険に加入していなくても、サラリーマンが死亡すると、公的保険や年金から、遺族に対してお金が出ます。 この記事では、サラリーマンが加入している社会保険 社保 および厚生年金から出るお金を紹介します。 ただし、厚生年金の計算は、複雑なので、最初に結論を書いておきましょう。 社会保険から出る埋葬費は「5万円」。 組合健保の場合は、上乗せがある• 「遺族厚生年金」は、子がない配偶者で40歳未満では月に「4万円~5万円」、40歳以上で中高齢寡婦加算された場合は月に「8万円~10万円」ぐらい出る• 18歳未満の子が1人いる場合は、「遺族厚生年金」に「遺族基礎年金」が加算されるので、支給額が月に「12万円~13万円」ぐらいになる 数字をみておわかりのように、最低限のセーフティネットにはなる金額です。 なお、これは一般的な計算例ですので、具体的な数字は会社の総務部門などに確認してください。 では、個別の数字を検証していきましょう。 遺族厚生年金の金額 最初に「遺族厚生年金」の金額について見てみましょう。 「遺族厚生年金」を受け取れるのは、加入者によって生計を維持していた遺族です。 受け取れる遺族の順位は、配偶者、子、父母、孫、祖父母の順です。 報酬比例部分の計算方法は「短期要件」と「長期要件」の2通りあります。 ざっくり言うと、短期要件は加入期間が25年以下の人用で、長期要件は加入期間が25年以上で老齢厚生年金の受給資格を持つ人用です。 一般には短期要件で計算します。 短期要件は障害厚生年金に準じた計算方法です。 加入期間が25年未満の場合でも、25年として計算するため、加入歴が浅い人でも一定の金額となります。 「遺族厚生年金」の年金額は、加入者の標準報酬月額が30万円とした場合で約48万円、標準報酬月額を40万円とした場合で約65万円です。 なお、長期要件は老齢厚生年金に準じた計算方法になります。 こちらの年金額は、これまでの標準報酬月額などによって異なります。 自分の「ねんきん定期便」で報酬比例部分を確認してください。 子がいない、または18歳以上の場合 子がいない場合は遺族基礎年金がなく、遺族厚生年金のみが支給されます。 さきほど計算したように、亡くなった加入者の標準報酬月額が30万円とした場合の年額は約48万円、標準報酬月額が40万円とした場合で約65万円です。 「遺族基礎年金」の月額は4万円~5万円ぐらいと思えば良いでしょう。 なお、遺族厚生年金については、受給する配偶者の年齢によって条件が変わります。 まず、夫の死亡時に妻が30歳未満の場合、遺族厚生年金は5年間だけしか支払われません。 18歳未満の子がある場合は、その子が18歳になるまで支給されます。 一方で、妻が40歳以上65歳未満の場合は、遺族厚生年金に「中高齢寡婦加算」が加わり支給額が増えます。 中高齢寡婦加算は「40歳以上65歳未満で、生計を同じくしている子がいない妻」に対して、年額で584,500円が加算される制度です。 これは、子がいないと遺族基礎年金がなく、年金の総額が少ないのを補うことを目的としています。 中高齢寡婦加算がある場合の遺族厚生年金の金額を試算してみましょう。 標準報酬月額30万円で、中高齢寡婦加算がある場合の年金額は約106万円、月額に直すと約8万8千円です。 標準報酬月額を40万円とすると、年金額は約123万円、月額で約10万2千円になります。 つまり、子がない配偶者の年金額は、40歳未満では月に4万円~5万円、40歳以上で中高齢寡婦加算された場合は月に8万円~10万円ぐらいと考えておけば良いでしょう。 18歳未満の子がいる場合は遺族基礎年金との組み合わせ 18歳未満の子がある場合は、「遺族基礎年金」と「遺族厚生年金」を組み合わせて受給します。 「遺族基礎年金」は、被保険者の「子のある配偶者」または「子」に支給されます。 子は18歳未満が対象で、18歳以上になると支給が止まります。 子の加算額は第一子と第二子が224,300円、第三子以降が各74,800円です。 亡くなった方の標準報酬月額が30万円で、子が1人としたモデルで遺族年金の金額を試算してみましょう。 標準報酬月額30万円の遺族厚生年金は約48万円ですから、遺族基礎年金と合わせた支給額は約148万円になります。 月額に直すと約12万3千円です。 同じように、標準報酬月額が40万円の場合の遺族厚生年金は約65万円ですから、遺族基礎年金と合わせた支給総額は約165万円になります。 月額で約13万7千円になります。 つまり、18歳未満の子が1人いる場合の支給額は、月に12万円~13万円ぐらいと考えておけば良いでしょう。

次の

遺族厚生年金(受給要件・支給開始時期・計算方法)|日本年金機構

遺族厚生年金 金額 目安

遺族年金とは? 遺族年金とは、自分が亡くなった時に、残された家族 基本的に妻や子ども に支給されるお金のことです。 遺族の金銭的困難を救ってくれる制度というわけですね。 遺族年金には「 遺族基礎年金」「 遺族厚生年金」「 遺族共済年金」の3つの種類があります。 そこに「 寡婦年金」「 死亡一時金」の補助も加えて、私たちを金銭的に支援してくれています。 給付の種類や受給額は、加入している公的年金 国民年金や厚生年金など や支払ってきた保険料の期間、遺族の構成・年齢に応じて変化します。 老齢年金のような65歳以降からでないともらえない年金ではありません。 子どもが18歳になるまで 18歳の年度末まで 受け取ることができます。 ただし、18歳未満の子どもがいない場合には、受給することができません。 しかし、平成26年4月の改正で、夫も受給の対象になりました。 よって、現在では母子家庭でも父子家庭でも遺族基礎年金を利用することができます。 18歳未満の子どもがいれば、 遺族基礎年金に上乗せして支給されます。 支給対象も配偶者と子どもだけではなく、祖父母などが加わっています。 厚生年金に加入している必要があるので、基本的に会社員が利用する遺族年金となっています。 まず、遺族厚生年金は配偶者と子ども以外にも支給対象になる遺族が増えます。 注意したいのは、 55歳未満の夫・父母・祖父母には受給権が発生しないことと、 55歳以上であっても60歳になるまでは支給されないことですね。 遺族厚生年金は遺族基礎年金と違って、18歳未満の子どもがいなくても受け取ることができます。 18歳未満の子どもがいる場合は、遺族基礎年金に加算してもらえます。 どちらか一方しかもらえないということはないので、安心して受給しましょう。 ちなみに、18歳未満の子どもがいない妻が40歳以上だったら、65歳になるまでの間はもらえる金額が増えます。 中高齢寡婦加算という特別な手当てをもらうことができ、 年間で585,100円の増額となります。 目安ですが、遺族厚生年金で支給される具体的な金額は以下の通りです。 基本的に公務員の人が利用するもので、職域加算と呼ばれる手当もありましたが、こちらの制度は厚生年金とそろえる形で無くなる予定です。 現段階では、遺族厚生年金よりも少しだけもらえる金額が大きい遺族年金と捉えておけば十分です。 夫が国民年金のみの加入者 自営業やフリーランスで活動 で、かつ18歳未満の子どもがいない場合に適用されます。 この場合、遺族基礎年金の受給対象にならないので、その代わりにもらえる助け舟が寡婦年金です。 国民年金に支払っていた夫の保険料が、掛け捨てにならないようにと配慮された制度というわけですね。 妻が自身の老齢基礎年金を65歳よりも前に繰り上げ受給していると、寡婦年金はもらえませんので注意してください。 死亡一時金は寡婦年金と違って、一時金として一回だけ支払われます。 寡婦年金を受け取る場合は、死亡一時金は利用できないので注意してください。 死亡一時金による受給額は以下の通りです。 妻が自身の老齢基礎年金を繰り上げ受給した場合など その際は、死亡一時金を受け取った方がお得です。 まとめ• 遺族年金とは、自分が亡くなった時に残された遺族が受け取れるお金のこと• 遺族基礎年金• 遺族厚生年金• 遺族共済年金• 寡婦年金• 死亡一時金• 個人で死亡保険に入らなくても、公的保障でこれだけの保障を受け取ることができます。 生命保険の加入や見直しを検討する場合は、この金額を念頭に入れて死亡保険金を設定しましょう。 保険会社の営業に言われるまま「必要以上の保険金」をつけてしまい、毎月の出費に困っている人はとても多いです。 ムダな固定費を減らして【節約の道】を進むためには、こういったお金にまつわる公的制度の知識は不可欠です。

次の