インスタ プロ アカウント 種類。 Instagramのビジネスアカウントとは?マーケティングでの活用方法を徹底解説

【インスタ】ビジネスアプロフィールの作り方やカテゴリ変更の方法まとめ

インスタ プロ アカウント 種類

「 ジャンルを絞るのが大事!」というのが 人気アカウントに共通の大切な要素• インスタグラムには 9つの人気ジャンルがある そ、そうだったのかぁ~! そこで!今回は インスタグラムで人気の9つのジャンルのまとめ記事です。 趣味垢・サブ垢でもビジネスカテゴリでも、ご自分のインスタの方向性を決める参考にしてみてください。 特に 直接の友達以外のフォロワーを増やしたいな~と思っているあなたにおすすめです! あなたはどの種類・系統が出来そう!? インスタグラムの9つの人気ジャンル・カテゴリーまとめ【初心者向け】 はじめに、まず人気ジャンル・カテゴリーを並べておきますね。 以下の9つがインスタでは大きな勢力なんですよ! 【タップするとそれぞれに飛べます】• おお〜、なんかどれもおしゃれな雰囲気がしますね(笑) では、順番にどんどん紹介していきます 1. アート系 まず一つ目は、「 アート系」です。 うひょー、どれもカッコいーい!! アーティスティックな感覚に加えて、 画像加工が好きな人が向いてそうですね。 インテリア・雑貨系 二つ目は、「 インテリア・雑貨系」です。 「 インテリア」で検索するとこんな感じ。 「 雑貨」で検索するとこんな感じです。 ひゃー!な、なんてオシャレ泥棒!! ちなみに「 インテリア」の公開投稿数は 約420万、「 雑貨」は 約240万でした。 グルメ系 三つ目は「 グルメ系」です。 食べ物系の中でも、家のごはんじゃなくて 外食という意味ですね。 動物・ペット系 四つ目は、「 動物・ペット系」です。 動物園の投稿もなかなかありますが、やっぱり自分の家のペットの写真が圧倒的に多いですね。 「 動物」で検索するとこんな感じ。 ほうほう。 では、「 猫」だと? 「 犬」だとこんな感じです。 ファッション系 五つ目は、「 ファッション系」です。 う、美しい・・・。 モデルさんもいるだろうけど、素人さんもいっぱいいるんですよね? レベル高いっすね~。 フィットネス系 六つ目は、「 フィットネス系」です。 みなさん鍛えてますねー。 メイク系 七つ目は、「 メイク系」です。 「 メイク」で検索するとこんな感じ。 「 ヘアスタイル」だとこんな感じです。 か、かわいい・・・。 旅行・風景系 八つ目は、「 旅行・風景系」です。 「 旅行」で検索するとこんな感じ。 「 風景」だとこんな感じです。 旅の写真って、誰の何を見ても気持ちいいもんですよねー。 料理系 最後の九つ目は、「 料理系」です。 外食ではなく、 家で作る料理の方ですね。 う~ん、どれもこれも食欲そそるキレイな写真ですね。 (タップするとそれぞれの説明に戻れます).

次の

「公式アカウントを従業員数人で共有できますか?」〜Instagram初心者講座で頂いた質問について

インスタ プロ アカウント 種類

プロアカウントとは? お待たせしました。 本題です。 Instagramアカウントには、個人アカウントとプロアカウントの二つのタイプがあります。 更にプロアカウントにはクリエーターアカウントとビジネスアカウントの二つがあります。 クリエーターアカウントはその名の通り、クリエーターさんやインフルエンサー向け。 ビジネスアカウントは、主に企業やブランドなどの組織向けになっている様です。 また、選べるカテゴリーやプロアカウントに変える事で設置されるボタンの種類、アナリティクス等の仕様等、若干の違いはある様です。 今回はビジネスアカウントを使ってプロアカウントに変更します。 ビジネスアカウントに変更しよう! 変更はスマホアプリから行なって行きます。 ちなみにビジネスアカウントに変更した後も簡単に個人アカウントに戻す事ができますので安心して進めてください。 ホーム画面の右上にあるハンバーガーメニューをタップ。 ハンバーガーメニュー メニュー下部にある設定をタップ ハンバーガーメニュー メニューの「アカウント」をタップ 設定一覧 メニュー下部にある「プロアカウントに切り替える」をタップ ここのもし「個人アカウントに切り替える」となっている場合は既に、プロアカウントになっています。 アカウントタイプ ビジネスアカウントを取得画面 連絡先情報を確認 基本的にはメールアドレスは入力されていると思います。 変更する場合や入力されていない場合は、改めて入力してください。 その他の電話番号や住所などは特に入力をしなくても次に進めます。 ここら辺の内容は後から変更可能ですので、深く考えなくて大丈夫です。 連絡先情報の確認画面 Facebookページをリンクさせる Facebookページの連動を行います。 既にある場合は、下記の様にページ名が表示されますが、無い場合は新しく作る事になります。 新しく作る場合も、ここから新しくページを作るのではなく、一度Facebookの方でページを作成し、改めて連携させる方がいいです。 今は関係ないかもしれませんが、今後APIを使う際に有効期限の問題が出るかもしれません。 詳しくは下記の記事も参照。 Facebookページのリンク 新規ページを作成する場合 Facebookページが無く、新しくその場でFacebookページを作成する場合はページの趣旨にあったカテゴリーを選択します。 ちなみにクリエーターアカウントだと色々種類がある様ですが、ビジネスアカウントではそんなにない様ですね。 これらが追加されていれば無事アカウントの切り替えが完了です。 ビジネスアカウントの確認 まとめ インスタグラムをビジネスアカウントに切り替えると、ブログなどのウェブサイトにとても便利なInstagram Graph APIという仕組みが使用できる様になります。 現在も同じ様な仕組みでInstagram APIというのがありますが、こちらは近々サービス終了してしまう為、必然的に投稿した画像を一覧表示させたい!といった場合は今回の様にビジネスアカウントに変更する必要があります。 上の方でも話した通り、いつでも個人アカウントとの切り替えが出来ますが、おそらくAPIとかそんなの使いたい!なんて人は大抵事業者だと思うので、とりあえず切り替えておけばいいですね!.

次の

インスタをビジネスアカウントに変更しよう!個人でも無料で追加機能

インスタ プロ アカウント 種類

もくじ• Instagramのインサイトとは? Instagramのインサイトとはそもそもどのようなものなのでしょうか。 インサイトとは、 Instagramにおける分析ツールのようなものです。 自分のアカウントのフォロワーの年齢や性別、登録しているエリアなどをカンタンに表示することができます。 自分のフォロワーがどのような人たちなのか、どのような投稿をした際にいいねが多くもらえるのかを知ることができれば、よりフォロワーを増やすための戦略をたてることができますよね。 「プロアカウント」にすれば見ることができる しかしこのインサイトは通常のアカウントでは見ることができません。 「プロアカウント」に切り替えることで見ることができます。 「プロアカウント」は設定を変更することで誰でも無料で切り替えることができます。 その方法を見ていきましょう。 プロフィールへのアクセスをしてくれたのか、そこに貼り付けているウェブサイトにアクセスしてくれた人はいたのかなどもその人数を確認することができます。 居住地や年齢・性別だけでなく、何時ごろアクセスされているのかまで確認ができます。 この情報をもとに、フォロワーが一番見てくれそうな時間に投稿したり、フォロワーの居住地が多いエリアについての投稿をするなど工夫をすることができますよね。 Instagramインサイトの『リーチ』とは? そもそも、「リーチ」とは何を指すのでしょうか?これは、 投稿を見たユーザーの数のことです。 Instagramの「リーチ」を増やすためには、ハッシュタグや位置情報などを自分の投稿につけ、できるだけ検索したときの画面に表示させたり、あるいはフォロワー以外のユーザーが興味をもった投稿が表示される「発見」画面などに反映されるようにしたりすることが大切です。 リーチは投稿だけでなく過去7日間の合計数を確認できる 「リーチ」はこのインサイト画面で過去7日間の合計数を確認することができます。 しかし、この「リーチ」には見方に注意点があります。 リーチの注意点 まず、同じユーザーが同じ投稿を何度見たとしても、「1」と数えられます。 あくまで「何人が見たか」という情報になります。 リーチを増やすには 「リーチを増やす」=できるだけたくさんの人に見てもらうということになりますが、そのためには、• 投稿にハッシュタグをつける• 1日1回投稿する ことがポイントになります。 多くのユーザーは自分の興味のあることについてハッシュタグをもとに検索をしますし、その検索で表示される結果画面では、最新の投稿から順番に表示されることから)、できるだけ毎日投稿することで見つけてもらいやすくなるためです。 Instagramインサイトの『インプレッション数』とは? また、インサイトの「アクティビティ」ページには「インプレッション数」という指標も掲載されています。 ではこの「インプレッション数」とは何なのか? 「インプレッション数」=投稿が表示された総数 一言でいうと「インプレッション数」とは、 投稿がユーザーによって表示された回数を指します。 この数値は全ての投稿における「見られた回数」となりますので、当然投稿しているコンテンツが多ければ多いほど「インプレッション数」は上がる傾向にあります。 「インプレッション数」の注意点 この「インプレッション数」は、一人のユーザーが複数回見ても全てカウントされますので、一人が10回見た場合は10インプレッションとなります。 「インプレッション数」を上げる方法 インプレッション数を向上させるには、上記でも記載したとおり、一番簡単な方法は「投稿数を増やす」ということが挙げられます。 投稿数が10個より100個、100個より1000個とより多いほど見られる回数が上がります。 ただし、Instagramのホーム画面は時間の経過によって流れ去っていってしまう「タイムライン」となりますので、ただただ写真を上げればよいのではなく、運営しているアカウントが持つコンセプトに沿った内容をアップしていくことが重要です。 また、その他にインプレッション数を上げる方法としては、• 閲覧が多い時間帯に投稿する• 適切なハッシュタグを付け検索対策を行う ということが基本となってきます。 「リーチ」と「インプレッション数」の違いは? 「インサイト」の「アクティビティ」画面では、「リーチ」と「インプレッション」の2種類の数字が表示されています。 しかし、この2つの違いは何なのでしょうか。 「リーチ数」とは、投稿すべてに対し、どのくらいの人が閲覧したのかを示すものです。 この数字は同じ人が2回見ても「1」とカウントされます。 そして、「インプレッション数」というのは、投稿すべてに対し閲覧された「のべ回数」です。 こちらの数字は「のべ回数」なので、同じ人が2回見た場合は「2」とカウントされます。 投稿ごとに「リーチ」「インプレッション数」を確認する方法 ここまでのご説明では、そのアカウント全体の「リーチ」と「インプレッション数」を確認する手段をご紹介いたしましたが、投稿コンテンツごとに「リーチ」と「インプレッション数」を確認する方法があります。 その時に画像下に インサイトを見るというリンクがありますので、コチラをタップ。 この表示を行うことで合算されてまとまった数字ではなく、 個別の数字を確認することができ、 「投稿によってどの内容が反響が大きかったか」などを計測することができます。 「リーチ」や「インプレッション数」。 どのように使えばいい? ここまでご紹介させていただきましたように「リーチ」や「インプレッション数」などで個別の反響をかなり細かく観測できることがお分かりいただけたかと思います。 とはいえ、このような数字が分かったとして、 どのような役に立つことがあるのでしょうか? 宣伝したいこと・誘導したいページに案内できているか 単純に 「リーチが1000になった!やった!」と多くの人に見てもらったことによって満足感を得ることも可能ですが、その場合、プロアカウントとして計測ツールを利用する意味があまりありません。 プロアカウントでインサイトという機能が実装されている理由が「 目的としているInstagram運営が適切に行えているか」を判断するためとなります。 例えば、イラストレーターが販売中の書籍のページに誘導したい場合、書籍の内容をInstagramに小出しにして最終的にはAmazonの書籍ページまで誘導する、というケースがあります。 その他では、レストランが新メニューや料理、ちょっとしたアイディアの投稿を行い、最終的にはそのレストランのホームページや予約・来店まで結びつけるというケースなども考えられます。 例えば、インプレッション数は多いにも関わらず見てほしいプロフィールページはほとんど見られていない、という場合は、アカウントのコンセプトと投稿内容が一致していない、という問題点があります。 また、リーチ数は少ないがそのほとんどのユーザーがプロフィールやURLをクリックしている、と分かると、その投稿と類似の投稿を数多く行うことでより多くのアクセスを集めることができるようになります。 この「インタラクション数」というのは 「プロフィールへのアクセス」と 「プロフィールページのURLのクリック数」が表記されており、どのくらいの人が投稿からプロフィールページ・プロフィールページからその先のURLへアクセスしたかを観測することができます。 まとめ 今回は Instagramの「インサイト」について解説しました。 「プロアカウント」に設定を変更することでかなり多くの情報を得ることができるようになりますし、「こんな人が自分の投稿を見てくれているんだ!」と知ることができるため、投稿も楽しくなるのではないでしょうか。 ぜひ「プロアカウント」への切り替えをして、自分の投稿の分析とその結果を反映してみてくださいね!.

次の