アイネ クライネ ナハト ムジーク。 モーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」の解説とオススメ名盤

モーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」の解説とオススメ名盤

アイネ クライネ ナハト ムジーク

合掌 合掌。 三浦春馬。 信じられないことだ。 非常に残念である。 多くの映画・ドラマに出演し、その俳優としての才能をこれから更に飛躍させていくであろうと思っていたのに。 何故だとしか言葉が出てこない。 そう言えば、少し前に、俺は、彼の出た映画『アイネクライネナハトムジーク』について、書いていた。 自然体の肩ひじ張らない演技で主人公の性格を上手に表現していた。 しかし、今思えば、映画の三浦春馬は、どことなく寂しく元気がなかったような気がしないでもなかった。 と思うのは、俺だけか。 しかし、皮肉だ。 この映画、出会いの幸せをうたった映画だったのに。 映画界の大きな損失。 安らかに眠って下さい。 この映画での貴方も、本当に良い芝居をしていましたよ。 斉藤和義の映画テーマ曲『小さな夜』が別れの曲になるなんて。 出典:シネマトゥデイ アイネクライネナハトムジークの意味 久しぶりに、伊坂幸太郎の小説の映画を観た。 「アイネクライネナハトムジーク」だ。 伊坂幸太郎のラブストーリーなので、ある意味、違和感があるようなないような。 そもそも、伊坂幸太郎の小説は今まで常に、何らかの形で犯罪者が絡んでいたので、そのような人物が出てこないのは珍しいといえば、珍しいのだ。 ドイツ語で アイネ Eine は女性形の不定冠詞で クライネ kleine は「小さな」の意味の形容詞kleinの女性形 ナハト Nacht は「夜」ムジーク Musik は「音楽」という意味で 「小さな夜の曲」という意味で日本では「小夜曲」と訳されます。 あらすじ 伊坂幸太郎の本 伊坂幸太郎の本の方は、連作の短編集となっている。 この短編連作を映画化したもの。 妻に出て行かれたサラリーマン、声しか知らない相手に恋する美容師、元いじめっ子と再会してしまったOL…。 人生は、いつも楽しいことばかりじゃない。 でも、運転免許センターで、リビングで、駐輪場で、奇跡は起こる。 情けなくも愛おしい登場人物たちが仕掛ける、不器用な駆け引きの数々。 明日がきっと楽しくなる、魔法のような連作短編集。 Amazon Kindle アイネクライネナハトムジーク 伊坂幸太郎 映画のあらすじ 仙台駅前。 大型ビジョンには、日本人のボクシング世界王座をかけたタイトルマッチに沸く人々。 そんな中、この時代に街頭アンケートに立つ 会社員・佐藤の耳に、ふとギターの弾き語りが響く。 歌に聴き入る紗季と目が合い思わず声をかけると、快くアンケートに応えてくれた。 Amazon Prime 内容紹介 C 2019 映画「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会 舞台は、突然ながら、仙台。 登場人物関係は次の4組。 1.街頭アンケートをきっかけに出会った会社員の佐藤(三浦春馬)と就活中 の紗季(多部未華子)。 2.佐藤の大学時代の友人である一真と由美夫妻。 3.由美の友人で美容師の美奈子と彼女の常連客の弟でボクサーの小野。 4.佐藤の先輩で妻に逃げられた藤間。 そして、大事なポイントはこの4つのカップルの出会いと幸せの有り様なのですね。 そこに、関係の人達も絡みながら話は進むって感じかな。 10年後。 高校生になった一真と由美の娘・美緒と、彼女と互いに密かに想いを寄せ合う同級生の久留米。 美緒の友達の藤間の娘、亜美子。 付き合い始めて10年。 佐藤(三浦春馬)は紗季(多部未華子)にプロポーズを決意する。 そして、各々の出会いが始まったあの夜と同じく、小野も再び世界タイトルマッチに挑む…! 出会いと愛 三浦春馬と多部未華子を中心に、出会いと愛の有り様について、伊坂幸太郎が初めての恋愛小説を書いたもの。 大事なことは登場人物達の日常には、本当に普通の日常であり、そこには、いつもの伊坂幸太郎のサスペンスチック犯罪劇的なところは一切なく、逆に、好感が持てました。 私たちの日常が描かれています。 この物語の重要なキイポイントは、一期一会と時間の経過と小さな奇跡と幸せ。 時を経て、幾つもの出会いと想いがこの映画では良い方向へ繋がっていきます。 C 2019 映画「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会 人が幸せを見出だすには、そこに至るまでに、悩みや苦境もある。 佐藤役の三浦春馬も大学時代憧れていた美人の由美。 彼女が結婚した相手は調子が良くいい加減な友人一真。 彼の言葉が、全ての出会いの意味に関係してきます。 「出会いがちょっとミラクル的で突然でその人と決めたとしても、大事なことは、時間が経ってから、その人といて、幸せだなと感じるかどうか」だと。 C 2019 映画「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会 ちなみに、この映画で私が好きだったのは、この父親一真に反発する女子高生の娘の美緒と同級生の久留米とのドラマのところだ。 二度、美緒は最悪な中年オヤジにトラブルを受けるが、二度とも、久留米の父と久留米が次の言葉で美緒を助けるところだ。 「そちらのお嬢さんがどなたの娘さんか知っていますか?ご存じでそんな風におっしゃってるのか心配になりまして。 知ってて、そんな風に喋るのなら、命知らずだなと思いまして」 「お嬢様、お父様には私のことはくれぐれもご内密にお願い致します」 C 2019 映画「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会 この言葉を聞いて、それまで強気に出ていた男達は逃げていくのだ。 これって、かなり、使えるよね。 フ、フ、フと笑ってしまいました。 そして、ヘザー級の世界チャンピオンになった小野だったが、その後スランプになったが、10年経過後に、もう一度返り咲く。 このボクシングのところの話はナカナカ良くて、唯一今までの伊坂幸太郎的ではありました。 ちなみに、仙台出身の漫才コンビサンドウィッチマンがセコンドになって出演していました。 恋愛に縁がない佐藤(三浦春馬)。 そんな時に出会い、その後、思わぬ所(紗季は道路で警備員をしていた)で再会する。 晴れて付き合うことになり、10年後プロポーズするが、紗季(多部未華子)の応えは…。 なかなか相手に届かぬ想い。 それは切なく、胸苦しく。 でも、それを乗り越えた時、心底、感謝する。 佐藤(三浦春馬)の部屋で二人が食事をする最後のシーンが良かったね。 C 2019 映画「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会 斉藤和義 映画の引用紹介では、次のような説明になっている通り、斉藤和義と伊坂幸太郎のコラボレーションで出来上がった恋愛小説なのであり、当然ながら、映画の中で、「アイネクライネナハトムジーク」の意味となるこの映画の主題歌になる「小さな夜」がキイワードとしても何度も流れてくるのだ。 この映画を観ると、更に、この曲の良さがわかります。 この映画と小説はおススメであります。 多くのファンを惹きつけてやまない大人気ベストセラー作家・伊坂幸太郎と ミュージシャンとして絶大な支持を誇る斉藤和義の絆によって誕生した奇跡の ラブストーリー。 54万部を 突破する話題作となった。 Amazon Prime 内容紹介.

次の

アイネクライネナハトムジーク 伊坂幸太郎 三浦春馬 多部未華子

アイネ クライネ ナハト ムジーク

項目 データ 作品名 アイネ・クライネ・ナハトムジーク 作曲 1787年8月10日完成 「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」は数あるモーツァルトの名曲の中でも最も有名な曲の一つです。 おそらく誰もが聴いたことのある曲だと思います。 モーツァルトが作曲した最後のセレナードで、31歳のときの作品です。 東京在住の方は、東武東上線池袋駅のホームでも聴くことが出来ます。 余りにも数多くのテレビ・CMなどのメディアで取り上げられている為、数えるときりがありません。 ここではモーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」の解説と名盤を紹介したいと思います。 525は、モーツァルトが作曲したセレナードのひとつです。 これはドイツ語で、それぞれ「Eine=冠詞(英語でいうa)」「kleine=小さい」「Nacht=夜」「Musik=音楽」という意味です。 つまり、日本語では「小さな夜の曲」という意味です。 このタイトルは、モーツァルト自身が自作の目録に書き付けたものでした。 また「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」は「セレナード第13番」と呼ばれることもあります。 13番目に作られたセレナードということですね。 セレナードは娯楽音楽ですので何かのために作曲された曲だと推測されますが、詳しい資料は今のところ見つかっていません。 モーツァルトが演奏規模を指定していないため、弦楽合奏だけでなく弦楽五重奏で演奏されることもあります。 「フィガロの結婚」「ドン・ジョヴァンニ」と同時期の作品 「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」は1787年に作曲された作品で、父レオポルトが亡くなった2か月後に作曲されました。 これはモーツァルトの代表的オペラ「ドン・ジョヴァンニ」の第2幕の作曲をしていた時期と重なります。 また前年の1786年には「フィガロの結婚」が大ヒットしています。 「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」はモーツァルトが乗りに乗っていた時期に作曲された曲なのです。 モーツァルトの死後に発見 モーツァルトの曲の多くは生前から多大な人気を誇っていますが、この曲はそうではありません。 モーツァルトが亡くなって36年後に、初めてこの曲は出版されました。 「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」は5楽章の作品ですが、第2楽章が見つかっておらず4楽章で現在は構成されています。 曲の構成 20分弱の演奏時間で、上記の通り一般的に4楽章で構成されています。 「バーカ バーカ エヘン虫、バーカ バーカ エヘン虫」のCMの曲を思う出す方も多いと思います。 映画「アマデウス」を思い出す方もいるかもしれません。 第2主題に移ると音楽は雰囲気を少し変え、優美さが増します。 展開部では一度調が短調になりますが、最後は長調にかわります。 再現部では最初のト長調に戻り、短いコーダの後に力強く第1楽章は終わります。 中間部では少し不安で緊張感のある音楽に変化します。 転調などを重ねた後に、最後は第1主題が奏でられて穏やかに第2楽章は終わります。 第2楽章は親しみがあり、そして優しさに溢れた音楽で満ち溢れています。 また第2楽章には、フランスの古典舞曲であるガヴォット(gavotte)のリズムが取り入れられているとも言われています。 中間部では対照的に柔らかな流れる音楽に変わります。 最初のメヌエットが再び登場し第3楽章は終わります。 音楽は軽やかな第1主題ではじまり、これは第1楽章第1主題を彷彿させます。 同じト長調がそう感じさせるのかもせれません。 最後は少し長めのコーダが演奏され力強く作品を締めます。 アイネ・クライネ・ナハトムジークの名盤 名盤として名高いこのCDが、価格が安くなって再発売されています。 まさに「お得なCD」だと思います。 ベームが80歳代を過ぎたころの晩年の録音です。 ウィーン・フィルの「アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク」だけでなくベルリン・フィルの「ポスト・ホルン」の演奏も名演です。 「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」はテンポは抑えめで演奏されてはいます。 その中でベームの指揮とウィーン・フィルの演奏が相乗効果を生み出し、心の躍るような楽しい演奏を聴かせてくれます。 「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」の1枚目のCDとしてもオススメできるCDです。 1992年9月、岡谷での録音です。 毎年夏に開催されるセイジ・オザワ・松本フェスティバル(旧サイトウ・キネン・フェスティバル松本)では、このタッグを聴きに来ようと全国から音楽ファンが集まります。 同楽団は、バッハの宗教曲やモーツァルトの交響曲の演奏をオリジナル楽器でおこなっていることでも有名です。 小編成のオリジナル楽器のオーケストラの澄んだ軽やかな演奏が楽しめます。

次の

アイネクライネナハトムジーク : 作品情報

アイネ クライネ ナハト ムジーク

伊坂幸太郎と斉藤和義の絆が生んだ恋愛小説集が待望の映画化! 多くの熱狂的ファンを惹きつけてやまない大人気ベストセラー作家・伊坂幸太郎、絶大な支持を誇る稀代のシンガーソングライター・斉藤和義。 時代を超えて圧倒的なリスペクトを集める2人の〈出会い〉が、この奇跡のラブストーリーのプロローグだ。 これに新たな4編が加わり、伊坂らしい伏線と名言が散りばめられた6章からなる連作小説集が完成。 待望の映画化にあたり「映像化するなら彼にお願いしてみたい」と伊坂がラブコールを送ったのは、恋愛群像劇の名手として今最も注目を集め、『愛がなんだ』で各地の劇場で満席続出の大ヒットを放った新鋭監督・今泉力哉。 脚本は『アヒルと鴨のコインロッカー』など伊坂原作に定評のある鈴木謙一。 音楽を手がけたのは無論、斉藤だ。 物語のキーとなる主題歌「小さな夜」を書き下ろし、グルーヴィーなサウンドで全編を彩る。 物語と映像と音楽のこれ以上ない才能の緊密な連携。 心地よい余韻が広がる、本作独特の世界観の魅力がここにある。 三浦春馬と多部未華子の恋物語に魅力きらめく個性派キャストが集結! 劇的な〈出会い〉を待つ男・佐藤を演じるのは、映画・ドラマ・舞台・MCと近年ますます活躍めざましい三浦春馬。 そこに偶然現れる原作の「シャンプーさん」こと紗季に扮するのは、こちらも人気実力派の多部未華子。 3度目の共演となる2人の恋を軸に、不器用ながらも愛すべき人々の思いがけないめぐり会いの連鎖が10年に渡って描かれる。 共演には、原田泰造、貫地谷しほり、矢本悠馬、森絵梨佳、恒松祐里、萩原利久ら、一味も二味も違う演技派から旬のきらめきがまぶしい若手注目株まで、豪華かつフレッシュな俳優陣。 伊坂作品ならではのオール仙台ロケで、仙台出身のサンドウィッチマンも登場する。 多彩な才能と個性の〈出会い〉が重なり合って生まれた、愛と驚きと幸福感に満ちた〈出会い〉のドラマ。 思いがけない絆が巡りめぐって、 奇跡のような瞬間を呼び起こす、 10年越しの恋の物語。 仙台駅前。 大型ビジョンを望むペデストリアンデッキでは、日本人初の世界ヘビー級王座を賭けたタイトルマッチに人々が沸いていた。 そんな中、訳あって街頭アンケートに立つ会社員・佐藤(三浦春馬)の耳に、ふとギターの弾き語りが響く。 歌に聴き入るリクルートスーツ姿の本間紗季(多部未華子)と目が合い、思いきって声をかけると、快くアンケートに応えてくれた。 紗季の手には手書きで「シャンプー」の文字。 思わず「シャンプー」と声に出す佐藤に紗季は微笑む。 元々劇的な〈出会い〉を待つだけだった佐藤に、大学時代からの友人・織田一真(矢本悠馬)は上から目線で〈出会い〉の極意を説く。 彼は同級生の由美(森絵梨佳)と結婚し、2人の子供たちと幸せな家庭を築いている。 変わり者ながらも分不相応な美人妻と出会えた一真には不思議な説得力がある。 佐藤は職場の上司・藤間(原田泰造)にも〈出会い〉について相談してみるが、藤間は愛する妻と娘に出て行かれたばかりで、途方にくれていた。 一方、佐藤と同じく〈出会い〉のない毎日を送っていた由美の友人・美奈子(貫地谷しほり)は、美容室の常連客・香澄(MEGUMI)から紹介された、声しか知らない男に恋心を抱き始めていた。 織田家の長女・美緒(恒松祐里)は高校生になり、同級生の和人(萩原利久)や亜美子(八木優希)と共にいつもの毎日を送っている。 そして佐藤は、付き合い始めて10年になる紗季に、意を決してプロポーズをするが…。 果たして佐藤と紗季の〈出会い〉は幸せな結末にたどり着けるのか。 思いがけない絆で佐藤とつながっていく人々が、愛と勇気と幸福感に満ちた奇跡を呼び起こす。 原作者:伊坂幸太郎 1971年生まれ・千葉県出身で仙台在住。 2000年、『オーデュボンの祈り』で第5回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。 04年『アヒルと鴨のコインロッカー』で第25回吉川英治文学新人賞、『死神の精度』で第57回日本推理作家協会賞短編部門を受賞。 08年『ゴールデンスランバー』で第5回本屋大賞と第21回山本周五郎賞を受賞。 2014年9月26日に全6章から成る連作小説集『アイネクライネナハトムジーク』を発売。 同年10月11日、芥川賞作家・阿部和重と、小説の世界では珍しい合作『キャプテンサンダーボルト』を発表。 他『首折り男のための協奏曲』、『死神の浮力』、『ガソリン生活』、『砂漠』、『陽気なギャングは三つ数えろ』、『サブマリン』、『AX アックス』、『ホワイトラビット』、『フーガはユーガ』、『シーソーモンスター』などがある。

次の