トイレ 詰まり 道具。 トイレつまりの直し方(完全ガイド)|水道一番館

道具なしでもOK!トイレ詰まりの直し方はお湯とバケツで解消

トイレ 詰まり 道具

トイレが詰まった時の原因• 大量のトイレットペーパー• 便などの排泄物• ティッシュペーパー• 落としてしまった鍵、おもちゃ、洗剤のフタなどの固形物• 赤ちゃんのおしりふきやおむつ• 生理用品• トイレ用ペーパークリーナー トイレが詰まった時、対処法方が分からないと思わぬトラブルになることがあります。 水が詰まった時の原因を知って適切な対処法で詰まりを解消しましょう。 トイレが詰まった時、何が原因で水が流れなくなったのか分からないことがあると思います。 水で溶けない物を流してしまうと詰まりを起こすことは容易に想像が出来るかと思いますが、水に溶けるとされている物でも詰まることがあります。 水に溶けるとされているトイレットペーパーも便などの排泄物といっしょに大量に使用して流すとうまく流れることが出来ずに詰まってしまう事があります。 水に溶けると表記のある赤ちゃんのおしりふきやトイレ用のペーパークリーナーは水に溶けるまで時間が掛かります。 便器や排水路に溶けきらずに残ってしまった場合に何度か通常のトイレの利用でトイレットペーパーを流す詰まらせる原因になってしまう場合があります。 トイレが詰まった時の対処法 トイレが詰まった時はラバーカップ(通称:すっぽん)を使用して対処するのが1番早くて確実です。 ラバーカップは詰まりの原因がわからない場合でも詰まりを解消することができます。 トイレが詰まった時のラバーカップの使い方はトイレの穴に押し当ててズボズボ押し引きするだけと考えてる人が多いかと思いますが、実は使い方にコツと何点かの注意点があります。 使い方のコツは押すときに力を入れるのではなく、「引っ張るときに力を入れる」です。 ラバーカップは中を真空状態にして引くときに詰まりの原因を取り除くイメージです。 トイレの中に押すときはゆっくりと押し、引くときは力を入れて勢い良く引きましょう。 何度か押し引きを繰り返すとゴボゴボと音をたてて詰まりが解消されて水が流れていきます。 トイレが詰まった時にラバーカップが無い場合の対処方法 トイレが詰まった時、ラバーカップが家に無い場合のトイレの詰まりの対処方法はあるので慌てずに実践できる方法を試してみましょう。 バケツでお湯を流す 何かを落としてしまった詰まり以外は、トイレが詰まった時にお湯を流すだけで簡単に詰まりが解消する場合があります。 お湯を入れることによって温度を上げ詰まりの原因となる油分が分解されることや、トイレットペーパーやティッシュペーパーが原因の場合も溶けやすくなるため、詰まりが解消する可能性が高くなります。 できるだけ高い位置から穴に向けてお湯を少しずつ入れて水圧と共に奥までお湯が届くようにするのがポイントです。 重曹とお酢を入れる トイレ用のペーパークリーナーを流した後でトイレが詰まった時は重曹とお酢で溶かします。 便器内の水が多すぎてしまうと重曹、お酢が薄まり効果も減ってしまうので、便器内の水はできるだけ少なくしてから入れましょう。 入れた後は約1時間放置してから水を流します。 ペットボトルを使用する ペットボトルの底を切って使用することでラバーカップの代用ができます。 状況によって手が便器内に触れるのでゴム手袋をして作業してください。 500mlの丸型のペットボトルを用意して底から3cm位のところを切り取ります。 使用するのは上の部分です。 フタを外した状態のペットボトルの上の部分を便器の穴に奥まで押し込みます。 押し込むとペットボトル内に水が入ってきて飲み口の部分から溢れます。 ペットボトル内に水が充満している状態で飲み口の部分を指で押さえるかフタをして、ラバーカップと同じ要領でペットボトルを押し引きします。 何度か押し引きを繰り返すとゴボゴボと音をたてて詰まりが解消されて水が流れていきます。 食品用のラップを使用する 食品用のラップを使用してトイレの詰まりを解消することもできます。 便器を覆うように隙間無く何度か食品用のラップを便器にかけます。 便器のふち周りをスルっと押してラップを便器に密着させてから水を流すとラップが膨らみますので、膨らんだ部分を両手で何度か押し込みます。 何度か押すと詰まりが解消されます。 トイレが詰まった時、放置すれば直ることもある トイレが詰まった時は放置しておけば直るという話を聞いたことがある人もいると思います。 放置しておくだけで本当に直るの?と疑問に感じてしまう人もいるでしょう。 これは正確に言うとトイレの詰まりがトイレットペーパーが原因だった場合は本当です。 市販されているトイレットペーパーは水溶性の商品ですので、時間と共に水に溶けて詰まっていたトイレットペーパーが少なくなっていきますので詰まりは解消されます。 トイレットペーパーの他は、お掃除シート(水に溶けると書いてある場合)と便も同じ理由で放置をしておくだけで詰まりが解消されます。 水に溶けない普通のティッシュペーパー、洗剤のキャップ、生理用ナプキンなどは放置しておくだけでは詰まりを解消することができないので状況に合わせた対処法をしてください。 トイレが詰まった時に見られる前兆 トイレが詰まった時に慌てるのではなく、詰まってしまう前兆を見逃さなければトイレが詰まる前に対処して予防することが出来ます。 たまっている水の水位が高い トイレにたまっている水の水位が高いときは、トイレや排水管が詰まりかけている状態になっています。 水が流れにくくなっているので流れることが出来ない水で水位が上がっていると考えてください。 流すときの水流が少ない 水を流すときの水流が少ない場合でも、うまく流すことが出来ずにトイレが詰まったように感じることもあります。 このような場合は便器側の問題ではなくタンク側の問題になります。 タンク内のごみの堆積やフロートなどの劣化や破損の場合もあります。 汚れやごみが原因でしたらタンクを掃除することで詰まりを解消することが出来ますが、タンク内部の劣化や破損の場合はトイレ修理の業者に依頼して対応してもらいましょう。 流すと異音がする 水を流すときにゴボゴボという音がした場合は、異物による詰まりの可能性が高いのでトイレが詰まる前にラバーカップを使って対処しましょう。 トイレの詰まりの予防方法 トイレが詰まった時は解消するために色々と大変になってしまいます。 日頃から気をつけるだけで詰まりの予防になるので実践しましょう。 トイレットペーパー以外を流さない トイレットペーパーが無いからとティッシュペーパーを代用してしまうと、ティッシュペーパーは水に溶けないため詰まりの原因になってしまうので使用はやめましょう。 1度に大量にトイレットペーパーを流さない トイレットペーパーは水に溶けますが、1度に大量に流してしまうと溶けづらくなってしまい詰まりの原因になってしまいます。 これはトイレが詰まった時に初めて気がつく原因の1つですので、大量にトイレットペーパーを使用してしまいそうなときは何度かに分けて流すようにしましょう。 異物は流さない ペット用のトイレの砂、赤ちゃんのおむつなどはトイレに流すと吸水性が高く膨れますので詰まりの原因になります。 その他の本来トイレに流さないような物をトイレに流してしまうと詰まりの原因になるのでやめましょう。 節水用のペットボトルは使わない トイレのタンク内にペットボトルを入れ節水するという方法を実践している人もいるかと思いますが、流れる水の量や水圧が減ってしまい、本来流れるはずの物が流れきれずに止まってしまい詰まりの原因になりますのでやめましょう。 色々試してダメなら業者に依頼 トイレが詰まった時の原因別の対処方法を紹介しましたが、試してみても詰まりが解消されないようでしたら業者に依頼しましょう。 トイレが詰まった時に依頼する業者は1社だけではなく数社に問い合わせて見積もりをしてください。 できれば依頼をする前にインターネットで口コミなどで評判を確認してみることをおすすめします。 出張料金を含まない見積もりを出してきて、精算時に上乗せする業者もあるので注意が必要です。 業者へ依頼する前に、市販のトイレ詰まり解消グッズを試してみてはいかがでしょうか。

次の

トイレつまりどうすれば良い?確認すべき2箇所と自分で直す方法

トイレ 詰まり 道具

薬品洗浄で行うトイレの詰まりの直し方 薬品洗浄を行う場面 軽度~重度まで、使用する場面はいろいろあります。 一番初めに行うことが多いのが薬品洗浄です。 これは異物除去の目的以外にも、今後の詰まりの予防目的にも使用します。 強アルカリ性の特徴は、排水管などをヌルヌルさせ滑りを良くすることで、 人間の血管で例えると動脈硬化のような状態を防止する役割があります。 特にマンションなどの集合住宅で縦排水になっている建物でよく使用します。  薬品投入後、5~10分待ってから、 ゆっくり水を流して様子を見ます。 軽度のトイレつまりの場合、この時点で解消する直し方です。 重度の場合は薬品だけで解消することはありませんが、 強アルカリの吸着率の効果で、今後の流すものの滑りを良くします。 ラバーカップで行うトイレの詰まりの直し方 ラバーカップを行う場面 一般の家庭で行われる直し方で一番多い直し方です。 携帯電話などの溶けない固形物などを詰まらせない限り、 一番初めに試したいのが、このラバーカップです。 注意点は複数回ラバーカップを試して流れないケースです。 例えばオムツや生理用品などは水を吸って膨らむ習性がありますので、 無理に押し込み過ぎると、便器を通過させることができたとしても、 排水管で必ず詰まってしまいます。 便器の問題点(詰まった原因)を把握しておかないと悪化させることがあります。 ラバーカップを使用する場合は、 念のため水跳ね対策を行ってから行ってください。 使い方は便器の排水口に向かって、 押し込んでスッポーーンと引き抜くように複数回繰り返すだけです。 水跳ね対策の詳しい記事は、 無理は禁物です!トイレが詰まったら行う対処と2つの注意点をご覧ください。 ローポンプで行うトイレの詰まりの直し方 ローポンプを行う場面 便器内部に問題がある場合で、紙を大量に流してしまった という時に使用する頻度が高いのが、ローポンプ作業です。 かなり強力なので溶けないものや、 オムツなど無理をすると押し込んでしまう可能性があります。 普段この作業を行っている水道屋さんなら、 複数回試した手ごたえでローポンプで解消するか解消しないかの 判断ができると思います。 (これ以上押し込んで良いのか・悪いのか) ハンドル部を引く時に、汚水を吸い込み、押す時に汚水を吐き出します。 ラバーカップの強力版です。 ハイスパットで行うトイレの詰まり 直し方 ハイスパットを行う場面 頑固な詰まりで行う作業で、便器に直接圧を掛けることも 便器脱着後の排水管に直接圧を掛けることもできます。 手動の道具の中では一番強力な圧がかかります。 トイレットペーパー以外の溶けない厚手の紙 (お掃除シート・お尻拭きなど)も強力に押し流します。  自転車の空気入れの要領で空気圧をタンクに溜めて、 一気に圧を掛ける直し方になります。 ラバーカップやローポンプと違い、圧を高く掛けるなどの調整ができます。 圧を掛け過ぎると便器が割れてしまうこともあるほど強力です。 (勿論、そうならないように調整はしますが^^;) マンションなどの集合住宅の場合、縦排水になっており 排水マスをチェックすることができない時があります。 このように便器を外してみたら排水管自体が詰まっていた場合でも、 直接圧を掛けることができます。 ワイヤーブラシで行うトイレの詰まりの直し方 ワイヤーブラシを行う場面 トイレでは小便器などの径が細いパイプの尿石除去のために 使用することが多いのがワイヤーブラシです。 使用イメージとしては、心臓のバイパス手術のように、細いパイプに付いた 尿石をワイヤーでガシガシお掃除する時などに使用します。 ホームセンターなどで購入されている方がいますが、 便器の構造上S字トラップになっていることで、 ワイヤーが通しにくいという理由から一般の方では難しいと思います。 水道屋さんも一般的に洋式便器の詰まりでワイヤーを使用することはあまりありません。 使用するなら便器を外した後に、直接排水管に向かって行うものです。 こちらは薬品洗浄後、小便器を取り外してワイヤーで尿石をガリガリした後、 ハイスパットで圧を掛けているところです。 ワイヤー作業が地味すぎて写真を撮り忘れてしまいました^^; その後、高圧洗浄で尿石を洗い流しているところです。 このように一つの作業では解消しない場合でも、 大体こちらで紹介している7つの直し方を複合させて トイレの詰まりを直していきます。 便器脱着で行うトイレの詰まり 直し方 便器脱着を行う場面 溶けない異物を流したケースで行うのが便器の脱着作業です。 トイレに異物を流してしまった場合、押し流すことを考えてしまいがちですが、 便器を通過したとしても必ず排水管でひっかかることになりますので、 悪化を防ぐために流すのではなく、取り除く作業になります。 こちらは一切、水が流れず ハイスパットを行っても状態が変わらなかったトイレです。 便器を取り外してみるとプラスティックのブラシの上に 大量のトイレットペーパーが引っかかっていました。 このような溶けない異物は、便器を取り外すしかありません。 高圧洗浄機で行うトイレの詰まり 直し方 高圧洗浄を行う場面 便器外部に問題がある場合に行う作業です。 トイレの詰まりでは、水道屋が一番最初に 確認するのが排水管の状態です。 特に一軒家の場合、一番最初に排水マスを全て開けて確認し、 排水管に問題があるかないかを判断します。 排水管が汚水で一杯になっている場合など、 逆噴射の胃カメラのようなホースで 排水管の汚れなどをお掃除する時に使用します。 排水マスをチェックして、画像のような状態の時に 高圧洗浄を行ってトイレの詰まりを直します。 高圧洗浄後は、排水管の経年劣化や欠落などを確認することも大切です。 トイレの詰まり 軽度~重度なものまで解消する7つの直し方をご覧いただきました。 軽度なトイレの詰まりが発生した時に慌てないようにするためにも ラバーカップは用意しておくことを、おすすめします。 自身で直せないと判断された場合は、 無理をせず業者に依頼することをおすすめします。

次の

トイレつまりの直し方5選。初心者でも自分で解消することができる方法解説

トイレ 詰まり 道具

「その時」慌てず騒がず、といっても無理かも知れませんが、それでも! トイレが詰まって汚水が逆流してきたら、誰しも一瞬焦りますよね。 でも思い当たる節はないのか、考えてみて。 トイレ詰まり原因のトップは、実は「トイレットペーパー」。 ですからなるべく少量使用を心がければ、節約にも繋がり一石二鳥? ただ節水が原因で水圧が足りずに詰まるケースも散見されます。 注意してくださいね。 <トイレのつまりの原因で考えられること>• 紙(トイレットペーパー、流せるお尻拭き、お掃除シートなど)• 異物(ティッシュペーパー、生理用品、おむつ、携帯電話、ボールペン、貼るカイロなど)• 節水(水圧不足)• 配管トラブル• 合併浄化槽の汚物の溜まり過ぎ 上記以外にも、小さい子どもがオモチャなど流してしまうこともあるでしょう。 また、冬場にかけては、流したことに気付かないことが多いカイロも要注意です。 つまってしまったらどうする? 直し方を紹介 思い当たる原因がトイレットペーパーか便といった水に溶けるもの、あるいは水圧不足であれば、 まず「ラバーカップ」(スッポン)を使ってみるのも手です。 ホームセンターや100円ショップでも購入できます。 また「ラバーカップ」よりも強力な道具に「真空式パイプクリーナー」があります。 ラバーカップよりは若干高価ですが、それでも2000円前後、ホームセンターやネットショップでも購入できます。 いずれも便器内の排水口に吸着部を密着させ、静かに器具を動かして引き、汚水が吸い込まれていくまで繰り返します。 このとき、便器周囲は新聞紙で覆い、汚水飛散に備えましょう。 使用後のラバーカップ等の置き場も用意しておきましょう(ゴミ袋と新聞紙で覆ったバケツなど)。 つまりが取れ、水が流れるようであれば、バケツや洗面器に汲んだ水を少しずつ流して様子を見ます。 いきなり水洗レバーに手をかけないようにしましょう。 万一つまりが取れていなかった場合、周囲を水浸しにしてしまいます。 原因がボールペンや携帯電話など溶けないものや、量そのものが多く、 ラバーカップ等での効果が見られない場合には、専門業者に依頼したほうが無難です。 ただしその際の見積もり額、対処の質は残念ながらかなり業者によって差がある分野。 「もしも」の時、安心して依頼できる近隣の業者を、日頃からリストアップしておけると良いですね。 【関連記事】•

次の