さよならが喉の奥に。 back number ハッピーエンド 歌詞

ハッピーエンド(back number) / コード譜 / ギター

さよならが喉の奥に

臭い玉って知っていましたか?臭い玉は、「においだま」または「くさいたま」などと読まれ、喉の奥からポロッと出てくる米粒状のくさ~~い物体です。 長い年月生きていると、1度や2度は経験ありますよね~。 子供の頃に出た経験があります。 扁桃と言う場所は、雑菌や食べかすなど、喉の粘膜の老廃物が貯まる場所でもあります。 その溜まった老廃物に、さらに身体からの老廃物が溜まり、腐敗し溜まったものが臭い玉となります。 だから臭い玉は、だれでも驚くほど臭いのです。 臭い玉は、口臭の原因になることは想像できますが、これが肌荒れや肩こりを起こし、挙句の果ては、腎臓や心臓などまったく関係のない部分に悪影響を及ぼすというのは、始めて耳にしました。 あなたの風邪は「喉から?」「鼻から?」と言うCMは有名ですが、私の場合は、風邪はほとんどが喉から始まります。 外界と接する喉には、驚くようなことがたくさんあると言います。 試してガッテンでは、臭い玉を含め扁桃の実態を紹介しました。 喉からでるくさ~い白い米粒は臭い玉 謎の白い玉を放っておくと、肌荒れや肩こり、関節炎、心臓病、大腸炎、失明などの原因となることがあるようです。 この謎の白い玉を「ニオイ玉」といいます。 うがいをした時に、ご飯粒のような白いものがでてきて、すごいニオイがするものは「ニオイ玉」です。 ニオイ玉が原因となり、腎臓病になったり、手と足に湿疹ができることもあるようです。 また、風邪を引くと、いつも喉から症状がでるそうです。 ニオイ玉は、口の中の扁桃の横にできるそうです。 鏡で喉の扁桃腺の横を覗くと見ることができます。 ニオイ玉の正体を確認してみようとニオイ玉を拡大してみると、歯周病菌や大腸の悪玉菌のような細菌のかたまりでした。 ニオイ玉の正式な名称は「膿栓」(のうせん)という細菌です。 1mmの膿栓に、約1~2億の細菌が密集しているそうです。 人は細菌から体を守るため、喉から入った細菌をT細胞が攻撃をしかけ殺してしまいます。 その死骸が塊となって集まったのが膿栓です。 しかし、それが繰り返し起こると慢性扁桃炎となったり、T細胞が暴走して全身の正常な機能を攻撃してしまうようなことが起こります。 治療法としては、扁桃をとってしまうそうです。 いわゆる、昔よく行われていた扁桃腺をとることです。 扁桃腺をとっても免疫力が下がることはないそうです。 予防法 鼻呼吸をしている人が口呼吸をすると、口の中が乾燥しやすくなり慢性扁桃腺が起きやすくなります。 口呼吸となるのは、口の周りの筋肉の衰えと、口開けてしまう「クセ」が原因だそうです。 そこで口の周りの筋肉を鍛える方法を教えてくれました。 歯と唇の間にボタンを入れてくわえ、口のちからでペットボトルを持ち上げます。 5秒持ち上げる運動を1日20回行います。 水の量は持ち上げられる重さの半分程度にするといいそうです。 そのシールを見たら「口を閉じる」と思い出すことで、クセを治すことができます。 クセは本当に治すのが大変です。 意識することが大切ですがツイツイ忘れてしまいます。 テレビやパソコンなど、いろんなところに「口を閉じる」のシールがあれば、自然に目に付くのでハッと思い出せますね。 口を開けるクセのあるかた、ぜひやってみてください。

次の

肩こり、頭痛、だるいのは鼻奥の炎症が原因かも。セルフチェック方法

さよならが喉の奥に

更年期障害の1つにピンポン玉症候群があります。 これは、喉に何が詰まった感じがして何だか息苦しかったり、飲み込もうにも飲み込めず、吐き出すこともできず、何ともイヤな感覚が続きます。 場所は、鎖骨の中央辺り、ちょうど喉と胸の間の凹んだあたりになります。 喉のつかえは初めのうちは本当に何かが詰まっているかと心配になります。 髪の毛がクルクルと毛玉になって喉にへばりついているような感覚や大きな空気の固まりが喉につかえている感覚など症状は様々です。 耳鼻咽喉科を受診してファイバースコープで喉の奥を覗いても何もありません。 何も見つからないと、耳鼻科では治療が出来ないため、精神的なものとして心療内科に回されることがあります。 喉のつかえは、ピンポン玉症候群などと言われますが、東洋医学では、「梅核気 ( ばいかくき )」ともよばれ4000年の昔からある症状の1つです。 中国では、梅干しの種が喉に詰まったような感じから「梅核気 ( ばいかくき )」と呼ぶようです。 「梅核気 ( ばいかくき )」は、ヒステリー球とも呼ばれていますが、必ずしも感情をコントロールできないかと言うとそうでもありません。 更年期の時にとかく女性はイライラしがちですが、「梅核気 ( ばいかくき )」は、それに関わっている可能性もあります。 喉の詰まりは1日中続くかと思うとそうでもなく、何かに集中していたりすると忘れていることがあります。 そうなると、はやり精神的なことなのかと思います。 喉の詰まりは精神的なものか? 良く何か物事が解決すると「胸のつかえが取れた」などと表現しますが、喉のつかえが取れたら同じようにすっきりするだろうな~と想像します。 「胸のつかえが取れた」を辞書で調べると• 不安に感じていた物事が解決すること• 不満や怒りが消えて心地よいさま• 心が落ち着くこと とあります。 まさに、更年期時期のホルモンバランスの崩れによる「不安感や不満感、心が落ち着かない様子」が「喉の詰まり」になって表れているのかもしれません。 検査をしても何も問題なければ、更年期障害を軽くするための運動やサプリメントなどで様子を見ます。 不安材料やイライラの原因が分かっているなら、原因を取り除く努力をします。 辛くて日常生活に支障をきたす場合、心療内科を受診すると精神安定剤を処方してくれます。 精神安定剤による治療 辛い時はガマンするより薬を飲んだ方が良いと言う意見と、精神安定剤はなるべくなら飲まない方が良いと言う意見があり、医者の中で意見が分かれるところです。 私は、一時期軽い精神安定剤である「デパス」か「 レキソタン」を飲んでいました。 デパスは、重度の肩こりや自律神経失調症にも使う一般的な安定剤ですが、服用すると心が落ち着き、喉の詰まりもなくなります。 同時に不眠症も解消され良いことずくめだと感じますが、頭がボ~として集中力が落ちました。 何となく筋力が無くなり、ふわっとして力が出なくなりました。 私の場合、かなり記憶力が落ちました。 数年ほど寝る前に1錠ほど飲み続けていましたが、怖くなってやめました。 医師の指示通りにやめたので離脱症状はありませんでしたが、辛いので何度も戻りそうになりました。 離脱症状とは、薬をやめることによる副作用です。 身体は安定剤が定期的に入ってくると思っている所に急に入ってこなくなるので、バランスが崩れます。 更年期の時期の喉の詰まりは更年期障害の対処法で 更年期の喉の詰まりは、女性ホルモンのエストロゲンの減少による自律神経の乱れからきていることが多いです。 このため、精神安定剤よりも更年期時期をソフトランディング(穏やかな終息)させるためのエストロゲン補充が向いていると思います。 急激に減っていくエストロゲンを少し補うことで、身体が大きくバランスを崩すことを避け、女性としての機能を穏やかに終息させます。

次の

乾燥にさよなら!私の喉ケア事情。

さよならが喉の奥に

今、痛めたくない喉(のど)。 ただでさえストレスが大きくかかる中、喉の不調はもちろん、頭痛や肩こり、慢性疲労、うつ状態などが続くのも避けたいものです。 このような不調はいつものことだと諦めてしまいがちですが、 「その長引く不調、鼻奥の炎症が原因かもしれません」と話すのは医師の堀田修(ほった・おさむ)先生。 自身が経営する病院の院長に加え、診療科の枠を超えて病気の根本原因を探り対処するNPO法人の理事長を務める堀田先生は、 「上咽頭を鍛えたら、心身の不調が改善する」と言います。 著書『自律神経を整えたいなら上咽頭を鍛えなさい』(世界文化社)から、健康の鍵を握る上咽頭の役割や今すぐできるセルフケア方法を紹介します。 堀田先生曰く、原因不明の心身の不調を抱える患者さんの鼻奥を調べると、上咽頭という部分に炎症が認められるそう。 では、普段あまり耳にしない「上咽頭」とはどんな働きをしているのでしょうか? 上咽頭は口蓋垂(のどちんこ)の後ろ上方にあり、気道の一部。 呼吸によって左右の鼻から入った空気が合流し、流れを変える場所を指します。 上咽頭は空気専用の通り道ですから、細い毛の生えた繊毛上皮で表面が覆われています。 繊毛上皮の間には多くのリンパ球(白血球の一種でウイルスなどを攻撃する)が存在し、外界と直接接し、見張り役をしています。 リンパ球は空気中の細菌やウイルス、ほこりや花粉、黄砂や、PM2. 5などの汚染物質を排除して体を守る役割をしているのです。 『自律神経を整えたいなら上咽頭を鍛えなさい』35ページより引用 つまり、 上咽頭はさまざまな異物から体を守ってくれている強力な免疫装置。 そして、免疫の関所であるとともに、自律神経のコントロールにも密接に関わっているそう。 なぜなら、上咽頭は、 自律神経のうちの副交感神経の主体をなす迷走神経が広く分布しているから。 堀田先生は、「上咽頭が常に強い炎症を起こしていると、炎症による刺激が迷走神経の感覚神経を介して脳に伝わり、 自律神経の中枢、すなわち視床下部にまで影響を及ぼします」と言います。 そうなると、過剰な自律神経の反応を引き起こし、全身の臓器にトラブルが引き起こされてしまうのだとか。 健康な人でも起こりやすい 免疫の関所であるということは、「逆にいうと上咽頭は常に戦場であり、健康な人でも炎症が起こりやすい宿命にあります」と堀田先生。 上咽頭の炎症は、急性と慢性に分けられます。 カゼをひくことで生じる 急性上咽頭炎は、免疫力が高ければすぐに治り、抗菌剤や消炎剤が効き目を発揮するそう。 一方、この場所で慢性的な炎症が起こるのが 慢性上咽頭炎です。 慢性の場合は、抗菌剤や消炎剤などの薬が効かないため、とても厄介! 上咽頭炎を悪化させるきっかけはカゼやインフルエンザなど、細菌やウイルスの侵入だけではありません。 花粉や粉塵、黄砂、タバコの煙、ストレスなど、ほんの小さなことも引き金に。 日常で気をつけるべきことはたくさんあるのですね。 また、「台風や低気圧が近づくと、頭痛や肩こり、だるさやめまいなどの体調不良を引き起こす 『気象病』の原因のひとつに、実は慢性上咽頭炎が関連している」と堀田先生は考えています。 気圧が下がると静脈やリンパ管に大きな影響を与え、脳から排出された老廃物の通り道として重要な鼻咽頭のリンパ管の流れが滞ってしまうそう。 慢性上咽頭炎をチェックする方法 このように、 いつも感じている不調は、慢性上咽頭炎が原因かもしれません。 そこで本書では、慢性上咽頭かどうか確認できる3つのポイントを紹介しています。 POINT. 1 耳の下を押すと固い。 痛む 首すじあたりを中指で押すと、痛みがあったり、筋肉の強いハリを感じたりする POINT. 2 口呼吸である 自然に口を閉じたとき、下の先が上あごにくっつかず、歯の裏側につく POINT. 3 後鼻漏がある 鼻水が鼻ではなく、のどから流れ落ちてへばりつくような感覚がある 『自律神経を整えたいなら上咽頭を鍛えなさい』10、11ページより引用 すべてあてはまると、慢性上咽頭炎が疑われます。 さっそくチェックしてみましょう。 鼻うがいが有効! 自分でできる上咽頭の鍛え方 慢性上咽頭炎にあてはまった人も、そうでない人も、上咽頭を守り鍛えることが大切に。 ここでは、自分でできる上咽頭の鍛え方を紹介します。 まず、上咽頭をクリーンな状態に整えるためにおすすめなのが、 鼻腔全体を直接洗い流す「鼻うがい」です。 実は一般的なのどうがいでは、細菌やウイルスの門番である上咽頭までは届いていないのだとか。 鼻うがいなら風邪予防効果が高い上、ほこりや花粉などのアレルゲンを洗い流し、鼻の粘膜も洗えるため、鼻詰まりなどの不快感も解消できます。 鼻うがい専用のキットを使うと手軽に習慣づけられるようになると、堀田先生は推奨しています。 鼻全体を洗ってスッキリ! 鼻うがいのやり方• 軽く前かがみになり、「エー」と声を出しながら片方の鼻から生理食塩水を注入する。 もう片方の鼻から生理食塩水を出す(口から出してもよい)。 これを2回くり返す。 『自律神経を整えたいなら上咽頭を鍛えなさい』130ページより引用 また、鼻うがいよりさらに手軽なのが 「上咽頭洗浄」。 頭を斜め上に向けて、片方ずつ両鼻に生理食塩水を約2ml入れます。 こうするとピンポイントで上咽頭を洗浄でき、簡単で違和感もないのだそう。 朝晩二回がおすすめです。 さらに、首が冷えてうっ血すると上咽頭の炎症を招いてしまうため、 首を温めることも効果的! ふだんから首の大きく開いた服装は避け、ストールなどを活用するとよいといいます。 このほか、口呼吸を改善する方法など自分で始められる内容や、薬を使わない治療法が本書では紹介されています。 上咽頭を鍛えるセルフケアから始めて、不調にさよならをしましょう。

次の