スカーフヒヒダルマ。 ヒヒダルマ

ヒヒダルマ : スカーフ型ヒヒダルマ育成論

スカーフヒヒダルマ

こんにちは、もけもけと申します。 この度は構築記事を開いていただきありがとうございます。 シーズン7ランクバトルお疲れ様でした。 最終2桁にはギリギリ届きませんでしたが、自身最高の結果を残せたので記事に残したいと思います。 【コンセプト】 ・ステロor状態異常を絡めてこちらのックスエースor鉢巻ゴリラ、スカーフを対面的に通していく。 ・選出時点では考慮しにくい型のエースを押しつける。 C振りではあるがミラーが起こった際に相手の襷を貫きたいので竜打点としてドラゴンアローを採用。 鬼火や電磁波で相手の初手ックスに抗えたり、打点のない相手にも状態異常技で最低限の仕事ができる点が偉かった。 環境が物理に寄っているため、ックス時の撃ち合い性能がかなり高かった。 このが悪巧みを積んだ状態になると、相手は強制的にックスを切らないと受けられない状況になることが多い。 かつ場持ち性能が非常に高いため、ックスが終わったあとにエアスラ怯みを押しつけられる展開になることが多かった。 炎技としてマジカイムを採用することで、本来不利をとってしまうような一部の特殊 例:、火 に対しても抗えるようになった。 後述するエースバーンが相手のエースバーンに対してどうあがいても同速勝負をしなければならないであるため、対エースバーンの処理ルートとしても重宝した。 はを出しにくい電気ックスエース パッチラゴンや飛 入りや耐久振りのに対して撃ち合えるように採用。 ダイナックルを撃てることで低速パーティによりこのを通しやすいと感じたため、最後の一枠に跳び膝蹴りを採用した。 結果、命中不安に泣きやすいになってしまったが外しはご愛嬌。 大体の相手は氷柱落としを考慮するとに対して引けないため、初手を無駄打ちさせることが多かった。 環境に増えていたゴリランダーに対しても突っ張る選択肢が可能であるため、雑に初手に投げて仕事をできることは多い。 今シーズンはを舐めている構築も散見されたためかなり強いだった。 初手出しは警戒されていた印象だったため、裏に置いて最後にコイツのグラススライダーを通すことが多かった。 ステロと組むことで草技の通しにくい飛行や炎タイプにもこのを通しやすくなると考えてステロ巻きと合わせて使用していた。 途中まで吹き飛ばしではなくなまけるを採用していたが、ラム持ちや浮いてる身代わり持ちが怖く、この技構成に落ち着いた。 ゴリランダーと一緒に選出した際にグラスメー下で地面技を打ちたい場面が少なからずあったので、10万馬力を採用。 と比べてラム持ちやゴリランダー等に対してもビビらず選出しやすいだった。 正直2桁に届かなくてめちゃくちゃ悔しいので次こそは頑張ります。 mokemokepoke.

次の

【ポケモン ソード&シールド】氷ヒヒダルマの育成論(種族値・努力値・技構成など)│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

スカーフヒヒダルマ

特性 効果 ちからずく 相手への技の追加効果が なくなり、威力が1. 3倍になる。 隠 ダルマモード HPが半分以下になると ダルマモードになる。 攻撃が非常に高く、 素早さも高いため、物理アタッカーとして育てやすいですが、防御と特防が低いので、耐久力は有りません。 ダルマモードになれば防御と特防が上がりますが、HP半分以下でしか発動しないので、使い方が難しい特性です。 特性について• ちからずくは、追加効果のある技を使うと、 効果が発動しない代わりに威力が 1. 3倍になる特性です。 また、追加効果がある技では、 いのちのたまの反動を受けません。 さらに、相手のだっしゅつボタン、レッドカード、アッキのみ、タラプのみや、にげごし、ききかいひ、へんしょく、わるいてぐせ、ぎゃくじょうの効果も発動させません。 ダルマモードは、自身のHPが半分以下になるとフォルムチェンジして、能力が変化します。 回復して半分より多くなると元に戻ります。 ヒヒダルマ 原種 の技候補 ヒヒダルマが覚える技の中で、有用なものを以下にまとめます。

次の

【ポケモン剣盾】スカーフヒヒダルマ育成論!速さで火力を活かせ!!

スカーフヒヒダルマ

Contents• 5倍になる。 サンパワー 天気が『ひざしがつよい』の時、『とくこう』が1. 25倍になるため、炎が等倍のポケモンに対しても、タイプ一致弱点技をぶち込んだ時と同じぐらいの火力が出ます。 技について、大文字でもかえんほうしゃでも、ダイマックスしたアイアントや、ヒヒダルマは倒せるので、その2対を強く意識するなら命中安定のかえんほうしゃがよいかと思います。 ダイバーンを打ったときの威力は大文字とかえんほうしゃで10しか変わらないので、通常時、外すリスクを考えるとかえんほうしゃ推奨ですが、多少のリスクを負ってでも高火力を出したい場合は大文字でも良いかもしれません。 「きあいだま」は命中率は悪いですが、環境に多くいるバンギラスに交代読みで当てることができれば、型によっては一撃で倒せ、バンギラスに勝てるようになるので必須です。 耐久に振っているバンギラスでも、交代読みできあいだまを当て、次ターンも当てることでダイマックスしてきてもだいたい倒せます。 その他技に関して、環境に多いトリトドンやヌオー、タイプ一致技を半減される水ロトムを意識するなら「ソーラービーム」、 ドラゴンを意識するなら竜の波動が良いかと思います。 基本的な立ち回りとしては、スカーフで上を取れていて有利な対面にて普通に技を打ち相手に負荷をかけたり、ダイマックスしてダイジェットにより素早さをあげたり、ダイバーンで晴れにした後、晴れ下に置ける高火力でごり押しします。 具体的な立ち回り 対ヒヒダルマorアイアント 特性五里霧中による高火力でスカーフ持ちであることが多いガラルヒヒダルマや、特性はりきりによる高火力で素早さ種族値も高いアイアントが、環境で猛威を振るっていますが、 こだわりスカーフを持たせたリザードンの方が速く、かつ、かえんほうしゃor大文字で倒せます。 アイアントに関しては、ダイマックスされても一発で倒せますが、ヒヒダルマがダイマックスしてきた場合は、晴れでければ7割程度しか入らないため注意が必要です。 対バンギラス ランクマッチにて、リザードンに対してバンギラスを後出ししてくる場面は結構ありました。 リザードンが「きあいだま」を採用していない場合、バンギラスに勝つことは不可能ですが、 きあいだまを採用している場合、バンギラスへの交代読みできあいだまを当てることで、型によっては一撃で倒せます。 耐えられたとしても、相手がチョッキでなければ、交代読み「きあいだま」を一発入れた後、相手がダイマックスしてきても次の「きあいだま」を当てれば勝てます。 チョッキの場合は落ちません。 対面の場合は、きあいだまを打つ際にダイマックス化されてしまうと倒せないので、基本的に交代読みor相手がダイマックスを切らしている際に打ちます。 また、リザードンがダイマックスしている場合は、ダイナックルだときあいだまより火力が落ちるため、勝てる可能性が低くなります。 そのため、相手のバンギラスが倒せるまではリザードンにはダイマックスは切らない方がよいです。 対サザンドラ、その他ドラゴン 対サザンドラやその他ドラゴンタイプのポケモンに対して、リザードンがスカーフで素早さで上を取っていたとしても「りゅうのはどう」で一発では倒せません。 他ポケモンで多少なりとも削った状態で最後のお掃除役として対処するか、ダイマックスして対処します。 ダイマックスした場合は、相手に上を取られる可能性があるため、その点考慮する必要があります。 そのため、ダイジェットからのダイドラグーン等で対処したりします。 対水ロトム 水ロトムに対しては、ダイマックスをしなければ一撃で落とされてしまうためリザードンで倒す場合はダイマックスします。 ダイマックスすれば一発耐えるため、ロトムに対してダイソウゲンを2発入れることができます。 しかし、相手がダイマックスしてきた場合や、相手の型によっては、2発で落とせないため勝つことは厳しいです。 対カイリキー カイリキーとリザードン対面だった場合、もし相手がチョッキを持っていた場合は、ダイマックスからのダイジェットを打ったとしても確定で耐えられ、ストーンエッジで返り討ちにあってしまいます。 そのため、基本的に逃げるのがよいかと思います。 晴れ状態下の炎技の火力は半端ないものの、環境にバンギラスが多いので、なかなか生かすことが難しいのでは?といった印象をもたれそうですが、 バンギラスへの交代読みきあいだまさえ当ててしまえば、なんてことないです 笑 あてさえすれば、、、.

次の