栃木県コロナツイッター。 【特定?】那須塩原市の新型コロナ発生場所どこ?誰?埼玉?鍋掛?

【栃木コロナ】栃木県大田原市で新型コロナウイルス感染者が確認される

栃木県コロナツイッター

新型コロナウイルス対策で続けられてきた一部業種の休業要請について、栃木県は11日、大部分を解除した。 外出自粛の要請も終わり、停滞した経済活動が活発になるが、依然として感染拡大の懸念は根強い。 ある県幹部は「感染を抑制できるか、県民にとって今週は本当の勝負になる」と訴えた。 11日午後、小山市の職員3人が地元自治会長と市内のパチンコ店を訪れた。 県内のパチンコ業界が申し合わせている感染防止対策の実施状況を確認するためだった。 県外からの来店を断る看板や従業員のマスク着用などを見て回った。 この店では警備員が入り口で客を検温し、県外客かどうか一人一人に尋ねていた。 店では一つおきに遊技台の電源を消して密接を防ぐ「間引き」が取られていたが、客が隣り合って台をのぞき込む場面を3カ所で確認したため、市職員は店長に伝えて改善を求めた。 栃木県は隣県の茨城、群馬、埼玉、福島がパチンコ店への休業要請を崩さない中、いち早く再開を容認した。 小山市には、隣り合う茨城からの来店を心配する市民からのメールが5月だけで10件届いた。 大久保寿夫市長は福田富一知事に対し、パチンコ店の休業要請の堅持を求める要望書を送っていた。 市は独自の自衛策として市内12店を市職員らが毎日巡回することに決めた。 市商業観光課の舘野雅俊課長は「『3密』ができないように営業してもらえば、パチンコ店が特別に感染リスクが高いというわけではない」と説明しつつ、巡回活動で市民の安心を担保したいと強調した。 31日まで続けるという。 県は、休業要請していた大半の事業者に対し、感染防止対策の徹底を条件に営業再開を認めた。 一方、接客をともなう飲食店やカラオケ、ライブハウス、スポーツジムの再開は認めていない。 全国のこうした施設でクラスター発生が確認されたためだ。 パチンコ店を「3密」の代表格とみなしてきた県庁内には再開容認に慎重な意見もあった。 ある県幹部は「業界を説得できる合理的な理由を見いだせなかった」と打ち明けた。 台の「間引き」や消毒設備がないまま再開したパチンコ店もあり、感染防止対策の足並みはそろっていない。 県はパチンコ店のクラスター化を心配する県民世論を意識し、業界団体「県遊技業協同組合」と協力して県内パチンコ店の巡回を11日に始めた。 組合の金順次理事長は「各店には対策の徹底を求めていく」と話している。 (池田拓哉).

次の

【特定?】那須塩原市の新型コロナ発生場所どこ?誰?埼玉?鍋掛?

栃木県コロナツイッター

4月26日、栃木県で新たに53例目、54例目の2例の新型コロナウイルス感染が栃木県知事による記者会見により発表されました。 53例目の女性は80代でパインズ温泉ホテルに併設されているパインズスパスポーツクラブに通われていたようです。 4月26日に県知事による会見を行った栃木県ですが、散歩中の知事が会見に駆け付けたのには理由がありました。 『 今後は休業要請に従わない施設においては、施設名公表などの措置をとることを視野にいれて動く』という緊急事態措置下における県の対応をお知らせしたかったとのことでした。 また、 『 休業要請対象施設において営業が継続され、患者が確認されたのは誠に残念』とも語られています。 今回感染者が通っていたパインズスポーツクラブは 休業要請対象施設でした。 最近、大阪吉村知事が休業要請に従わないパチンコ店を実名公表したことが話題になりました。 これは大阪だけのことではなく、 休業要請無視の営業が全国的に問題になっています。 営業しないとお店が立ち行かなくなる等の理由があるのは理解できますが、現在は平時では緊急事態です。 自治体とコミュニケーションをとって、良い方向で折り合いがつくような話になればと思います。 今回は、コロナ感染が確認された80代女性の行動歴、スポーツ施設 パインズ の場所と対応を調べていきたいと思います。 パインズスポーツクラブの対応 会見では施設名は非公表となっていましたが、スポーツ施設の公式ホームページからアナウンスが発表されていました。 栃木県からの要請があり4月27日から当面の間、休館とされるようです。 今後の対応については、安全安心を確保するため保健所等の指導を受けながら慎重に検討しております。 最新情報につきましては、できるだけ早く更新させていただきます。 会員さまには大変ご不便をおかけいたします。 何卒ご理解ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。 新型コロナウイルス感染症に感染した方が利用した施設・時間帯・その時間帯に入館された会員数 利用日 利用施設 利用時間帯 12時~17時までの入館会員数 4月16日(木) プール、風呂 14:40 ~ 16:40 57名 4月21日(火) プール、風呂 13:30 ~ 16:50 52名 パインズ温泉ホテル大田原 パインズスパスポーツクラブ 引用: また、4月23日付で5月6日までの間、 『 日帰り温泉』、 『 おもて那須手形』の利用中止を発表されています。 会見によるとパインズスパスポーツクラブは利用者に対して14日間の健康状態の確認、体調不良があった場合は保健所に申し出るように要請されているとのことです。 80代女性が利用されたのは、 4月16日、 4月21日。 利用者は両日合わせて、 延べ360人 重複あり の利用があったそうです。 パインズが公開したデータは、おそらく80代女性が利用した時間帯だと思われますが、それによると利用者は両日合わせて 延べ109人 重複あり の利用となります。 80代女性が利用された パインズスパスポーツクラブは、栃木県が緊急事態措置を発令した4月18日以降、 休業要請対象になっている施設だったということが会見で明らかにされています。 また、会見では4月26日までは営業されていたという回答が出ています。 4月27日以降の営業については、 当面の間臨時休館するとしていいます。 ツイッターの反応 栃木県 新型コロナウイルス 53列目の大田原市の80代女性だけど発熱の自覚あってスポーツ施設使ってたってヤバくない。 しかもスポーツ施設は県の休業要請を無視して営業してたから栃木県知事はお怒りの様子。 そりゃあそうだよ。 360名も利用者いたとか。 どうせ明らかにされるんだから最初から公表しておけばまだ心証は悪くならなかったのにね。 両日で同時間帯に一緒に利用された方はそれぞれ約60人ぐらいだそうです。 — とぶっち tobucchi 大田原市のスポーツ施設の大きな問題は、 運営会社、感染者はもちろん この時期に、1日180人も 感染者と同じく危機意識のない利用者がいること。 自粛中の飲食小売より、はるかに大規模クラスター化に繋がります。 大田原市は、嫌というほど防災無線や広報車での注意喚起はやっていただきたい。 — 栃木県コロナ感染情報 【注意】GW観光施設は休業中。 帰省も危険!自治会活動、集会は中止を! CzqzkMxMRbupLvR こんなに自粛ムードで、みんな気を付けてて、なのに毎日180人もの人がパインズに行ってたって。 おかしいでしょ。 ジムのクラスターのニュース、ジム利用者に1番響いてなきゃいけないのに。 こわすぎる。 いくら大田原でコロナ出てないって言ってても危機感なさすぎるよ。 — はな 1009baby89 大田原市コロナついに!! 子供たちが学校通えない、行事や部活関係の大会もなくなり我慢し辛い思いしている中、何ジム通いしてるんだろ? これから育つ子供たちの未来が奪われているのに! — なおなお w0tH0XoRQ0HPFXs.

次の

新型コロナウイルス感染症|宇都宮市公式Webサイト

栃木県コロナツイッター

ページID1023506 更新日 令和2年7月16日 発生状況(7月15日現在) 市内No. 栃木県 発表番号 陽性判明日 退院(退所)日 年代 性別 行動歴等 1 県内3例目 3月18日 4月1日 40 女 タイ旅行 2 県内13例目 3月31日 5月28日 30 男 3 県内15例目 4月1日 4月29日 20 男 東京都内で飲食 4 県内16例目 4月1日 5月14日 40 男 No. 2の濃厚接触者 5 県内18例目 4月6日、5月22日再燃 5月8日、6月8日 30 男 埼玉県内で飲食 6 県内19例目 4月6日 5月8日 30 男 7 県内21例目 4月7日 5月8日 30 女 東京都内の飲食店に勤務 8 県内22例目 4月7日 5月8日 40 男 神奈川県に出張 9 県内27例目 4月8日 5月2日 60 女 No. 7の濃厚接触者 10 県内28例目 4月8日 5月1日 30 女 No. 7の濃厚接触者 11 県内38例目 4月14日 4月28日 30 男 県外で葬儀出席 12 県内40例目 4月15日 4月29日 40 女 13 県内55例目 5月7日 5月30日 60 女 14 県内56例目 5月8日 5月30日 70 男 No. 13の濃厚接触者 15 県内57例目 5月12日 6月3日 70 女 16 県内58例目 5月14日 6月5日 40 女 17 県内59例目 5月15日 6月5日 70 女 No. 15の友人 18 県内60例目 5月15日 6月4日 10 女 No. 16の濃厚接触者 19 県内61例目 5月18日 6月9日 60 女 No. 16の同僚 20 県内62例目 5月19日 6月4日 40 女 No. 19の同僚 21 県内63例目 5月20日 6月4日 60 女 No. 20の濃厚接触者 22 県内64例目 5月20日 6月6日 50 女 No. 16,19,20の同僚 23 県内65例目 5月25日 6月12日 70 男 No. 20の濃厚接触者 24 県内70例目 6月28日 7月7日 30 男 県内67,68,69例目の同僚 25 県内71例目 6月28日 7月7日 10 女 県内67,68,69例目の同僚 26 県内79例目 6月30日 7月8日 20 男 県内78例目の同僚 27 県内80例目 7月1日 7月9日 30 女 No. 26の濃厚接触者 28 県内81例目 7月1日 7月7日 20 男 No. 24の知人 29 県内82例目 7月1日 7月8日 20 男 県内78,79例目の同僚 30 県内83例目 7月2日 7月9日 30 男 クラスター発生店舗利用 31 県内84例目 7月2日 7月13日 20 女 No. 29の濃厚接触者 32 県内86例目 7月3日 7月13日 60 女 No. 30の同僚 33 県内87例目 7月5日 30 女 No. 32の接触者 34 県内88例目 7月7日 7月15日 30 男 県外の陽性者と接触 35 県内90例目 7月8日 10歳未満 男 No. 34の濃厚接触者 36 県内98例目 7月13日 30 女 No. 24の濃厚接触者 37 県内107例目 7月15日 20 男• これまでのところ、重症化した方はおりません。 患者・ご家族・関係者の人権尊重と個人情報保護にご理解とご配慮をお願いします。 男女別人数 男性 女性 計 17人 20人 37人 年代別人数 10歳未満 10代 20代 30代 40代 50代 60代 70代 80代 計 1人 2人 6人 12人 6人 1人 5人 4人 0人 37人 本市のPCR検査件数(7月15日現在) 感染疑い検査人数(累計) 市 市委託 合計 陽性者数(累計) 陽性率 1565人 552人 2117人 42人 注1 2. 0% 注1 うち5人は、栃木県及び他県の事例として計上されているため、「本市の発生状況」とは一致しない。 【参考】国内の検査状況(7月14日0時現在)厚生労働省ホームページより 国内事例検査人数(累計) 注3 陽性者数(累計) 陽性率 477,290件 21,798件 4. 6% 注3 検査実施人数は、一部自治体について件数を計上しているため、実際の人数より過大である。 また、人数を公表していない自治体の数は計上していない。 また、更新がなかった自治体については、前日の数値を使用。 これまでの感染動向と感染予防対策 本市の陽性患者は、4月までは海外渡航歴のある方(No. 1)や首都圏との交流のある方(No. 3、5、7、8)が多く、また、特に若い世代(30代、40代)の発生が多い状況でしたが、5月以降は他の陽性者との濃厚接触(注意)により感染した方も多く、幅広い世代(10代~70代)で発生しています。 本市では、陽性患者との濃厚接触者について、患者の行動歴の調査(積極的疫学調査)により特定し、まん延防止に努めています。 (注意)濃厚接触とは 濃厚接触かどうかを判断する上で重要な要素は二つあり、(1)距離の近さと(2)時間の長さです。 患者(確定例)と同居あるいは長時間の接触があった者、手で触れることのできる距離(目安として1メートル)で、必要な感染予防策なしで、「患者(確定例)」と15分以上の接触があった場合等に濃厚接触者と考えられます。 緊急事態宣言が解かれたところではありますが、市民の皆様には、引き続き一人一人の感染対策の徹底をお願いいたします。 感染症のまん延防止に万全を期しつつ、市民の生活や地域経済の一日も早い回復のため、以下のことにご注意ください。 市内の発生状況の詳細について 県内107例目(市内No. 37)• 県内98例目(市内No. 36)• 県内90例目(市内No. 35)• 県内88例目(市内No. 34)• 県内87例目(市内No. 33)• 県内86例目(市内No. 32)• 県内84例目(市内No. 31)• 県内83例目(市内No. 30)• 県内82例目(市内No. 29)• 県内81例目(市内No. 28)• 県内80例目(市内No. 27)• 県内79例目(市内No. 26)• 県内71例目(市内No. 25)• 県内70例目(市内No. 24)• 県内67,68,69例目• 県内65例目(市内No. 23)• 県内18例目(市内No. 県内64例目(市内No. 22)• 県内63例目(市内No. 21)• 県内62例目(市内No. 20)• 県内61例目(市内No. 19)• 県内60例目(市内No. 18)• 県内59例目(市内No. 17)• 県内58例目(市内No. 16)• 県内57例目(市内No. 15)• 県内56例目(市内No. 14)• 県内55例目(市内No. 13)• 県内40例目(市内No. 12)• 県内38例目(市内No. 11)• 県内28例目(市内No. 10)• 県内27例目(市内No. 県内21、22例目(市内No. 7、8)• 県内18,19例目(市内No. 5,6)• 県内15,16例目(市内No. 3,4)• 県内13例目(市内No. 県内3例目(市内No.

次の