ラフテル の 意味。 ワンピース新事実!ラフテルの場所は空島。頭文字の意味とは?行き方も考察

【考察】ラフテルの謎をロジャーの「俺たちは早すぎた」発言から考察!【ワンピース】|ワンピース ネタバレ考察

ラフテル の 意味

Contents• それは、 ラフテルに到着して世界の真実を知ったロジャー海賊団は全員、謎の爆笑をし続けているのです。 これは明らかに不自然。 ロジャーたちはラフテルにたどり着き、世界の真実を知った。 その結果、笑い話となった。 多くの人がラフテルに隠された真実を「世界政府の陰謀」だと思ったのではないでしょうか。 「ロジャー海賊団は解散する」 その言葉はその場にいた船員全員があっさりと合意してしまえるほどのものになっていたのです。 これが謎すぎます。 普通、長年一緒に旅してきた仲間たちと急に別れるなんて悲しすぎます。 しかし、ラフテルにたどり着いたロジャー海賊団はそれをあっさり受け入れられるほど愉快になっています。 これはどういうことなのでしょうか。 そしてこの抗争の発端となった真実が「ラフテル」や「空白の100年の真相」、「かつて栄えた巨大な王国」、「古代兵器」などにつながっていると考えられるわけです。 ポーネグリフをすべて集めた(と考えられる)ロジャーたちがラフテルに行き着いた時、その真実をしることができたことはほぼ間違いないです。 海賊であるロジャーたちが現在の世界政府に支配された世界の真実をしれば、暴動を起こしてもおかしくないはずなのに、それをしなかった。 それどころか、笑って宴をして解散。 笑 これは、「そもそもの前提条件が誤解されている」ということなのではないかと管理人は考察します。 ずばり、 天竜人=Dの一族の末裔なのではないかと。 いがみ合っていた2人が実は家族でした。 その真実を知り、海賊と世界政府、ひいては天竜人がせっせと戦うこと自体が馬鹿らしくなってしまって、笑い話となった。 だからラフテルなのではないかと想像しています。 だとすれば、ワンピース(ひとつなぎの大秘宝)とは「家族みんなで囲む食卓」かもしれません。 ラフテルにある「真実」がいがみ合っていた双方を和解させ、世界全員が家族であることがわかれば、大宴会ができる。 そんなラストシーンを妄想してみました。 ロジャーが言っている「俺たちは早すぎた」の真相 問題なのは、世界のすべてをラフテルで知ったロジャーはなぜ「世界をひっくり返す」ことをしなかったのか。 上記の考察の延長で考えるなら、「世界をひっくりかえす」とは、「天竜人=海賊側の末裔」という真実を世界に公開し、身分制度の完全撤廃を達成することだと考えられる。 実際、ワンピースの「レヴェリー(世界会議)」では、たびたび奴隷的な描写で天竜人と平民の完全なる上下関係が描かれた。 「世界をひっくり返す」ということが、主従関係の撤廃、事実上の天竜人への下克上のことでしょう。 下克上というより、「みんな平等」的な価値観を広めることだろうか。 真相はこれから明かされるはずです。 しかし、ルフィたちが冒険している時系列から20年前にあたるロジャーたちの世代では、それを達成することができない状態であったということでもある。 「世界をひっくり返す」には強大な力である古代兵器が必要不可欠 古代兵器は3つあります。 プルトン=フランキーが設計図を保有• ポセイドン=しらほし• ウラヌス=??? 現状、ウラヌスが謎に包まれていますが、管理人はウラヌス=モモの助だと考察しています。 ロジャーが旅した時、しらほしが生まれていないことから、古代兵器が揃うことはありませんでした。 古代兵器の制覇で強大な力を得ることができ、現在の世界政府を倒す力になるとすれば、ロジャー海賊団の世代では達成は不可能となります。 つまり、「俺たちは早すぎた」理由は「しらほしが生まれていない」または「ジョイボーイ=ルフィ」がまだ生まれていないということかもしれません。 どちらにせよ、現在の世界政府を根本からひっくり返すには、様々な条件が必要であることは間違いありません。 「俺たちは早すぎた」という言葉自体、「総合的な判断」として時期尚早だったとも考えられます。 追加情報が出次第、考察を深めていきますね。 ads ラフテルが初登場したシーンから徹底考察! グランドラインの入り口である双子岬。 あれから現実時間にして早約20年の時が流れ、 麦わらの一味は新世界の和の国まで航海を続けている。 それらが無ければ、ラフテルに入る事も出来ないというのだ。 だが、此処で待って欲しい。 ラフテルへ到達する前の一つ前の島にも麦わらの一味は訪れる筈である。 そもそも、ワンピースは一つの島へ進めるごとに話が進んでいく 他のマンガにはない大きな特徴を持っている。 ぶっ飛んだ考察かもしれないが、私なりの根拠を示しておきたい。 根拠1:4つ目のロードポーネグリフの場所から… 判明していない第四のロードポーネグリフは光学迷彩で 周囲から感知さえされない未来都市の極秘事項として保管されているから。 そして、現在判明してある三つのロードポーネグリフは ミンク族が代々護ってきたモノが一つ目。 三つ目は和の国の鬼ヶ島に隠されているのではないかと、ブルックが発言している。 所在が分かっているのが件の三つ。 では、どこにあるというのか? 答えはたった一つ。 存在を全く感知できない場所にあるからである。 それこそ大規模な光学迷彩で都市全体を消して、 世界からその存在を完全に消している島があるとうのが、 私の根拠の一つ。 例えば、ビックマムの業界随一を誇る情報収集能力を持ってしても、 四つ目の所在地を判明している訳ではないので、 ひょっとすれば、島の姿が光学迷彩で隠されているからではないだろうか? 根拠2:リトルガーデンの様な太古の島と対極の存在である未来都市もある? リトルガーデン編の際に、ビビはグランドラインの特殊な気候によって、島の行き来が難しくなりその結果、 一切の文明交流が無く、太古のまま島が残ってしまう事があると発言した。 ともすれば、 逆に文明基準の低い島々と見下し、孤高に文明を発展し続けている島もあるのではないだろうか? 根拠3:ルフィがこれまで冒険してきた島との大きな差別化。 周囲の島々との文明レベルのギャップがあると考察します。 イーストブルーのフーシャ村から冒険を始めたルフィは、島を行き来するうちに島自体が特殊になっていた。 要はそれぞれの島が被らない様に舞台は作られていると考えられる。 ともすれば、一度出た島ネタは既出として処理されるので、今まで登場していない島ネタを扱う必要が出てくる。 かといって、既にルフィ達は最後の海である新世界の島を5つ行き来しているので、それらを超える様な島を出さなければならない。 なればこそ、筆者は未来都市が新世界の舞台、ひいてはラフテルの前の島として出る説を提唱したい。 そもそも、ワンピースの世界は明らかに現代と離れた文明であり、乗り物や情報機器、 重火器等は明らかに現代と違うと言い切れる。 だからこそ、もしもワンピースの世界にスマホやパソコンやパッドなどの情報機器など、 大きく文明が進んだ島が出れば、盛り上がる事は間違いなしではないだろうか?.

次の

ラフテルのアルファベットスペルがLAUGH TALEの意味や由来と和訳は?

ラフテル の 意味

Contents• それは、 ラフテルに到着して世界の真実を知ったロジャー海賊団は全員、謎の爆笑をし続けているのです。 これは明らかに不自然。 ロジャーたちはラフテルにたどり着き、世界の真実を知った。 その結果、笑い話となった。 多くの人がラフテルに隠された真実を「世界政府の陰謀」だと思ったのではないでしょうか。 「ロジャー海賊団は解散する」 その言葉はその場にいた船員全員があっさりと合意してしまえるほどのものになっていたのです。 これが謎すぎます。 普通、長年一緒に旅してきた仲間たちと急に別れるなんて悲しすぎます。 しかし、ラフテルにたどり着いたロジャー海賊団はそれをあっさり受け入れられるほど愉快になっています。 これはどういうことなのでしょうか。 そしてこの抗争の発端となった真実が「ラフテル」や「空白の100年の真相」、「かつて栄えた巨大な王国」、「古代兵器」などにつながっていると考えられるわけです。 ポーネグリフをすべて集めた(と考えられる)ロジャーたちがラフテルに行き着いた時、その真実をしることができたことはほぼ間違いないです。 海賊であるロジャーたちが現在の世界政府に支配された世界の真実をしれば、暴動を起こしてもおかしくないはずなのに、それをしなかった。 それどころか、笑って宴をして解散。 笑 これは、「そもそもの前提条件が誤解されている」ということなのではないかと管理人は考察します。 ずばり、 天竜人=Dの一族の末裔なのではないかと。 いがみ合っていた2人が実は家族でした。 その真実を知り、海賊と世界政府、ひいては天竜人がせっせと戦うこと自体が馬鹿らしくなってしまって、笑い話となった。 だからラフテルなのではないかと想像しています。 だとすれば、ワンピース(ひとつなぎの大秘宝)とは「家族みんなで囲む食卓」かもしれません。 ラフテルにある「真実」がいがみ合っていた双方を和解させ、世界全員が家族であることがわかれば、大宴会ができる。 そんなラストシーンを妄想してみました。 ロジャーが言っている「俺たちは早すぎた」の真相 問題なのは、世界のすべてをラフテルで知ったロジャーはなぜ「世界をひっくり返す」ことをしなかったのか。 上記の考察の延長で考えるなら、「世界をひっくりかえす」とは、「天竜人=海賊側の末裔」という真実を世界に公開し、身分制度の完全撤廃を達成することだと考えられる。 実際、ワンピースの「レヴェリー(世界会議)」では、たびたび奴隷的な描写で天竜人と平民の完全なる上下関係が描かれた。 「世界をひっくり返す」ということが、主従関係の撤廃、事実上の天竜人への下克上のことでしょう。 下克上というより、「みんな平等」的な価値観を広めることだろうか。 真相はこれから明かされるはずです。 しかし、ルフィたちが冒険している時系列から20年前にあたるロジャーたちの世代では、それを達成することができない状態であったということでもある。 「世界をひっくり返す」には強大な力である古代兵器が必要不可欠 古代兵器は3つあります。 プルトン=フランキーが設計図を保有• ポセイドン=しらほし• ウラヌス=??? 現状、ウラヌスが謎に包まれていますが、管理人はウラヌス=モモの助だと考察しています。 ロジャーが旅した時、しらほしが生まれていないことから、古代兵器が揃うことはありませんでした。 古代兵器の制覇で強大な力を得ることができ、現在の世界政府を倒す力になるとすれば、ロジャー海賊団の世代では達成は不可能となります。 つまり、「俺たちは早すぎた」理由は「しらほしが生まれていない」または「ジョイボーイ=ルフィ」がまだ生まれていないということかもしれません。 どちらにせよ、現在の世界政府を根本からひっくり返すには、様々な条件が必要であることは間違いありません。 「俺たちは早すぎた」という言葉自体、「総合的な判断」として時期尚早だったとも考えられます。 追加情報が出次第、考察を深めていきますね。 ads ラフテルが初登場したシーンから徹底考察! グランドラインの入り口である双子岬。 あれから現実時間にして早約20年の時が流れ、 麦わらの一味は新世界の和の国まで航海を続けている。 それらが無ければ、ラフテルに入る事も出来ないというのだ。 だが、此処で待って欲しい。 ラフテルへ到達する前の一つ前の島にも麦わらの一味は訪れる筈である。 そもそも、ワンピースは一つの島へ進めるごとに話が進んでいく 他のマンガにはない大きな特徴を持っている。 ぶっ飛んだ考察かもしれないが、私なりの根拠を示しておきたい。 根拠1:4つ目のロードポーネグリフの場所から… 判明していない第四のロードポーネグリフは光学迷彩で 周囲から感知さえされない未来都市の極秘事項として保管されているから。 そして、現在判明してある三つのロードポーネグリフは ミンク族が代々護ってきたモノが一つ目。 三つ目は和の国の鬼ヶ島に隠されているのではないかと、ブルックが発言している。 所在が分かっているのが件の三つ。 では、どこにあるというのか? 答えはたった一つ。 存在を全く感知できない場所にあるからである。 それこそ大規模な光学迷彩で都市全体を消して、 世界からその存在を完全に消している島があるとうのが、 私の根拠の一つ。 例えば、ビックマムの業界随一を誇る情報収集能力を持ってしても、 四つ目の所在地を判明している訳ではないので、 ひょっとすれば、島の姿が光学迷彩で隠されているからではないだろうか? 根拠2:リトルガーデンの様な太古の島と対極の存在である未来都市もある? リトルガーデン編の際に、ビビはグランドラインの特殊な気候によって、島の行き来が難しくなりその結果、 一切の文明交流が無く、太古のまま島が残ってしまう事があると発言した。 ともすれば、 逆に文明基準の低い島々と見下し、孤高に文明を発展し続けている島もあるのではないだろうか? 根拠3:ルフィがこれまで冒険してきた島との大きな差別化。 周囲の島々との文明レベルのギャップがあると考察します。 イーストブルーのフーシャ村から冒険を始めたルフィは、島を行き来するうちに島自体が特殊になっていた。 要はそれぞれの島が被らない様に舞台は作られていると考えられる。 ともすれば、一度出た島ネタは既出として処理されるので、今まで登場していない島ネタを扱う必要が出てくる。 かといって、既にルフィ達は最後の海である新世界の島を5つ行き来しているので、それらを超える様な島を出さなければならない。 なればこそ、筆者は未来都市が新世界の舞台、ひいてはラフテルの前の島として出る説を提唱したい。 そもそも、ワンピースの世界は明らかに現代と離れた文明であり、乗り物や情報機器、 重火器等は明らかに現代と違うと言い切れる。 だからこそ、もしもワンピースの世界にスマホやパソコンやパッドなどの情報機器など、 大きく文明が進んだ島が出れば、盛り上がる事は間違いなしではないだろうか?.

次の

ラフテルとは?綴りはlaugh taleで笑い話?ビンクスの酒との関連も考察|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

ラフテル の 意味

ラフテルの意味 laugh tell まず1つ目がこれ。 和訳すると 「笑いを伝えるもの」。 これだとするとこれまで考察してきたラフテルの正体と重なるかなぁと思います。 空白の100年以前、かつて栄えた王国は住んでいる者、訪れる者、皆を笑顔に、笑いの絶えない王国だった。 そこからラフテルという名がつけられた。 それはそれでしっくりくる気がします。 しかし考えてみたいのは次の意味です。 rafter この単語の意味は 垂木や イカダ乗りという意味があり、 浮き木という意味もあるとかないとか。 そうなるとね、かつて栄えた王国の名前としてはちょっと物足りないというか…何か違う気がしませんか? じゃあラフテルって何なんだ?となったところで、意味である浮き木。 つまり船である可能性は無いだろうか? ラフテルの在処については前考察した記事の通りだと思っています。 ラフテルがゴーストシップだった場合、ワンピースの正体もこれまで考察してきたものとは別のものになると思われます。 この場合のワンピースはね、 世界と黄泉の国とを繋ぐものになると思うんです。 つまり黄泉の国と交信ができるようになる、ということです。 まさに人と人とを繋ぐ、 「人繋ぎの大秘宝」なんですよ。 これならね、尾田先生がルフィへのご褒美と言っていたのも納得なんですよ。 冒険という意味もありますが、黄泉の国にいるであろう死んでしまったエースと再び話をすることができる。 ルフィ以外の仲間にも死んでしまった大切な仲間や家族がいます。 彼らにとっても大切な人と再会できることは十分すぎるご褒美になるわけです。 そしてもちろん空白の100年で滅ぼされてしまった王国の人々とも話すことができる。 これで世界の真実も知ることができるというわけです。 そしてそして、ワンピースだけではその黄泉の国への鍵が開けられないんじゃないかと思うんです。 何が必要か? それは 麦わら帽子です。 ちょっと振り返ってみましょう。 イム様が登場したシーン、ちょっと不思議じゃなかったですか? マリージョアの国宝と思われる大きな麦わら帽子が出てきてびっくりさせられたシーンなんですが… この帽子、 冷凍保存されているかのように見えましたよね。 麦わら帽子なのになぜ冷凍されているのか、かなり違和感がありました。 あれ、 黄泉の国の冷気を纏っているんじゃないでしょうか。 ブルックがよく言う冷気ですよ。 つまりあの 大きな麦わら帽子は元々は黄泉の国にあった物なんじゃないかと思うんです。 ルフィが被っている麦わら帽子はコチラの世界の、大きな麦わら帽子は黄泉の国の物。 ワンピースを使うことで麦わら帽子を通じてコチラの世界と黄泉の国と交信することができるようになる。 こうやってロジャーたちも黄泉の国の人々から世界の真実を聞いたわけです。 ただその存在に気付いた者が世界政府側にもいた。 それがイム様であり、この世界と黄泉の国とを繋ぐことを良しとしなかった。 もしかしたら イム様は黄泉の国から来た死神のような人物?もしくは黄泉の国の王? イム=仏なら有り得なくはないかもしれません。 だから結局はワンピースを見つけてもその麦わら帽子が無いとどうにもならないんですが…そこはこれからの物語でルフィたちが手に入れることになるのかな? かつて栄えた王国 さて、だいぶぶっ飛んだ考察をしてきましたがまだ続きます、ついてきてくださいw じゃあね、ラフテルがゴーストシップだったとして、かつて栄えた王国の名前は何なのか?ですよ。 まず場所なんですがこれについては以前考察した通り、かつて栄えた王国はタライ海流の下に沈んでいると思うんです。 となると浮上させることになると思うんですが、その王国が浮上する際に近くにある建物も陸上に上がると思われます。 それが インペルダウンです。 私はインペルダウンが陸上で作られた塔であり、それが地盤沈下で沈み、今の海底監獄として使われるようになったと考えていました。 ですが、こう考えたらどうでしょうか。 インペルダウンはかつて 大きな船に積まれた大砲だった。 しかし空白の100年でその船は沈められ、後にインペルダウンとなる大砲も共に沈められてしまった。 インペルダウンの構造を見てみるとね、ここも違和感バリバリなんですよ。 塔の構造になっているんですが他は変化があるのに LEVEL3とLEVEL4の横幅だけ同じなんですよ。 大砲の構造を見てもらうと分かるんですが、 引用元: 塔のような形なんですが途中にSLIDE CYRINDER(滑動部)という部分があります。 これがLEVEL3とLEVEL4なんじゃないかな? …おいおい、沈んだのはかつて栄えた王国じゃないのかよ?インペルダウンはその一部なんじゃないの?って声が聞こえてきそうですが、その通りです。 つまり かつて栄えた王国=大きな船の上に栄えていた王国だったんですよ。 そして勘の良い方はもう気付かれたと思います。 そう、 かつて栄えた王国、その名前こそが 「プルトン」だった。 巨大な大砲を積んだ戦艦の上で色々な種族が手を取り合って平和に、そして自由に暮らしていた。 王国プルトンが気に食わない20の王たちもなかなか手を出すことができないんですよ。 相手は島1つ消すことができる戦艦ですから。 ただ結果的には空白の100年でプルトンは沈められてしまう。 プルトンに住んでいた人々は平和と自由を愛する人々。 砲撃をすることなどできなかったのかもしれません。 まとめ 今回はこれまで考察してきたラフテルについての先入観を一度全部捨てて、ラフテルという言葉の意味から色々と考察してみました。 いかがだったでしょうか。

次の