デリケート ゾーン ケア。 デリケートゾーンケアは、どうするべき?夏に気になるかゆみ・ニオイ » 女子カレLOVABLE

【効果期待大7選!】デリケートゾーンの黒ずみケア専用、美白クリームは成分で選ぶ!

デリケート ゾーン ケア

もくじ• なんと世界規模で見ると、 日本人女性のデリケートゾーンのケア事情はとても遅れているんですって! バスタイムではデリケートゾーン用ソープを使うでもなく、普通の石けんやボディソープで体と一緒に洗っちゃう。 しかも保湿をしないしアンダーヘアも放置でフサフサ~。 思い当たる方は要注意ですよ!! 実際に日本人女性の多くがデリケートゾーンのケアに関して無頓着。 悪い意味で気にしてない。 そんなナチュラル過ぎる日本人女性のデリケートゾーンに外国の男性はビックリ!海外と日本でそんなに違いがあるなんてこちらもビックリですよね。 海外と日本のデリケートゾーンケアにはどんな違いがあるの? 日本よりも美意識の高い国の集まるヨーロッパでは、80代のおばあちゃんだってデリケートゾーンはプリップリなのだとか。 どうしてかって、 若い頃からきちんとケアするのが当たり前だったから! デリケートゾーンの保湿はもちろん、脱毛をしている方も多数。 ヨーロッパでは、母親からデリケートゾーンのケアを教えてもらうことがほとんどなのだとか。 それに比べて何もしてこなかった日本のおばあちゃんたちのデリケートゾーンには、チリチリの毛が無造作に生えたまま。 そのせいで ムレてニオイやかゆみが発生し、さらには保湿をしていないからシワシワになって皮膚はたれ下がり、さらには 黒ずみまで…。 日本ではデリケートゾーンに関係することっていったら、だいたい下ネタとして扱われてしまいがち。 性に関わることをおおやけに口にすることが若干タブーな風潮でもあります。 でも、日本人はそのようなことをいまだに「はしたない!」とか「いやらしい!」と教育されていて、軽蔑するのが根強いですよね。 日本人女性のデリケートゾーンケアが遅れている背景には、「女性たちのデリケートゾーンへの意識が低いこと」だけではなく、上に書いたような「日本のお国柄のせい」も原因かもって思います。 デリケートゾーンをケアしないと起こる、恐ろしいコト デリケートゾーンを放置したままにすると、トラブルに見舞われる可能性があります。 それが…• 黒ずみ• ムレ、臭い、かゆみ それぞれ詳しく見ていきましょう! 黒ずみ 黒ずみの原因は主に 「乾燥」「摩擦」「ターンオーバーの乱れ」!デリケートゾーンが乾燥や摩擦によってダメージを受けると、肌はダメージから身を守るためにメラニン色素を排出します。 メラニン色素は通常のターンオーバーなら古い角質と共に排出されますが、ターンオーバーが乱れているといつまでも排出されず、肌の上に残ったままになります。 これが 「黒ずみ」なのです! ムレ、臭い、かゆみ デリケートゾーンを放置したままだと、雑菌の繁殖などによってムレや臭い、かゆみの原因に…!デリケートゾーンの皮膚は粘膜に近い上、下着などで常に覆われているため、湿度が高まり蒸れやすい環境となっています。 また汗や排泄物などの汚れもつきやすい場所です。 そのため雑菌が繁殖しやすく、結果臭いやかゆみに繋がってしまうのです。 また、 かゆみを我慢できず掻いてしまうと、皮膚へのダメージとなりさらなる黒ずみにも繋がってしまいます! 今日からできる!デリケートゾーンケア おばあちゃんになってもプリプリなデリケートゾーンをキープしたいそこのあなたへ。 今のうちからデリケートゾーンの適切なケアを始めて 将来のシワシワ、黒ずみを予防し、快適な毎日を過ごしましょう! デリケートゾーンのケアをするにあたって大切なことは以下の6つです!• デリケートゾーンの摩擦を減らす• ターンオーバーの乱れを改善する• ムダな毛をなくしてムレにくくする• デリケートゾーン用ソープで洗う• デリケートゾーン用クリームで保湿• デリケートゾーン用ミストや消臭などで除菌 では、ひとつひとつ詳しくみていきましょう! デリケートゾーンの摩擦を減らす 女性なら誰でも毎日着用するショーツ…。 見た目の可愛さを重視して、小さめのショーツを履いているという方は要注意です! デリケートゾーンはまぶたよりも薄い皮膚でできているため、その名の通りとってもデリケート。 ピッタリしたものは避け、ワイドパンツやフレアスカートなど、できるだけゆったりしたボトムスを履くようにしましょう! ターンオーバーの乱れを改善する ダメージによってメラニン色素が排出されたとしても、 ターンオーバーさえ整っていれば黒ずみになる前にメラニン色素を排出することができます。 そもそもターンオーバーとは、皮膚の生まれ変わりのサイクルのこと。 人の肌は約28日で生まれ変わるように、次々と新しい皮膚が作られています。 このサイクルが乱れると、古い皮膚がメラニン色素を含んだままいつまでも排出されなかったり、まだ未熟な皮膚細胞が肌表面に出てきてバリア機能が低下し肌荒れを起こしたりしてしまいます。 ターンオーバーの乱れの原因は様々ですが、 寝不足やストレス、食生活の乱れなど、特に毎日の生活習慣やライフスタイルが乱れの原因となることが多いようです。 規則正しい生活や、栄養バランスの整った食事を心がけるようにしてみましょう。 初めからすべて変えようとすると難しいので、まずは決まった時間にベッドに入るようにしたり、脂っこいものをたくさん食べた次の日は野菜中心の食事にしたりなど、できるところから少しずつ行っていきましょう。 ムダな毛をなくしてムレにくくする デリケートゾーンのムレは、かゆみを引き起こしたり嫌なニオイのもとにもなりえます。 これは女性ならではの悩みですから、婦人科で相談したことのある方もいるでしょう。 デリケートゾーンをムレにくくするためには、VIO脱毛でアンダーヘアを脱毛するのが望ましいです。 (特にI・Oライン) そうすることで、かなり快適に過ごせるようになりますよ。 ところで、「脱毛は若い女性がするもの」と思っていませんか? 近年では40代・50代の女性が将来的に介護してもらう時に恥ずかしい思いをしないようにと、デリケートゾーンの脱毛に通う方が増えているんですって! デリケートゾーン(VIO)の脱毛をするなら、クリニックでの医療脱毛がオススメです。 エステ脱毛では使用される光が弱く、毛根を破壊できず永久脱毛とはならないからです。 ( 脱毛が完了した数年後にまた生えてくる可能性が高いです。 ) また、医療脱毛はエステ脱毛より費用が高いと思われがちですが、医療脱毛で扱われるレーザーは強力なので結果的には通う回数(照射する回数)が少なく済みます。 つまり、トータルで見たら最終的にはエステ脱毛の方が高くつくことも多いんだそう! デリケートゾーンの将来を見すえて、思い切って脱毛してしまうのもオススメです。 【注意】カミソリは肌を痛めるので、特にデリケートゾーンには絶対に使わないでください!! カミソリでVIOのムダ毛を処理すると、肌に細かいキズが付きます。 これはデリケートゾーンにとってかなり大きなダメージ!結果、黒ずみになったり、乾燥してかゆみを引き起こしてしまいます。 デリケートゾーンのムダ毛を自己処理する場合は、電気シェーバーやヒートカッターなどを使用しましょう。 脱毛を始めると、施術の前日までにムダ毛を処理してくださいと指示されます。 その際もカミソリは使わないようにしてくださいね。 デリケートゾーン用ソープで洗う デリケートゾーンを普通の石けんやボディソープで洗うのは刺激が強すぎるだけでなく、お肌に必要な油分や潤いも奪って乾燥し、黒ずみやかゆみなどのトラブルが起こりがちです。 だから、 デリケートゾーン用に作られた石けんやボディソープを使うのが重要! ヨーロッパやアジア圏の多数の国では、「約70%以上の女性がデリケートゾーン用品で洗っている」といったデータもあるほど。 それに対して 日本人女性の場合は…なんと約3%! デリケートゾーン用に作られた商品は、 デリケートゾーンと同じ弱酸性となっていたり、優しい成分で作られていたりすることがほとんどです。 今は薬局や通販サイトでもデリケートゾーン用の石鹸やボディソープが売っていますので、自分に合うものを探してみてくださいね。 デリケートゾーン用クリームで保湿 デリケートゾーン用のソープで洗った後は、これまた重要なケアである保湿をしてあげます! 保湿することで、乾燥や下着との摩擦からデリケートゾーンを守ることができます。 それによって黒ずみやムレ、かゆみなどのあらゆるトラブルの防止も期待できるんですよ。 保湿するにあたっても洗う時と同様に、デリケートゾーン用のものでなくてはなりません。 その理由はボディ用や顔用の保湿クリームも、デリケートゾーンにとっては刺激が強いからです。 デリケートゾーンに使える保湿アイテムはドラッグストアなどに無くはないものの、種類が非常に少ないし見つけにくいです。 また、せっかく保湿するなら、 保湿成分とともに美白 *成分も配合されたケアクリームを選ぶことをおすすめいたします。 弊社の ハーバルラビットナチュラルゲルクリームは、デリケートゾーン用の黒ずみケアクリームです。 肌に優しい成分なのはもちろん、水溶性プラセンタエキスやビタミンC誘導体、米ぬかエキスなどの潤い・美白 *成分が肌のターンオーバーの正常化をフォローし、すでにある黒ずみにアプローチします。 デリケートゾーン用ミストやシートなどで除菌 自宅でのケアはデリケートゾーン用の石鹸やクリームを使うとして、 外出先ではミストやシートなどでケアをするのがおすすめです。 いくら自宅でケアをしても、外出先で臭いやかゆみが気になることってありますよね。 デリケートゾーン用のミストやシートがあれば、外出先でもトイレなどでさっと吹きかけたり、拭ったりして不快感を取ることができます。 できる限り清潔な状態を保つようにすると、雑菌の繁殖が抑えられ、嫌な臭いをさせないことができますよ。 まとめ デリケートゾーンをケアしてキレイを保つこと。 それは私たちが将来シワシワのおばあちゃんになってからも、毎日を幸せに過ごすことに繋がってきます。 「自分はきっと大丈夫!」と思っていても、体は日々、男性も女性も関係なく衰えていきます。 放置していればデリケートゾーンだって例外なく衰えて弾力を無くして、黒ずみなどのトラブルも…。 でも、 デリケートゾーンはケアすることで未然にトラブルを防いだり軽くすることができます。 今のうちからデリケートゾーンのケアを始めて、今という日々、そして将来を幸せに過ごす準備をしていきましょう! * メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ.

次の

デリケートゾーン専用の保湿クリームおすすめ10選!効果とケア方法|feely(フィーリー)

デリケート ゾーン ケア

デリケートゾーンって、みんなケアしているのかな? デリケートゾーンのケアって、どんなことをすればいいのかな? そんな、デリケートゾーンのケアについてお悩みのあなた!この機会に、お手入れ方法を知ってみませんか? デリケートゾーンのケアは、女性としてのエチケットとも言えます。 そこで今回は、気になるけれどなかなか人には聞けないデリケートゾーンのケア方法、特にアンダーヘアのお手入れ方法をメインに詳しくご紹介! あわせて、デリケートゾーンの洗い方のポイントも紹介します! 実際のところみんなどうしているの?という、みなさんの疑問にお応えしていきたいと思います。 例えば友達とプールや温泉に行ったとき、友達がきれいにアンダーヘアを整えていたりするのを見て、意識し始めたという方もいるかもしれません。 アンダーヘアのケアは、必ずしなければならないことではありませんが、することによるうれしいメリットもあります。 アンダーヘアのケアメリット、VIOとは何か?などについてご紹介します。 ・下着や水着から毛がはみ出すのを防ぐ ・ムレにくくなる ・経血やおりものがつきにくくなり、清潔に保ちやすくなる ・かゆみやニオイの対策になる といったようなことが主なメリットとしてあげられるでしょう。 一般的に、「Vライン」は正面から見えるアンダーヘアの部分、「Iライン」は脚の付け根・陰部周辺のアンダーヘアの部分、そして「Oライン」はお尻の穴周辺のアンダーヘアの部分を指します。 Vラインは自己処理しやすいですが、IラインやOラインは自分でしっかりと見ながら処理することが難しいので、自己処理には向いていない部分だと言えそうです。 VIOの脱毛を行ってくれる脱毛クリニックも増えていますので、IラインやOラインは特に、クリニックでお手入れをおまかせするのもいいかもしれませんね。 アンダーヘアのケアに正解はないと思いますが、海外では文化や宗教の観点からも、デリケートゾーンをケアすることはエチケットだとする国もあるようです。 日本では、しっかりお手入れをしている女性に対し「遊んでそう」「軽そう」という意見を持つ男性もいるようなので、どこまでケアしたらいいのかの判断が難しいですよね。 まずは、下着や水着からはみ出す毛を防ぐという意味で、Vラインのお手入れから始めてみるのはいかがでしょうか。 ニオイ対策として、まずはデリケートゾーンを清潔に保つことが大切だと言えるでしょう。 3つのポイントをご紹介しますのでぜひ参考にしてください。 洗う際は、ゴシゴシこすったりしないようにしましょう。 泡を上手に使い、ソフトに洗うことが大事です。 近年では、デリケートゾーンのことを考えて作られたやソープが多く販売されているので、そうしたアイテムを使うのもひとつの手です。 ニオイが気になる方で、アンダーヘアのお手入れをまだしたことが無い場合は、長さを整えるなどのお手入れをしてみてもいいかもしれません。 アンダーヘアのお手入れ方法については、次の2章でご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。 ニオイケアとしてはもちろんですが、デリケートゾーンを清潔に保つという意味でも大切です。 おりものや経血が気になるという方は、デリケートゾーン向けの拭き取りシートなどを活用してもいいでしょう。 なお、気になることは一人で悩まず、病院で医師に相談してみるのもよいかもしれませんね。 たまにはセクシーな下着も着たいな、というときもあると思いますが、黒ずみを防ぐためには綿やシルクなどの肌触りのいい素材で、ゆったりとしたタイプの下着を選ぶことがおすすめです。 ストレスがたまると、偏った食事をとってしまったり、質のよい睡眠がとれなかったりと、さまざまな不調にもつながりかねません。 ・気の合う友人と話をする ・カラオケで大きな声で歌う ・バラエティ番組などをみて笑う ・軽いをする ・旅行をする ・深呼吸をする など、自分の気持ちが軽くなること、スッキリすることを意識的に日常に取り入れてみることが、ストレス発散につながるかもしれません。 心も体も疲れてしまったな…と感じるときは、思い切って長期的なお休みをとり、自分を甘やかす時間を作ることも大切ですよ。 気にしすぎて、ゴシゴシ力を入れて洗ってしまったり、ストレスに感じてしまったりすると、それが黒ずみの原因につながってしまうこともあります。 デリケートゾーンの黒ずみは、あまり考えすぎないことも大切だと言えそうです。 病気でない場合に考えられる原因や対策についてご紹介します。 アンダーヘアのお手入れをしたり、下着は通気性のよいものを選ぶなどしてムレにくい環境に整えていきましょう。 また、おりものが気になる方は、デリケートゾーン向けのシートを使えば、外出先でもサッとお手入れができますよ。 ナプキンを別のものに替えてみる、通気性がよいとされる布ナプキンを使用してみるなどして、自分に合うナプキンを使うことも大切です。 また、通気性を意識した生理用のショーツを選んでみるのも、かゆみケアのひとつになるでしょう。 デリケートゾーンを清潔に保っているし、使用するアイテムにも気を使っているけれど最近なんとなくかゆみが気になるというときは、身体が疲れているのかもしれません。 睡眠をしっかりと取ったり、にゆっくりと浸かったりなどして、身体を休めてあげましょう。 また、「アンダーヘアのお手入れをしている」と答えた人の 約2人に1人がVIOすべてのお手入れをしていると回答しました。 このアンケートの結果では、デリケートゾーンのケアとして、まずアンダーヘアのお手入れから始めている方が多いようですね。 デリケートゾーンのケア アンダーヘアの自己処理 ここからは、デリケートゾーンのケアでも気になる方が多いと思われる、「アンダーヘアのケア」についてご紹介していきたいと思います。 アンダーヘアのお手入れというと、 ・自分でお手入れをする ・脱毛クリニックにいってお手入れをする といったことが一般的に考えられると思います。 ちなみに、IラインとOラインは自己処理が難しいので、今回は「自分でやりやすいお手入れ=Vラインのみのお手入れ」としてご紹介します。 ではまず、アンダーヘアの自己処理方法から見ていきたいと思います。 アンダーヘアの形は人それぞれですが、一般的には次の5つの形に整える方が多いのではないでしょうか。 自然な形なので、初めてお手入れするという方や、アンダーヘアの量が多めだという方もやりやすい形だとされています。 もう少しアンダーヘアの面積を小さくしたいという方にもおすすめなのは、「小さめの逆三角形」です。 柔らかい印象に整えたいという方にもトライしやすい形です。 指が2本分の幅のことを「ツーフィンガー」、指が1本分の幅のことを「ワンフィンガー」と呼ぶケースもあります。 自分でハートの形を出すのが難しいけれどトライしてみたいという方は、脱毛クリニックでのお手入れがいいかもしれませんね。 日本でも最近関心が集まっているスタイルのひとつと言えるでしょう。 なお、アンダーヘアの長さについては、だいたい2~3cmが自然な仕上がりになると言われているようです。 迷ったら、一度この長さを目安にしてお手入れしてみてはいかがでしょうか。 理想のデリケートゾーンの形を教えてください(複数回答可) 今回のアンケートでは、1位「小さい逆三角形」、2位「逆三角形」、3位「ハイジニーナ」という結果になりました。 形だけでみると、今回の結果では半数以上が「三角形」を理想だとして選んでいます。 どんな形にしようかな?と迷ったら、逆三角形は処理もしやすいので、まずは無難な形だと言えるかもしれませんね。 また、「形より毛の量が気になる」という声や、「自然な形がいい」という声もあり、人によって好みが千差万別だと感じられました。 今のパートナーに合わせてお手入れしたら、次のパートナーは違う考えの持ち主だった、ということも考えられますよね。 など「この人しかいない!」となった際には、パートナーの意見を反映してみてもいいかもしれませんね。 繰り返しとなりますが、IラインやOラインについては、自分でお手入れするのはあまりおすすめできませんので、ここではVラインの自己処理方法についてお伝えします。 アンダーヘアの形が決まったら、水性ペンやグッズを使って形がわかるようにしておきましょう。 気になる場合は、はさみで少し切って整えやすくしてもいいでしょう。 埋没毛は肌悩みの原因になることもあるので、毛抜きでのお手入れは避けた方がよいでしょう。 今回は、はじめてのアンダーやデリケートゾーンケアを行う女性向けのセットがある「LCラブコスメ」のアイテムをセレクトしました。 ぜひ公式ページもチェックしてみてくださいね。 デリケートゾーンのケアまとめ デリケートゾーンのケアとして、アンダーヘアのケアをメインにご紹介しました。 いかがでしたでしょうか。 デリケートゾーンのケアは、なかなか人には聞けないけれど、すごく気になることだと思います。 今回ご紹介した内容が、みなさまのデリケートゾーンのケアに役立ったらとてもうれしいです! デリケートゾーンは、その名の通りとてもデリケートな場所。 どのお手入れをするときも、「丁寧に」「やさしい力加減で」「自分に合うものを」を忘れずに、ケアしてあげてくださいね。

次の

デリケートゾーンのにおいケア商品はどこで買う?おすすめソープ5選

デリケート ゾーン ケア

アンチエイジングや美容のために、毎日のスキンケアやボディケアに力を入れている人は多いでしょう。 しかし、徹底して行っているつもりでも「デリケートゾーンまでは行き届いていないかも……」という人もいるのでは? デリケートゾーンは繊細なだけに、ほかの部分と同じようにボディソープや石鹸などで洗うと刺激を受けやすいです。 そのため、デリケートゾーン専用の石鹸を使うことをおすすめします。 商品によって有効成分やその作用が異なるので、自分の悩みを解決できるかということで選ぶことも重要。 例えば、ジャムウという成分は、インドネシアのハーブを調合して作ったもので、民間の伝承薬としても知られています。 これは殺菌や制汗、黒ずみや肌荒れのケアに効果的。 また、デオドラント剤にも配合されているミョウバンは、汗腺に入り込むことで制汗や殺菌効果が期待できます。 アロエは保湿や消炎、殺菌作用がありますし、パパイヤには色素沈着を抑制して黒ずみをケアしたり、古くなった角質を除去したりするのに役立ちます。 使用感などの口コミもチェックして自分が使いやすそうなものを選びましょう。 通常の石鹸と同じ固形タイプやボディソープのような液体タイプ、泡で出てくるタイプ、オイルタイプなどがあります。 デリケートゾーンを洗浄するという目的は一緒ですが、タイプによって使い勝手なども異なるので、以下の内容をチェックして自分にあうものを選びましょう。 固形タイプ 固形タイプは、体を洗う一般的な石鹸などと同じく固形状。 主に丸い形や四角い形をしていて、手元で泡立ててから体につけて洗います。 泡立ては、素手では少々手間がかかるので、泡立てネットなどを使うと簡単です。 使用後は濡れたまま放置すると雑菌が繁殖しやすくなるので、風通しのいいところでしっかり乾燥させてから浴室に戻しましょう。 色味も鮮やかで香りがいいものもたくさんあるので、自分の使いやすいものがきっと見つかるはず! 液体タイプ 液体タイプは、ボディソープのようにリキッド状になっているので、石鹸よりも泡立てやすいのが魅力。 チューブ状やポンプ式のものが多いので、必要な量を出して効率的に使用できます。 手にとって水を加え、こすることで泡立つので、そのまま肌につけて洗えます。 泡立てネットを使えば、より泡立てやすいですよ。 色や香りも製品によってさまざまなので、店頭でテスターを試してから選ぶといいでしょう。 泡タイプ 固形タイプや液体タイプは自分の手で泡立てなければならず、泡立てネットも使うのが面倒に感じることがあります。 「ネットを使わずに手軽に泡で洗いたい!」と考える人には、泡タイプがおすすめ。 ポンプから直接泡が出てくるので、わざわざ手で泡立てなくてもすぐに使用できます。 さらに、手を使って泡立てるよりも繊細で濃密なキメの細かい泡で洗えるのも特徴。 泡のキメが細かいと肌を隅々まで洗えるので、仕上がりもすっきりします。 オイルタイプ オイルタイプは、皮膚になじみやすいオイル成分で優しく汚れを浮かせて落とせるので、肌への負担を抑えられるのが特徴です。 ボディソープなどの洗浄アイテムは、洗浄成分によって肌に必要な潤いまでも落としてしまうことがありますが、オイルタイプならばそのような心配がありません。 さらに保湿力もあり、肌に必要な潤いをプラスしてくれるので、乾燥肌の人でも使いやすいのが魅力です。 通常の石鹸やボディソープを使ったあとに肌が突っ張ったりカサついたりするという人は、オイルタイプを使ってみましょう。 オイルタイプのデリケートゾーン石鹸には、天然由来のオイル成分を配合するものが多いので、敏感肌の人でも使いやすいですよ。 清潔に洗うことができても、刺激や摩擦で荒れたりかさついたりしてはいい商品とはいえないので、注意が必要です。 基本的にデリケートゾーン石鹸は肌に負担をかけにくい成分で作られていますが、それでも成分や製造法には気をつけなければなりません。 天然石鹸のように添加物が少ないものは肌にも優しいので、敏感肌の人にもおすすめです。 なかには海外製品もありますが、洗浄成分が過剰に含まれている可能性もあるので要注意。 その点、日本製なら日本人の肌にあわせて作られているので、負担をかけすぎることはありません。 あとは肌に必要な潤いを落としすぎない製品を選ぶようにしましょう。 【こちらもCHECK】肌に負担の少ない石鹸に関連するおすすめ記事はこちら Amazonの情報を掲載しています この商品は、天然由来のハーブエキスを配合しており、肌を優しくいたわりながら洗い上げられます。 デリケートな部分に刺激を与えることなく使用できるうえに、天然由来の潤い成分によって肌の潤いを保ちます。 200万人もの女性から支持されている人気商品で、有効成分としてイヤルジャムウを配合。 また、バイオアンテージという保湿成分も含まれているので、肌をすっきりきれいにしながらスキンケアが可能です。 さらに、カキタンニンやチャエキスも配合されており、陰部の気になるにおいもケアできます。 やビタミンCと水分保持力が同等とされるセリシンが配合されているのもポイント。 ローズの香りで、使用中もケア後もリラックスできます。 肌への負担が少ないので全身に使用できますよ。 Amazonの情報を掲載しています デリケートジャムウソープは、ブラックバカラローズの香りで優雅に包んでくれる女性にうれしいアイテム。 男性の脳を刺激するといわれているブラックバカラローズの香りで、パートナーとのデートの前に使うと印象もアップしますよ。 肌に優しい処方にこだわっており、石油系界面活性剤や鉱物油などの肌に負担となる成分をカット。 また、天然由来成分を98%も配合しているので、肌荒れを起こしやすい敏感肌の人でも使用しやすいです。 ショウガ根エキスなど10種が配合されたジャムウ成分は、地肌をきれいに洗い上げるのに有効ですよ。 従来品よりもサイズが125%増量しており、イランイランやヒトフェロモンといった深みのある女性らしい香りがあるので、彼との関係もより深まるでしょう。 Amazonの情報を掲載しています Pubicare(ピュビケア)のフェミニンシフォンソープは、弱酸性で肌に優しいのが特徴。 ココナッツ由来の刺激の少ない成分を配合しているので、敏感肌で荒れやすい人でも使用できます。 泡で出てくるタイプで、濃密な泡がデリケートゾーンを隅々まで包み込むので、洗い上がりもすっきり。 専門サロンが開発した商品なので、肌への優しさにこだわっており、天然由来成分100%で作られています。 保湿成分も豊富で、アルテア根エキスやハチミツがかゆみをケアし、しっとりと仕上がるのもうれしいポイント。 香りは、爽やかなビターオレンジ&レモン、リラックスできるジャスミン&ネロリ、優美なローズ&イランイランの3タイプから選べます。 Amazonの情報を掲載しています こちらは、石鹸の専業企業「玉の肌石鹸」と共同開発した商品。 植物性のグルコマンナンをスクラブ剤として使用しているので、デリケートゾーンに蓄積した汚れに優しく吸着して除去できます。 また、メントールも配合されているので洗い上がりもすっきり気持ちよく、夏場の蒸れる時期のケアにもぴったり。 弱酸性なので、肌の潤いを落としすぎず、汚れだけをすっきりと洗い上げてくれます。 オレンジ果皮油などの天然由来成分を多数配合しており、地肌に負担をかけずにケアできるのもうれしいポイント。 爽やかなジュニパー&ライムの香りなので、リフレッシュしたいというときにもおすすめ。 さっぱりと仕上がるフレッシュタイプとしっとり仕上がるモイストタイプがあるので、好みで選びましょう。 こんな方におすすめ• 肌質にあったものを選びたい• サロン仕様のものが欲しい• 長時間洗いすぎると地肌に与えるダメージが大きくなり、においや黒ずみなどのトラブルが増えることもあるので要注意。 また、地肌に必要な潤いまでも落としてしまい、皮膚常在菌のバランスが崩れてバリア機能が低下する可能性も。 しっかりと洗浄力を兼ね備えた商品も多いので、ある程度肌になじませたらすすぐようにしてください。 泡立てずにそのままつけてしまうと、タオルや爪で素肌を傷つけてしまう可能性があります。 特に、生理のときやおりものが多いときには、地肌がより繊細な状態になっているので気をつけましょう。 しっかり泡立てたらデリケートゾーンにつけ、なるべく手が直接触れないように泡だけで優しく洗い上げるのがポイント。 手ではうまく泡立たないという場合は、泡立てネットを使うとしっかり泡立ちます。 特に、陰毛の周りやひだの隙間には石鹸が残りやすいので、しっかりと洗い流すようにしてください。 すすぐ際には、ぬるめのお湯を下腹部のあたりに優しく当てるようにして流しましょう。 Amazonのデリケートゾーンケア人気ランキング Amazonの人気商品を知りたい方はこちらもチェック!.

次の