しんじゅくかいけいし。 新宿会計士の政治経済評論 ランキング

新宿校

しんじゅくかいけいし

新宿会計士の政治経済評論 当ブログの位置付け 当ブログは、ブログ主「新宿会計士」が、2010年7月から2017年4月まで更新していたものですが、現在は休刊しており、過去ブログの参照のみ可能です。 引用・転載等のルール 当ブログの内容については、出所さえ示して頂ければ、引用も転載も自由です。 詳しくは『新宿会計士の政治経済評論』の『記事の引用・転載等について』をご一読ください。 コメントについて こちらのブログではコメントの受付を終了しました。 管理の都合上、新規コメントは一切受け付けていません。 アメブロの仕様上、過去コメントの参照にはコメント許可設定にする必要があるため、コメント自体の入力は可能ですが、コメントを頂いても承認しません。 なお、『新宿会計士の政治経済評論』にて最新記事を掲載しており、そちらではコメント自由です。 <業務依頼等> 連絡事項、業務依頼、執筆依頼等があれば、その旨を明示して、下記アドレスまでメールでご連絡下さい。 info shinjukuacc. com 専門評論サイトの運営について 私は2010年7月からアメーバ・ブログ「新宿会計士のブログ」を運営してきましたが、これに加え、2016年7月より、新たな専門評論サイト「新宿会計士の政治経済評論」を立ち上げました。 是非、評論サイトをご愛読ください。 金融規制、金融商品会計、資金循環分析などの専門分野の知識を生かし、主に政治・経済・外交・金融の分野で情報発信を続けています。 2017年11月より、大手オピニオン・ウェブサイト『ビューポイント』様などに不定期に転載して頂いているようです。

次の

記事一覧

しんじゅくかいけいし

……………………………………… ……元々貿易実務に関わった訳でもない素人が、ざっと調べただけで書き込んだコメントですから、相手とも他の読者とも話が噛み合わずに終わってしまいまして…… その後自分の関心事も別方面に移り、ブログの内容再検討も貿易与信についての勉強も全く手付かずの状態でした。 そんな読者コメント説明用の文章が、総量は勿論微々たるものですが自分のブログでは最も閲覧数の高いものとなってしまった現状もあり……不完全極まりない文章をご覧になった方へのお詫びも込め、いつかまとめ直しが出来ればと考えています。 この話で主に引用されるのHPを読んでも、 『仲介貿易(三国間貿易)における留意点』 〉仲介貿易取引規制の強化については、輸出管理徹底国(ホワイト国)以外の仲介貿易について、キャッチオール規制の客観要件およびインフォーム要件に該当する場合は、の許可が必要となりました(外為令第17条第2項)。 こうある様に、の許可が必要になるのは I. 仲介貿易に関わる法的規制でも、キャッチオール規制に該当する場合だけではないかと。 仲介貿易に関わる報告義務は日銀への書類提出についての話ですし、 III. ……………………………………… 2. 氏がJBpress紙において、上述の渡邉氏に近い内容の記事を作成した事に触れ、各種公表数値をもとに検証されていますが、流石は『新宿会計士の政治経済評論』らしく、数値で確認出来るものはしっかり言及した上で、 〉少なくとも現時点において、BIS統計からは「日本が韓国の銀行のL/Cに対する保証を撤回すれば、韓国はL/C貿易ができなくなる」という事実は確認できない、というのが実情です。 と記されています。 …………………………………… ……ただしこの確認信用状は上述の同様、対韓貿易以外でも普通に行うリスク対策の一つに過ぎません。 とカントリーリスク 最後に、以前自分が記した文章の裏の意図について記すと• しかし、このカントリーリスク自体は日本ではなくのカントリーリスク専門家会合の判断によるもので、カントリーリスクが変更されない状況では日本側も料率を上昇出来ない。 という事でした。 ……………………………………… もちろん、この仮定はまだ文章化出来るほど形になってません。 仮定の脇を固めるためには• にそこまでの権限があるのなら、他の国 例えば評価の高い諸国 で同様の優遇措置があったのではないか?• カントリーリスク専門家会合の決定基準、会合内あるいは会合に影響を与える内部委員会の力関係や構成はどうなのか?• そもそも国際組織や貿易金融、更に貿易実務自体の知識不足。 という問題があり、まずは少しずつ知識や情報を集めている最中、というのが現状です。 恐らくリンク切れになっている 『への貿易金融ファシリティの供与について ~ 』の中身だと思うのですが… 代替で貼り付けたの文章よりも、みずほのへの融資と貿易包括保険の結び付きがはっきり書かれています。 〉に対して、 と(みずほCB)の協調による総額200億円の融資契約が締結されたことを受け、みずほCBが供与する100億円の融資に関して、同行と貿易代金貸付保険の付保に関する追加特約書を締結……この追加特約書の締結により、との協調融資(償還期間2年未満)について、包括保険料率による保険の申込みができるようになります tenttytt.

次の

新宿会計士(自称)、逃亡

しんじゅくかいけいし

新宿会計士の政治経済評論 当ブログの位置付け 当ブログは、ブログ主「新宿会計士」が、2010年7月から2017年4月まで更新していたものですが、現在は休刊しており、過去ブログの参照のみ可能です。 引用・転載等のルール 当ブログの内容については、出所さえ示して頂ければ、引用も転載も自由です。 詳しくは『新宿会計士の政治経済評論』の『記事の引用・転載等について』をご一読ください。 コメントについて こちらのブログではコメントの受付を終了しました。 管理の都合上、新規コメントは一切受け付けていません。 アメブロの仕様上、過去コメントの参照にはコメント許可設定にする必要があるため、コメント自体の入力は可能ですが、コメントを頂いても承認しません。 なお、『新宿会計士の政治経済評論』にて最新記事を掲載しており、そちらではコメント自由です。 <業務依頼等> 連絡事項、業務依頼、執筆依頼等があれば、その旨を明示して、下記アドレスまでメールでご連絡下さい。 info shinjukuacc. com 専門評論サイトの運営について 私は2010年7月からアメーバ・ブログ「新宿会計士のブログ」を運営してきましたが、これに加え、2016年7月より、新たな専門評論サイト「新宿会計士の政治経済評論」を立ち上げました。 是非、評論サイトをご愛読ください。 金融規制、金融商品会計、資金循環分析などの専門分野の知識を生かし、主に政治・経済・外交・金融の分野で情報発信を続けています。 2017年11月より、大手オピニオン・ウェブサイト『ビューポイント』様などに不定期に転載して頂いているようです。

次の