無名草子 紫式部。 無名草子『清少納言』解説・品詞分解(1)

清少納言と紫式部!性格の違いを徹底比較!恋人にするならどっち?

無名草子 紫式部

* 無名草子 紫式部 紫式部〜無名草子〜 源氏物語の成立と、紫式部の名前の由来について書きながら、紫式部を絶賛している。 清少納言を非難している作者の態度と正反対である。 一つの説は、大斎院が中宮彰子に面白い物語を所望されて、彰子が紫式部に相談したところ、紫式部が新しい物語を作るべきだと返事すると、それならあなたが作りなさいということになって、源氏物語を書いたというもの。 もう一つの説は、宮仕えする前に里で書いていたので宮仕えに召されて、紫式部という名前も頂戴したというもの。 いずれにしても、紫式部日記を読むと、紫式部は立派で奥ゆかしくて近寄り難いように見えるが、案外ぼんやりしていて未熟で、漢字さえ書けないと友だちが思っていると書いてある。 主人筋に当たる道長についても、絶賛しながらも、色恋めいたことはなく、馴れ馴れしく書いていることもない。 彰子について、立派で親しみやすいと書いているのは、彼女の控え目な態度にからふさわしくないが、それは道長と彰子の人柄だろうと、作者は道長と彰子に対しても絶賛している。 1.【指】本文ワークシートを配布する。 2.【指】読点ごとにペアリーディングさせる。 3.「繰り言のやうには侍れど、尽きもせず、うらやましく、めでたく侍るは、大斎院より 上東門院へ、『つれづれ慰みぬべき物語や候ふ。 』と尋ね参らせ給へりけるに、 1 【説】大斎院、上東門院の説明をする。 ・大斎院は天皇の即位後とに選ばれ、賀茂神社に奉仕した未婚の内親王または女王 ・内親王は、天皇の姉妹および皇女。 ・上東門院は、藤原道長の娘、中宮彰子。 2 【法】助動詞の意味。 ・「ぬべき」は、強意+可能。 ・「せ」は尊敬語の前にあるので尊敬。 3 【法】係助詞「や」の意味と結び。 ・疑問。 候ふ(四体)。 4 【法】敬語を考える。 ・侍れ、侍る=丁寧。 ・候ふ=丁寧。 ・「参らせ給へ」=二方面の敬語。 作者から、「参ら」の謙譲で大斎院を低めて上東門院へ、「せ給へ」の二重尊敬で上東門院へ。 』とお尋ね申し上げなさった時に、 6 【説】「尽きもせず、うらやましく、めでたく」と3つも修飾語を使って絶賛している。 4.紫式部を召して、『何をか参らすべき。 』と仰せられければ、『めづらしきものは、何か侍るべき。 新しく作りて参らせ給へかし。 』と申しければ、『作れ。 』と仰せられ けるを承りて、源氏を作りたりけるとこそ、いみじくめでたく侍れ。 」 1 【L2】会話の主は。 ・上東門院が『何をか〜』。 ・紫式部が『めづらしき〜』。 ・上東門院が『作れ』。 2 【法】係助詞の意味と結び。 ・何をか=疑問。 ・何か=反語。 ・こそ=強意。 3 【法】終助詞「かし」の意味。 ・強意。 4 【法】助動詞の意味。 ・参らすべき、侍るべき=推量。 ・られ=尊敬。 尊敬語の後。 5 【法】敬語を考える。 ・参らす=謙譲。 上東門院から自分を下げて大斎院へ。 ・侍る=丁寧。 ・参らせ給へ=二方面の敬語。 紫式部から、「参ら」は謙譲で大斎宮へ、「せ給へ」は二重尊敬で上東門院へ。 ・承り=謙譲。 作者が紫式部を下げて上東門院に敬意を表す。 6 【訳】 ・(上東門院は)紫式部をお呼びになって、『何を差し上げたらよいだろうか。 『新しく作って、(上東門院が)(大斎宮に)差し上げなさいませ。 』と(上東門院に)申し上げたところ、(上東門院は)『(あなたが)作りなさい。 』とお命じになったのを(紫式部が)承って、源氏物語を作ったというのは、とてもすばらしいことでございます。 」 5.と言ふ人侍れば、また、「いまだ宮仕へもせで、里に侍りける折、かかるもの作り出 でたりけるによりて、召し出でられて、それゆゑ紫式部といふ名は付けたり、とも申すは、いづれかまことにて侍らむ。 1 【法】係り結びを考える。 ・か=疑問。 2 【法】助動詞の意味。 ・られ=受身。 ・む=推量体。 3 【法】敬語を考える。 ・侍れ=丁寧。 ・侍り=丁寧。 ・侍ら=丁寧補助。 ・申す=謙譲。 5 【L2】「いまだ〜」の会話の主は。 ・「繰り言の〜めでたく侍れ」と言った人以外の人。 6 【L1】「宮仕えもせず」の主語は。 ・紫式部。 7 【L1】「かかるもの」の指示内容は。 ・源氏物語。 8 【L2】「召し出でられ」はどこへか。 ・上東門院のもと。 9 【L2】「それ」の指示内容は。 ・里で源氏物語を書いたこと。 10 【L3】「いづれ」は何と何か。 ・紫式部が、源氏物語を、宮中で上東門院に命じられて書いたのか、里で自発的に書いたのか。 6.その人の日記といふもの侍りしにも、『参りける初めばかり、恥づかしうも、心にく くも、また添ひ苦しうもあらむずらむと、おのおの思へりけるほどに、 1 【語】語句の意味を選ぶ。 ・恥ずかし 1 恥ずかしい。 気が引ける。 2 こちらが恥ずかしくなるほど、相手が優れている。 3 気詰まりである。 ・心にくし 1 奥ゆかしい。 2 上品だ。 3 はっきりしない。 4 心が通じない。 5 恐るべきだ。 6 怪しい。 2 【L2】「参り〜あらむずらむ」「思へり」の主語は。 ・紫式部。 ・周囲の女房。 3 【法】敬語を考える。 ・参り=謙譲。 紫式部を低めて上東門院に敬意を表す。 ・紫式部。 7.いと思はずにほけづき、かたほにて、一文字をだに引かぬさまなりければ、かく思は ずと、友だちども思はる。 』などこそ見えて侍れ。 1 【語】語句の意味を確認する。 ・ほく(惚く)=ぼんやりする。 ・かたほ=未熟な。 2 【L1】「いと思はず〜なりければ」の主語は。 ・紫式部。 3 【法】助動詞の意味を確認する。 ・ぬ=打消、体。 ・なり=断定、用。 ・る=自発、止。 』などと、書いています。 5 【L1】「かく」の指示内容は。 ・「いと思はず〜引かぬさまなりけり」 8.君の御ありさまなどをば、いみじくめでたく思ひ聞こえながら、つゆばかりもかけか けしく馴らし顔に聞こえ出でぬほども、いみじく。 1 【語】語句の意味を確認する。 ・つゆばかり=すこしも。 ・かけしけし=好色めいた気持ちでいる。 2 【L1】「君」とは誰か。 ・道長。 3 【法】助動詞を考える。 ・ぬ=打消、体。 4 【法】敬語を考える。 ・聞こえ=謙譲。 紫式部を低めて上東門院に。 6 【L2】「いみじく」の後の省略は。 ・思ふ。 9.また、皇太后宮の御事を、限りなくめでたく聞こゆるにつけても、愛敬づきなつかし く候ひけるほどのことも、君の御ありさまも、なつかしくいみじくおはしましし、など 聞こえ表したるも、心に似ぬ体にてあめる。 かつはまた、御心柄なるべし。 」 1 【語】語句の意味を選ぶ。 ・愛敬づく=1 かわいらしい。 2 魅力がある。 ・なつかし=1 心が引かれる。 2 親しみやすい。 3 かわいい。 4 情愛が細やかだ。 2 【法】助動詞の意味を考える。 ・あめる=ある+める=推定、体。 ・べし=推量、止。 3 【法】敬語を考える。 ・候ひ=「仕ふ」の謙譲。 紫式部を低めて上東門院に。 (けれど、これは)一方では、道長や彰子のご性格でもあるのでしょう。 」 4 【L1】「皇太后宮」君」とはだれか。 ・上東門院。 ・道長。 コメント ホーム.

次の

「無名草子:文」3分で理解できる予習用要点整理

無名草子 紫式部

年表 西暦(年齢) 978年(1歳)紫式部誕生 990年(13歳)定子が一条天皇の中宮になる。 清少納言出仕 999年(22歳)紫式部、藤原宣孝(のぶたか)と結婚。 道長の娘彰子(しょうし)も一条天皇の中宮となる 1001年(24歳)夫宣孝死没。 「枕草子」成立か。 『源氏物語』執筆始まる 1007年(30歳)紫式部、中宮彰子に出仕 1008年(31歳)『源氏物語』ほぼ完成? 1013年(36歳)この年までは確実に宮仕えしている 1014年(37歳)この年まで紫式部の生存は確実 1019年(42歳)このころ紫式部死没? 紫式部の生涯 生没年は未詳。 978年ごろに誕生し、1019年ごろに没したとも言われ諸説ありますが、ここではその生没年を採用します。 名前 本名未詳。 宮仕えの頃は、父親や兄が式部丞(しきぶのじょう)だったことから「藤式部(とうのしきぶ)」と呼ばれます。 やがて『源氏物語』の最大のヒロイン 「紫の上」にちなんで 「紫式部」と呼ばれました。 家柄と教養 藤原為時(ふじわらのためとき)の娘で、藤原冬嗣(ふゆつぐ)の流れを汲む 藤原北家の名門出身。 ただし、傍流の 受領階級でした。 家系は学才のある人物を多く輩出しており、彼女も父親から漢学・音楽・和歌の教えを受けて才能を発揮しました。 やがて藤原宣孝(のぶたか)と結婚。 一女をもうけましたが2年ほどのちに夫と死別。 『源氏物語』は、夫の死後書き始められました。 1007年頃に中宮彰子に出仕し、翌年には物語の大部分が完成していました。 彼女の晩年についてもよくわかっていません。 関連記事 >>>> 『紫式部日記』 式部が中宮彰子に仕えていた頃の日記です。 1008年7月から1010年正月までの宮中の風俗・行事、そして作者の心境を描いたもの。 フィクションである『源氏物語』ではわかりにくい彼女の人物像を知ることができます。 後半は消息文(しょうそこぶみ)と呼ばれ、和泉式部、赤染衛門(あかぞめえもん)、清少納言などに関する辛口の人物批評も。 華やかな宮廷生活になじめない内気な式部自身を鋭く洞察する文章力が光ります。 宇治十帖の謎 光源氏の死後の話を描いた『源氏物語』の最後の10篇を宇治十帖と呼びます。 その部分の表現方法が光源氏の生きていた頃の表現と雰囲気が違い、紫式部が書いたのではないという説があります。 作者として挙げられるのは「大弐三位(だいにのさんみ)」という式部の実の娘。 彼女なら文才も物語に必要な宮中に関する知識を持っているのも納得。 物語が光源氏から息子・薫へ移行していったように、作者も紫式部から娘へと受け継がれていったのでしょうか。 光源氏のモデル 『源氏物語』が書かれていた当時から、光源氏のモデルだと噂されるプレイボーイの貴公子たちが何人かいました。 中でも筆頭は、 源融(みなもとのとおる)と 源高明(みなもとのたかあきら)。 嵯峨天皇と醍醐天皇の息子たちで、皇位継承権はありませんでした。 その点光源氏と同じです。 また、融は光源氏と同様絶世の美男子。 京都の六条に「河原の院(かわらのいん)」と呼ばれる美しい広大な邸宅を持っており、それが光源氏の大邸宅「六条院」を彷彿とさせます。 一方、高明の母親は更衣(こうい)という身分の低い帝の妻で、光源氏の母親も更衣です。 彼は、敏腕政治家として活躍しましたが、天皇への謀反を疑われ、地方へ左遷。 それは、光源氏が出世の途中に恋愛関係が原因で須磨地方に左遷されるのに似ています。 他の候補はこの二人と比べると少々根拠が希薄ですが、式部が多くの男性から「いいとこ取り」して理想のキャラクターを作った可能性も。 紫式部の恋 紫式部の恋人疑惑のある人物というのが、才能豊かで両親とも天皇家に関わっているセレブ 藤原公任(ふじわらのきんとう)。 『紫式部日記』によると、宮中の宴で酔った公任が「若紫(わかむらさき)はおいでですか?」と冗談で式部に声を掛けたのです。 「若紫」とは『源氏物語』のヒロイン・紫の上のこと。 式部はげんなりして「光源氏に似た人だっていないのに、紫の上がいるわけないじゃん!」と公任を無視。 手厳しい! でも、女房の身分でセレブ貴公子をそんなに邪険にできたのは、やっぱり恋人同士だったから? さらに、公任は「若紫」といったのではなく「我が紫」つまり「私の紫式部」と呼びかけたという解釈も。 それなら二人の仲は・・・。 また、紫式部にはパトロン兼ボスの 藤原道長との愛人関係説も。 貴族の系譜を記録した『尊卑分脈』という本に、紫式部が「道長妾」だとの記録があります。 「妾」とは愛人のこと。 この記録の信憑性は100%ではありません。 でも、『紫式部日記』には、 道長からの「あなたはさぞ恋愛経験が豊富でよく口説かれるのでしょうね」という意味深な和歌に、つれない和歌を返した記録もあります。 また、夜訪ねてきた道長に「一晩中戸を叩かれたけど開けなかった」こともあったとか。 これって道長からの一方的な好意? とはいえ、やはり紫式部は恋愛華やかな平安王朝女性だったんですね。 きょうのまとめ 最後までお読み頂きありがとうございました。 紫式部とは、.

次の

無名草子 現代語訳

無名草子 紫式部

概要 [ ] 書名『無名草子』は後代の命名で、原本の表題は不明。 『無名物語』、『建久物語』などの異名がある。 また、『』が言及する『尼の草子』や、伴直方『物藷書目備考』に見える『最勝光院通夜物語』も、本書を指している可能性がある。 作者は、通説では(越部禅尼)とされ、(7年)から(2年)頃の成立であると推定されている。 作者に擬せられたことのある人物は、この他に、、らがある。 また、俊成女が後年出家して嵯峨に隠棲してからの作とする見方もある。 若くしての母北政所に仕えた八十三歳の老尼と、東山の麓に住む若い女房たち の対話形式をとり、「序」「物語批評」「歌集批評」「女性批評」の四部からなる。 序は、作品全体の1割を占める長大な導入部で、老尼が東山の閑居を発って長い道のりをあてもなく歩き、途中で寺院 に参拝し、やがて檜皮屋を見つけてそこに居た女房達と言葉を交わす。 この「序」の構造を作品世界の象徴とする見方もある。 物語批評では『』の各巻や登場人物、印象的な場面に関する短評を先頭に、『』『』『みつの浜松()』『』ら中古のについての議論を交わす。 本書における「さても この源氏作りいでたることこそ 思へど思へど この世ひとつならず めづらかにおぼゆれ」の評言は広く知られた。 歌集批評は、『』『』などのに始まり、『』以下、勅撰七代集 ・私撰集・の類に触れる。 最後の女性批評は、・・・・・ [ ]ら宮廷の花を語るが、中でも作者が賛美したかったのは、・・・の四人であったらしい。 各人物のエピソードには、『』からの参照が多く見られる。 そして男性論は『』の類に任せるとして、筆を置く。 無名草子は散逸物語の研究資料としてのみならず、中世初期における人々の中古文学享受史が伺える貴重な作品である。 伝本 [ ]• 『建久物語』 二年奥書、津守国冬奥書。 蔵藤井乙男旧蔵本 『無名物語』 二年奥書、二年奥書、廿一年奥書、五年津守則棟奥書。 本、無窮会図書館本(群書類従本転写本)(奥書に『無名草子』) 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 本文中に「建久七年」の年号が見えること、((建仁2年)中将昇進)が「」と表記されていること、『』への言及がないこと等による。 更に絞って、(2年)から(元年)とする説もある(樋口(参考文献))。 この老尼を藤原俊成の長女であり後白河院の女房であった京極局、そのほかの女房達を俊成の娘達や孫娘である作者に比定する見方もある(樋口(参考文献))。 本文に最勝光院と記されている。 建春門院()の願により建立された。 東山の麓、鴨川の東、八条の北に位置する(杉山信三 「建春門院の最勝光院について-法住寺殿の御堂に関する研究 2-」 『日本建築学会研究報告』 1956年3月 )。 ここを出て西に向かうとすぐ川に行き当たったはずだが、本文中では架空の田園風景と檜皮屋を配している。 俊成の撰になる『』についても、歌そのものの質より作者に配慮し過ぎていると批判的に触れている。 出典 [ ]• 高橋(参考文献)• 萩原(参考文献)• 中村(参考文献)• 薗部(参考文献) 参考文献 [ ]• 作品本文• 校注『無名草子』() 1976年12月ISBN 4106203073 初心者向きの平易な頭注を持つ。 その他、『 古代中世芸術論』・にも注釈つきの本がある。 「袋草子・無名草子の成立時期について-付、藤原範永の没年」 『国語と国文学』 47-4 1970年4月• 荻原さかえ 「」 『駒澤國文』17,143-154 1980年3月• 中村文 「」 『埼玉学園大学紀要. 人間学部篇』 5,275-290 2005年12月• 高橋亨 「無名草子における引用関連文献の総合的調査と研究」 『平成13年度-平成15年度科学研究費補助金 基盤研究 c 2 研究成果報告書』 2004年5月 文学研究科• 薗部幹生 「」 『駒澤國文』 22,81-98 1985年2月 関連項目 [ ]•

次の