小内誠一。 美智子様の雅子様への意地悪とは何をした?関係が不仲で冷たい態度の理由を調査!

「紀子妃の右手」事件の黒幕 なぜ美智子さまは隠したがったのか?

小内誠一

Contents• 文/宮本タケロウ 「元宮内庁職員」とやらのブログ 本年11月ごろから皇室ファン界隈で話題になっているブログがある。 小内誠一という自称・元宮内庁職員とやらが開設した皇室「是々非々」自録というブログがそれだ。 この小内誠一という自称「元宮内庁職員」は、「平成こそが皇室のあるべき姿を歪ませた時代」として、上皇后をディスる記事を連発している。 ここ数日ではこのようなラインナップだった。 雅子さまが、美智子さま「吐血」の原因!?• 美智子さまは、国民が苦しむのを楽しんでいる• 美智子さま「隠し財産」の貯蓄術• 美智子さま「震災」に大喜びして「慰安ツアー」の準備 ここ5日間だけでも毎日毎日このような記事がサイトに上げられているが、記事の中に内在する世界観は一貫している。 ようは 「 平成の皇室をサゲて令和の皇室をアゲる」帰結をもたらすために、ありもしない「嫁と姑の不仲」という古典的なシチュエーションを取り出し、 「 雅子さまをアゲるために美智子さまをサゲる」という演出である。 2000年初頭に、 「美智子さまは自分が嫁入りで香淳皇后に苛められた意趣返しを雅子さまにしている」という根拠不明の噂がネット上を流れたが、その再来だろう。 小内誠一の不可解な動機 小内誠一はサイトの自己紹介にこう述べる。 昭和と平成の時代に、宮内庁に務めておりましたが、いろいろあり定年前、令和となる前に退職しました。 退職後は故郷の千葉に戻り、ゆっくり過ごしておりましたが、昨今の皇室ニュースを読むにつけ、 皇室の未来に不安を覚えるようになりました。 皇室の弥栄を願い本サイトを立ち上げました。 皇室「是々非々」自録 自己紹介 この談を信用すると、彼は義憤に駆られてウェブサイトを立ち上げたということだそうだが、これは不可解だ。 なぜなら、「不安を覚えるようになった」のなら、「このままではいけない」と 現状を批判するのが当然の帰結になるはずなのに、名実ともに過ぎ去った美智子上皇后と平成皇室という 過去を躍起になって批判しているからである。 仮に現状が、「令和になったのに天皇皇后両陛下よりも、上皇と上皇后に国民の尊敬が集まっている」状況ならば、小内氏のような上皇后バッシングは理にかなっているかもしれないが、状況はむしろ逆で、令和になり、新天皇や雅子皇后が十分すぎるほどに国民から受け入れられているのが現在の状況である。 「皇室の未来に不安を覚えるようになりました」 と小内は言うが、なにが不安なのかサッパリ私には分からない。 むしろ、 新天皇・皇后両陛下を賛美する一方で、上皇・上皇后をバッシングするのが現在主流の論調だからだ。 小内誠一は現代の大内糺か さて、 時代は遡るが、1993年に、昭和天皇と香淳皇后が住んでいた吹上御所に代わる新御所の建設を機に、週刊誌『宝島30』で「美智子さまバッシング」という現象が宮内庁職員を自称する「大内糺」なる人物によってなされたことがあった。 彼の世界観は 「昭和の皇室をアゲて、平成の皇室をサゲる」というもので、美智子さまの皇后としての振舞いを批判するものだった。 例えばこのような文章。 本来、ご皇室にとって 皇后陛下は、あまり意味のある存在ではない。 ご公務はもちろん、大抵の儀式も天皇陛下がおいでになれば事足りる。 (中略)それなのに、 最近では国際親善の場面にとどまらず、あらゆるところにご夫妻として参加されるようになってきているのである。 (「皇室の危機」『宝島30』1993年8月号) 昭和の香淳皇后があまり表に出なかったのに対して、平成の美智子皇后が、まるでショーか演出であるように夫妻で一緒に活動をすることを批判した記事だ。 ジャーナリストの工藤美代子によれば、「大内糺」は実在せず、両陛下の側で使用人として使える内舎人(うどねり)かそれに近い人物から週刊誌のライターが得た断片的情報を面白おかしく脚色したものであったらしい。 「大内糺」等による一連の皇室批判に対して、美智子皇后は失語症に陥り、同年の誕生日に際して、以下のような反論をした。 どのような批判も,自分を省みるよすがとして耳を傾けねばと思います。 今までに私の配慮が充分でなかったり,どのようなことでも,私の言葉が人を傷つけておりましたら,許して頂きたいと思います。 しかし 事実でない報道には,大きな悲しみと戸惑いを覚えます。 批判の許されない社会であってはなりませんが, 事実に基づかない批判が,繰り返し許される社会であって欲しくはありません。 幾つかの事例についてだけでも,関係者の説明がなされ,人々の納得を得られれば幸せに思います。 皇后陛下お誕生日に際し(平成5年) 事態は右翼が出版社を銃撃する事態にまで発展した後、皇后を失語症に追いやったことを流石に反省したのか、または単純に、ネタに飽きたのか分からないが、週刊誌による美智子さまバッシングは約1年で収束していった。 根拠のない「アゲ・サゲ」を信じるヒトタチ… ここで改めて、小内誠一のブログを考えたい。 彼のブログを読んだことがある人間なら分かると思うが、大内糺の記事と小内の意見は論調が瓜二つであることが分かると思う。 それは 「皇室の誰かをサゲて、代わりに誰かをアゲる」という構造である。 90年代は、美智子さまサゲで昭和アゲ。 2000年代になると、雅子さまサゲで上皇夫妻&秋篠宮アゲ。 そして現在になると、両陛下アゲで上皇夫妻&秋篠宮サゲ。 アゲ・サゲの対象は入れ替わるが、 「皇室の誰かをサゲて、代わりに誰かをアゲる」という構造は変わらない。 客観的根拠の有無は全くの別問題である。 小内誠一のブログは、まるで 現代の日本の宮中で朝鮮王朝歴史ドラマのような嫁・姑の争い、兄嫁・弟嫁の争いが行われているようなタッチで皇室の内実が描かれるが、意外なことに、それを信じる人が多いのだと言う。 実に不可解だ…なぜ人間はそんなことをわざわざ信じたがるのだろう… 不思議なことに、雅子さまと愛子さまを慕う人に限って、 「美智子さまと紀子さまは雅子さまを嫌っていて、愛子さまを苛めている」と信じているのだ。 人はなぜ、 「自分の好きな人が苦しんでいる」とわざわざ信じたがるのだろうか。 私としては、最もあり得そうな皇室の内実は、 兄一家を支える弟一家と、それを見守る隠居した穏やかな老夫婦 なのだが。 小内氏への再反論 寧ろ国民は長年の疑念が氷解したことにざわついているのだ。 平成の時代、辻褄の合わない報道や、内容が二転三転する報道、雅子様に関する胡散臭い報道(明らかに結婚前の映像と違った内容が報道されていたりした)を全く否定しない宮内庁、国民は自分たちが騙されているのではないかという懐疑的な思いで宮内庁(皇室)を眺めていた。 昭和は「全面的にマスコミを信じる」時代だったが、平成は「マスコミがヤラセ等で国民を騙す」ことが当たり前だと知れ渡っている時代だ。 多くの国民が報道を疑っていた。 平成でのマスコミ報道の疑念に答えてしまっているのだよ、このブログは。 多くの読者が「あ~そうか、だからあんな報道が…。 」と頷いてしまった。 そして宮本氏のこの文章。 平成時代に感じた違和感そのままだ。 矛盾だらけ。 テレビ放映されてしまった秋篠宮の言動はもう覆水盆に返らないのだよ。 あれを見た人々の記憶に刻み込まれてしまった。 そしてその映像に反する事象を文章にしたところで、ヤラセにしか見えないのは当たり前だ。 どうせ「国民は何も覚えていないだろう」と高をくくってこの文章を書いたのだろう。 国民を舐めるのも大概にしろ。 宮本、「あげ、さげ」とかそのような尺度でしか見れないとは、記事を書く人間としては害悪でしかないと思う。 対抗して議論するなら堂々としたらどうだ。 宮本の敬宮愛子さまの女系天皇を否定する記事も、全く説得力なかった。 良心から、一国民として発している議論に見えないんだよね。 結果ありきで、装飾しているだけのうわっぺらの議論だと思う。 反論してもいいが、この印象を正面から受けたらどうだ? 紀子の試験官ベビーの否定記事も最悪だった。 あの夫婦は12月にすでにこうのとりの歌を歌会に提出していた。 12月初旬なんだよ。 正直に言おう。 宮本よりも小内さんのブログがはるかに信じられるよ。 両陛下の真のお姿を記事にして、とても良い記事だと思ったのに… 読者をバカにして、弄んだんだ? こんな事する位ならペンを置いてください。 兄一家を支える?どこが? 種違いの、優秀な兄が憎くて憎くて仕方なくて、いつまでも経ってもガキみたいに拗ねて、楯突いて、兄一家を困らせ、皇室の品位まで貶めた秋一家のどこが立派なんですか? 元天皇夫妻はおとなしい?どこが? 権力バリバリ発動中ですけど? 二重権威どころか、令和の天皇陛下ご一家を差し置いて、権力振りかざして好き勝手し放題ですが? もういいや… 何を言っても分からないんですよね。 もう二度と信じません。 相変わらずですな、宮本は。 さすが秋篠宮一派寄りの方だからね。 何が兄天皇陛下ご一家を支える弟一家だよ、バカも休み休み言いなよ。 兄である徳仁天皇が皇太子時代の時に雅子様と愛子様を含めて散々貶めることをし続けた首謀者は弟である秋篠宮と嫁の紀子、そしてあろうことに当時の明仁天皇と美智子婆がグルになってお抱えの週刊誌記者やマスコミを使ってある事無い事バッシングを煽ったことを忘れたのかな、これは文書にも残っている。 明仁天皇は退位し上皇に、美智子婆は上皇后になったにも関わらずに出者張り続けるは、〇〇の秋篠宮は皇太子というのが嫌だから皇嗣などという訳のわからない階級を作って。 秋篠宮は内廷皇族になるのを拒否した癖に。 拒否したのは公務の度に謝礼金がもらえ無くなるからだろうがよ、公務と言ったってアルバイトみたいなもんでしょうよ。 兄である陛下の会見や大嘗祭には難癖を付けるわりに自分の娘眞子の結婚問題をいつまでだっても放置して解決出来無い秋篠宮。 上皇と美智子婆にいたっては相変わらずの贅沢三昧し続けて遊びにばかり行って引っ越しは後回しの上にほったらかし。 こんな秋篠宮一家と上皇と美智子婆を褒め称える宮本はバカ。 どうせ秋篠宮一家と美智子婆から金を貰ってんだろう。 もしかして、このブログの作者は、お若い方、30代半ば〜40前半 ぐらいなんですかね? だったら、さほどリアルな昭和の皇室をわかってないのでしょうね 昭和の人間からすると、平成の天皇皇后が最初にバッシングされたのは しっかり理由がありますし、このご夫妻がまだ東宮だった頃の 問題も沢山あったわけで 庶民は薄々気がついてましたよ ただ、「皇室のことだから」と生暖かく見守っていただけで それが、一気に、あの違和感は正しかったのか、って腑に落ちる 方々が多々あって、これからも増えるだろうということです 自明の理というか、因果応報というか 平成の粉飾しまくられた皇室、開かれた皇室と謳いながら 実際は昭和よりもはるかに閉ざされた皇室 ネット時代には感謝です 宮本さん、貴方のような方がいるから 小内さんのような方が本当の事を書かざるをえなくて 敢えて良心に従ってブログを立ち上げられたのだと思いますよ! 宮内さんのなさっている事は、小内さんの正しい行いの真逆で、貴方が小内さんのブログに対して納得が行かない思いを抱いているのと同じ、いえ、もっと もっと多くの方々が宮内さんの一貫性の無い不愉快なブログに対して腸の煮えくりかえる思いをして貴方のブログに反論しているのですよ! コメント欄のポチ数を見ても一目瞭然なのがお解りにならないのでしょうか? 宮内さんって 皆様のご自分に対するコメントをご覧になって恥ずかしくないのかといつも思っておりましたが、それすらも理解出来ないなんて 本当に残念な方ですね!.

次の

皇室に「昼ドラ」的展開を欲する困ったヒトタチ 「真実」の報道を今こそ(宮本タケロウ)

小内誠一

Contents• 文/宮本タケロウ 小内誠一氏からの反論 先日私がアップした記事「」について、元宮内庁職員という小内誠一氏から返事があった。 小内氏ブログ: 彼は私の 「上皇ご夫妻は雅子さまをイジメていたわけではない」という意見が気に入らないらしい。 彼はブログでこんなことを言う。 上皇ご夫妻が、かつて雅子さまをイジメていたことは、消息筋の話だけではなく公式文書にも残っおり、証拠は余りあるほどある。 たとえば、雅子さまが適応障害でオランダ療養に行かれた折には、時の天皇陛下は、皇太子ご夫妻の今後について問われ、美智子さまを引き合いにして次のように雅子さまに 嫌味を仰った。 「(前略)それと同時に名代という立場が各国から受け入れられるように,自分自身を厳しく律してきたつもりで,このような理由から,私どもが私的に外国を訪問したことは一度もありません」(皇太子ご夫妻オランダ静養についての回答) また、雅子さまの 「人格否定発言」に前後して、時の宮内庁長官は秋篠宮ご夫妻に第三子を要望した。 小内誠一ブログ「皇室『是々非々』自録」 「秋篠宮家の第三子を」発言について 彼が言うイジメの証拠は、小内氏によれば「宮内庁長官の第三子発言」と「私的なオランダ訪問に関する嫌味」がその例だそうだが、 私に言わせればそんなものはただの言いがかりに過ぎない。 反論しよう。 小内氏は「第三子発言」について、こう言う。 こういうプライベート色の強い発言は本来、内内でするべきものであり、公にするものではない。 加えて皇族方のご意向な無い限り、官僚に過ぎない立場の者がこのようなセンシティブな発言はしない。 小内氏ブログ 私はこの文章を読んだ時、「墓穴を掘ったな」と思った。 小内氏は 「皇族方のご意向が無い限り、官僚はセンシティブな発言をしない」と断言する。 では、彼の言う「皇族の意向が無い限り、センシティブな発言はない」ということを念頭に「第三子発言」を考えると、 「『第三子発言』には皇太子ご夫妻の意向もあった」という解釈が一番しっくりくる解釈となってしまう 笑 「第三子発言」は、事前に皇太子ご夫妻や秋篠宮ご夫妻にも「お諮りした上で」宮内庁長官が発言したのではないか。 常識的に、天皇皇后(当時)が皇太子ご夫妻(現両陛下)への嫌がらせで長官に「第三子発言」をさせるとは思えない。 皇太子ご夫妻(現天皇皇后両陛下)や秋篠宮ご夫妻が事前にご存知だった考えるほうが常識的ではないか。 当時は国民の間に雅子さま懐妊を希望する熱が非常に強まっており、雅子さまへのプレッシャーが高まっていた。 国民の熱を冷ますためにあえて「秋篠宮家に第三子を」と宮内庁長官が発言したのであろう。 小内氏は宮内庁の内実に詳しいようだから、「第三子発言」を事前に皇太子ご夫妻が知らなかったという具体的な証拠を出してもらいたい(友納尚子のような妄想記事はナシで)。 元宮内庁職員なら簡単な話だ。 オランダ私的静養について 次にオランダ私的静養についてだ。 小内氏は両陛下オランダ私的静養への上皇陛下の発言も「嫌味」とするが、これは単に「静養で外国を訪れる」のが皇室として異例だったからそう述べたまでのことであり、たかがそんなことで「嫌味」と言いだすのはおかしいのではないか。 「『静養で外国に行くのは異例だ』と言われて傷ついた」と言われても、 「だから何なのだ」としか言いようがないし、そもそもこれは雅子さまへの嫌味というよりも、皇太子(現天皇陛下)への批判であろう。 親から子への、天皇から皇太子への先例に則った正当な批判までも「嫌味」や「イジメ」とあげつらう神経はどうかしている。 雅子さまをイジメたのは週刊誌と国民 小内氏のブログ読者に気づいてほしいのは、 雅子さまをイジメていたのは悪乗りする週刊誌とそれに踊らされた一部の国民だったということである。 思い返してみよう。 かつてメディアに雅子さま・東宮バッシングが吹き荒れた時代に、上皇陛下の 「愛子が御所に来ない」や 「私たちは私的に海外旅行したことはない」の発言を裏読みして 妄想を膨らませ、 「天皇陛下が皇太子を批判している、雅子妃には皇族の自覚がない」と罵ったのは、アンチ雅子さまの首魁 、 佐藤あさ子や高清水有子たちではなかったか? 上皇陛下のご発言を引用して「上皇ご夫妻が雅子さまをイジメていた」とするのは、単にポジショニングが変わっただけで、 佐藤あさ子や高清水有子らがやっていたことと、本質はなんら変わらない。 解釈の感情的帰結が「雅子さまかわいそう」となるか「雅子さまは不適格」となるかの違いしかない。 これを俗に 「スライド」と言う。 両陛下を信愛する上皇ご夫妻の発言集 最後に上皇ご夫妻が、陛下と秋篠宮殿下を信愛している証拠を提出して筆を置きたい。 「 皇太子妃が病気の今,家族が皆で,支えていくのは当然のことです。 私も,皇后も,将来重い立場に立つ皇太子,皇太子妃の健康を願いつつ, 二人の力になっていきたいと願っています」(上皇陛下) 「 この頃愛子と一緒にいて,もしかしたら愛子と私は物事や事柄のおかしさの感じ方が割合と似ているのかもしれないと思うことがあります。 (中略)あちらも笑いを含んだ目をこちらに向けていて,そのような時, とても幸せな気持ちになります」(上皇后陛下) 「将来の皇室の在り方については,皇太子とそれを支える秋篠宮の考えが尊重されることが重要と思います。 二人は長年私と共に過ごしており,私を支えてくれました。 天皇の在り方についても十分考えを深めてきていることと期待しています」(上皇陛下) 「幸せなことに, 東宮も秋篠宮も孫として昭和天皇のおそばで過ごす機会を度々に頂き,また成人となってからは,陛下をお助けする中でそのお考えに触れ,日々のお過ごしようをつぶさに拝見し, それぞれの立場への自覚を深めてきたことと思います」(上皇后陛下) いかがだろう。 我が国は昭和、平成、令和と素晴らしい英主たちに見守られてきた素晴らしい国ではないか。 「元宮内庁職員」ならばこそ、それがしっかり分かるはずだ。 ありもしない昼ドラ的展開を皇室に欲する性根は、もういい加減にしてほしい。 いや、宮本さん、 貴方の書かれたこと 正論だと思いますよ。 普通の感覚を持った日本人なら 宮本さんみたいに 考えるのでしょう。 そもそも、皇室問題なんかに、強い関心を持っているという方々…ここで コメントしている方々みたいな…は、 もう それだけで、普通の日本人では ありません。 悪い人たちだと 言っているわけではありませんよ。 ただね、日々のノルマをこなすべく 懸命に職業活動している人たち、家族を支えるために 全力投機している人たち、一生懸命勉強している人たち…そういう人たちを 私は 普通の日本人と 思っているんだけど…そういう 普通の日本人って、 明日の自分に関係のない「皇室」なんかに 普通、興味を持ちませんよね。 だから ここで 「皇室が、秋篠宮が、小室が…」などとコメントしていられる方々というのは、良い意味でも 悪い意味でも 「自分に賭ける」ということを しなくなっている方々でしょう。 ニートの方も いらっしゃるでしょうけど、必ずしも 貧乏人ばかりでは ないかもしれない。 でも、私は 宮本さんに 「こんなとこで 書くのは やめろ」なんて 申し上げるつもりは ありません。 むしろ 頑張って続けて ほしい。 例え 受け入れられなくてもね。 100人のうち 2〜3人ぐらいは 「あっ、そうかもな」と 気づく人が いるかもしれないですよ。

次の

宣教60年の歩み|心のともしび

小内誠一

運営者情報 運営者:皇室問題研究室 所在地:東京都渋谷区東2-5 代表:小内誠一 ご挨拶 当サイトをご覧いただきありがとうございます。 小内誠一と申します。 昭和と平成の時代に、宮内庁に務めておりましたが、いろいろあり定年前、令和となる前に退職しました。 退職後は故郷の千葉に戻り、ゆっくり過ごしておりましたが、昨今の皇室ニュースを読むにつけ、皇室の未来に不安を覚えるようになりました。 皇室の弥栄を願い本サイトを立ち上げました。 私は女性天皇・女系天皇の容認派であり、比較的リベラルな思想を持っていると考えております。 その情報だけではバランスが悪いということで、ツイッターで出会った、保守派の論客・宮本タケロウ氏にも記事を依頼しています。 また長い宮内庁時代のあいだに知り合った新聞記者の方などにも記事をお願いしています。 また、敬称につきましては、メディアなどで用いられている表現を用いますのであしからずご了承下さい。 (宮内庁でも「公の場」「公の文章」でなければ、メディアなどで用いられる敬称が用いられることが多々あります).

次の