あかざ。 鑑定士【逢風(あかざ)先生】のご紹介|当たると評判の電話占い【マヒナ】

ハマアカザ

あかざ

上弦の参・猗窩座 あかざ は道具を使わず、自らの体ひとつで戦う接近戦を得意とする鬼です。 鬼無辻無惨に一目置かれており、上弦の鬼の中でも彼には物語のキーアイテムである「青い彼岸花」を探すという特別な任務が与えられています。 そのため、他の鬼は自分の拠点からあまり動かないのに対し、彼の行動範囲は非常に広くなっています。 髪は紅色、白っぽい肌の体に藍色のラインが所々入った特徴的な姿をしており、手の指先と足は藍色に染まっているのが特徴。 服装は袖の無い上着にズボン、両足首に数珠をつけているだけの身軽な格好です。 無惨が下弦の鬼たちに向けて言った「上弦は100年変わっていない」という発言から、100年間もトップクラスの強さを誇っていることが分かります。 読み進める際は気をつけてください。 猗窩座 あかざ は、強者との戦いを好む好戦的な性格で、不意打ちを狙うことはなく真向から勝負を挑みます。 強者と出会うと素直にその力量を褒め称え、「殺すのは惜しいから鬼にならないか」と進んで勧誘する場面も。 もし相手が賛同しなければ、たとえ惜しいほどの実力があっても殺すことに変わりはないようです。 強者には好意的に接する彼ですが、弱者には一転して冷たく接します。 その差が見られたのは、煉獄・炭治郎と対面した無限列車での場面でした。 下弦の壱・魘夢 えんむ との戦いで負傷した炭治郎を猗窩座は真っ先に狙いました。 その理由は「強者である煉獄との戦いの邪魔になるから」。 この場面から猗窩座がいかに強者との戦いを好んでいるか、強さに拘るかが分かりますね。 猗窩座 あかざ は、人間の頃の名前は「狛治 はくじ 」でした。 貧しい家庭の育ちで、幼い彼は病気を患った父の薬代を稼ぐためにスリを繰り返す生活。 父を守りたい一心でしたことですが、捕まるたびに彼の体には罪人の証として腕に刺青が刻まれてしまいます。 そして6回目の刺青が刻まれたとき、犯罪の原因になったことへの自責の念から、父は狛治が捕まっていた間に自らの命を絶ってしまったのです。 彼はその後追放され、その先で道場の主・慶蔵 けいぞう に目をつけられます。 彼はその道場の弟子となり、病気がちな娘・恋雪 こゆき の看病も任されました。 そして18歳になったとき、道場の跡継ぎに指名され、恋雪との結婚も決まります。 「誰よりも強くなり、恋雪を一生かけて守る」と誓った彼でしたが、自分の留守中に井戸に毒を入れられ、慶蔵・恋雪を亡くしてしまうのでした……。 猗窩座の血鬼術「破壊殺 はかいさつ 」は、自らの身体を強化し武術による技を出すというシンプルなもの。 中でも「滅式」は、煉獄が渾身の威力で出した型ですらも打ち破るほど強力です。 更には相手の闘気を感知し動きを読む技も習得しているため、相手をより正確に狙えるようになっています。 また、再生能力にも優れています。 鬼は首以外を切られると新たに生やすように再生しますが、猗窩座の場合はくっつけるだけで元通り動かすことができるのです。 また、他の鬼の再生を阻害できたヒノカミ神楽の技で切られても猗窩座の再生には影響がありませんでした。 鬼殺隊が無限城に突入した後、炭治郎・義勇は猗窩座と交戦します。 戦いの中で無限列車では弱者と見なした炭治郎を認め、血鬼術を使って2人を追いつめます。 究極の武術を前に2人は苦戦しますが、炭治郎が「透明な世界」に目覚めたことで形勢が逆転します。 そしてヒノカミ神楽の奥義でついに首を刎ねられますが…… これまでの鬼とは違い、なんと炭化せずに動き出します。 その内面では人間のころの記憶を全て思い出すと同時に、無惨の思念に「強くなりたいのではなかったのか」と語りかけられ狛治と猗窩座との間で揺らいでいました。 そんな彼を止めたのは、鬼になってなお守ろうとした誓いの相手である恋雪。 父や慶蔵、恋雪に迎えられて狛治は地獄へと旅立ち、猗窩座の体はようやく塵となるのでした。

次の

コアカザ

あかざ

鬼滅の刃猗窩座(あかざ)の漢字の意味・由来考察 猗窩座が検索できるようになったところで、その後に思うことがありますよね。 この漢字には 「どんな意味があるの?」ということ。 そして、この難しい漢字で構成されている 猗窩座の名前の意味。 気になりませんか? なのでここからは、 猗窩座の名前の意味、由来について考えていきたいと思います。 また、彼が人間だった頃の名前、 狛治(はくじ)の意味についてもみていきましょう。 人間と鬼、名前にもその違いが表されているかも? それではまず「猗」「窩」「座」の意味ついて見てきたと思います。 「猗」の意味• ああ、感嘆の声• うつくしい• 去勢した犬• よる、たよる、よりかかる• たおやか、なおやか(動作などが美しくしなやか)• すなお 以上の意味があります。 ひとつの漢字でも色んな意味がありますね。 「猗」とう文字からはうつくしいって言葉は想像できなかったですし、漢字も見た目だけではわからないですね笑 意味もわかったところでせっかくなので 熟語も調べてみました。 猗頓の富(いとんのとみ)・・・巨万の富、莫大な財産のこと。 漣猗(れんい)・・・さざなみ、小波。 「猗」に関しての熟語は少ないので、 あまり日本語には使われないようです。 「窩」の意味• あな、くぼみ、むろ、• すみか• 身をかくすところ• ものをかくす• かくまう 全体的な意味は似通っていますね。 「窩」の 熟語もみてみましょう。 膝窩(しっか)・・・ひざの後ろ側のくぼんだ部分• 心窩(しんか)・・・みぞおち• 蜂窩(ほうか)・・・ハチの巣• 窩主買い(けいずかい)・・・盗品と知りながら売買すること、また、その商人 この他にも、眼窩(がんか・がんわ)腋窩 (えきか・えきわ)など身体に関して使われることが多いみたいですね。 「座」の意味• 座る場所、座席• 多くの人が集まっている席、集会や宴会などの雰囲気 「座」の漢字は普段使われるのである程度の意味は分かっていますが、こうして調べてみると他にも意味があって面白いですね。 「猗窩座」の意味 さてここからは先ほどの漢字の意味をもとに「猗窩座」の意味について考えていきましょう。 猗窩座といえば、十二鬼月で無惨に頼りにされるほど 強い鬼。 そして彼の 悲惨な過去が印象深いです。 回想シーンで猗窩座に対する印象もだいぶ変わりましたよね。 なのでそんな彼の背景をもとに意味を考えてみました。 彼は作中で 「どうでもいい、意味もない」と 現実に失望している様子なので、それを踏まえると 「ああ(失望した思い)で穴の中に隠れて座り込んでいる」という姿が名前の由来になったと考察します。 鬼となって死ぬ直前に猗窩座はこの穴から引き上げられ、 解放されたのでしょうね。 あかざ「藜」花言葉 藜(あかざ)という 花があるんですよ。 そしてこの花言葉には 「恥じらい」という意味があります。 もしかしたらこの 花も猗窩座の由来になってるかもしれませんね。 だとすれば、恥じらいがどのように猗窩座に関係しているのでしょうか。 彼は鬼になってからしきりに 「強くなる」ことを求めてたんですよね。 自分の守りたい人を守るために。 しかし、それを守り切ることができなかった 自分への弱さに恥じらいを感じていたのかもしれません。 そんなことから藜の花も由来になっていることも考えられそうですね。 狛治(はくじ)の意味 ここからは猗窩座が人間だった時の名前、 狛治の意味と由来についても少し考えてみたい思います。 ということでまず漢字の意味を確認してみましょう。 「狛」の意味・・・狛犬(こまいぬ)の略• 「治」の意味・・・世の中を治める、病気がなおる、なおす、うまく整える、管理する 狛は狛犬ということなので 守り主のような意味があるのかもしれませんね。 狛犬は 獅子とも言われているので、 強さも表されていそうです。 確かに、狛治が人間だった時も 獅子の如く強かったですもんね。 以上を踏まえて「治」の意味と合わせると 「獅子のように強く、世の中を治めることができる」そういった意味が込められていると考えられそうです。 狛治が鬼にならず、あの悲惨な事件が起きなければ名前の通り、立派な人になっていたでしょうね。

次の

鑑定士【逢風(あかざ)先生】のご紹介|当たると評判の電話占い【マヒナ】

あかざ

鬼滅の刃:上弦の参の猗窩座(あかざ)とは? 上弦の参の名前は猗窩座(あかざ)です。 猗窩座(あかざ)は無惨から直々に特別な任務を与えられており、行動範囲が非常に広いのが特徴的。 通常の人喰い鬼は狩場(テリトリー)にこもることが多いですが、猗窩座(あかざ)はアクティブ。 上弦の参 猗窩座だ。 報告を任命しているということは、猗窩座(あかざ)は無惨が信頼する鬼の一人ということがわかりますね。 猗窩座(あかざ)の外見はピンクの短髪で、細身の筋肉質な体。 それほど身長が高い見た目ではなく、少年から青年といった見た目。 顔を含めた全身に藍色の線状の文様が浮かんでいることが特徴で、足と手の指先は同じ色で染まっています。 俺は上弦の参、猗窩座だ。 初の札の為、迎えは多めにさせてもらう。 人間も鬼もそれ以外でも好きに反応するといい。 しかしそんな中でも、上弦の参である猗窩座(あかざ)は言動が理路整然としています。 このため猗窩座(あかざ)は、戦闘では正面からの勝負を挑み、強者との戦いの中でも冷静さを失わず、敬意すら払うことも。 強者と認めれば戦闘相手にも笑顔を向け、その技を称賛したり相手を鬼へと勧誘したりなどをします。 しかし一方で猗窩座(あかざ)は、すぐに死んでしまう人間という種族を見下し、怪我や病気がすぐに完治する鬼という種族を賛美する価値観の持ち主。 鬼になったのは18歳の頃で、人間の時の名前は狛治(はくじ)。 鬼舞辻無惨から勧誘を受けた際に 「十二体程強い鬼を作ろうと思っているんだ」という発言があるため、猗窩座は十二鬼月の初期メンバーだと考えられます。 上弦の参の猗窩座(あかざ)の能力は? それでは、上弦の参である猗窩座(あかざ)の能力を見ていきましょう! 猗窩座(あかざ)の能力:血鬼術・破壊殺(はかいさつ) 身体能力を強化し、その状態から徒手空拳による技を放つ。 身体能力を高め、その状態から徒手空拳の技を放ち、術式展開することで効力を発揮します。 猗窩座(あかざ)の能力:血鬼術・羅針(らしん) 『術式展開(じゅつしきてんかい)』と称し武道に従う構えをとり、足元に自らを中心とした雪の結晶を模した陣を出現させます。 闘気を感知して動きを読み取る術であり、これにより死角からの奇襲も易々と対処出来る、チート級の技。 猗窩座(あかざ)の能力:血鬼術・空式(くうしき) 中距離面制圧に用いられる、拳圧の乱打。 拳撃による絶大なインパクトを虚空へと打ち込むことで衝撃波を発生させ、距離の離れた対象を打ち砕きます。 インパクトから衝撃の到達までのタイムラグもほぼゼロであり、並みの鬼殺隊士では近づく事すら許されない。 拳撃を虚空に打ち込み、衝撃波を発生嗄声何尺も離れたところにいる相手に届かせます。 並みの剣士では、近づくことすらできません。 猗窩座(あかざ)の能力:破壊殺・乱式(らんしき) 拳打による連携・乱打。 いわゆる近距離乱舞技。 拳打による連携、高速乱撃。 猗窩座(あかざ)の能力:破壊殺・脚式・冠先割(かむろさきわり) 背後の相手を下から蹴り上げる。 ほんの僅かに掠っただけでも出血を免れぬ威力。 猗窩座(あかざ)の能力:破壊殺・脚式・流閃群光(りゅうせんぐんこう) 中段から上段にかけての連続蹴り。 受けた相手をはるか彼方にまで吹き飛ばす。 片足で立ったまま連続して蹴りを繰り出す高速の連続攻撃。 猗窩座(あかざ)の能力:破壊殺・脚式・飛遊星千輪(ひゅうせいせんりん) 近距離から上に向かって蹴りあげる。 冠先割と同様、防御しても吐血は免れない。 流閃群光が片足で立ったままでの連続攻撃に対して、飛遊千輪は左右交互にけりを繰り出しながら相手を追い詰めていく攻撃。 猗窩座(あかざ)の能力:破壊殺・砕式・万葉閃柳(まんようせんやなぎ) 頭上に拳を振り下ろす その破壊力は絶大で地面を砕き割るほど。 猗窩座(あかざ)の能力:破壊殺・砕式・鬼芯八重芯(きしんやえしん) 左右四発合計八発の乱打を放つ。 猗窩座(あかざ)の能力:破壊殺・滅式(めつしき) 絶技。 煉獄杏寿郎が全身全霊を込めて放った奥義に、正面から一方的にぶつかり、かつ凄まじい威力と疾さを誇る。 猗窩座(あかざ)の能力:破壊殺・終式・青銀乱残光(あおぎんらんざんこう) 滅式に並ぶ大技。 全方向に同時に百発の乱れ打ちを放つ。 受けを得意とする水の呼吸を極めた冨岡義勇をして不可避と言わしめる威力と速度を誇る。 上弦の参である猗窩座(あかざ)はどれぐらい強い? 無惨直下の鬼として存在するのが、。 その中で上弦の鬼の6人は、あり得ないぐらいの戦闘能力を持っています。 そんな中でも、上弦の参である猗窩座(あかざ)はかなりの強さ。 そんな強さを見ていきましょう。 猗窩座(あかざ)は炎柱・煉獄杏寿郎を倒すほどの強さ 炭治郎と炎柱である煉獄杏寿郎が、十二鬼月の「下弦の壱」を預かる鬼・魘夢(えんむ)を倒した直後、鬼舞辻の指令によって猗窩座が現れました。 猗窩座は煉獄の強さを賞賛し同種の鬼にならないかと勧誘しますが、煉獄は拒否。 そのまま戦闘に突入します。 猗窩座は、他の鬼とは一線を画す力量と再生能力によって次第に煉獄を追い詰めて致命傷を与えますが、動きを封じられて顎に刃を叩き込まれてしまいます。 鬼の弱点である太陽の光が差し始めて焦った猗窩座は、自らの両腕を引きちぎってその場を離脱。 その行動を目にした炭治郎から「逃げるな卑怯者!! 逃げるなァ!!!」と罵倒されて心の中で激昂しながらも、己の命を守るために戦場を後にしたのでした。 この時のダメージで、炎柱である煉獄杏寿郎は亡くなってしまいました。 この時に残したは、鬼滅の刃ファンにとってかなり心に残るものです。 煉獄杏寿郎と炭治郎が、下弦の壱である魘夢と上弦の参である猗窩座との対決が、いわゆる 鬼滅の刃のファンにとって、ものすごく印象的なストーリーなのです。

次の