コロナ ばらまき。 コロナ「ばらまく」男性死亡 感染後に飲食店、持病影響か―愛知:時事ドットコム

山梨コロナばらまきゴルフ女の彼氏名前顔画像特定?濃厚接触56号は誰?|waonのブログ

コロナ ばらまき

このパブは、店内を消毒し、営業自粛に追い込まれている。 そのため、事態を重く見た県警は、威力業務妨害容疑などを視野に捜査を進める方針らしい。 パブの店主も「迷惑で被害届を出す」と話しているようだが、たしかに実に迷惑な話である。 この「 コロナばらまき男」は、社会を悩ませる「妨害者」なのではないかと疑わざるをえない。 こうした「妨害者」の最も純粋な形が「反社会性パーソナリティ障害」であり、「コロナばらまき男」もその典型のように見える。 13年前には、運転中にクラクションを鳴らされたことに腹を立て、トラックの運転手を殴り、1000円を巻き上げて逮捕されているし、2年前にも隣人を「椅子を引きずる音がうるさい。 殺すぞ」と脅迫し、3000円を脅し取って息子とともに逮捕されている(同誌)。 このような経歴から浮かび上がるのは、怒りや攻撃衝動をコントロールできず、他人を傷つけたり、他人から金品を奪ったりする男の姿である。 しかも、何度も繰り返しており、反省も後悔もしていないように見える。 つまり、「コロナばらまき男」には、衝動性、攻撃性、安全を考えない無謀さ、逮捕の原因になる行為の繰り返し、良心の呵責の欠如が認められる。 これらはいずれも「反社会性パーソナリティ障害」の特徴である。 「コロナばらまき男」は入院中にトラブルを起こすかも…… 「反社会性パーソナリティ障害」の人は、どんな社会にも一定の割合で存在する。 この手の人が入院すると、しばしばトラブルを起こす。 たとえば、居酒屋で喧嘩になり骨折したとかで整形外科に入院してきた男性患者は、看護師へのセクハラや暴言を繰り返した。 そのため、病棟が困り果て、相談を受けた私が診察することになったのだが、この男性患者は診察の際に「イライラして眠れない」と訴え、多量の睡眠薬と抗不安薬を処方するよう要求した。

次の

愛知蒲郡「コロナばらまき男」死亡 死因はコロナではなく持病の糖尿病か

コロナ ばらまき

フィリピンパブでのAは、ホステス嬢を指名した後カラオケに興じていたようですが、息子より連絡を受けた店舗側に退店を促され自宅へ帰宅したとか。 Aの退店後のフィリピンパブでは、通報を受けた保健所職員により店舗中が消毒された他、濃厚接触の疑いのあるお客や店員たちが隔離措置やPCR検査を受ける羽目になってしまいました。 あまりに身勝手なAの行動は、ネット上でも大変な批判を集めることになりました。 コロナを撒き散らしに外出した蒲郡市のクズ、家にいても何もやることがないっていう典型的な無趣味の人間なのかなぁ?オレだったら休めって言われたら喜んで引きこもって艦これやるんだけどなぁ。 趣味がないって悲しいね。 伴さんの死因については、新型コロナウイルスによる肺炎でした。 2020年6月23日現在、50代の新型コロナウイルス感染者の死亡例は25人しかない状況でしたが、伴さんの場合は肝細胞がんの持病があったことが、数少ない死亡例に繋がってしまったようですね。 ちなみに死亡後の伴さんは、フィリピンパブのオーナーが被害届を取り下げなかったため、2020年6月5日になると、愛知県警により偽計業務妨害容疑で書類送検されることになりました。 新型コロナウイルスに感染した愛知県蒲郡市の無職男性(当時57歳)が市内のパブで「俺は陽性だ」などと話し業務を妨害した事件で、愛知県警は5日、感染による肺炎でその後死亡した男性を偽計業務妨害容疑で書類送検した。 引用: 蒲郡市コロナばらまき事件のその後…被害にあったパブは繁盛していた 出典: 「蒲郡市コロナばらまき事件」のその後については、被害にあったフィリピンパブは、事件を知ったかつての常連たちが応援のために店まで足を運んでくれたこともあり、風評被害による閉店は回避出来たそうですね。 とはいえ、伴充雅さんが病死したことで自粛中の損害賠償の請求先もなくなったため、店の関係者も悶々とした日々を過ごしているとか。 昼間はカラオケ喫茶として営業していますよ。 かつての常連が『応援したい』という気持ちから、訪ねてきていて、お昼の営業はなかなか好調のようです。 損害賠償を請求しようにも、当人がこの世にいないんじゃ、どうすることもできない。 引用: 蒲郡市コロナばらまき事件についてまとめてみると….

次の

山梨コロナばらまきゴルフ女の彼氏名前顔画像特定?濃厚接触56号は誰?|waonのブログ

コロナ ばらまき

「中国ウイルス」発言の思惑 トランプ大統領は記者会見を行うたびに、中国武漢で発生した新型コロナウイルスを「中国ウイルス」と呼んで物議を醸しています。 ホワイトハウスの記者団から「人種差別」「外国人嫌い」ではないかとの質問に対して、トランプ大統領は発言を撤回するどころか、「中国ウイルス」を連発しています。 この発言には少なくとも3つの思惑があります。 第1に、トランプ支持者の熱意を向上させ維持することです。 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、彼らの熱意向上のために利用してきた大規模集会が開催できなくなったからです。 これまで筆者は各州で開催されたトランプ集会に参加し、支持者とコミュニケーションを図ってきました。 彼らは「中国は米国を食い物にしてきた」「中国は米国の雇用を潰した」「中国は知的財産権を盗んだ」と述べて、中国を激しく批判します。 そこでトランプ大統領は「中国嫌い」の支持者の熱意を向上させ、維持していくために「中国ウイルス」発言に踏み切ったフシがあります。 第2に、怒りの矛先を中国人に向けることです。 米国内における感染者数及び死者数は増加傾向にあります。 明らかにホワイトハウスはコントロールできていません。 米大統領選挙の現地調査のため筆者は3月13日、中西部オハイオ州コロンバスに滞在していました。 トランプ大統領は同日、ホワイトハウスの記者団に対して全米の死者数は32人と語りました。 ところが現在は200人を超えています。 感染者数は一気に3万1000人を突破しました。 このような危機的状況下で、トランプ大統領は中国人をスケープゴート(身代わり)にして、米国民の怒りをホワイトハウスではなく、中国に向けようとしたことは明らかです。 前回の大統領選挙では不法移民を追放し、「国境の壁」建設を実現するためにメキシコ人がスケープゴートになりました。 今回は中国人です。 第3に、票を獲得することです。 周知の通り、米国では新型コロナウイルス感染拡大にり、レストランやバーなどが閉鎖に追い込まれました。 外食産業に加えて、航空、クルーズ、ホテルなどの各産業も深刻な打撃を受けています。 当然、被害を被った米国民は中国人に対して多かれ少なかれ否定的な感情を抱くでしょう。 トランプ大統領はその心理につけ込み、自身のツイッターに、「猛威を振るう中国ウイルスは、あなたの過失ではない」と投稿し、中国人の責任であるというメッセージを発信しました。 「中国叩き」によって票を伸ばし、このコロナ危機を乗り切って、支持者拡大につなげることが最終目的です。

次の