お声がけさせてください。 「お声がけ」の敬語での例文・使い方・類語・お声かけとの違い

東京ディズニーリゾートで礼拝スペースをご利用の場合はスタッフまでお声がけください

お声がけさせてください

挨拶をしたり安否を問うたりすること。 引用元:デジタル大辞泉 お声がけは、より丁寧に相手へと言葉を投げかける意味の言葉です。 そもそも「声かけ」を丁寧に表現した言葉であり、お声がけ自体の意味は見つかりませんでした。 そして「声かけ」とは、文字通り他者に向けて声をかけることを意味します。 「かけ」の漢字は「掛け」を使って、「お声掛け」と書くのが正しいです。 声をかけるシチュエーションは、単なる挨拶だけではありません。 久しぶりに再会した人や、病気や怪我を負っており、自分が相手の容態を心配する時にも使われます。 例文を挙げるなら、病気から回復して間もない相手に「不安なことがあればお声がけください」と言う使い方が良いです。 また純粋に、相手から自分へ声をかけて欲しい時に使うこともあります。 相手の周囲で自分も参加したいイベントが会った時に「ぜひお声がけください!」と言うパターンですね。 意味は誘ってくださいと同じですが、誘うの言葉を直接使うよりも、無理なら構わないという気持ちを込めた、謙遜した言い方になります。 お声がけの行為は目上じゃない相手にする場合もある お声がけの類語には、「お呼び」や「御用命」、また「お呼び立てする」などがあります。 いずれも他者に用事があって声をかけるという意味で、冒頭におや御をつけて丁寧な表現にしている点でお声がけと共通しています。 使い方もお声がけと同じです。 例えば目上の方にこちらの都合で訪問してもらった際、「突然お呼び立てして申し訳ありません」のような例文が考えられます。 あるいは相手からお声がけされたことを人づてに聞いた場合、相手の元を訪れて「お呼びでしょうか?」と尋ねる使い方もあります。 お声がけの類語の1つである「お知らせください」に関しては、以下のページで詳細が綴られています。 主にビジネスメールで使う場合の活用方法が紹介されていますから、仕事での使い方を求めているなら要チェックです。 冒頭に「お」がついているため、お声がけだけでも丁寧な言葉使いになっています。 しかし文中における敬語としての使い方は、もうひと工夫必要です。 上の例文でも提示しましたが、「お声がけ」に「ください」の言葉を続けることで、より丁寧な敬語となります。 これはまう「お声がけ」で、目上の方が自分に声をかけてくれる行為に対して敬称の「お」をつけています。 続く「ください」は、自分はそれを求めている言い回しです。 もし要望ではなく基本的な地の文で記すなら「くださる」になります。 そもそも自分が声をかける場合、相手、特に目上の方へ「こちらからお声がけしますね」とは言いません。 ここで言う声は自分が発する言葉ですから、敬語にする必要がないんです。 お声がけの声を発するのが自分でなく相手、なおかつ敬いたい目上の方の場合に適しています。 気心知れた目上の方なら「声をかける+ください」でも十分 しかし一方で、お声がけくださいという言葉は丁寧すぎる印象も与えます。 どこか他人行儀でもあり、目上の方と言っても親しい相手には適さない使い方です。 お声がけは相手の方との距離感が解らない、さほど親しくない場合に使いましょう。 気心知れた関係の方には「声をかけてください」でも十分敬語として通用します。 お声がけの言い回しはまた、手段別の使い方でも適・不適があります。 「お声がけください」の場合は電話や実際の会話で使う場合に適した言葉。 敬語をあまりにも多用すると、文面ではともかく、音としては聞き取りづらいデメリットが生まれるためです。 意味を明確に相手に伝えつつ、敬語も添える。 その意味では「お声がけください」が、単純明快な使い方です。 ちなみに過去に相手から声をかけてもらった場合は「お声がけくださった」、こちらのお願いとして求める場合は「お声がけくださるよう」など語尾が変化する点に注意しましょう。 丁寧さを強調したいならお声がけに続く言葉を変える しかしお声がけに続く言葉を「ください」で言い切る場合、こちらが相手より上であり、相手の方を見下している印象を与えることがあります。 どう感じるかは人それぞれですし、こと初対面の相手では、察するのが難しいのも事実です。 ゆえにより礼儀正しい、丁寧な言葉使いをしたいなら、ください以外の言葉を続けましょう。 例えば「お声がけいただければ幸いです。 」のように、「いただく」を添える文があります。 またくださいで続ける場合でも、さらに「お声がけくださいませ」のように、語尾に「ませ」を加えることで丁寧な言葉だと印象づけることが可能です。 「お声がけください」だけでは不安な時に活用しましょう。 敬語はお声がけ以外にも様々な言葉があり、間違えやすい使い方も多いです。 例えば「お気になさらないでください」の言葉は、状況によって意味が変化します。 下記の記事でどんな時にどんな意味を持つのか、理解を深めておきましょう。 目上の方に対してお声がけを使う際、声の主が相手の場合のみ敬語として「お声がけください」が使えるとしました。 しかし裏を返せば、接客時にこちらから声をかける場合、お声がけと表現するのはNGです。 文頭の「お」には謙譲語の意味もあるのですが、尊敬語に受け取られる可能性が高く、積極的な利用はおすすめしません。 敬語としての「お」は、敬う相手の言動に使うため、例えば自分から「何かありましたらお声がけしますね。 」は間違った使い方と言えます。 自分の声に対しては敬語を使う必要はないため、正しくは「声をお掛けいたしますね。 」です。 声ではなく、相手に投げ掛ける行為に対して「お掛けする」と敬語を使いましょう。 声に敬語を用いる使い方もあり メールのような文面で使うなら、文のラストに再び相手が自分へ声をかけることを期待しているといったニュアンスで添える使い方がぴったりです。 「今回は発注頂きありがとうございます。 また機会がありましたら弊社にお声がけください。 」のような例文で用います。 メールでの使い方としてはさらに、「よろしければぜひまた」の文をお声がけの前に取り入れると良いです。 こちらがの真摯さを伝える、次回も本当に声をかけて欲しいという気持ちを伝えるのに役立ります。 「ぜひ」の代わりに「何卒」や「どうか」を入れた使い方も可能です。 メールのラストに添えるなら、「末筆ながら」という言葉も欠かせません。 もし具体的な使い方やタイミングが解らないなら、次のサイトで詳細を確認しましょう。 お声がけと併せて、より高度なビジネルメールが作れます。 より丁寧な敬語として「お声がけいただければ」を挙げましたが、メールは文字で伝えるので、もう少し形式ばった使い方も可能です。 例えば「お声がけいただければ幸いに存じます」や、「お声がけいただけましたら幸甚に存じます」などがあります。 幸甚は幸いと同じ意味で、自分がより幸福を感じる場合に用います。 堅苦しさを感じることがあるので身内や親しい方には使いづらいですが、初めて連絡をする相手、絶対に失礼の無いようにしたい相手にはぴったりです。 ちなみに最も丁寧な敬語表現であれば、「お声がけ賜りますれば幸甚に存じます」などの例文があります。 使うタイミングはメールや手紙のような文書ならばこそです。 敬語の多用は口頭で伝わりにくくなるとお話しましたが、音で「おこえがけたまわりますればこうじんにぞんじます」と聞いても、確かに解りにくいです。 お声がけに似た言葉は英語にもあるの? 英語のお声がけは「sayingsomething」など QUOTE 声かけの英語 saying something to someone 、greeting、approaching someone 引用元:Weblio英和辞典・和英辞典 敬語を除いて、意味に声掛けを含む英語はいくつか存在します。 主にsaying somethingやgreeting、approachingです。 それぞれ何かを言う、挨拶、近寄るの意味を持っています。 approaching自体は声に関する意味ではありませんが、近寄るという直訳から転じて、相手と自分が声をかけることで接触する様子を連想すると解りやすいです。 恋愛ジャンルにおいて、好きな相手にアプローチする、なんてよく耳にしますよね。 意味がお声がけと似ている英文.

次の

「お声掛けください」意味と使い方・より丁寧な言い換え敬語

お声がけさせてください

「お声がけ」の意味 「お声がけ」の一般的な意味は「声をかける」 一般的な「お声がけ」の意味は 「声をかけること、話しかけること」です。 「順番が来たらお声がけしますね」などと使われています。 「お声がけ」はビジネスでは「ご質問」「ご用命」 ビジネスシーンになると「お声がけ」は一般的な意味とは異なり、 「ご質問」「ご用命」といった意味で使われます。 「何かありましたら私にお声がけください」と使われた場合「何かあれば私に質問してください」「何かあれば私にご用命ください」といった意味になります。 これは 相手に働きかけてその反応で相手の意向や様子をうかがっています。 実際に質問や用命をしたくても出来ずにいる人に対する打診となります。 「お声がけ」と「お誘い」の違い 「お誘い」は「参加するように誘うこと、何かしようと勧めること」 「お誘い」は 「一緒に何かへ参加するように誘うこと「何かするよう勧めること」です。 ビジネスシーンでは会食やイベントが行われることがあります。 この際に使う「お声がけ」と「お誘い」では大きな違いがあります。 「お声がけ」の場合は、「声を掛けること」ですので「会食やイベントがあることを伝える行為」になります。 しかし「お誘い」の場合は、「一緒に参加するように誘うこと、するように勧めること」ですので「会食やイベントに誘う行為」となります。 「お誘い」の例文 例文 ・明日の会食、彼もお誘いしておいて。 ・先日は出席できずに申し訳ございませんでした。 また次回ありましたお誘いいただきたく存じます。 ・この度はお誘いいただきありがとうございます。 ・今月末に予定している飲み会のお誘いです。 ぜひいらしてください。 「お声がけ」の敬語と漢字 「お声がけ」の「お」は尊敬語または謙譲語 「お声がけ」の「お」は誰が声をかけたのかによって、尊敬語になるか謙譲語になるか異なります。 相手が「お声がけ」をしてくれた場合は相手の行為に敬意を払うため「尊敬語」になります。 自分が相手に「お声がけ」をした場合は自分の行為を謙って相手への敬意を示すため「謙譲語」となります。 「お声がけ」の語源は慣用句「声を掛ける」 「声を掛ける」といった慣用句をがあります。 意味は 「呼びかける」「話しかける」「誘う」「あらかじめ約束する」です。 また「声援を送る」「注意を呼びかける」といった意味もあります。 その「声を掛ける」が体言形にしたものが「お声がけ」となります。 「お声がけ」と「お声かけ」で正しいのはどっち? 和語の組み合わせは「連濁(れんだく)」が起こる 和語と和語が組み合わさった言葉では「連濁」が起こります。 和語は主に訓読みされている言葉を指します。 連濁は、二つの語が結びついて一語にする複合語で、後ろの語の最初の清音が濁音に変化することです。 例えば「取り皿」は「とりざら」となりますが、本来「皿」は「ざら」とは読まずに「さら」と読みます。 「お声がけ」も「こえ」と「かけ」の複合語になるため、「かけ」が「がけ」と変化するため「お声がけ」となります。 厳密には「お声かけ」は誤用 そのため、連濁を受けることを考えると「お声かけ」は誤用となります。 しかし、一般的によく用いられているため「お声がけ」よりも「お声かけ」の方が耳馴染みのある方も多くいます。 声がけを求める時は「お声がけください」など 相手から「声がけ」をしてほしい場合は ・お声がけくださいせ ・お声掛けいただければと存じます ・お声掛けくださいますようお願い申し上げます ・お声掛けいただければ幸いです ・お声掛けいただけましたら幸甚に存じます などの言い回しがあります。 相手に対して「質問や用命があれば言ってください」「また何かあれば教えてください」といった意味で使われています。 例文 ・ご不明なことがありましたら、いつでもお声がけください。 ・質問がございましたら私にお声がけいただければと存じます。 ・次回もお声がけいただけましたら幸甚に存じます。 自分が声がけをする時は「お声がけします」「お声がけいたします」 自分から「声がけ」をすることを伝えておく場合は、「お声がけします」「お声がけいたします」と使います。 特に、すぐに声をかけられない状況や待ってもらおうときに使われています。 例文 ・担当者が戻りましたらすぐにお声がけしますので、少々お待ちください。 ・準備が整い次第お声がけいたします。 「声をおかけいたします」「声をかけさせていただきます」がより丁寧 自分から声を掛けることを伝える場合「声をおかけいたします」「声をかけさせていただきます」がより丁寧な表現となります。 敬意をより払うべき相手には使うようにしましょう。 例文 ・時間になりましたら、私より声をおかけいたします。 ・また何かありましたら声をかけさせていただきますので、何卒よろしくお願いいたします。 「お声がけ」をスマートに断るポイント ますは「お声がけ」に対する感謝 相手からの「お声がけ」を断る際、まずは「お声がけ」してくれたことに対する感謝を述べましょう。 申し訳なさから「すみません」と使ってしまいがちですが、感謝の言葉を使いましょう。 「お声がけいただき、ありがとうございます」などをクッション言葉として用いると相手への印象もいいでしょう。 断る理由を明確にすぐ伝える 次に大切なのは、断る理由を明確に相手にすぐに伝えることです。 理由を曖昧にしたり、断りづらいからと返事を先延ばしにするのは相手に対してとても失礼です。 ただ、「嫌だから出来ません」「気持ちが乗りません」などといった理由はビジネスではNGです。 「日程的に」「人手不足のため」など、ビジネス的な理由をしっかりと述べましょう。 断るだけではなく、代替案や次回の対応の意思を伝える また断るだけで終わるのではなく、他の案を出したり次回があれば対応する旨を伝えるといいでしょう。 「今週の対応はいたしかねますが、来週以降であれば対応いたしかねます」や「次回はぜひとも参加したいので」などと使うと良いでしょう。 例文 ・この度は会食のお誘いありがとうございます。 せっかくお声をかけていただきましたが、その日は先約があり今回は参加できません。 次回は必ず参加したいと思いますので、またお誘いいただければ幸いです。 ・お声がけいただきありがとうございます。 大変残念ではございますが、本日より明日まで大阪へ出張となっており、伺うことができません。 明後日の10時以降であればいつでもお伺いできますので、ご都合がつく時間を教えていただければ幸いです。 何卒よろしくお願いいたします。

次の

「くださいませ」は敬語として失礼?男性は使えない?会話や手紙・書き言葉としての使い方を解説!

お声がけさせてください

送ってくださいは、「ください」がつくので一見敬語のように見えますが、ビジネスシーンでは「送ってください」という表現はあまりおすすめできません。 相手に何かを送ってもらうときは、「ご送付ください」という表現にした方が失礼にあたりませんので、こちらの表現を使うようにしましょう。 上記でご紹介した「ご送付ください」よりもややくだけた感じになりますが、「送ってください」と書くよりも丁寧になります。 「ご送付ください」という表現がやや堅苦しいかもしれない、と感じたときは「お送りください」という表現で文章を書いた方が良い印象を与えることができます。 送ってもらうものが郵便物の場合に限る表現ですが、送ってもらう必要がある場合は、「送ってください」よりも「ご郵送ください」と表現した方が印象が良くなります。 郵送するとなると、郵便局もしくは宅配業者に依頼しに行く手間を相手にかけることになります。 なのでご郵送くださいという文言の前に一言「お手数おかけしますが」など相手に対して気づかいをする表現を入れておくとより印象が良くなるでしょう。 いただけますでしょうか、という表現と「お」という丁寧表現を追加することで、より丁寧な印象を与えることが可能になります。 「ご送付ください」や「ご郵送ください」に比べると、やや稚拙な表現ですが「送ってください」という文言よりは丁寧な表現になります。 送ってもらう相手に送ってもらえるかどうかわからないときに、訪ねる表現としても使用できるでしょう。 送ってください、という表現を使わずに「ご送付」という表現を使うことで、よりビジネスシーンらしい表現にすることができます。 また、語尾を謙譲語にすることでより丁寧な言い回しにすることが可能です。 「メールに添付してご送付ください」の丁寧表現• ・メールに添付してご送付いただけますでしょうか• より丁寧に表現する場合は、語尾に「いただけますでしょうか」「いただきたく存じます」といった文言をつけると良いでしょう。 どの程度丁寧にするかは状況に応じて使い分けるようにしてください。 「下記住所までご送付ください」の丁寧表現• ・下記住所までご送付いただけますでしょうか• 郵便物を物理的に送って欲しい、送ってもらうときの表現としてよく使われます。 より丁寧に表現したいときは、「ご郵送いただけますでしょうか」など丁寧語の表現も使うと良いでしょう。 「返信用封筒にてご郵送ください」の丁寧表現• ・返信用封筒にてご郵送いただけますようお願い申し上げます• 期限までに郵送してもらいたい郵便物がある場合によく用いられる表現です。 より丁寧な表現としては「期限までご郵送いただけますようお願い申し上げます」などがあります。 「期限までにご郵送ください」の丁寧表現• ・期限までにご郵送いただけますようお願い申し上げます• 語尾に「いただけますでしょうか」とつけることで、より丁寧な印象を与えることができます。 ビジネス文書の形式を指定するときなどによく用いられる表現です。 「ワードでお送りいただけますでしょうか」の丁寧表現• ・ワードでお送りいただけますようお願いいたします• 何かしらのアンケートや質問票を贈った時の回答を送って欲しいときに、よく使われる表現になります。 もう少しくだけた感じの文章にしたいときは、「お送りください」だけでも良いでしょう。 「回答をお送りいただけますでしょうか」の丁寧表現• ・回答をお送りいただけますと幸いです• ファイル形式を指定してファイルを送って欲しいときの表現としてよく使われる文章です。 丁寧な印象を与えたいときは語尾を「いただけますでしょうか」や「いただけますと幸いです」といった表現にすると良いでしょう。 「メールで圧縮してお送りください」の丁寧表現• ・メールで圧縮してお送りいただけますでしょうか• 送付期限があるときによく使われる表現です。 語尾の表現には「いただきたく存じます。 」「いただけますと幸いです。 」などがあります。 状況によって使い分けると良いでしょう。 「期日までにお送りいただけますでしょうか」の丁寧表現• ・期日までにお送りいただきたく存じます• 送り届けるという表現も、送ってくほしいという意味の表現です。 送り届けるの敬語表現としては、「送り届けていただけますでしょうか」などがあります。 「送り届けてください」の例文• ・誕生日までに送り届けてください• ビジネスシーンで使われることはあまりありませんが、送ってもらいたいものがあるときに使われる表現のひとつです。 芸術的な文章表現や歌の歌詞などに使われることが多いでしょう。 「差し出してください」の例文• ・あなたのハートを差し出してください• こちらもビジネスシーンや丁寧な文章を要求される場面では、使われることがない表現です。 どちらかといえば日常会話で多く用いられます。 「そこのティッシュをこっちによこして」などの使われ方が多いでしょう。 「よこしてください」の例文• ・醤油をこっちによこしてください• 「郵送してください」と意味が同じで、郵便物を送って欲しいときに使われます。 丁寧な表現としては「ご発送ください」や「ご発送いただけますでしょうか」などがあります。 「発送してください」の例文• ・指定された期日までにご発送ください• 移送というと、A地点からB地点まで移動させるという意味合いがあります。 こちらの手元に送って欲しいというより、物を移動させてほしいときに使われる表現です。 「移送してください」の例文• ・A工場まで移送してください• ・大阪まで移送してください また、下記の記事は「ご連絡差し上げます」の敬語表現について書かれた記事です。 「ご連絡差し上げます」の敬語表現のほか、「ご連絡申し上げる」や「ご連絡いたします」の使い方についても紹介されています。 「ご連絡差し上げます」の使い方について興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。 「送ってください」の敬語を使う時の注意点は? 「送ってもらう」の丁寧語を使うときは「ご送付」「ご郵送」を使う ビジネスシーンで「送ってください」を丁寧な表現で使うときは、「ご送付」や「ご郵送」といった単語を使うようにしましょう。 より丁寧で失礼のない文章を書くことができます。 状況に応じて「いただけますでしょうか」「いただければ幸いです」などの語尾にするとより印象が良くなります。 「送ってもらう」の敬語は状況に応じて表現を変える ビジネスシーンであっても、状況に応じて丁寧な文章を使い分けることが大切です。 過剰に丁寧な言い回しをし過ぎても違和感を覚えられることがあります。 適度に丁寧な言い回しをして、印象の良い敬語を使えるようになりましょう。 また、下記の記事は「どういたしまして」の語源と意味について紹介した記事です。 語源や意味のほかにも、類語や「どうたしまして」の使い方、敬語での言いかえについても紹介されています。 「どういたしまして」の使い方に興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。 「送ってください」の敬語表現は「ご送付ください」を使おう 「送ってください」は「ください」が語尾についているので、一見敬語表現に見えます。 しかし、口語表現では大丈夫でも、ビジネスシーンなどでメールに文章を書くときにはあまりふさわしい表現ではありません。 「送ってください」という意味の文章をビジネスメールで使う場合は、「ご送付ください」や「ご郵送ください」といった表現を使うようにすると、メールを受け取った側の印象が良くなるでしょう。 また、下記の記事は「お変わりございませんか」の例文と、敬語表現などを紹介した記事です。 例文や敬語表現のほか、手紙やメールでの返事の書き方についても書かれています。 「お変わりございませんか」の使い方に興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。

次の