あさり 寿命。 ハリセンボンの飼育方法:飼い方のコツは?寿命はどのくらい?

ノコギリ・鋸の目立てのしかた

あさり 寿命

約507年生きたことが判明したアイスランドガイの標本。 この生物の死をめぐっては、海洋研究者に非難の目が向けられたが、実際はそれほど大げさな話でもなかったようだ。 Photograph courtesy Bangor University 先ごろ、海洋研究者には不名誉なニュースが世界を駆けめぐった。 この二枚貝の死は2007年に最初に報じられたが、昨年イギリス、バンガー大学のジェームズ・スコース(James Scourse)氏率いる研究チームが、この貝の年齢を再分析し、推定507歳と発表したことから、死の経緯が改めて注目されることとなった。 報道に反して、研究チームはこの年老いた二枚貝を、年齢を調べるという、ある意味矛盾した目的のために殺したわけではないという。 「この貝は、2006年にアイスランドの大陸棚で生きたまま採取された約200個体のうちの1つだ」と、同じくバンガー大学に属する気候科学者ポール・バトラー(Paul Butler)氏は述べる。 バトラー氏とスコース氏は、過去1000年間の気候変動について調べる研究プロジェクトの一環として、この貝を採取した。 採取した200個体の貝は、陸へ持ち帰るために船上で凍らせたので、そのときにすべて死んだ。 研究室に戻り、貝殻を顕微鏡で観察して初めて、明が非常な高齢であることがわかった。 この時点で既に、既知の動物個体としては世界最高齢だった。 しかし、その後の再分析の結果、明はさらに高齢であったことが判明した。 ミンが生まれた年、レオナルド・ダ・ヴィンチは「モナ・リザ」を制作中であり、記録上では初の天然痘の流行が新世界を襲い、明王朝が中国を支配していた(貝の名はこれにちなむ)。 イギリスのエリザベス1世が即位したのは、明が52歳のときだ。 このアイスランドガイという種の二枚貝では、毎年1本ずつ年輪が増える。 前回の推定年齢とは100年の開きがあるが、これは、2007年に明の貝殻を分析した際、調べた部分に年輪の間が狭く、1本1本を区別できないところがあったためだ。 海洋地質学者のスコース氏によると、新たな推定年齢は、放射性炭素年代測定の結果にも照らして確認しており、「ほとんど誤差はない」という。 アイオワ州エイムズにあるアイオワ州立大学の博士課程に在籍し、同じくこの種の貝を研究しているマデリン・メティ(Madelyn Mette)氏は、「これらの貝は一定の年齢に達すると、毎年さほど大きくはならない(中略)。 大きな貝が獲れたとしても、サイズにあまり差がないので、それが100歳か300歳かを見分けるのは困難だ」。 スコース氏は、採取した200個体の貝は、世界全体の生息数のごく一部にすぎないと指摘する。 そのため、明が既知の中では最高齢の動物であったとしても、海に生息するアイスランドガイの中で実際に最高齢の個体であった可能性は「ごくごくわずか」だという。 北大西洋産のアイスランドガイといえば、クラムチャウダーによく用いられる貝の1つだ。 いずれにせよ、明の犠牲は、過去数百年間にわたる長期の気候変動が海洋生物に及ぼした影響を調べるという、スコース氏とバトラー氏の研究に役立つはずだ。 「507年というのは最高記録だ」とスコース氏は述べる。 「ここから海洋の気候変動の年次記録が得られる。 北大西洋では、これまでそのような記録は得られていない」。 Photograph courtesy Bangor University 文=Samantha Larson.

次の

あさりの飼い方!ペットとしての飼育方法を紹介!

あさり 寿命

貝といえば、栄養満点でおいしい人気食材。 ひと口食べると、口いっぱいに広がるほんのりとした潮の香りとジューシーさ。 貝好きにとってはたまりませんよね。 でも、そんな幸せなひとときを一瞬にして壊してしまう怖い存在が… 「ジャリッ」 砂です。 砂を噛んだ瞬間、あの幸せな気持ちはどこへやら。 こんなにおいしいのに、こんなにおいしいのにっ…と悔しくてたまりませんよね。 砂を噛むような思いとはまさにこのこと。 こんな悔しい思いをしないためにも、貝の 「砂抜き」は非常に大事です。 でも、正直「砂抜き」ってちょっと面倒ですよね。 普通に砂抜きをしようと思ったら何時間も待たなくてはいけないし、今すぐ食べたい人にとっては手間でしかありません。 「あぁ、一瞬で砂抜きできたらいいのに」 そんなことを考えながらネットで検索してみると…なんと 「5分で砂抜きする方法」というキーワードが出てくる、出てくる!なんだこれ。 リアリー?今まで最低でも2〜3時間かかっていた貝の砂抜きが、ほんの数分でできるものなの…? というわけで、実際に試してみました。 たった5分で貝の砂抜きをする裏ワザ!? まだ砂抜きされていない、しじみ・あさり・はまぐりを用意しました。 同じ二枚貝でもやっぱり並ぶと色も大きさも全然違いますね。 噂によると、超速で砂抜きするために必要なのは、「45〜50度のお湯」と平たいバットのみ。 これはしじみ・あさり・はまぐり、すべて同様です。 こんな簡単でいいの!? ちょっと信じがたいですが、早速やってみましょう。 【用意するもの】 *貝(しじみ・あさり・はまぐり) *45〜50度のお湯 *平たいバット 1. まず45〜50度のお湯を用意します。 (ちなみに温度計の形状の問題で「0」が隠れていますが、5度ではなく50度です) 2. 水道水で軽くもみ洗いしたしじみを、すべて浸かるくらいまで入れます。 すると… おぉ、貝が出てきた! 5分待つ間にあさりもやってみましょう。 すでにパックリ開いちゃっているものもありますが、同じように45〜50度のお湯であさりを浸します。 …あさりもお湯に浸した瞬間、中から出てきた!すごい! じゃ、じゃあ、はまぐりは…? はまぐりはさすが値段も高いだけあって存在感が違います。 でかすぎてバットの高さでは足りなかったので容器を鍋に変更。 最初から鍋にすればよかった。 はまぐりも、しじみとあさり同様に45〜50度のお湯に浸すと30秒くらいで砂を「ペッ」と吐き出しました! これはすごい。 プルプルと小刻みに動くはまぐりを愛おしく見つめながら、待つこと5分。 すでに5分放置したしじみとあさりも一緒に、ちゃんと砂抜きできているか食べて確認してみましょう。 砂抜きできたかな? 食べて検証! しじみと言えば、やはり 「おみそ汁」。 お酒を相当飲んで二日酔いになっても、これを食べたら一気に回復するんじゃない?ってくらいてんこ盛り。 もはや汁ではなくただの茹でたしじみです。 15分かけて全部食べました。 【結果】 45個は殻が開いたものの、27個は閉じたままで食べられませんでした。 (5分じゃちょっと足りなかったのか?)そして、食べられた45個中ジャリッとしたのは計5個。 思っていたよりも 「ジャリしじみ」は少なかったものの、やはりジャリった瞬間は最高に不快。 ちなみに石が1個混じっていました。 (どう見ても石。 あさりもおみそ汁でいただきます。 とってもおいしそう!では実食してみましょう。 あさりはしじみに比べて身が大きく食べやすいので、5〜6分で完食。 【結果】 18個すべて殻が開いて食べられたものの、残念ながら18個中4個が 「ジャリあさり」でした。 全部殻が開いているし大丈夫だろうという安心感があったので、なおさらショックは大きかったです。 はまぐりは、みそ汁ではなく日本酒で酒蒸しに。 はまぐりは7個すべて完全に砂抜きできており、 「ジャリはまぐり」はゼロ。 素晴らしい! 〜まとめ〜• 意外とジャリる。 結構ジャリる。 はまぐり…5分で完璧に砂抜きできた! 《結論》 大きなはまぐりは問題なく砂抜きできていたものの、しじみ・あさりに関しては不完全燃焼。 もう少し放置時間を長くしたり、やり方次第ではもしかしたら完璧に砂抜きできるのかもしれませんが、若干不安が残る結果となりました。 ちなみにこのお湯で砂抜きする方法は 「50度洗い」と呼ばれているそう。 沸騰するレベルの熱湯だと、貝のだしが外に出ていってしまうので要注意! 小さなしじみでもしっかり砂抜きするには、どうすればいいのでしょうか?「貝のことは貝のプロに聞け!」ということで、貝専門店の方に正しい方法を伺ってきました。 50度洗いについても質問してきましたよ! 貝専門店の料理長に聞く! しじみ・あさり・はまぐりの「砂抜きの基本」 教えてくれたのは、鶯谷駅近くの貝専門店 「焼き貝 うぐいす」の伊藤佑介料理長。 もう砂を噛むような思いはしたくない!その熱意でオファーしたところ、快く引き受けてくれました。 さて、ここでも同様にしじみ・あさり・はまぐりを用意。 どの貝も砂抜きの基本は同じとのこと。 それでは早速スタート! STEP1: 塩水で貝を浸す 網付きバットに洗った貝を並べ、貝の頭が少し出るくらいまで塩水を入れます。 よく「塩水は海水と同じ濃度で」と言われますが、「なめてみて、ちょっとしょっぱいと感じるくらいでいいですよ」と伊藤さん。 海水の濃度…!? なんて難しく考える必要はないようです。 ここで注目したいプロ直伝のコツは、「貝を平らに並べる」こと。 家だとボウルを使う方もいると思いますが、網つきのバット(水切りかごでもOK)など平らな容器を用意しましょう。 貝が重なっていると下にある貝が砂を吸ってしまい、それが「砂抜きしてもジャリッとする原因」につながるそうです。 STEP2: 暗闇に置く 貝は薄暗い場所のほうが砂をよく吐きます。 冷蔵庫に入れるか、バットに新聞紙などをかけておきましょう。 そのまま約6時間動かさずにつけておけば、砂抜き完了。 3~4時間でも砂抜きはできるそうですが、伊藤さんいわく「確実に砂が抜けるのは6時間くらい。 急がないことがおいしさの秘訣です」とのこと。 なるほど。 説得力がありますね。 (貝がリラックスしてくると、水管が出てきたり、殻の中から身が飛び出してきたりします) さて、ここで 「貝の50度洗い」について質問してみました。 すると…「うーん。 貝にストレスを与えてしまうと旨味が抜けてしまうような気がして、僕はやったことがありませんね」という回答が。 そ、そうなんですか…。 真相は明らかではありませんが、プロが使わない方法は避けたほうが無難なのかもしれません。 プロ流の「おいしい貝の選び方」 「貝は買う時から厳選したほうがいい」と伊藤さんは言います。 パックに入っている場合は軽く揺らしてみて、水管がすばやく動くかチェック。 泡がたくさん出れば、元気な貝がたくさん入っている証拠なんですって! また、半開きになった貝は食べられません。 「目で見てチェックすること」もお忘れなく。 死貝は生きている貝より軽いため、揺らすとカラカラとした音が鳴ります。 ちょっと上級者向けの見分け方ですが、ぜひ試してみてください。 砂抜きは貝料理の基本。 短時間で簡単に砂抜きしたい!という気持ちはごもっともですが、おいしさを追求したい人は伊藤さん直伝の「基本の砂抜き」がやはりおすすめ。 それでも、時間に余裕がない!という人もいるでしょう。 今回は5分間で50度洗いを試してみましたが、心配な方は10〜20分など少し長めに置いてみるといいかも! これから春に向けて潮干狩りシーズンも始まります。 【お話をうかがった人】 伊藤佑介さん (『焼き貝 うぐいす』料理長) 都内でも数少ない貝料理専門店で、高円寺の「焼き貝 あぶさん」と所沢の「田中水産」の姉妹店。 「鶯谷のイメージに負けずがんばっています。 とにかく食べに来てみてほしい!」と力強いメッセージをくれた伊藤さんを筆頭に、活気あるスタッフが集まる人気店です。 貝好きの舌をうならせるメニューの数々は、一食の価値あり。

次の

5分で砂抜きする裏ワザ!? 貝専門店に聞いた「しじみ・あさり・はまぐり」砂抜きの基本

あさり 寿命

あさりは日本人にとってはとても身近な海産物の1つでしたが、最近はやや庶民的なものとは言いがたくなってしまった海産物であり、その保存方法や美味しく食べられる保存期間などを知らない人が増えつつあります。 例えばあさりの最も基本的処理である砂抜きの正しい方法、砂抜き後の正しい保存方法をご存知でしょうか? あるいは手に入れた翌日までに食べきれない場合、ただ冷蔵庫に入れただけではいけないことや、冷凍すると起きる問題点をご存知でしょうか? 30年前ぐらいでしたら大概の家で料理をする方はこうしたことを当たり前のように知っていたかも知れませんが、今はこれらは常識とは言えない知識となっています。 しかしあさりは鮮度で大きく味や臭いに差が出るため、潮干狩りやスーパーなどで手に入れた後の扱いがとても重要な食べ物であり、保存方法や砂抜きの方法1つで美味しいあさりも不味くしてしまうことはザラにあります。 そこで今回はそんなあさりを美味しく食べるためについての「常温・冷蔵庫・冷凍庫のどの保存方法が良いのか?」や「砂抜きや砂抜き後の保存方法について」などについてをご紹介する 『あさりの保存方法と保存期間!鮮度を保つ最もベストな保存方法とは?』と言う記事を書かせていただきました。 少々長めの記事になりますが、その分色々なことまでしっかりと解説させていただきますので是非御覧下さい。 Topics• あさりの砂抜きについて まずこちらではあさりを調理する時には絶対に必要となる砂抜きについてをご紹介します。 砂抜きの必要性を知らない方はいないと思いますが、必要だと知っているのとちゃんとできるのはまた別のことであり、潮干狩りで取ってきたり採れたての新鮮な物を買ったり貰った時、 砂抜きを失敗しあさりが嫌いになる人は結構います。 あさりは二枚貝の中でも殻ごと調理することが殆どであり、砂の浅瀬にもぐり込むものであるためにかなりの量の砂が入っていることが多く、ここが失敗するといくらうまく保存しても美味しくなくなってしまうからです。 そこでまず最も基本的な砂抜きの正しいやり方とそれをしないとどうなるのかについてをご紹介します。 まず砂抜きの方法ですが、箇条書きにしますと手順は以下の通り。 死んだあさりを取り除く• 重ならないように入れ物に並べる• 塩水を入れる• 密閉しないように蓋をする• 4~8時間適温で放置• ザルに開け、流水で洗う これらの手順には1つずつのポイントがありましてそれぞれ以下のことを気にしてください。 あさりを砂抜き前は洗わない まず最初のポイントとしてよほど泥まみれでない限りあさりは砂抜き前には洗わないことをおすすめします。 それと言うのもあさりは 水道水で洗ってしまうと温度が冷たく殻を強く閉じてしまったり、カルキなどの成分で死んでしまいやすくなるからです。 洗うにしてもかけ流しながら表面を磨くように洗う必要があるため、常温の潤沢な海水が用意してあると言うのでなければ砂抜き前は洗わないほうが返って良いです。 死んだあさりを取り除く あさりは死ぬと直ぐに腐り、物凄く臭くなります。 なのでこれをしないと 周りのあさりにも臭いが移りますし、水が汚れて他の元気な貝も死んでしまう2次災害を起こします。 その為 「口が開いている・簡単に開いてしまうあさり」は必ず取り除くようにしましょう。 重ならないように入れ物に並べる 入れ物は何でも構いませんが出来れば重ならないようにすることが望ましいです。 そうしないと 上のあさりが吐き出した砂を下のあさりが呼吸する時に中に取り込んでしまうため、砂抜きがきちんとしきれないことがあるからです。 もっと贅沢を言うならばザルの中にあさりを入れ、あさりが入れ物の床から浮いた状態で入れられるのがベストです。 塩水を入れる 基本的に 砂抜きをさせるためにはあさりが生きている状態でなければなりませんから海水または海水に近い塩水にあさり全体を浸けておかなければなりません。 一番手っ取り早く確実なのは潮干狩りついでにその場の海水もペットボトルなどに入れて持ち帰ってくることですが、これを忘れた場合や海水が余りにも汚い場合は、水1リットルに対し約30グラム(大さじ2ぐらい)の割合で塩を溶かした塩水で代用してください。 再度繰り返しになりますが、砂抜きで最も効果が出やすいのはあさりが住んでいた環境を再現することなので、ベストなのは掘った場所の海水です。 密閉しないように蓋をする 当たり前ですが あさりは生き物なので呼吸が出来ないと死んでしまうので砂抜きする時に密閉してはいけません。 ですが砂の中にもぐりこむ生き物であるため、ある程度暗い場所の方が活発に呼吸し砂を吐きますから、出来るだけ光を遮る蓋はあったほうが良いです。 その為くしゃくしゃにした新聞紙などをあさりを入れた入れ物の上にかぶせるのがおすすめ。 これを知らずに 密閉すればあさりは死んでしまいとても臭くなり当然砂も吐きませんし、明るい所だと砂をあまり吐いてくれません。 4~8時間適温で放置 この適温と言うのがポイントで冷蔵庫や日光が当たる場所などで 寒過ぎたり暑過ぎたりするとあさりは余り砂を吐きませんし、死んでしまうこともあります。 贅沢を言うのであれば温度変化もしない方が良いため発泡スチロールなどに入れるのがおすすめですが、そこまでしないでも潮干狩りのシーズンである時期ならば直射日光の当たらない風通しの良い場所においておけば大丈夫です。 ザルに開け、流水で洗う 吐いた砂がヌメリと共に貝殻にけっこう付いていますから調理直前にはザルに入れて流水で洗ってください。 この後は延命させる必要もありませんから結構適当にガチャガチャやっても大丈夫。 正し 水を溜めてその中で洗ったりしてしまうとまだ生きている貝が洗った汚れや砂を呼吸で吸い込むため、必ず流水で洗い落とすようにしてください。 これが砂抜きの基本です。 この砂抜きをした後のあさりは詳しくは後ほど『あさりの主な保存方法のコツと保存期間』の所でご紹介しますが、大体食べられると言う意味では最大3日、美味しく食べられると言う意味では丸1日保存することが可能です。 またこの 砂抜きと言う行為はすればあさりの寿命を縮めるものであり、半日以上放置すればあさりが死に始めると言うことも知っておいて欲しいです。 大体丸1日放置すればほぼ確実に全滅しますので、長持ちさせたい際はギリギリまで砂抜きをしない選択もありです。 スーパーで買ってきたものもきちんと砂抜きされていないものや死んでしまったあさりが混じっていることもありますので、そうしたあさりの調理前にはこの方法もありですが、折角の鮮度の良いあさりにはこの方法はおすすめしません。 【スポンサーリンク】 あさりの保存方法のコツと保存期間 こちらではあさりの砂抜きした後、常温・冷蔵庫・冷凍庫それぞれで保存した時の大体の保存期間とそれぞれの環境での保存するコツをご紹介します。 まずそれぞれの保存期間についてを先にまとめますと以下の通り。 常温だと最短で半日、最長で1日• 冷蔵庫だと最短で1日、最長で3日• 冷凍庫で最大1ヶ月 御覧のようにあさりは冷凍した場合を除いて長持ちしません。 また詳しくは後ほどご紹介しますが、冷凍する際のデメリットもありますし、冷凍しても食べられる期間が1ヶ月と言うだけの話であり、美味しく食べるなら最高でも10日が限度です。 そうした特徴も踏まえ、詳しいそれぞれの保存方法についてのコツを御説明します。 常温保存する場合 あさりの常温保存は砂抜きした後には絶対におすすめ出来ません。 それと言うのも生き物と言うのは下手に活発な状態よりも仮死状態の方が生命活動が止まりきらないからであり、砂抜きして瀕死の状態になったあさりならば冷蔵庫で保存したほうがまだ長生きするからです。 その為砂抜き後は常温保存しないようにしてください。 冷蔵庫で保存する場合 砂抜き後のあさりはせめて冷蔵庫で保存することをおすすめします。 とは言え冷蔵庫では冷たすぎてこれもまたあさりが早死にする原因となりますので、 正確には野菜室で保存するのがおすすめです。 保存方法でおすすめなのは以下の通り。 新聞紙やキッチンペーパーであさりを包む• 表面を霧吹きなどで湿らせボールなどに入れる• ラップなどをかけずそのまま冷蔵庫で保存• 半日に一回包んでいる新聞紙やキッチンペーパーを交換 塩水に浸けて保存する方法もあるのですが、こちらの場合は他に冷蔵庫に一緒に入れているものやあさりが途中で死んだりして水があさりにとって好ましくない状態になると一気に長持ちしなくなる所があり、ややおすすめレベルが落ちます。 とは言えこれでも 長持ちして3日ですし、密閉できない関係上臭い移りする危険性があるので出来れば直ぐに食べるか、そうでなければ次でご紹介する冷凍保存をおすすめします。 冷凍で保存する場合 あさりを安心して手に入れた2日以降食べたいならば冷凍保存するしかありません。 正し 冷凍する場合あさりの旨味が流れ出てしまいますので基本的に汁物以外だと味が大幅に落ちますし、長期保存すると食感が妙にぐにゃぐにゃになることがあり、調理方法が限定されるデメリットもあります。 それでも構わないと言う方は以下の方法で冷凍してみることをおすすめします。 砂抜き後キッチンペーパーなどで水気を取る• 金属製の入れ物にあさりが重ならないように並べる• 冷凍庫へ入れ3時間程放置• 凍ったらあさりをジップロックに入れる• しっかりと空気を抜いて冷凍庫で保存 如何に素早く冷凍できるかがポイント。 もし 金属製のトレーがなければアルミホイルで包んで器に載せて冷凍すれば多少はマシです。 またこうして冷凍したあさりは解凍して使うことは出来ないですし、調理する時も必ず一気に高温で調理しきってください。 それと言うのも当然冷凍したあさりは死んでしまうため、じっくり火を通しても殻が開きにくく、中にある水分とともに旨味が外に出てしまうからです。 その為酒蒸しや汁 物を作るなら沸騰させた状態で冷凍したあさりを入れるようにしてください。 バター炒めや焼きあさりにするならば最初に強い直火などで貝を開けてからでなら調理することも可能ですが、どうしても肝心の身の味も食感も香りも相当劣化するのでおすすめできません。 そしてもうお分かりかもしれませんが、 殻から出した身だけを調理するあさりご飯などには冷凍したあさりは当然殆ど使えません。 つまり あさりは冷凍した段階で殆ど「出汁の素」状態になるのだと思っていただけたら良いです。 以上が基本的な保存方法ごとの保存期間とそのコツです。 あさりは砂抜きしなければ長持ちする物なのか? 最初に砂抜きの所で少し触れましたが、砂抜きはあさりにかなりの負担を強いるのでした後は長持ちしません。 では砂抜きしなければ長持ちさせることはできるのかと言うと、実はその通りです。 感覚としてはお店の生簀に入って泳がされている魚と同じで、生きてさえいれば当然鮮度は落ちませんから長持ちすると言うわけですね。 しかし生かしておくのがあさりは非常に難しく、それこそ水槽で飼うように環境を整える必要があり、海水もかなりの頻度で交換する必要があるので海の近くでないとうまく出来ませんので、基本的に生かした状態で長持ちさせるのは無理だと思ってください。 【スポンサーリンク】 スーパーで買ってくるあさりの特例 スーパーで手に入買うあさりと言うのはいくつかの異なる状態で販売されており、潮干狩りなどで採ってきたあさりとは長持ちさせる保存方法が変わる物がいくつかありますので最後にそれをご紹介します。 まず 冷凍品。 これは特に気にすることなく買ってきたら冷凍庫で保存すればいいだけです。 正し死んでいるあさりであるため 再冷凍は絶対に出来ません。 解凍しての調理も不可能で、 必ず冷凍の状態で火を通さねばならないことにも注意してください。 続いて 水に浸っていなく、直接パックしてあるあさり。 このあさりは実はほぼ死んでいる状態で、ギリギリ生きていると言うちょっと特殊な状態です。 その為環境変化であっさりと死にダメになってしまいますので、今の環境を出来るだけ変えることなく保存することがとても大事。 最後に 剥き身のあさり。 これに関しては 例え火が入っていようと当日中に必ず食べてください。 あさりは内臓に当たる部分がかなりすぐダメになるので調理後も傷みやすく、余程保存料を使ってあるか、佃煮にでもなっていなければ持ちません。 そうでないあさりに関しては既にご紹介した通りの保存方法で保存可能ですので、そちらを参考にしてください。

次の