コープ 共済 評判。 コープ火災共済に加入した私の口コミ評判

コープ共済の口コミから見るメリットとデメリットを解説します!

コープ 共済 評判

coop共済って? コープ共済連は生協が設立 「 日本コープ共済生活協同組合連合会(コープ共済連)」は、生協と日本生活協同組合連合会が共同で設立した、共済事業を専門に行う生協連合会です。 組合員の生活へ貢献することを目的とし、各種共済の運営を行っています。 全国150の生協で取り扱う コープ共済は独立した生協法人であり、 全国に約150ある生協で取り扱われています。 生協の窓口で加入手続きを行うことができますが、問い合わせたいことがある場合はホームページからの確認も可能です。 また、一部の生協ではインターネット加入の取り扱いもあります。 割戻金がある コープ共済は営利を目的としない「 非営利団体」で、毎年3月20日に決算が行われています。 預かった掛金の総額から給付された共済金や事業経費等を差し引き、剰余金があった場合には「 割戻金」として契約者へ還元されます。 割戻金は毎年送られてくる「 控除証明書(共済掛金払込証明書)兼 割戻通知書」で確認することが可能です。 なお、加入する商品やコースによっては手続きなしで割戻金を受け取ることができるものや、請求しない限りは契約満了時まで据え置かれるもの、割戻が発生しないものなどがあるため、事前に確認しておきましょう。 コープ共済は保険ではない 共済は「 保険」とは分けて考えられており、組合員同士の助け合いの理念によって事業が行われています。 同じ地域・職場などに属している人が共同で掛金を出し合い、組合員に対して共済金の支払いが発生した際には、加入時に決めた金額を給付するという仕組みの保障商品です。 非営利団体が運営しているため掛金は比較的割安となっており、コースによってはどの年代でも保険料・保障が一律である点も特徴です。 独自に行ったアンケート調査によると、40代・50代の加入者が高い満足度を感じているという結果が得られています。 コープ共済の保険(共済)カテゴリは? 総合保障保険(共済) コープ共済の「 総合保障」には「 たすけあい」や「 あいぷらす」、「 プラチナ85」、「 新あいあい」などの商品があります。 入院・手術・通院などを保障する「 たすけあい」には、ベーシックコース・ジュニアコース・女性コース・医療コースがあります。 「 あいぷらす」はがんや死亡への保障がある共済で、満18歳~満60歳向け・満60歳~満70歳向けの2プランが用意されています。 「 プラチナ85」は満65歳~満70歳の人が加入対象となっており、85歳まで保障が持てる医療共済です。 「 新あいあい」は基本契約と医療特約を組み合わせた保障で、「 医療特約」・「 女性疾病医療特約」を付加することができます。 5年満期の生命保障で、満期時には満期金があります。 なお、「 あいぷらす」については以下の記事にも詳しく紹介されているため参考にしてください。。 死亡保険(共済) コープ共済の「 ずっとあい終身生命」は、掛金は変わらず一生涯の生命保障を持つことができる商品です。 掛け捨てタイプの共済ではないため、途中で解約した場合は 解約返戻金を受け取ることができ、余命6ヶ月と診断されたときに死亡共済金が支払われる「 リビングニーズ共済金」もあります。 保障額は5つのコースに分かれており、全年齢(0歳から満70歳)を対象とした 保障額300万円・500万円の2コースのほか、満15歳から満60歳までは 1,000万円コース、満45から満70歳までは 200万円コース、満60歳から満70歳までは 100万円コースを選ぶこともできます。 医療保険(共済) 入院や手術を一生涯カバーするタイプの「 ずっとあい終身医療」は、1入院につき1日目から180日分を保障する商品で、重度障がい状態になったときはその後の掛金の払い込みが免除されます。 加入できるコースは3つあり、0歳から満70歳までが対象の「 入院日額5,000円コース」では、手術の種類によって5万円・10万円・20万円の給付金を受け取ることができます。 「 入院日額10,000円コース」は0歳から満60歳までが対象で、手術に支払われる共済金は5,000円コースの2倍です。 手術共済金が3万円・60万円・12万円の「 入院日額3,000円コース」もあり、満60歳から満70歳までが加入対象です。 火災保険(共済) コープ共済からは、火災などによる損害に対して保障を受けることができる「 コープ火災共済」も提供されています。 他の住居からの水漏れや、消火作業による冠水・破壊などのケースについても補償対象となる共済です。 火災以外に、風水害による住宅や家財への損害も補償対象となり、建物の構造によって1口当たりの掛金が異なります。 また、「コープ火災共済」へ「 自然災害共済」を付加すると、台風・竜巻・地震・盗難など、さらに幅広い保障を受けることが可能です。 傷害保険 「 新コープのケガ保険」は、共済ではなく「 団体総合生活保険」という扱いの傷害保険です。 健康診査なしで加入することができ、ケガをした場合に一時金が支払われる「 傷害一時金プラン」と、入院・通院へ定額が給付される「 入通院日額プラン」があります。 全年齢を対象とする「 傷害一時金プラン」は月々の保険料が830円で、治療一時金は一律20,000円、5日以上の入通院に対して2万円から20万円の給付金が支払われます。 「 入通院日額プラン」は65歳未満が対象で、月々の保険料が1,400円(入院日額7,000円・通院日額3,000円)のコースと、保険料900円(入院日額5,000円・通院日額2,000円)の2コースがあります。 介護保険 「 コープの介護保険」も、共済とは異なります。 簡単な告知のみで加入することができ、介護状態になった場合にはコースによって500万円または700万円の一時金が給付されます。 満40歳から満69歳までが加入対象で、一時金500万円・700万円いずれのコースも保険料は5歳刻みで割り増しされます。 公的介護保険の対象外となるケース(交通事故によって介護状態となった場合など)についても保障されることがあるため、詳しくは確認・問い合わせ等を行ってください。 なお、「 新コープのケガ保険」「 コープの介護保険」は保険代理店からの加入となります。 他の共済商品のように生協が窓口となっているわけではないため注意してください。 「たすけあい」の特徴は? 年齢や性別、目的で4コースから選択 「たすけあい」は、年齢・性別・目的などに応じて4つのコースから選択することができます。 詳しくは下記で紹介します。 20歳までの「ジュニア20コース」 「 ジュニア20コース」は0歳から満19歳までが加入対象となり、満20歳の満期日までが保障期間です。 通常の告知事項が適用される「 J1000円コース」「 J2000円コース」に加え、加入条件が緩やかな「 J1900円コース」があり、入院・通院の日額や各種給付金の金額はコースによって異なります。 「ジュニア20コース」についてはこちらの記事にも詳しく紹介されています。 バランスのよい「ベーシックコース」 医療保障と死亡保障のバランスが重視された「 ベーシックコース」は、病気やケガなどによる入院時の保障だけでなく、死亡時や重度障害となったときにも共済金の支払いが受けられます。 同居の親・配偶者・子どもの死亡や重度障害についても一時金が給付される点、住宅災害の補償がつけられる点も特徴です。 入院日額5,000円で病気死亡300万円が保障される「 R3000円コース」と、入院日額7,000円で病気死亡400万円の「 R4000円コース」があり、どちらのコースも加入対象年齢は0歳~満54歳となっています。 医療保障を重視した「医療コース」 医療保障が手厚い「 医療コース」は、0歳から満64歳までが加入対象で、満65歳の満期日までが保障期間となります。 通常の告知事項が適用される「 V2000円コース」「 V4000円コース」に加え、加入条件が緩やかな「 V1000円コース」があり、入院・通院の日額や各種給付金の金額はコースによって異なります。 女性特定疾患に手厚い「女性コース」 「 女性コース」は満18歳から満64歳までの女性が加入対象で、満65歳の満期日までが保障期間です。 「 L2000円コース」「 L3000円コース」「 L4000円コース」の3種類があり、告知事項はどのコースも共通です。 先進医療特約と個人賠償責任保険を付加できる 「 たすけあい」の4つのコースにはすべて「 先進医療特約」と「 個人賠償責任保険」を付加することができます。 「先進医療特約」は月掛金100円で付帯が可能で、健康保険の対象外である先進医療の技術料が1回あたり1,000万円まで保障されます。 「個人賠償責任保険」の月掛金は140円で、他人にケガを負わせたり、物を壊したりした場合に最高3億円の保障が受けられます。 日本国内における賠償事故であれば示談交渉サービスの利用も可能です。 「たすけあい」についてはこちらの記事にも詳しい解説があるため、あわせてお読みください。 「コープ火災共済」の特徴は? 火災共済に自然共済を付加できる 先ほども紹介した通り、「 コープ火災共済」へは「 自然災害共済」を付加することができます。 「コープ火災共済」で保障される火災や風水害に加えて、台風・竜巻・地震・盗難などについても保障を受けることが可能となります。 保険料が手頃 1口当たりの掛金は住宅の構造によって決まっています。 マンション構造の住居については「 風水害保障ありタイプ」と「 風水害保障なしタイプ」があり、年払いの掛金はそれぞれ木造構造の半分以下となります。 「半焼損」「一部焼損」のときは、契約共済金額の範囲内で再取得価額が給付されます。 ニーズに合った特約を付加できる 「コープ火災共済」には、以下のような特約を付加することが可能です。 ・類焼損害保障特約…自宅が火災の火元となり周囲の住宅や家財に類焼した場合、類焼先に生じた損害が保障される ・借家人賠償責任特約…居住の借用住宅が火災・破裂・爆発・漏水などが原因で破損し、貸主に対して損害賠償責任を負ったときに保障される ・盗難保障特約…盗難等によって家財へ損害が生じたときに保障される コープ共済の自転車保険って? 新コープのケガ保険 「 新コープのケガ保険」には、自転車で人や物に損害を与えた場合に補償される「 個人賠償責任」があり、最高で1億円まで保険金が支払われます。 「新コープのケガ保険」の引受会社は東京海上日動火災保険で、日本国内での事故に限り原則として東京海上日動が示談交渉を行います。 自転車の賠償額限度額や補償内容については、こちらの記事も参考にしてください。 個人賠償責任ありを選べる 「 新コープのケガ保険」は加入する際に 個人賠償責任付加の有無を選択することができます。 個人賠償責任を付加しなければ月々の保険料が90円安くなります。 しかし、個人賠償責任を付加しなければ、日常の偶然な事故で他人へケガをさせたとき・他人の物を壊したりしたとき等に補償されず、自転車による事故も対象外となります。 また、家族の賠償責任なども補償対象とはならないため覚えておきましょう。 個人賠償責任に加入する際の注意点や支払い事例などはこちらの記事に詳しくまとめてあります。 傷害一時金プラン 「新コープのケガ保険」の「 傷害一時金プラン」では、日常の偶然な事故で損害賠償責任を負った際、日本国内外を問わず補償されます。 事故の日から180日以内に1日以上の通院・入院を行うと、2万円の一時金が支払われます。 入院または通院が5日以上となったときには傷害一時金払入通院給付金と同額か3倍、5倍、10倍の保険金が給付されます。 なお、原則として傷害一時金払治療給付金とは重複支払いを受けられないため注意してください。 入通院日額プラン 「 入院日額プラン」は65歳未満が対象で、ケガによる入院・手術・通院をした際には日数に応じて保険金が給付されます。 先ほども紹介したように月額「1,400円コース」「900円コース」の2種類があり、給付金額はそれぞれ異なります。 まとめ コープ共済の取り扱う共済や保険について紹介しました。 共済と保険の違いや、商品・プランの選び方などについてはわかりにくいと感じる点もあるかもしれません。 保険や共済に詳しい人が身近にいない場合、保険代理店で説明をしてもらうという方法があります。 ぜひ気軽に足を運んでみてください。

次の

コープ共済の口コミから見るオススメ保障まとめ

コープ 共済 評判

新型火災共済の概要 火災共済は、提供している団体の違いによって4種類に分かれます。 提供団体には全労災、県民共済、JA共済、コープ共済がありますが、これらのうち県民共済が提供している火災共済を、新型火災共済と言います。 商品のコンセプトは、民間会社の一般的な火災保険と同じと考えてください。 火災や風災、落雷などによる被害の保障が、主な保険機能です。 県民共済は営利団体ではないため、民間の保険に比べると、月々の掛け金が安い点が特徴。 その一方で、民間商品に比べて保障が手薄い点はデメリットとされています。 一般的な火災共済と比べたときの特長 新型火災共済の公式サイトでは、以下の5点を「新型」と呼ぶ根拠としています。 掛け金がお得 木造の場合は、月々の掛け金700円に対して1000万円の保障がつきます。 再取得価格で保障 原則として、火災で焼失した家・家財については、再取得価格 もう一度新品を購入した場合の金額 で保障されます。 24時間・365日電話対応 事故の電話受付は、24時間365日対応しています。 保障開始日を予約可能 保障の開始日を、1年先まで予約できる仕組みを採用しています。 割戻金あり 決算で剰余金が生じた場合は、加入者に対して割戻金が支払われます。 民間の火災保険と異なる点 新型火災共済のコンセプトは、民間の火災保険と同じです。 ただし、その他の点おいて、両者には大きな違いがあります。 主な違いを4点ほど確認してみましょう。 運営主体が異なる 民間会社が展開する火災保険の運営主体は、営利目的の株式会社です。 監督官庁は金融庁になります。 一方、新型火災共済の運営主体は、都道府県共済です。 監督官庁は厚生労働省です。 商品の目的が異なる 民間会社における保険商品の目的は、あくまでも自社の利益追求です。 そのため保険会社は、不特定多数かつ少しでも多くの人の加入を目指しています。 一方、新型火災共済の目的は、生協に加入している組合員の福利厚生です。 よって民間とは異なり、必ずしも多くの人の加入を目指しているわけではありません。 なお、新型火災共済を運営する都道府県民共済は非営利団体なので、民間保険会社に比べると、保険料が安くなる傾向があります。 また、決算時に剰余金が生じた場合には、各組合員に割戻金が入金されます。 一方、新型火災共済は、風水害の被害について最大で600万円までしか補償しません。 地震によって2000万円の家屋が全壊した場合、最大で1000万円までの補償を受けられる、ということです。 新型火災共済と民間の火災保険はどちらがよいのか? 一長一短なので、一概にどちらが良いのかを決めるのは難しく自分の状況や目的によって最適な保険が変わってきます。 とにかく掛け金を抑えたいということであれば新型火災共済が最適です。 ただ民間の火災保険と比べると補償額が風水災害・地震災害ともに少ないというデメリットがあります。 そのため、台風や津波・洪水の被害の可能性が高いエリアの人であればやはり民間の火災保険のほうが安心といえます。 では、どんな民間の火災保険があるのか。 各社の保険について分かりやすく解説しているのでチェックしてみてください。 新型火災共済のメリット・デメリット 新型火災共済の主なメリット・デメリットを見てみましょう。 メリット 掛け金が安い 新型火災共済の最大のメリットは、圧倒的な掛け金の安さです。 民間保険会社の火災保険に比べると、保障範囲や内容は手薄いものの、掛け金の安さについては非常に魅力的です。 興味のある方は、都道府県民共済の公式サイト「掛け金シミュレーション」で、ご自身の保険料の目安をチェックしてみましょう。 割戻金が分配される可能性がある 決算時に剰余金が発生すれば、割戻金として出資者に分配金が入金されます。 割戻金の額は、年間における保険金の支払額等に応じて決定。 保険金の支払いが少ない年には、その分、割戻金も高くなる場合があります。 なお、平成28年度の割戻実績は、払込掛金の30. デメリット 補償額に上限がある 新型火災共済のデメリットとされているのが、補償額に上限があること。 補償額は総坪数によって決定されますが、最大で4000万円。 掛け金が安い分、民間の保険商品に比べると補償額が安い印象がある点は否めません。 掛け金が安いという理由だけで新型火災共済を選ぶのではなく、他の保険商品ともしっかり内容を比較のうえ、各世帯にとって本当に必要な保険を選ぶようにしましょう。

次の

コープ共済の火災保険の口コミと評判|家保険

コープ 共済 評判

子供の怪我で保険請求。 最初の頃は支払されていたが、4回目位から診断書提出や調査を理由に支払されなくなりました。 対応も悪く、特に0120-497-220から掛かってきた電話の男性は上から目線での物言いで 信用ならない保険だなぁ・・・と痛感。 診断書も病院によっては1万以上しますが、「コープ共済は5千円までの補助金は出ますが、郵送してもらい、その書類を見て判断・審査するので請求してもお支払できない場合もある」と言われ、 何の為の保険かわからない、と思い解約申出すると、「部署が違う」の一点張り。 もう解約して他の保険にします。 CMではすぐ保険金おりるみたいに言ってますが嘘です。 その旨伝えると「意見としては頂戴しますが、診断書は出してください」と言われ、 とことん信用ならない保険だと思います。 新規加入を考えてる方、やめておいた方がよいです。 問い合わせの対応が悪い。 他の保険全て(3社)保険が降りた怪我で 審査が通らず保険が降りなかったことがある。 さらに4月いっぱいで解約申込み たまたま4月中に怪我をしたので申請 4月解約した場合に5月以降の通院分の保険降りるかをコールセンターで確認して、降りるとの回答だった。 そして4月いっぱいで解約して4月、5月の二ヶ月通院分を請求。 5月分は対象外と書面で通知される。 意味わからん。 コールセンターではこの怪我に関しては90日分までは払うって言ったよね?(期間関係なく) 間違ってたなら訂正の電話くらいしてこいよ? 本当に高い勉強代でした。 最悪です。 金に余裕のある人だけ入ればいいと思います。 はっきり言って県民共済の方がお金の支払いは早いし渋らないので安心です。 コープ共済は金は渋るし対応最悪です。 お勧めできません。 怪我の共済受付で散々症状を聞くのに、申請したら却下。 電話で受付時に伝えてた内容で却下の可能性ありだったのに、その時点でそれを言わない。 受付は怪我と病気を振り分けるだけだそうです。 だったら細かいこと受付時に聞く必要なし。 同じような方は突発性の症状にした方が良いです。 「高跳びの練習で甲の腱を痛めた」なら保険おりるそうです。 なんていい加減な保険会社。 あと、怪我の正式名称を記載していないと。 だったら、怪我の正式名称を記載とすればいい。 診断書不要なんだから、整形で「腱の炎症」と言われてわざわざ正式名称聞きますか? 昔は共済支払いや電話対応も丁寧だったけど、質低下してますね。 アイプラス、たすけあいV4000に13年加入した。 精神疾患で入院したが、退院前に1度、医師の勧めで1回リハビリのために外泊したが、それを理由に不払いをされた。 0円です。 アフラック、アリコジャパンでさえ、すぐ入院給付金が全日数分降りた。 そのため、コープ共済のあいぷらすとたすけあいは解約する。 その旨を解約係に連絡した。 しかし、送られてきた書類に署名し、返送したのも関わらず、たすけあいV4000が半年間保険料が引き落とされていた。 文句を言っても、「あいぷらすの解約書類しか届いていない」と嘘を平気で言い続けた。 責任者に代わってもらい、弁護士に相談する旨を伝えた。 厚生労働省も国民を欺く機関だから、COOP共済の不払い横行を放置しているのだと感じた。 日帰り手術にも対応しているものに加入しました。 加入時は緑内障で眼科に通院していましたが、担当の方にはその旨を伝え、大丈夫とのことで加入しました。 加入後2ヶ月位でストレスから来る眼底出血をし、繰り返し出血したために網膜剥離となってしまったため、レーザー手術をしました。 今回の網膜剥離は緑内障とは全く関係のないもので、ストレスから来るものなのに、加入時に私が申告していないとのことで、一方的に書類が送られてきて、保険を解約されました。 文書を読むと「どうしても入りたいなら、この保険ならいいけど?」と受け取ってしまうほどの上から目線の文書と別のコースの保険加入の書類が送られてきました。 加入時の担当の人は「大丈夫だ」と言って加入をすすめてきたのに。 …きっとノルマがあったんだと思います。 手術給付金を申請するときの手順をコールセンター確認したときは、他の保険会社の診断書のコピーでいいと言ったのに、実際は自分の会社のものじゃなきゃダメだと再提出になったり、ホント…説明も曖昧なくせに、支払いはしないという…。 入って損しました。 悪者にされただけで気分が悪いです。 私はおすすめしません! あいぷらす癌特約に入ってます。 書類には通院給付金も記載されてるけど支払われるのは5日以上の入院した後の180日通院額のみ。 今の癌治療は入院も短く後の抗がん剤投与は通院のみで高額な医療費を一月10万近く一年程支払わなくてはなりません。 私は重篤な大腸がんで退院後に2年投与しないといけないのに保険料は最初の入院と後の180日の通院の半年分だけでした。 後の1年半の医療費は支払われません。 入院を5日以しないと支払われません。 このクチコミを拝見してたら入院しても支払われ無い様です。 保険の勧誘や継続の時には勧誘の人が何度も来て電話や郵便での勧誘継続が来ますが 保険金請求の時は電話連絡のみなので全く繋がらない請求出来ないし請求時の対応が酷いです。 主人は会社の団体保険に加入してます。 私も働いてた時は会社の団体に加入してました。 有名保険会社も今は保険金も手頃ですがコープ共済は有名企業より少し安くしてるので安いコープ共済の方が、お得な感じがしますが 会社の有名企業の団体保険は病気、怪我、事故で請求した時の対応も早いし良い条件で支払いしてくれます。 主人も何度も病気や怪我や事故で請求しましたが大変助かりました。 コープ共済は請求や連絡が繋がらない。 病気や怪我で請求もままならない状態なのに請求が大変手間で辛い上からに 支払いも厳しいです。 病気になったら保険の変更も出来ないので還付金も僅かなので殆どが掛け捨てになりますし死亡保証も低いです。 手頃な掛け金だけが魅力的ですが殆どが掛け捨てになります。 娘が入院したので保険の請求をしました。 検査入院だったので出るかわからなかったのですが一応請求してみたのです。 1ヶ月以上かかった上にいきなり契約解除の通知!は?と思って電話したところ通院歴があったからと言われました。 確かに娘は不明熱で病院に通ってましたがどこにも異常がなく全くの健康体と言われ、念のため年に数回血液検査をする程度の通院です。 ただ単に熱が出るだけの子は保険に入れないのか!と腹が立ちました。 その上に何の連絡もなくいきなりの書面での契約解除!対応してくれた人が私どもと致しましてはもう少し緩やかな保険があるのでそちらをお勧めしたのですが…と言ってきた。 それなら、契約解除の通知をする前に言ってくれたらよかったのにと思います!こっちは保険金が欲しくて怒ってるんではない!!対応の悪さに怒ってるんです!ちゃんと対応してくれてたらこんな気持ちにならなくてすんだのに残念です。 もっと組合員の気持ちを考えて行動したらどうですか!こんな保険は家族全員やめようと考えてます! 高血圧と逆流性食道炎で入院したのですがリサーチ会社が出て来たあげく2ケ月も待たされ結局訳のわからない文章で通知が届き支払いできないとのこと。 コープ共済は口コミ見て貰えばわかると思うのですが私みたいな事が当たり前のように沢山ありました。 CMまでしてる割には嘘ばっかりで最低最悪の保険です。 他の保険会社は何の問題もなく支払ってもらえたのにコープ共済だけ支払ってもらえません。 これから入ろうとお考えの方がいらっしゃるのなら絶対にやめた方がいいです。 いろんな人の口コミを見て下さい。 すへて真実の事ばっかり書かれています。 今、加入されてる方も入院して請求してからだと間に合いません。 他の保険会社に変えることを真剣にお勧めします。 コープ共済最悪です。 妹が入院したので、必要書類審査などあるのか確認で電話しました。 予定があるので、10時半までに電話をお願いするもかかってきたのは11時半と1時半。 当然電話に出られず。 以上、満足な受け答えも約束も守れないこんな会社に保険を頼んではいけません。 階段を踏み外しアキレス腱を損傷してしまい、痛みもひどく足をつくだけでも痛みがあったので、毎日通院していて、治療費もかさんでしまったので、とりあえず途中で診断書を出し請求出来ると聞いたので、途中請求をして、その後の治療費は、あとでも大丈夫と言われたので、そうしたのですが、結果その後の治療費は、支払われませんでした。 何のための保険なのか意味が全くないです。 本当にコープ保険には、ガッカリです。 ちなみに、その後の保険も病院の方に連絡が行き、7枚も書類を書いてくれた病院の先生に申し訳ないです。 そこまでしたのであれば、ちゃんと支払ってください。 解約のしようか迷っている所です。 旦那の保険も検討しているのですが、本当に迷っています。

次の