インターネット 速度 テスト。 インターネット速度測定ツール9選!スピードテストを総レビュー!

インターネット速度測定ツール9選!スピードテストを総レビュー!

インターネット 速度 テスト

一般的に、インターネットで Webサイトを閲覧するには、最低でも15Mbps以上あればストレスなく閲覧できます。 また、PCなど大きな画面で 動画を高画質再生(1,080p)する際は、10Mbps以上あれば問題ないでしょう。 インターネットの利用目的に応じた、適当な回線速度はこちらです。 利用目的 適当な回線速度 Webサイトの閲覧 15Mpbs(画像多め)~5Mbps(画像少なめ) 高画質動画の視聴(1,080p) 5Mpbs~10Mpbs 中画質動画の視聴(720p) 2. 5Mbps~5Mbps オンラインゲーム 2Mbps ゲームのダウンロード(30MB) 200Mbps:20分ほど 10Mbps:6時間超 ひかりTV 20Mbps Wi-Fiの接続帯域については、通信速度が遅い2. 4GHzと、通信速度が速い5GHzがありますが、その端末のWi-Fiが2. 4GHzの帯域に接続されている場合は、5GHz帯域に変えます。 ただ、5GHzは壁や床などの障害物に弱い特徴があるため、ご利用の環境に合わせて接続帯域を変えましょう。 Wi-Fi接続帯域 長所 短所 2. 4GHz 壁や床などの障害物に強く遠くまで電波が届きやすい 様々な端末に対応している あらゆる製品で使われるため混雑して不安定になりやすい(集合住宅では他の部屋の電波の影響をうけることもある) 5GHz 2. 4GHzに比べ 高速通信が可能 基本的にルーターのみで利用するため繋がりやすく安定している 壁や床などの障害物に弱く、距離が遠くなると繋がりにくい 旧世代の端末では5GHzに対応していない場合がある IPoE方式に対応しているプロバイダーには、以下のようなものがあります。 nifty. so-net. dmm. biglobe. 最後にあげられる原因は、 回線の問題です。 具体的には次のような原因が考えられます。 同じ光ファイバーを利用するユーザーの一斉利用 一般的な光回線のプランで、例えばファミリータイプの場合、1本の光ファイバーをNTT局内でスプリッタ(分岐装置)で4本に分け、それが住宅エリアに到達するとさらに8本に分けて通信しています。 つまり、1本の光ファイバーを32世帯で共有して利用します。 光回線の最大速度は1Gbpsですが、32世帯のユーザーが一斉にインターネットを利用すれば、1世帯あたり最大30Mbpsまで速度が落ちてしまいます。

次の

スピードテスト 回線速度

インターネット 速度 テスト

上記、無料ツールも、 ご利用ください!! No. 9『USEN スピードテスト回線速度・通信速度測定』 要Flashプラグイン! <出典:> 世に存在するスピードテストサイトにはさまざまな測定方法がありますので、測定方式によって結果が異なることがありますが、それぞれ正しい数値と言えます。 また、ご利用PC環境や性能、ご利用しているISPバックボーンの回線状況など多くの影響を受けますので異なる場合があります。 速度測定には Flash Playerが必要になります。 iPhone、iPadなどFlash非対応端末をご利用の場合は測定できません。 <出典:> ケーブルテレビ『USEN』が提供しているスピードテストの計測サービスです。 『Flashプレイヤー』が必要なので、 最近のPC Safariなど では、非対応のことも多く、計測が出来ないケースもあります。 「フレッツ光」と「フレッツ光以外」の回線で、計測方法が異なるようです。 計測PCと、www. usen. comサーバ間の回線速度を計測しているので、他社のツールと比べて、計測値が異なるケースもあります。 8『NURO スピードテスト速度測定』Radishツールの転用 <出典:> 国内の高速回線『NURO光 上限2Gbps 』の速度計測ツールです。 中身は、No2の項目で書いている、 を使っています。 Javaのインストールが必要ならため、 一部のPCや、スマホでは、計測出来ないこともあります。 NUROユーザーが計測出来るように、プルダウンで選択できるようになっていますが、 NURO以外のユーザーも「登録をSKIP」のリンクから、計測できます。 計測後は、Radishさんの計測サイトで、速度結果を確認することもできます。 7『BROADBAND speedtest. 本家は、イギリスの、です。 日本版として展開しているのが、上記のURLの速度測定サイトです。 あまり知られていないですが、『BROADBAND speedtest. jp』サイトでは、速度の統計データも公開されています。 <出典:> 分かりやすい計測ツールで、計測もすぐに終わるという点で、利用しやすいサイトです。 たまにTwitterなどで、計測結果を貼り付けているユーザーさんもいるようです。 現在、利用出来る大手オススメ速度サイトは、 、です。 『ラピッドネット』の特徴は、 スマホでも速度計測できるように、いち早く対応した点が特徴です。 サイト内にも「"FLASHは使っていないので、iPhone、android両方でご利用いただけます。 "」と書かれている通り、これまでFlashでの計測が一般的だったところを、改善したツールになっています。 2013年頃からサービスが開始されています。 サイトは、シンプルな作りで、速度測定ツールなので分かりやすいです。 時々、繋がることもあるかもしれませんが、 繋がらないことが多いようなので、下記で紹介しているツールでの計測をオススメします。 5『BNRスピードテスト』 Flash計測 <出典:> 『BNRスピードテスト』は、2002年頃から運営されている、速度計測サイトです。 かなりの老舗ですね。 ただFlash計測であったために、利用者が限られていました。 上記のリンクでは、検索出来るページにリンクしていますので、スマホでの計測も可能です。 ADSLが主流だった頃からの計測サイトなので、昔から速度チェックをしていた方には、なじみがあるかもしれません。 印象では、ギガ対応の光回線で、計測した際に 若干、時間帯によって、低めの速度が表示されることもあるようです。 2004年頃からサービスが開始されています。 各地域の速度や、プロバイダの速度を計測したランキング化、RBBアワードという賞を設けて、良いサービスを表彰する制度を作っていることなどが特徴です。 記事ページが多く、5000ページ近くの記事があるので、光回線・スマホ端末機器などの、記事が多いようですね。 国内で、速度計測サイトというと、この『RBB スピード測定』と『Radish』の2サービスは、比較のためにも、計測しておくことで、大手の計測結果として、役立つはずです。 もあるので、スマホタブレットの計測の際には、便利なツールです。 計測時に、回線と、プロバイダを必ず選ぶ必要があります。 結構な数から選ぶことになるので、ちょっと大変かもしれません。。 その他FFHで、いつも計測してしまっています。 3 すぐに計測したい!『Fast. com Netflix 』 <出典:> 動画がもたつく際の速度計測に最適! 『Fast. com Netflix 』は、2016年から始まった速度計測サービスです。 特徴は、 シンプル!そして、計測が簡単! ページを開いたらすぐに計測が開始して、数秒以内に計測が完了します。 『スマホでの動画が遅い!』という声に応えて、スタートしたサービスです。 この『Fast. com Netflix 』も動画を観るために、使いにくさをなくすための、とても良いサービスだと思います。 特に、動画サービスに契約していなくても、だれでも使える点も素晴らしいですね。 2 国内で実績のある『Radish』 <出典:> 国内で、『ネット回線の速度測定ツール』というと、『Radish』さんは、とても便利で役立つはずです。 2005年頃から、スタートしています。 なにが便利かというと、各地域ごとの速度計測結果を詳細に比較できる点です。 最近、スマホでの計測にも対応し、さらにサービスが改善されており、個人的にオススメのサービスです。 1 もっともオススメ!世界標準の『Ookla speedtest. net』 <出典:> 世界標準の速度計測サイトとして、『Ookla speedtest. net』があります。 2006年頃から、スタートしているサービスです。 ユーザー数の多さから、 おそらく世界で最も多く使われている速度計測サイトだと思われます。 こちらも、スマホ対応したツールが提供され始めています。 もあり、こちらも手軽に速度計測ができ、かつ、計測の正確性においても、標準的な数値を確認することができて、便利です。 英語のサイトですが、画面上の『GO』ボタンを押すだけで、結果が分かります。 後述しますが、速度計測は、どんなに有名なサイトでも、計測の方法がそのサービスごとに異なるため、絶対的な完全な速度結果はないと、考えておいた方が良いです。 あくまで、複数の測定方法があると知った上で、 複数のサービスを利用しながら、おおよその値を確認するのが、もっともオススメする方法です。 【番外編】『ネット回線@街データ』 宣伝です。 当サイトでも、 速度計測ツールを制作して、できるだけ役立ててもらえるように計測結果を公開するための準備中です。 もしご協力頂けるようでしたら、数十秒で計測出来るツールですので、ご利用頂けますと幸いです。 ネット回線の速度測定ツールを使う際の注意点 ネット速度の計測の際の注意点として、まず、「ネット回線の速度」をどのように計測しているか?という計測方法自体に、統一した定義や方法がありません。 各社サービスによって、 計測値は異なるという点に注意が必要です。 【その他、速度計測の際に速度が遅くなる要因】 ・計測する時間帯が、20〜23時には、ほぼ確実に遅くなる ・住んでいる地域の回線網に、ヘビーユーザーがいると遅くなる ・住んでいる住宅と、プロバイダとの基地局が遠いと、常に遅くなる ・プロバイダが、速度制限をかけていると、遅くなる ・WiFi無線LANルーターを利用して、ネットを観ている場合、直接LANケーブルで繋ぐより遅くなる ・LANケーブルが古いと遅くなる 10BASE-TのLANケーブル:「10Mbpsまで」。 100BASE-TのLANケーブル:「100Mbpsまで」。 1000BASE-Tだと、「1Gbps」まで速度がでるのでオススメ ・計測するパソコン自体のスペック・メモリが低いと、速度も遅くなることが・・・ インターネットの利用時間帯 平成30年版 <出典:> などなど、速度が低下する原因は、たくさんの要素が掛け合わされている!ということなんです。 とは言え、上記の要素の中で、一つ一つ解決して、最後に残る問題点として、大きいのは• 『プロバイダによる速度制限』• 『基地局でのアクセスが集中している』 という原因から、常に速度が遅い!という声が多いです。 そういった悩みに応えられるように、地域のデータを集計し、少しでも役立つよう目指しています。 【その他・国内の Wimaxインターネット光回線の速度測定ツール】• WiMAX-info. net停止中• 【その他・海外の 速度測定ページ】• Ooklaに近い値が出ている。 元Ooklaのツール開発者?• 【国内プロバイダーが提供するインターネット光回線の速度測定ツール一覧】 有線パソコンのネットスピードテスト• リンク切れ多数• NTT東日本• Google スピードテスト【その他・海外の 速度測定ページ】 インターネット速度テスト あまり知られていないツールとして、Googleで『ネット速度』と検索すると、40MB以下の計測が、行えます。 周辺地域の計測結果などは、今のところ分からないようなので、一時的に利用する場合には、便利かも知れません。 10:00~19:00 年中無休 Yahoo! BB ー So-net 0120- 80 -7761 9:00~18:00 DTI 0120-830-501 10:00~17:00 平日のみ ASAHIネット 0120-030-275 平日 10:00-19:00 土日祝 10:00-17:00 T COM 0120-805633 10:00~20:00 bb. excite 0120-087-231 10:00~20:00 SANNET 0120-989-481 9:00~19:00 WAKUWAKU 0120-309092 10:00—19:00 UQ WiMAX 0120-929-818 9:00~21:00 年中無休 速度が遅くて、困っている場合、最終的にオススメな方法は、やはり、サポート窓口に確認すること!です。 大手のプロバイダ、回線サービスのサポート窓口をまとめてみました。 場合によっては、プロバイダ側で速度規制をしているケースもあるので、 ネット回線の会社に確認を、まずした上で、プロバイダにも確認を取ってみると、なにかヒントが得られるかも知れません。 この際に、伝えるべき項目をまとめると・・・• 時間帯によって遅いのか?常に遅いのか?を伝える• PCのスペック CPU・メモリ に問題がないか調べて、大きな問題がないことを伝える。 WiFiまたは無線LANでの接続か? LANケーブルでの接続か?を伝える• 複数回、ネット回線の速度ツールで、計測をしておいて、何度計っても〇〇Mbps程度なんです!と伝える 確認したい項目をまとめると・・・• 特にLANケーブルで速度が出ないのは、回線側の原因が考えられるので、 接続に問題が無いか?再度確認する• ネット回線の会社と、 接続に問題がないか?を確認してもらう• 接続には問題ありませんね、と言われたら、「他に 私のほうの設定で改善できる設定や作業などはありますか?」と確認する。 ここで、協力的であることをアピールしつつ、目的の速度改善方法が本当にないか、聞き出す ここまでサポートに聞いてみても、これ以上速度が改善しません!と言われた場合、 『利用場所と、回線基地局との距離』または 『同じ回線網の利用者が多い・ハードユーザーがいる』などの原因が考えられます。 多くの集合住宅で、1Gbpsの光回線を分岐 同じ集合住宅内でシェアし合うイメージ してことが多く、そのために、時間帯や・通常の利用でも速度が遅くなっているケースが多いようです。 どうしてもマンション・アパートの場合で、遅くて速度を改善したい場合、 ・関東・関西・東海県内の『NURO光』エリア範囲内 という条件が達成出来て、かつ、 ・8階以上のマンションでかつ4人以上の『NURO光』加入者が見込める という場合はが、とても速い 上限2Gbps ためオススメです。 ztv. インターネット・光回線の速度の平均的な基準値・目安・見方・単位って?• インターネット・光回線の速度の単位ってGbps?Mbps?Ping値・RTTって??• PC/Windows7・8・10/MAC OSX/スマホ での速度の確認・調べる方法 って?• インターネット・光回線の速度の改善・向上のための方法って?• インターネット・光回線の速度の最速だとどれぐらい?平均値ってどれぐらい?• ネット回線が遅い!原因・改善方法・設定の見直し法7選!• 無線LAN・WiFiルーターが遅い時に気を付けたいポイント7選• PS4・PS3/Switchが遅い!速度改善の重要ポイント7選• インターネット・光回線の速度計測アプリ7選!• 速度で選ぶネット回線・おすすめBest5!!.

次の

インターネットの通信速度はどれくらい出れば正常?上手な無線LANと回線選び

インターネット 速度 テスト

例えば「Google」。 スピードテストで検索すると、最上位に「インターネット速度テスト」が表示されます。 説明文の右下にある「速度テストを実行」ボタンを押せば、速度判定が行われます。 回線速度が遅いと感じた場合、理由はいくつか考えられますが、原因特定のためにまずはスピードテストを試してみることから始めてみてください。 利用したサイトによって多少の違いはあるものの、次のような項目が表示されることが一般的です。 ・ダウンロード(下り)速度:サイトの閲覧や動画の視聴、データ受け取りなどをする際のスピード ・アップロード(上り)速度:メール送信やLINEの送信、SNSへの写真アップなどをする際のスピード ・レイテンシ(Latency):伝送遅延時間と呼ばれる「応答速度」のこと。 サーバーにコンタクトしてから送り返されてくるのにかかった時間、通信のタイムラグを示す。 「Ping値」ともいう 一般的には通信速度が遅いか速いかはダウンロード速度を見て判断されることが大半。 サイト閲覧や動画視聴といった利用シーンでの速度を調べる際は、ダウンロード速度をまずチェックしましょう。 オンラインゲームやライブ配信など、データ通信量が多いコンテンツを利用する人は、レイテンシも重要に。 上り・下りの速度とは違い、こちらは数値が高いほどタイムラグが発生しやすくなり、値が小さいほど通信速度が速いと言えます。 これは通信速度の単位である「bps(ビーピーエス)」に、単位表記の「M(メガ)」や「G(ギガ)」を速度に応じて組み合わせて表したものです。 bpsは「1秒間に送信できるデータ量」を意味します。 1秒間に送信できるデータ量が多いほど通信速度が速い、というイメージを持っていればOKです。 メガやギガについては、 ・1,000bps =1Kbps ・1,000Kbps=1Mbps ・1,000Mbps=1Gbps と1,000倍ごとに単位が変化します。 こちらは1㎏が1,000gというように、重量などと照らし合わせることで、理解しやすくなります。 ちなみに、レイテンシは応答までの時間(タイムラグ)を表すものなので、単位は「ms」(ミリセカンド/ミリ秒)を使用。 1msは0. 001秒なので、1,000msで1秒となります。 何を知りたいか、どうして知りたいかなどをポイントにスピードテストを選ぶのも一つの手段。 いくつかケース別に紹介してみます。 気軽に速度判定する ・ 「スピードテスト」「速度 テスト」などで検索すると表示され、「速度テストを実行」を押すと計測がスタート。 手軽な上、レイテンシもわかります。 ・ 下り&上り速度を計測。 測定にはFlashが必要ですが、未対応でも「画像読み込み版」から測定できます。 多くの情報を詳しく調べる ・ 上り&下り速度はもちろん、ピン(レイテンシ)など必要な情報の結果を表示。 結果ページには「自分のエリアの結果を閲覧」というボタンがあるのも便利です。 ・ 必要な計測結果を網羅。 回線の種類や都道府県など、開始前にいくつか項目を選ぶ必要がありますが、速度評価や同地域の平均速度の比較結果などを知ることができます。 ・ 英語サイトですが、ダウンロード、アップロード、レイテンシが計測可能。 「GO」ボタンを押すだけと英語ながら迷わない点&デザインのクールさが秀逸です。 速度判定の注意点 好みや用途に応じてサイトは使い分ければいいですが、速度判定するときは次の点に注意しておきましょう。 ・スピードテストサイトを表示しているブラウザ以外は可能な限り終了させる ・計測する時間帯や曜日などネットワークの混雑具合で結果に影響を受ける ・計測する場所から測定するサーバーまでの距離や時間に依存する これらのことを考慮すると、より正確な結果に近付けるためには、1つのサイトで時間帯や曜日をずらして数回計測する。 または複数サイトで計測を行い、結果の平均をとるのがいいでしょう。 主な目安をまとめてみました。 上記を遅いか速いかの目安の判断の一つにしてみてください。 詳しくはも参考にしてみてください。 速度が遅くなる原因としては、ルーターやLANケーブルが古いもの、回線が混雑など、いくつか考えられますが、それらをクリアしてもまだ満足がいかなければ、 インターネット回線の乗り換えも視野に入ってきます。 乗り換え先としては高速通信ができる光回線がおすすめ。 なかでも回線が混雑しやすい時間帯でも、多くの人が利用している接続方式「IPv4」ではなく、「IPv6」での接続に対応している「」などに注目してみてください。 IPv6はIPv4に比べ、回線の混雑が起きにくい設計になっているため、 通信速度が安定しやすいという特長があります。 詳しくはで解説しています。 のIPv6は基本料金内で利用でき、追加料金が発生しないのもうれしいところ。 もちろん、設定に複雑な操作も必要ありません。 インターネット回線は速すぎても困らないもの。 回線速度が気になる……という人は、スピードテストで速度計測した結果を踏まえた上で、光回線の乗り換えを検討してみるのもいいのではないでしょうか。 人気記事.

次の