五目 ちらし 寿司 レシピ。 子ぎつねちらし by大原千鶴さんの料理レシピ

【みんなが作ってる】 五目 ちらし寿司のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

五目 ちらし 寿司 レシピ

作り置きできるちらし寿司の具材を詳しく 『干し椎茸の煮物』…これはちらし寿司の味付けのベースとなる、一番重要な具材かもしれません。 のせる具材としても使うし、好みですし飯に細かく刻んで混ぜ合わせもします。 その場合盛り付け用の具には椎茸のみ、酢飯に混ぜ合わせるのに椎茸&にんじんを使います。 『酢れんこん』…これはちらし寿司の具材の中でも定番です。 形や食感、味わいに色合い、すべて他には代えがたいのでぜひ用意したい具材です。 これは 冷蔵庫で1週間日持ちするので、数日前に作っておくとよいです。 『錦糸卵』…これは当日の時間がないときに前日に作っておくとよい具材です。 もちろん 当日に焼いて冷まして使うのがいちばんふんわりと美味しいですが、時間のないときは 前日に作って冷蔵しておくか、一度まとめて作り冷凍しておくこともできます。 細く切る前の状態で冷凍しておき、半解凍でせん切りにするととても切りやすく、切った後の解凍も早いです。 2人分で卵3個を使う錦糸卵の分量がちょうどよいと思います。 ちらし寿司のその他の具材 3つの具材が準備できたら、あとは他の具材です。 食感のよい絹さやが緑色をそえるのにぴったりです(絹さやはゆでたものを斜めにひし形になるように切ったり、細切りにしたりするときれいです。 詳しいゆで方はから)。 また、 ゆでたえび、いくらの醤油漬けなどが食べ応えや豪華さを作ってくれます。 他にも煮あなごや、旬の時期ならをのせるのも美味しくておすすめ。 どんなものをのせるか考えておき、事前に購入しておきしょう。 他には 香りのよいや、うや三つ葉をゆでて合わせても美味しいです。 当日の準備 まずは寿司飯を作ります (もしくは)を用意し(冷凍しておいた場合は前日冷蔵庫に移して解凍しておき)、 『フードプロセッサーや包丁で細かくして、寿司飯に混ぜ込んで』使うと、家庭で作るちらし寿司がぐっと美味しくなるので、そのやり方で紹介したいと思います。 寿司飯はを参考に作り、細かくした椎茸(もしくは椎茸&にんじん)を最後に混ぜ込みます(寿司飯2合に対して中サイズの干し椎茸4枚分くらい混ぜ込むのが目安)。 できたら乾かぬよう、ぬれ布巾をかぶせたり、ラップをするなどしておきましょう。 器に盛り付けるときは、 寿司飯+きざみ海苔+錦糸卵+具材の順に盛り付けます。 まず用意した寿司飯をふんわりと盛り、海苔と錦糸卵を順に一面に広げます。 次に用意した具材を、彩りよく盛り付けるのですが、 まず先にさほど色味を気にしなくてよい大きな酢れんこんや椎茸を盛り付けます。 続けて絹さやをちらすように盛り付けます。 最後に盛り付けるのが、彩りや形のよいイクラの醤油漬け、ゆでたえび、木の芽です。 いくらはスプーンで適量をすくい取り、崩れ落ちないところを探して数か所に盛り付けます。 木の芽は他の具材と重なってもよいので、ふんわりと数枚を盛り付けます。 上から見ても全体的にまんべんなく具材が散らばっている盛り付けが、食べ進めても美味しく感じられる盛り付けだと思います。 それぞれに盛り付けるためのコツやポイントがあるのでも参考にしてください。 えびを具材に使う場合は、塩ゆでしたえびでもいいですし、手間をかけるなら味を含ませても美味しくなります。 『だし汁:薄口醤油:酒:みりん:砂糖=9:1:1:1:1』の割合で鍋に合わせて軽く沸かし、煮汁が冷めてからゆでたえびを漬けておきます(これは当日の朝くらいの作業でOKです)。 具材は上記の他に、たけのこ、ふき(これらは下味をつける必要あり)、煮アナゴ、うどの甘酢漬け、菜の花や三つ葉など、卵と相性のよい食材であればいろいろ合わせることができるので、お好みで準備してみてください。 すし飯に混ぜ込むのは、でもOKです。 その場合は、かんぴょうが煮汁を含んでいるので、手でしぼったりキッチンペーパーなどで汁気を吸い取ったりして、すし飯がべちゃっとしないよう、気をつけてください。

次の

ちらし寿司のレシピ/作り方:白ごはん.com

五目 ちらし 寿司 レシピ

作り置きできるちらし寿司の具材を詳しく 『干し椎茸の煮物』…これはちらし寿司の味付けのベースとなる、一番重要な具材かもしれません。 のせる具材としても使うし、好みですし飯に細かく刻んで混ぜ合わせもします。 その場合盛り付け用の具には椎茸のみ、酢飯に混ぜ合わせるのに椎茸&にんじんを使います。 『酢れんこん』…これはちらし寿司の具材の中でも定番です。 形や食感、味わいに色合い、すべて他には代えがたいのでぜひ用意したい具材です。 これは 冷蔵庫で1週間日持ちするので、数日前に作っておくとよいです。 『錦糸卵』…これは当日の時間がないときに前日に作っておくとよい具材です。 もちろん 当日に焼いて冷まして使うのがいちばんふんわりと美味しいですが、時間のないときは 前日に作って冷蔵しておくか、一度まとめて作り冷凍しておくこともできます。 細く切る前の状態で冷凍しておき、半解凍でせん切りにするととても切りやすく、切った後の解凍も早いです。 2人分で卵3個を使う錦糸卵の分量がちょうどよいと思います。 ちらし寿司のその他の具材 3つの具材が準備できたら、あとは他の具材です。 食感のよい絹さやが緑色をそえるのにぴったりです(絹さやはゆでたものを斜めにひし形になるように切ったり、細切りにしたりするときれいです。 詳しいゆで方はから)。 また、 ゆでたえび、いくらの醤油漬けなどが食べ応えや豪華さを作ってくれます。 他にも煮あなごや、旬の時期ならをのせるのも美味しくておすすめ。 どんなものをのせるか考えておき、事前に購入しておきしょう。 他には 香りのよいや、うや三つ葉をゆでて合わせても美味しいです。 当日の準備 まずは寿司飯を作ります (もしくは)を用意し(冷凍しておいた場合は前日冷蔵庫に移して解凍しておき)、 『フードプロセッサーや包丁で細かくして、寿司飯に混ぜ込んで』使うと、家庭で作るちらし寿司がぐっと美味しくなるので、そのやり方で紹介したいと思います。 寿司飯はを参考に作り、細かくした椎茸(もしくは椎茸&にんじん)を最後に混ぜ込みます(寿司飯2合に対して中サイズの干し椎茸4枚分くらい混ぜ込むのが目安)。 できたら乾かぬよう、ぬれ布巾をかぶせたり、ラップをするなどしておきましょう。 器に盛り付けるときは、 寿司飯+きざみ海苔+錦糸卵+具材の順に盛り付けます。 まず用意した寿司飯をふんわりと盛り、海苔と錦糸卵を順に一面に広げます。 次に用意した具材を、彩りよく盛り付けるのですが、 まず先にさほど色味を気にしなくてよい大きな酢れんこんや椎茸を盛り付けます。 続けて絹さやをちらすように盛り付けます。 最後に盛り付けるのが、彩りや形のよいイクラの醤油漬け、ゆでたえび、木の芽です。 いくらはスプーンで適量をすくい取り、崩れ落ちないところを探して数か所に盛り付けます。 木の芽は他の具材と重なってもよいので、ふんわりと数枚を盛り付けます。 上から見ても全体的にまんべんなく具材が散らばっている盛り付けが、食べ進めても美味しく感じられる盛り付けだと思います。 それぞれに盛り付けるためのコツやポイントがあるのでも参考にしてください。 えびを具材に使う場合は、塩ゆでしたえびでもいいですし、手間をかけるなら味を含ませても美味しくなります。 『だし汁:薄口醤油:酒:みりん:砂糖=9:1:1:1:1』の割合で鍋に合わせて軽く沸かし、煮汁が冷めてからゆでたえびを漬けておきます(これは当日の朝くらいの作業でOKです)。 具材は上記の他に、たけのこ、ふき(これらは下味をつける必要あり)、煮アナゴ、うどの甘酢漬け、菜の花や三つ葉など、卵と相性のよい食材であればいろいろ合わせることができるので、お好みで準備してみてください。 すし飯に混ぜ込むのは、でもOKです。 その場合は、かんぴょうが煮汁を含んでいるので、手でしぼったりキッチンペーパーなどで汁気を吸い取ったりして、すし飯がべちゃっとしないよう、気をつけてください。

次の

【みんなが作ってる】 五目 ちらし寿司のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

五目 ちらし 寿司 レシピ

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 低カロリーレシピ• 塩分控えめレシピ.

次の