準ずる 意味。 準拠の意味や使い方|読み方/jis/教科書・違いや使い分け|依拠

「準ずる」と「準じる」の違いとは?「準用する」の違いも分かりやすく解説

準ずる 意味

・JISに 準拠した製品 ・国内で販売するため規格に 準拠させた ・ルールブックに 準拠して審判を行う ・映画化の際は原作になるべく 準拠してほしい ・そのドラマは史実に 準拠していない 「JIS(日本工業規格)」は日本で製品を販売するのであれば避けては通れない規格。 サイズや安全性などいい製品になるよう基準が設けられています。 物によってはJIS規格に準拠していなければ販売できないものも。 そして、 「準拠」するものは「規格」や「法令」だけではありません。 映画を作る際に「準拠」するものには、原作となる小説やマンガなどがあります。 ノンフィクションであれば史実や事件などに準拠することになります。 「準拠」の類語 「準拠」を別の表現に言い換えたい際に使える言葉をいくつか紹介していきます。 中には似ているようで別の意味を持つ言葉もあるので注意。 ・準ずる(じゅんずる) ・準用(じゅんよう) ・適合(てきごう) ・根拠(こんきょ) など 「準ずる」も「準用」も、「準拠」と「準」の字が同じ。 いずれもある基準を元にするという意味で共通しています。 微妙なニュアンスの違いこそあれ、ほぼ同じような使い方ができます。 「適合」は条件や事情、規格等に当てはまるという意味。 「準拠」と同じように使えますが、法令や規格の場合は明確に違いがある場合も。 例えば「JIS」の場合、「JIS適合」は認証機関の審査に合格していること、「JIS準拠」は審査は受けていないものの規格と合致することを自社で確認したことを指します。 「根拠」は語感こそ似ていますが、「準拠」とは全く別の意味。 「根拠」は何かを成立させるための元になる理由のこと。

次の

準ずるとは?意味や使い方・例文をわかりやすく解説

準ずる 意味

「準拠」とは まずは、「準拠」という言葉の意味から解説しましょう。 読み方は「じゅんきょ」、意味は「標準として従うこと」 「準拠」とは「じゅんきょ」と読みます。 意味は、「あるものをよりどころとして従うこと」で、「Aに準拠する」というと、「Aをよりどころとして従う」「Aを標準として従う」という意味になります。 「準拠」の使い方 「準拠」の使用は多岐にわたります。 特に、ビジネスシーンでよく見聞きする使用例をもとに、使い方を解説します。 「準拠します」「準拠させる」などが一般的 「準拠」という言葉は、「準拠します」や「準拠させる」という使い方が一般的です。 たとえば、以下のようになります。 当規約は当社のプライバシーポリシーに準拠しています。 契約内容に準拠させる 「法律に準拠する」は法律に則ること 「準拠」は「法律」に関する文章でよく使用されます。 「法律に準拠します」というと、法律に従っている・則っているという意味です。 もともと、「従う」という意味を含む「準拠」という言葉は、法律に見合う内容である・法的に間違っていない、ということを記載する際に便利な表現です。 「JIS準拠」とは「日本工業規格」に従っていること 製品の表示に「JIS準拠」という記載を見つけることがあります。 「JIS」とは、「日本工業規格(Japan Industrial Standards)」のことで、法律に基づいて制定された国家規格です。 「JIS準拠」は、この「日本工業規格」という国内の統一規格に従っている、という意味になり、一定の品質を保っているという指標としても用いられています。 これは、「その教科書の内容に従った内容で作られている」「教科書の内容を基準にしている」という意味です。 「準拠法」は国際取引で必要な定めのひとつ 国際取引では、「準拠法」という言葉を使用します。 国際的な取引では、何か問題があった場合にどの国の法律を優先させるかをあらかじめ決めておく必要があります。 この「どの国の法律にするのか」を「準拠法」という言葉を用いて契約書に定めるのが通例です。 一般に、日本国内での取引には、日本の法律を「準拠法」とします。 「準拠集団」は心理学用語のひとつ 「準拠集団」とは、人の価値観や行動、態度に影響を与える(与えている)集団のことで、心理学用語のひとつです。 たとえば、「家族」は「準拠集団」の代表的な例で、育ってきた環境で人の言動は大きく左右されます。 「ひょっとしてうちの家族だけ?」といった特別な行動・習慣は、「準拠集団」によるものです。 学校や職場、友人なども「準拠集団」の例で、中には、自分が所属する集団以外が「準拠集団」となることもあります。 「準拠」と似た意味の言葉 「準拠」はビジネスをはじめ、改まった場で使われることの多い単語ですが、似たような単語は他にもいくつかあります。 類語とともに紹介します。 類語は「従う」「則る」「標準」など 「準拠(する)」の類語は、「従う」「則る」「標準」などが挙げられます。 「則る(のっとる)」とは、「基準・規範として従う」「手本とする」といった意味です。 「依拠」も「準拠」の類語 「準拠」の類語としては、「依拠(いきょ)」も挙げられます。 「依拠」という単語は聞きなれないかもしれませんが、「よりどころ」という「準拠」と同じ意味の言葉です。 「依拠」にも、「あるものを基準とする」という意味がありますが、「準拠」のほうがより忠実なニュアンスを持つ点で異なります。 「適合」は「ぴったり」というニュアンスが加わる 「規格に準拠する」とした場合、規格に従っている・合っているという意味になります。 同様の意味で、「規格に適合する」ということもできますが、この場合、両者は若干ニュアンスが異なります。 「適合」は、「うまく当てはまる」という意味の言葉であり、簡単にいうと「ぴったり合う」「ぴったり同じ」という意味があります。 「準拠」は「大きく外れていない」というニュアンスで使用する点が異なります。 「準用」は「より厳密に」適用すること 「準用」もまた、「準拠」の類語です。 「準用」には「標準として適用する事」という意味があります。 「準用」は「準拠」よりも厳密に従うというニュアンスがあり、「ぴったりとあてはめる」というイメージに該当します。 「準拠」にも同じく、「従う」というニュアンスはあるものの、大幅に外れていない場合であれば使用できる点が異なります。 「準じる」には「従う」というニュアンスはない 「準拠する」と似た表現には、「準じる」があります。 「準じる」には、「ある事柄を標準としてならう」という意味はありますが、「従う」というような強いニュアンスがないのが特徴です。 「準じる」は、それに見合った扱いをする・同じように考える、といった意味になります。 「遵守」は守り従うこと、という意味 「準拠」と似た語感の言葉に「遵守」があります。 「遵守(じゅんしゅ)」は、「法令を遵守する」という風に使い、「守り従う」という意味の言葉です。 「準拠」にも「従う」という意味はありますが、(法令などを)守るというニュアンスはありません。 「準拠」の反対語 「準拠」と似た意味の言葉・類語には様々なものがありますが、反対の意味の言葉となるとどういったものがあるのでしょう。 「準拠しない」という意味の「非準拠」を用いる 「準拠」の反対の意味をひとつの単語で表すのであれば、「非準拠」という単語を用います。 「そのことでない」という意味の漢字「非」を使って表すのが一般的です。 「準拠」を英語にすると? 「準拠(する)」を英語で表現する場合には、どういった表現が適切なのでしょう。 英文で使える表現を紹介します。 英語では「base on」「conform to」を使う 英語で「準拠する」という場合には、「base on」を用います。 「base」は、「基礎」「土台」などの意味があり、動詞では「~に基礎を置く」という意味も持ちます。 また、「従う」という意味の「conform」を使って、「conform to」という表現も可能です。 「~に準拠して」という意味では、「in conformity to custom(慣例にしたがって)」という表現をすることもあります。 まとめ 「基準・標準として従う」という意味の「準拠」という単語は、ビジネスシーンではよく目にする表現です。 「準拠」は、ぴったりと合う事柄だけでなく、大きく外れてはいないという意味でも使用できるのが特徴で、その分使用シーンも多岐にわたります。 「準拠」というワードを目にしたら、何に「準拠」しているのかを読み解きながら解釈するようにしましょう。

次の

【準じる】と【準ずる】の意味の違いと使い方の例文

準ずる 意味

準じると準ずるの違い 準じると準ずるの違いを分かりやすく言うと、 辞書に載っている現代風の読み方か、古い読み方かの違いです。 「準じる」と「準ずる」は、どちらも同じ意味を持つ言葉で、現代では「準じる」の方を一般的な読み方として使用しています。 「準じる」「準ずる」とは、基準となるものを定め、それと同じような扱いをすることを意味しています。 また、あるものを基準として、それに見合った扱いをするというような意味も含みます。 それではなぜ、準「じる」と準「ずる」という二種類の語尾が存在するのでしょうか。 これは、 日本語の口語文法と文語文法の決まりによる違いがあるからです。 口語文法とは、しゃべり言葉のことで、文語文法とは、文章で書く際の言葉という意味です。 これらの日本語文法には「活用法」という考え方があります。 活用法とは、文章の流れによって単語の語尾を違和感のないように変えることを意味します。 まさしく「準じる」「準ずる」のように、最初の言葉は同じであっても語尾が違う言葉が存在するのは、活用法によって文脈に合うかたちで語尾が変えられているからです。 準じる、準ずるという言葉は「サ行変格活用」という活用法によって、語尾を変えています。 サ行変格活用では、文章の流れによって語尾をサ行の言葉である「さしすせそ」を元にして変えていきます。 「準じる」「準ずる」という言葉の場合、「準」という先頭の言葉はそのままに、語尾を「未然形:じ」「連用形:じ」「終止形:じる・ずる」「連体形:じる・ずる」「仮定形:じれ・ずれ」「命令形:じろ・じよ・ぜよ」という風に変化させます。 語尾の変化の形である未然形、連用形、などの名称は、その言葉がどのような文脈で使われているかの形のことを指しています。 例えば「未然形」というのは「まだそうなってはいない」という意味を持ち、否定形と一緒に使われます。 つまり、準じるの未然形の表現は「準じない」となります。 変化しない先頭の「準」に未然形の「じ」をつけて、最後に否定形の「ない」を付けた形です。 このように、日本語には、様々な文法上の決まりがあります。 「準じる」「準ずる」というのは、両方ともこの文法で言うところの「終止形」です。 終止形というのは、言い切りの形という意味があります。 文章ではなく、ひとつの単語として使う際には終止形を使います。 「準」の終止形には「じる」と「ずる」の二種類があります。 これが「準じる」と「準ずる」の違いです。 二種類の語尾がある場合、どちらを使っても間違いではありませんが、どちらか一方が、一般的に使われているものであることがほとんどです。 「準」の場合、辞書に記載されているのは「準じる」という言葉です。 こちらが、現代では一般的に使用されている言葉であり、「準ずる」というのは古い言い方になります。 しかし、意味に違いはありませんし、どちらも文法的には使えるものですので、個々人の好みや文章の前後の文脈などを考えて、自由に使い分けが出来るものであると言えます。 準じるの意味 準じるとは、 何かを基準にして、それに応じた扱いをすることを意味しています。 準じるとは、なにかの基準を設けて、それと同じような、または見合った扱いをするという意味を持つ言葉です。 基準となる事柄が具体的であるのが一般的で、準じるの「準」というのは「基準」の「準」でもあります。 前例となる何かの出来事があり、それを基準にしてその後も同じ対応をする、という場合などに使われることの多い言葉です。 または、先例ではなく、その人自身の持つ能力などを基準とする場合もあります。 スキルやキャリアに応じて対処することを「能力に準じて」などと表現したりもします。 例えば「中途採用の方の給料については、その方のスキルに準じて決定したいと思います」というような形で使用されます。 これは、給料は先例とは関係なく、その人の能力が高ければ、それに見合った額を出しますよ、という意味です。 準じるの「準」という字が含まれる単語としては、物事の基礎となるよりどころを意味する「基準」、平均的であり行動の目安となるものを意味する「標準」、思考や行為などのよりどころを意味する「規準」などがあります。 準ずるの意味 準ずるとは、 準じるという言葉の少し古い言い方を意味しています。 準ずるというのは「準ず」という言葉のサ行変格活用の終止形です。 意味としては、準じると全く同じものであり、文章の前後の文脈などによって使い分けることが出来るものです。 辞書には「準じる」は載っていても、「準ずる」という言葉は載っていないことが多く、準ずるは現代語よりも少し古い表現です。 しかし、意味は同じであるので、「準じる」「準ずる」のどちらを使っても間違いではありません。 古風な雰囲気を出したい時などには、あえて「準ずる」という言葉を使うのも良いでしょう。 他にも、例えば「準ず」という言葉の命令形を考えてみると、現代風の言い方であれば「準じろ」となりますが、古風な言い回しになると「準じよ」または「準ぜよ」となります。 この「準じよ」「準ぜよ」と同じ雰囲気を持つのが「準ずる」であると考えると、わかりやすいでしょう。 準じるの例文と使い方.

次の