インプレッサ スポーツ d 型。 【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ:試乗レポート|日刊カーセンサー

インプレッサスポーツD型マイナーチェンジ予想!

インプレッサ スポーツ d 型

新色を追加。 D型から「アイサイト・ツーリングアシスト」標準装備する。 全車に本革巻ステアリングホイール・本革巻シフトレバーを装備(1. 6i-L EyeSightを除く)。 アルミパッド付スポーツペダルを標準装備(1. 6i-S EyeSightと2. 0i-S EyeSight)。 アイスシルバー・メタリック• マグネタイトグレー・メタリック• クリスタルブラック・シリカ• ピュアレッド• ダークブルー・パール• 6L 水平対向4気筒 DOHC エンジン 2. 2-17. 3 アイサイトツーリングアシストについて ステレオカメラを用いた先進運転支援システム「EyeSight(アイサイト)ver. 3」を全車標準装備。 更に、先進技術で死角を減らしドライバーを支援する「アドバンスドセイフティパッケージ」を装備。 スバル初 歩行者保護エアバッグ 全車標準装備。 更に「アイサイトツーリングアシスト」を搭載。 プリクラッシュブレーキ 衝突の危険があるとシステムが判断した場合、ドライバーに注意を喚起。 回避操作がない場合はブレーキ制御を行い、自動的に減速または停止します。 運転負荷を大幅に軽減。 一部高速道路の最高制限速度引き上げ予定に対応 後退時自動ブレーキシステム 後方障害物警告機能 Rレンジ時に車両後方に障害物を検知すると、MFDの表示と警告音で障害物の接近レベルをお知らせる。 後退時自動ブレーキ 障害物に接近して車両と追突の危険性がある場合、加速制御とブレーキ制御を行い、衝突回避を測る。 アイサイトツーリングアシスト「後退時自動ブレーキシステム」「全車速追従機能付クルーズコントロール」「全車速車線中央維持」「ボイスアナウンス」を追加。 アクセル、ブレーキ制御とステアリング制御を合わせたことでさまざまなシーンで運転負荷を大幅に軽減させることができる。 より明るく安全な夜間視界を確保 フロントビューモニター フロントグリル内エンブレム下に搭載したカメラの映像をMFDに映してドライバーの前方確認をサポート。 見通しの悪い交差点を通過時や、車庫から出るときでも前方左右をしっかり確認できる。 スマートリヤビューミラー 後方設置のカメラにより、荷室にたくさんの荷物や大きな荷物を載せていて、通常のミラーでは後方視野が得られないときでも後方の視野を確保。 また、助手席などからでも後方の状況を確認できる。 オートビーグルホールド 平地停車時にブレーキペダルから足を離してもVDCが車両停止を維持する。 長い信号の待ち時間や一般道での渋滞など、ブレーキペダルを踏み続けなければならないシーンでの利便性が向上する。 ステアリング連動ヘッドランプ ステアリング操作に合わせて車の進行方向を早期に照らすこことで、夜間でも視野をしっかり確保できる。 システム アイサイトVer. グレード エンジン トランス ミッション 駆動方式 価格 インプレッサ SPORT 1. 6i-L EyeSight 1. 6L 水平対向 4気筒 DOHC エンジン CVT リニア トロニック 2WD 2,002,000円 4WD 2,222,000円 インプレッサ SPORT 1. 6i-L EyeSight S-style 2WD 2,244,000円 4WD 2,464,000円 インプレッサ SPORT 2. 0i-L EyeSight 2. 0L 水平対向 4気筒DOHC 直噴エンジン 2WD 2,244,000円 4WD 2,464,000円 インプレッサ SPORT 2. 0i-S EyeSight 2WD 2,486,000円 4WD 2,706,000円 インプレッサ G4 価格 グレード グレード エンジン トランス ミッション 駆動方式 価格 インプレッサ G4 1. 6i-L EyeSight 1. 6L 水平対向 4気筒 DOHC エンジン CVT リニア トロニック 2WD 2,002,000円 4WD 2,222,000円 インプレッサ G4 1. 6i-L EyeSight S-style 2WD 2,244,000円 4WD 2,464,000円 インプレッサ G4 2. 0i-L EyeSight 2. 0L 水平対向 4気筒DOHC 直噴エンジン 2WD 2,244,000円 4WD 2,464,000円 インプレッサ G4 2. 0i-S EyeSight 2WD 2,486,000円 4WD 2,706,000円 インプレッサ E型 予想は次へ.

次の

インプレッサ(D型)とスバルXV(D型)の違いを徹底比較!違いは最低地上高と悪路走破性だけじゃない!【2019年版】

インプレッサ スポーツ d 型

新色を追加。 D型から「アイサイト・ツーリングアシスト」標準装備する。 全車に本革巻ステアリングホイール・本革巻シフトレバーを装備(1. 6i-L EyeSightを除く)。 アルミパッド付スポーツペダルを標準装備(1. 6i-S EyeSightと2. 0i-S EyeSight)。 アイスシルバー・メタリック• マグネタイトグレー・メタリック• クリスタルブラック・シリカ• ピュアレッド• ダークブルー・パール• 6L 水平対向4気筒 DOHC エンジン 2. 2-17. 3 アイサイトツーリングアシストについて ステレオカメラを用いた先進運転支援システム「EyeSight(アイサイト)ver. 3」を全車標準装備。 更に、先進技術で死角を減らしドライバーを支援する「アドバンスドセイフティパッケージ」を装備。 スバル初 歩行者保護エアバッグ 全車標準装備。 更に「アイサイトツーリングアシスト」を搭載。 プリクラッシュブレーキ 衝突の危険があるとシステムが判断した場合、ドライバーに注意を喚起。 回避操作がない場合はブレーキ制御を行い、自動的に減速または停止します。 運転負荷を大幅に軽減。 一部高速道路の最高制限速度引き上げ予定に対応 後退時自動ブレーキシステム 後方障害物警告機能 Rレンジ時に車両後方に障害物を検知すると、MFDの表示と警告音で障害物の接近レベルをお知らせる。 後退時自動ブレーキ 障害物に接近して車両と追突の危険性がある場合、加速制御とブレーキ制御を行い、衝突回避を測る。 アイサイトツーリングアシスト「後退時自動ブレーキシステム」「全車速追従機能付クルーズコントロール」「全車速車線中央維持」「ボイスアナウンス」を追加。 アクセル、ブレーキ制御とステアリング制御を合わせたことでさまざまなシーンで運転負荷を大幅に軽減させることができる。 より明るく安全な夜間視界を確保 フロントビューモニター フロントグリル内エンブレム下に搭載したカメラの映像をMFDに映してドライバーの前方確認をサポート。 見通しの悪い交差点を通過時や、車庫から出るときでも前方左右をしっかり確認できる。 スマートリヤビューミラー 後方設置のカメラにより、荷室にたくさんの荷物や大きな荷物を載せていて、通常のミラーでは後方視野が得られないときでも後方の視野を確保。 また、助手席などからでも後方の状況を確認できる。 オートビーグルホールド 平地停車時にブレーキペダルから足を離してもVDCが車両停止を維持する。 長い信号の待ち時間や一般道での渋滞など、ブレーキペダルを踏み続けなければならないシーンでの利便性が向上する。 ステアリング連動ヘッドランプ ステアリング操作に合わせて車の進行方向を早期に照らすこことで、夜間でも視野をしっかり確保できる。 システム アイサイトVer. グレード エンジン トランス ミッション 駆動方式 価格 インプレッサ SPORT 1. 6i-L EyeSight 1. 6L 水平対向 4気筒 DOHC エンジン CVT リニア トロニック 2WD 2,002,000円 4WD 2,222,000円 インプレッサ SPORT 1. 6i-L EyeSight S-style 2WD 2,244,000円 4WD 2,464,000円 インプレッサ SPORT 2. 0i-L EyeSight 2. 0L 水平対向 4気筒DOHC 直噴エンジン 2WD 2,244,000円 4WD 2,464,000円 インプレッサ SPORT 2. 0i-S EyeSight 2WD 2,486,000円 4WD 2,706,000円 インプレッサ G4 価格 グレード グレード エンジン トランス ミッション 駆動方式 価格 インプレッサ G4 1. 6i-L EyeSight 1. 6L 水平対向 4気筒 DOHC エンジン CVT リニア トロニック 2WD 2,002,000円 4WD 2,222,000円 インプレッサ G4 1. 6i-L EyeSight S-style 2WD 2,244,000円 4WD 2,464,000円 インプレッサ G4 2. 0i-L EyeSight 2. 0L 水平対向 4気筒DOHC 直噴エンジン 2WD 2,244,000円 4WD 2,464,000円 インプレッサ G4 2. 0i-S EyeSight 2WD 2,486,000円 4WD 2,706,000円 インプレッサ E型 予想は次へ.

次の

価格.com

インプレッサ スポーツ d 型

インプレッサスポーツD型 普通車で、諸費用込々300万以下で安全性能が高く居住性が高めの車を探していました。 色んな車種が有る中で、衝突安全性とアイサイトVer3. 0搭載及びツーリングアシストの追加、内装の質感でインプレッサスポーツD型を選びました。 6Lと2. 0Lのどちらを選ぶか迷いましたが、街乗り中心で有る事と2. 0L直噴エンジンの信頼性がどうなのか分からなかったため、従来のボクサー水平対向エンジン1. 6LのFFを選択しました。 購入基準となる条件を満たしてくれている車種のため満足しております。 燃費に関しては、特に気にしておりません。 D型でちょっと残念だったのが、フロントセンサーがディーラーオプションから無く成った事です。 ディーラー曰く「前方視界支援のカメラがあるため取止めになった」そうで配線もバンパー手前まで来ていません。 どうしても付けたい方は社外品になってしまいますね。 社外パーツについては、1. 6LのGT2,GT3より2. 0LのGT6とG7の方が多い様です。 私はノーマルで乗りますので気にしませんが、購入後エアインテークなど吸排気に関わるエンジンチューンや外装などカスタマイズしたい方は2. 0Lを選んで頂いた方が良いと思います。

次の