子供 鼻づまり。 子供の鼻づまりや鼻水に良いと口コミで話題のお薬6つと注意点

子供の鼻づまりや鼻水に良いと口コミで話題のお薬6つと注意点

子供 鼻づまり

・鼻づまりの原因は? ・鼻づまりで眠れない時の対処法 ・子供や赤ちゃんの鼻づまり解消法は? ・鼻づまりに効果のある薬は? Sponsored Link 鼻づまりの原因は? 鼻づまりとは、鼻の中の空気の通り道がふさがれることで起こります。 空気の通り道がふさがれる原因にはいろいろあります。 鼻の粘膜の腫れ 人間は息をするとき、空気中のゴミなど体に害を及ぼすものを鼻の粘膜に吸着させてきれいにし、呼吸器官に運ぶということをしているんです。 その吸着したゴミや花粉などに過敏に反応することで粘膜が炎症し腫れてしまうんです。 アレルギー性鼻炎がその一つです。 スギやヒノキなどの花粉、またほこりなどのハウスダストが鼻の粘膜につくことで炎症が起きます。 炎症が起きることで、鼻の中が腫れたり鼻水が出ます。 鼻水は、入ってきた花粉やほこりを出すために出るんですが、そのせいでつまりの原因にもなります。 アレルギー性鼻炎の場合は水っぽい鼻水がたくさん出ます。 そのため、鼻水が原因ではなく炎症によって腫れることが原因で鼻づまりが起きます。 細菌感染 空気中にはたくさんの細菌やウイルスが含まれています。 その細菌やウイルスが原因で風邪をひいてしまいます。 風邪をひくと、体の中の白血球やリンパ球の免疫力が働いて入ってきた細菌やウイルスを攻撃します。 細菌と戦った白血球、リンパ球の残骸と死滅させた細菌やウイルスは鼻水とともに外に出ようとします。 こういう時の鼻水は黄色く粘り気があるため、鼻の穴をふさいでしまい鼻づまりになるんです。 鼻水の状態は病気の種類によって様々です。 風邪の初期は、入ってきた細菌やウイルスを洗い流し外に出そうとしてさらさらと水っぽい鼻水が出ます。 体の中の白血球が細菌と戦うことで膿が出て、さらさらだった鼻水がネバっとしてきます。 この時点では、まだ透明な鼻水も風邪の症状が悪くなると黄色や緑に変化してきます。 黄色や緑の鼻水が続く場合は、副鼻腔炎などの病気が疑われるので早めに病院を受診することをおすすめします。 鼻の構造に問題 左右の鼻の穴を分ける真ん中の壁を鼻中隔 びちゅうかく といいます。 その鼻中隔がゆがんで曲がってしまうことで左右どちらかの鼻の穴が狭くなり鼻づまりやいびきなどの症状を起こしてしまう病気が鼻中隔弯曲症です。 人間は成長を重ねて大人になっていきますが、その成長のスピードは左右全く同じというわけではないんです。 鼻も同じで、成長のスピードにズレがおきることで片方に曲がってしまうことが原因です。 鼻の穴が狭くなっているので、ひどい鼻づまりを感じます。 また、いびきの原因にもなり睡眠時無呼吸症候群などの睡眠障害を起こしてしまう人もいます。 鼻中隔が突き出ていることで鼻の粘膜が刺激を受けやすく鼻出血がおきやすくなります。 きちんとした治療法があります。 長い間続く鼻づまりは、病院できちんと診断してもらいましょう。 鼻の突き当りにリンパ組織があつまる部分があります。 その部分のことを咽頭扁桃やアデノイドと呼びます。 子供に多く見られる症状で、 5歳頃までに肥大のピークがきて、そのあとはだんだん小さくなっていくことがほとんどです。 アデノイドが大きくなると鼻がつまって鼻呼吸が出来なくなってしまい、口呼吸が多くなります。 いびきがひどくなってしまい、ひどい場合は無呼吸症状がみられるようになってしまいます。 また、鼻炎や副鼻腔炎にもなりやすくなってしまうんです。 病院に行くと内視鏡やレントゲン検査が行われてアデノイドの大きさなどを診ることができます。 子供が苦しんでいるのを見ているのはとてもつらいですよね。 無呼吸などの症状があれば、寝ている間も心配が続きます。 早めに病院を受診して改善してあげた方がいいでしょう。 異物が入っている 子供は大人が考えもしないことをすることがあります。 手の届くものすべてが子供たちにとってはおもちゃです。 大人が見ていない時に、そのおもちゃを鼻に入れてしまうということも多くあります。 鼻の穴より小さなものは、入ってしまうと簡単に取り出すことができません。 注意が必要です。 また、子供だけでなく大人でも異物が入ってしまうことがあります。 食べ物を食べている時に突然くしゃみが出てしまい、鼻と口の間に食べ物が挟まってしまったり、ティッシュの破片が鼻に残ってしまったりと原因はたくさんあります。 放っておくとそこから炎症が起こり鼻づまりの症状がおこります。 病院で早めにとってもらいましょう。 できもの 鼻の穴はとてもデリケートな場所なので、できものができてしまうこともよくあります。 できものが鼻の穴をふさいでしまい鼻づまりになってしまいます。 その種類もたくさんあります。 ・ニキビ 毛穴に皮脂がたまりできるニキビは鼻の中にもできます。 寝不足で疲れている時や、免疫力下がっているとできやすくなります。 規則正しい生活を心がけて、なるべくニキビのできない体づくりをしましょう。 ・鼻ポリープ 鼻ポリープは鼻茸 はなたけ とも呼ばれます。 ゼラチンのように半透明でプルプルとした突起ができ、それがだんだん大きくなることで鼻づまりが起こります。 ひどくなると頭痛や嗅覚障害といった症状が出てきます。 鼻ポリープは再発しやすいため、点鼻薬などで小さくすることはできてもまた繰り返しできてしまうことがあります。 大きさによっては手術して取り除くこともあります。 ・腫瘍 鼻にできるのは稀ですが、良性の腫瘍ができることがあります。 良性腫瘍の中でも多くが乳頭腫というもので、悪性化することはありません。 見た目は鼻ポリープに似ています。 再発しないように内視鏡を使った手術で摘出します。 腫瘍の中には悪性のものもあります。 鼻にできる悪性腫瘍もあり、最も多いのが上顎洞癌というものです。 上顎洞とは鼻の横に広がる空洞のことで、顔を正面から見ると鼻の横、目の下あたりにあります。 このがんの原因は慢性の副鼻腔炎といわれていて、腫瘍が大きくなるにつれて鼻づまりや血の混ざった鼻水がでる、顔面の腫れなどの症状が出てきます。 進行が遅く悪性度も低いのが特徴なので、早期発見が重要です。 副鼻腔炎に症状が似ているので、ただの鼻炎だと自己判断しがちです。 症状が長期間続いている時は早めに病院へ行ってみてもらいましょう。 鼻づまりで眠れない時の対処法 鼻づまりのせいで息苦しくて夜眠れないのはきつく、とても不快ですよね。 そんなときはどうすれば楽に過ごせるのでしょう。 意外と簡単な方法で快適に眠ることができるんです。 まずは、 血行を良くすることです。 温めることで、鼻づまりが解消されてスーッと通るようになります。 蒸しタオルを鼻に当ててみてください。 詰まっていた鼻水が垂れてくるはずです。 お風呂で深呼吸してみたり、使い捨てカイロを使って鼻を温めるのも簡単でいいですよ。 また、鼻うがいもいいでしょう。 はじめは抵抗がありますが慣れれば簡単です。 鼻づまりの原因の花粉やハウスダストが洗い流されてすっきりして眠ることができるでしょう。 しかし、やり方を間違えると水が耳に入って中耳炎を起こしてしまったりすることもあるので、正しい方法で行いましょう。 Sponsored Link 子供や赤ちゃんの鼻づまり解消法は? 鼻づまりで息苦しそうにしている子供の姿を見るのはとてもつらいですよね。 なんとかして楽にさせてあげたいと思うはずです。 そんな子供の鼻づまりを改善させる方法を紹介します。 まずは、室内の湿度を上げてあげましょう。 乾燥した環境では鼻づまりしやすくなってしまうんです。 加湿器をつけて湿度を保ってあげましょう。 加湿器がないという場合は、洗濯物やバスタオルを子供のいる部屋に干してみてください。 それだけでも加湿になりますよ。 また、大人同様蒸しタオルで鼻を温めるのも効果的です。 優しく鼻にあてて呼吸をさせてあげましょう。 楽に呼吸できるようになり、ぐっすり寝てくれるはずです。 それでも苦しそうなときは、上体を高くして寝かせてみてください。 頭を高くすることで、鼻の通りがよくなります。 大人でも鼻づまりは不快できついものです。 鼻づまりで眠れない時は、近くに寄り添って安心させてあげてくださいね。 鼻づまりに効果のある薬は? 突然症状が出た時や仕事や用意で病院にいけない時は、家にある市販薬などに頼ってしまいますよね。 でもどれが効くのかわからないという人も多いはずです。 きちんと症状に合わせた薬を服用することが大切です。 鼻づまりに効果があるのは塩酸プソイドエフェドリン、フェニレフリン塩酸塩、 dl-メチルエフェドリン塩酸塩などの成分です。 市販薬の箱をよく見てください。 薬に含まれる成分が書いてあるはずです。 こういった成分は鼻の粘膜の腫れを抑え鼻づまりに効果があります。 しかし不眠や血圧上昇などの副作用もあります。 人によってはアレルギー反応が出ることもありますので、なるべく病院で処方された薬を飲んだ方がいいでしょう。 そうならないためにも 予防が大切です。 まずは、マスクをする習慣をつけましょう。 さらに、手洗いうがいをすることで細菌やウイルス、花粉やほこりが体に入らないようにしましょう。 また、抵抗力が落ちると鼻づまりにもなりやすくなります。 規則正しい生活を心がけることも予防になりますよ。 抵抗力を上げるためには食生活も重要です。 体を温めることも効果的なので、ネギや生姜でポカポカな体を作りましょう。 いつも飲んでいるものを、緑茶に変えるもの良いでしょう。 緑茶に含まれるカテキンにはアレルギーの症状を抑える効果がありますよ。 健康な体で、楽しい毎日を。 鼻づまりになってしまっては憂鬱な日々を過ごすことになってしまいます。 そうなってははとてももったいないですね。 そうならないためにも、マスクや手洗いうがいといった予防を習慣づけましょう。 症状が出てしまった場合も、なるべく楽に過ごせるよう、紹介した対処法を試してみてくださいね。

次の

深刻な症状につながる恐れも!? 早期に対処したい子どもの鼻づまり|ベネッセ教育情報サイト

子供 鼻づまり

鼻づまりの正体 鼻づまりって昼間は大丈夫でも夜寝る前に悪化することが多いですよね。 鼻づまりの時に勘違いしがちなのが 鼻づまりは鼻水がつまっているものではなく「鼻づまりは鼻の奥にたまった鼻水が全部できってしまえば治るもの」ではないということです。 鼻づまりの正体は鼻腔内の粘膜が腫れていて、空気の通り道が狭くなっていることです。 交感神経は日中に活動するときに働く神経で血管を収縮させる働きがあるのですが、副交感神経は夜にリラックスしてる時や寝ている間に働く神経で血管を広げる働きがあります。 もともと夜になると血管が広がりやすくなる体質に加えて風邪やアレルギー性鼻炎などによって鼻腔内の粘膜が腫れている時は、夜になると鼻づまりがより一層ひどくなるということが起こります。 鼻腔の粘膜が炎症を起こしていて鼻腔が狭くなっている時に夜になって副交感神経によって鼻腔の血管が拡がることで鼻腔がさらに狭くなって鼻づまりが起こるのです。 子供の鼻づまりを放置すると・・・ 鼻づまりはよくある症状なので鼻づまりが出てきてもあまり問題視されず「そのうち治る」と放っておかれがちですが、鼻づまりが悪化すると常に頭が重く感じたり身体がだるくなり注意力や集中力が低下するだけでなく、 他の症状につながることがあるので 子供 が 鼻づまり で 眠れない 時には早い対処が大切です。 鼻づまりで口呼吸になることから喉が乾燥しがちになり、喉が炎症して咳が出たり風邪に発展したり喉が乾燥している状態が長く続くと喉が慢性的に炎症している状態が続いて咳喘息が発症する原因にもなりますので注意が必要です。 子どもの時に鼻がつまって 口呼吸をする癖がつくと脳の発達に遅れが出たりや身体の発育に影響をもたらしたと、これまで考えられてきた喉が乾燥する以上に深刻な弊害をもたらすことがわかってきています。 また呼吸もしづらくなるため寝つきが悪くなるだけでなく「 口呼吸をすると睡眠の質が悪くなる」ことがわかっているので安眠も妨げられて体調不良や精神的なストレスを感じるようになります。 また鼻づまりは、ぜんそくと密接な関係にあるという研究結果が出ています。 ぜんそく患者の約7割が鼻づまりなどの鼻炎症状に悩まされているという調査結果が発表されました。 鼻づまりで口呼吸が続くともともと喘息の人は悪化する原因になることもあるので注意が必要です。 鼻づまりの原因 子供によくある咽頭扁桃(アデノイド)の腫れ 鼻からの空気の通り道にある咽頭扁桃という部分が腫れて肥大すると鼻での呼吸がしづらくなります。 3~6歳の子供によく起こり、子どもの鼻づまりの原因としては最も多いものです。 アデノイドは咽頭扁桃ともいって喉の奥にあり体の抵抗力や免疫力に関係しています。 このアデノイドはリンパ組織の一つで免疫組織なのですがここが子供の頃特に幼小児期に働きが活発で、 最も活発なのは3~6歳でその頃大きさも最大になり10歳頃にはに小さくなるのが一般的です。 アデノイドは鼻・耳・喉を結ぶ中心にあるのでこれが腫れて大きくなると、鼻づまり・耳の不快感・喉の不快感・腫れ・咳・いびき・口呼吸になるなどさまざまな支障が出るようになります。 大きくなったアデノイドは仰向けに寝ると鼻の奥の方をふさいでしまうため、 お子さんがもしうつぶせで寝ようとしたり横向きで寝ていたりと仰向けで寝たがらない場合はもしかするとその可能性があります。 それでも仰向けで寝ると鼻の奥の方をふさいでしまうため夜間の鼻づまりやいびきを引き起こします。 また口呼吸の癖がついてしまうと 鼻づまりのない日中も口呼吸になるなどの症状が出ることがあります。 アレルギー性鼻炎 日本人の約4割もの人が、アレルギー性鼻炎であるというデータがあります。 子供 が 鼻づまり で 眠れない 時に2番目に多い原因がアレルギー性鼻炎です。 うちの子はアレルギーではないという方でもアレルギーというのは一定量のアレルギー物質が体内に溜まった時に発症するため、 ある日突然アレルギーになるお子さんもいらっしゃいます。 鼻から吸い込まれたホコリや動物の毛や汚染された空気の中の化学物質などに対して鼻粘膜が過剰に反応するというのがその正体です。 過剰に反応した粘膜が毛細血管を拡張して炎症を起こします。 鼻の中の粘膜の腫れは空気の通り道を塞いでしまい、鼻づまりという症状になります。 アレルギーには季節性と通年性と 寒暖差アレルギーの3タイプがあります。 季節性と通年性はその名の通りなのですが「寒暖差アレルギー」とは寒い外から暖かい部屋に入った時に急激な温度差が鼻の粘膜にとっての刺激となり鼻水・鼻づまりなどアレルギー症状を引き起こすことです。 大きな温度差が刺激として鼻の粘膜の血管を広げて「粘膜がむくむ」ことにより鼻水や鼻づまりなどのアレルギー症状に繋がる他寒暖差アレルギーは外が家の中と比べて寒い冬の時期によく起こります。 鼻中隔弯曲症 鼻の穴の間に仕切りってありますよね。 そこの奥の左右の鼻腔を分けている「鼻中隔」という壁が生まれつき曲がっているため空気の流れが悪いという鼻づまりになりやすい体質の方がいらしゃいます。 鼻たけ 副鼻腔炎による粘膜の腫れがずっと続いたり何度も繰り返し起こることで、粘膜の腫れが戻らなくなったものを鼻たけと言います。 副鼻腔の入り口にできやすく鼻腔内の粘膜にできる鼻たけ(ポリープ)が空気の流れを妨げます。 外部刺激 アレルギー物質以外の異物または辛さなどによる外部からの刺激によっても鼻づまりが起こります。 一時的な鼻づまりの緩和方法 上体を高くした体勢で寝かせる 平らな状態で寝てしまうとどうしても鼻づまりを起こしてしまいます。 腰から頭にかけてバスタオルやクッションや枕で なだらかな傾斜を作って状態を高くした体勢で寝かせると鼻づまりが緩和できます。 この時に頭だけを上げる体勢にならないように注意してください。 頭だけが上がった状態で寝ると喉が圧迫されてそれがさらに鼻腔を狭くして余計に鼻づまりがひどくなる可能性があるからです。 加湿器を付ける 空気が乾燥し過ぎていると鼻が詰まりやすくなります。 子供 が 鼻づまり で 眠れない時は加湿器をつけて適度な湿度を保つとよいでしょう。 加湿器がない場合は洗濯物を干したりバスタオルを濡らして寝ている部屋に干すだけでも少しの加湿効果があります。 お風呂(浴槽)に入る。 または蒸しタオルを鼻に当てる お風呂に入るのがよいのですが時間がない場合や体調が悪い場合は蒸しタオルを鼻に当てると鼻の粘膜のむくみがよくなり鼻が通りやすくなります。 当てる場所は 鼻の上ではなく、眉間付近に当ててください。 調子がよければ鼻が通るし口呼吸になってしまっても蒸しタオルの効果で、喉がひどく乾燥することもないので喉を傷める心配も減ります。 子供が鼻づまりで眠れない時はぜひ実践してみてはいかかでしょうか。 神経のマッサージ 鼻の両脇と頬骨の下に通っている神経を指で刺激すると鼻づまりが緩和されます。 可能であれば 右の鼻がつまっている場合は左側が下になるように、左の鼻がつまっている場合は右側が下になるように横になってマッサージをするのが効果的です。 鼻の両脇と頬骨の下に痛い所がありますのでそれを探して思い切り押します。 ただしそこを押すと鼻水が一気に出ますのでティッシュの用意をしてからすることをおすすめしますよ。 管理人が大学で習った鼻づまりを緩和する呼吸法 1.まずは息をできるだけ深く吸います。 2.次に吐けなくなるまでできるだけゆっくりと息を吐きます。 3.息を止めてそのまま鼻をつまみます。 4.そのまま頭を上下2秒ずつ動かします。 5.4を息が苦しくなるまで続けます。 (我慢しすぎ注意) ヴイックスヴェポラッブを頼る 子供 が 鼻づまり で 眠れない !どうしようもない!という時の最終手段はこれしかありません・・・。 生後6ヶ月から使うことができます。 それでもどうしても鼻が詰まって眠れない時におすすめな です。

次の

子供の鼻づまりや鼻水に良いと口コミで話題のお薬6つと注意点

子供 鼻づまり

鼻づまりといえば風邪を想起させますが、それだけではありません。 風邪が原因で起きる鼻づまりなら一過性のものであり、それほど心配することはないでしょう。 でも、風邪以外が原因で起きる鼻づまりは、深刻な症状を引き起こすものもあるので注意が必要です。 子どもの鼻づまりは、夜寝ている間だけに起きるものではありません。 完全に慢性化し、常に鼻が詰まった状態になってしまっているため、昼間でも口を半開きにしていなければ呼吸ができなくなってしまいます。 その影響は、睡眠不足による集中力不足・歯並びの乱れ・上気道の発達への悪影響・発育不全と、さまざまな形で表れてきます。 5等)などが挙げられます。 遺伝的要素も否定できないようですが、体質の原因ばかりを心配する必要はありません。 それより同じ家で生活する家族なので、生活環境そのものの影響だと考える方が対処法を検討しやすく、前向きな姿勢で治療に当たれます。 ひどくなった場合の合併症として、喘息になったり、皮膚のかゆみや湿疹が悪化してアトピー性皮膚炎になることもあるので要注意です。 原因となる抗原の種類等により、季節性と通年性とに分かれ、通年性アレルギー性鼻炎の症状は比較的冬場に多く表れると言われています。 これは、冬場は空気が乾燥することが多いうえ、暖房で室内を閉めきることが多いためです。 鼻水が増え、さらにくしゃみなどで鼻の粘膜に炎症が起きて腫れ上がったりすると、鼻水を体外に放出しづらくなります。 その結果、鼻腔内に鼻水がたまった状態が続き、鼻水に付着したウイルスや雑菌が炎症を悪化させて鼻腔を狭め鼻づまりが慢性化。 さらに鼻水の放出を妨げるという悪循環が長い間続くと、ひどい場合には鼻の気道を塞いでしまいます。 そうなってしまうと、冒頭に書いたような鼻呼吸のできない症状へと進んでしまうのです。 夜間、大人のように大きないびきをかき続けるような症状が見られたら、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。 また、昼間でも口を半開きにして鼻呼吸が難しいという状態がいつも見られるようなら、明らかに治療が必要と言えるでしょう。 鼻呼吸ができなくなり口を開けた状態が続くと、喉や舌の筋肉が緩み奥の方へ垂れ下がり気味となります。 これが、いびきや睡眠時無呼吸の原因です。 また、喘息と鼻炎に密接な関係があるという調査結果も報告されています。 喘息患者の67%以上が、鼻炎に悩まされていると言います。 時間をかけ、じっくり治療に向き合わなければならないでしょう。 必然的に、症状を抑える対症療法が中心となります。 まず代表的なのが、抗ヒスタミン剤などの内服療法により、くしゃみなどの症状を抑えること。 また、鼻の中を吸引して鼻水を除去し薬液を直接噴霧する方法や、ネブライザー吸入によって鼻呼吸をよくする方法もあります。 睡眠時無呼吸症候群の場合、手術などの外科的治療を行うこともあります。 粘膜の炎症を招く原因は鼻水と鼻づまりです。 手術では過剰な鼻水を抑えるため、神経の一部を切断。 これにより、過剰な鼻水や粘膜の腫れを抑える効果が期待できます。 全身麻酔で行いますが、手術時間は30分ほどですし、出血もごくわずかで済みます。 手術の結果、日常的な鼻の洗浄を続けることで鼻づまりを防ぐことができ、不足のない睡眠を取れるようになって、通常の生活が送れるようになります。 副鼻腔は眉間や眼の真下あたりにあり、空洞で粘膜に覆われ鼻とつながっています。 副鼻腔炎はここに起きる炎症です。 風邪などが原因で起きる急性副鼻腔炎と、長引いてしまった慢性副鼻腔炎とに分かれます。 鼻づまりや汚れた鼻水が喉に落ちることでせきが出ます。 また鼻づまりで頭がボーっとし、睡眠も浅くなってしまいます。 たまった鼻汁が耳管に流れ中耳炎を引き起こすこともありますし、ときには鼻汁に含まれるウイルスや菌が原因で髄膜炎にかかる場合もありますので、治療が必要です。 治療は鼻腔の洗浄で鼻水を除去し、鼻づまりを解消します。 また薬液を直接送り込むネブライザー吸引療法も効果的です。 内服療法としては、マクロライド系の抗生物質を少量、長期間投与します。 慢性化した場合など、手術が必要なこともあります。 いずれにしろ、早期の診断と治療が求められます。 軟骨の成長と骨の成長には差があるのですが、この差が弯曲(わんきょく)を生み出す原因に。 そのため、児童の70%・成人の90%に鼻中隔の弯曲が見られるというデータがあります。 鼻中隔が曲がっていても、特異な症状が出現していなければ鼻中隔弯曲症とは言いません。 口呼吸・いびき・においがわからないなどの症状が出ます。 また、ひどい場合、鼻血が出ることもあります。 ただし、骨の生育が落ち着くのを待ってから手術しないとさらなる変形をきたすことがあるため、17〜18歳以降に行うよう専門医にすすめられることが多いです。 それまでは鼻の通りをよくするため、副鼻腔炎などと同じような対症療法を行い、生活への影響を最小限にとどめる治療を行います。 特に夜間の就寝時などは、少しでも気道の通りをよくしてあげる工夫が必要です。 クッションなどを背中に敷き、なだらかな傾斜を作ってあげてください。 ただし、顎を引くような姿勢は気道を狭めます。 首の後ろ側に丸めたタオルなどを敷き、顎が心持ちツンと上を向くような体制を作ってあげれば、気道を確保しやすくなります。 眠っている間の寝返りを想定し、敷き布団の下に入れて布団全体に傾斜をつけてあげると、さらに効果が高まるかもしれません。 60%程度の湿度を保てるよう、適度に加湿してください。 ただし、ときどき換気することも重要です。 閉めきった室内で洗濯物を干したままにして、そのうえ加湿したりすると、カビの原因となってしまいます。 カビは夏場だけに発生するわけではありません。 カビはアレルギー性鼻炎の大敵ですし、吸引すると体調を崩す原因になります。 カビを見つけたら早めに除去し、お部屋の定期的な換気を忘れないようにしてください。 適度に濡らしたタオルをラップでくるみ、レンジで加熱してください。 蒸しタオルの蒸気を鼻から吸引させることも効果的ですし、鼻の周囲に当て肌を温めて血行を改善することも鼻づまり解消に役立ちます。 ただし、毎回必ず清潔なタオルを使うよう注意してください。 不潔なタオルは雑菌を体内に吸入させる元となってしまいます。 安全かつ衛生的に、詰まった鼻水を吸い出してあげることができます。 使用後の洗浄と消毒を入念に行い、衛生的に使用することも忘れないでください。 プロフィール.

次の