魔界 ラーメン 月光。 魔界ラーメン 月光 仙台市青葉区の営業時間・メニューを紹介!|nokmog

【新店情報】泉区 暗黒中華そば雷電|人気店の2号店がオープン!

魔界 ラーメン 月光

宮城県仙台市泉区明石南に「 暗黒中華そば雷電」が4月23日(月)にオープン。 ミヤテレラーメングランプリ2019で7位に輝いた南中山にある人気店「魔界ラーメン月光」の2号店で、「月光」の常連さんにとっては開店前からツイッターで話題になっていたお店です。 「魔界ラーメン月光」に続いて「暗黒中華そば雷電」という謎の店名と乃木坂46推し推し+独特センスの店内インテリア。 かと思えば、 券売機やメニューはシンプルでわかりやすいというオーナーのセンス、素敵です。 ラーメンのメニューは3種類。 店長さんの気まぐれで、モツ煮ラーメン、鯛出汁ラーメン、カレーやはらこ飯などの「限定メニュー」が登場することもあります。 👉 トッピングのメンマの「細切り」がすごくうれしい。 煮卵も美味しい。 煮干し好きにぜひ食べていただきたい ナショナルニボグラフィック。 油膜が張られた熱々のスープはとろり、どころかどろり。 一口目から煮干しが主張する濃厚かつパンチのあるお味で、後味はまるで煮干しを食べたかのよう。 ナショナル「 ニボ」グラフィックの名に間違いなし。 ニボ好きにはたまらない一杯のはず。 オープン当時のスープよりも濃く、煮干しの主張が強くなっています。 個人的には以前の控えめなスープが好きなのですが、ユニークなのは間違いなく現在のスープ。 そして、どうも癖になる。 一口食べて、「濃いな…」と感じるのですが、二口、三口となぜかぐいぐい進んでしまいます。 夫は来店するたびにナショナルニボグラフィックをオーダーし、「癖になるな…。 」とつぶやいています。 そう、癖になるスープ。 そして、麺。 太麺200g。 わかりますでしょうか?煮卵と比べてこれだけの極太麺です。 かつ硬め。 濃厚なスープによく絡みます。 懐かしの平成中華そば 梅干し抜きをオーダーさせていただきました(邪道) 真昆布を大量に使用し、店主自ら「グルタミン酸の暴力」と表現する 懐かしの平成中華そば。 ナショニボ同様に油膜が張られ、熱々のスープを楽しめます。 口に入れ、飲み込んだ後に鼻から抜けるように昆布の香りが広がりました。 優しいお味ですがこってり感もあり、シンプルなようで奥行きのある味です。 そして、麺。 細麺150g。 細麺で硬めの湯で加減。 全粒粉入りで「中華そば」の名称通りお蕎麦を思い出せる食感と味わい。 これが、この麺が昆布出汁のスープとよく合うんです。 ラーメンド素人の私が麺とスープの相性について考えさせられました。 梅干しがあるとさらなるハーモニーを奏でてくれるに違いありません。 いずれ挑戦したいです。 100mほど北に行くと富谷市です。 以前は「食堂しんちゃん」、さらに前は「食堂あかつき」というお店でした。 暗黒中華そば雷電の駐車場はお店の横(坂の下側)にあり、道路側から8台分駐車することができます。

次の

峠を越え、エンターテインメントを食す。

魔界 ラーメン 月光

contents• 「魔界ラーメン 月光」ってどんなお店? 店主さんが乃木坂46のファンで、店内にはDVDが流れている個性的なお店。 ユーモアのあるネーミングセンスと、中毒性のあるラーメンを提供しているラーメン店です。 お店の外観 建物の赤さと魔界ラーメン月光の文字が目を引きます。 道路の幅が狭いので、駐車場に入る際などは注意してください。 駐車場は、お店の向かい側に10台分停められるスペースがあり、最寄りのコインパーキングは730m先に「システムパーク川平5丁目」があります。 お店の内観 店内は清潔感があり、落ち着ける雰囲気です。 店主さんが乃木坂の大ファンなのでポスターが貼ってあったり、入口には大量のCDも開いてあります。 全部で21席。 席には調味料も置かれていて、味変も出来るので試してみてください。 「魔界ラーメン 月光」のメニューは? 鶏塩中華そば 鶏出汁のきれいな一杯。 黄金スープが輝いて見えます。 トッピングは、鶏肉、メンマ、ねぎ、糸唐辛子。 鶏肉は固めの食感で、コリコリの歯ごたえが癖になります。 スープは、鶏油がたっぷりのこってりしたもの。 鶏の香りが強く、食べ進めるとだんだん奥深い味わいが増していきます。 麺は細麺。 低加水の硬めの麺で、パツパツとした食感が良かったです。 背徳の油そば ユーモアのあるネーミングセンスの油そば。 上にかけられたこしょうの香りがたまりません。 トッピングは、チャーシュー、メンマ、味玉、揚げ玉、ねぎ。 揚げ玉はたっぷりかけられているので、香ばしさとサクサクの食感を楽しむことができます。 テーブルには油そばの食べ方が書かれているので、参考にしてみてください。 まずはひたすら混ぜてそのまま食べ、後から油そば専用のラー油と酢で味変するのをおすすめしています。 そのままだと濃厚な味わいと、こしょうのスパイシーさがジャンク系になっていて箸が止まりません。 麺は太麺で、硬めの食感が揚げ玉のサクサク感と合っています。 ラー油と酢を入れるとまろやかな味わいになり、余計な辛さや酸味は感じられないので食べやすかったです。 肉ライス 細かいチャーシューの上にチーズソースをかけたミニ丼。 チーズのまろやかな味わいと、チャーシューの塩気のある味付けがいいバランス。 コクもプラスされていて、ご飯との相性もバッチリです。

次の

峠を越え、エンターテインメントを食す。

魔界 ラーメン 月光

2013年の8月にオープンして以来、妙な店名に惹かれた常連さんにも恵まれまして(笑)。 正直、毎日手さぐりですが、日々味が進化していると思います。 実際、オープン当時と比べると材料もほとんど変わりました。 実は、「男峠」にはコンセプトがありまして。 G系のラーメンって流行ってますよね。 でも、「ヤサイマシマシニンニクカラメ」とか注文しないと駄目じゃないですか。 僕、人見知りなんで、コールするとき声が震えちゃう(笑)。 だから、食券を買うだけでテーブルに出てくるG系。 僕みたいな、文化系男子にやさしいG系ラーメンをつくりたかったんです。 ラーメンの世界って、言っても100年程度の歴史。 だからこそ、枠に捕らわれずに面白いものを作りたいですね。 食を扱うというよりも、エンターテインメントに関わるつもりでラーメンに取り組んでいきたいです。 「みやラボ!いただきます」 これ、どうしよう。 どうしてやろう。 目の前には、天高く盛られた一杯。 覚悟はしていたものの、果てしない「どうしよう」感に襲われる。 今回与えられた試練、その名の通り「峠」を越えましょうぞ。 G系ではお馴染みの「天地返し」にたどたどしく挑み、なんとか麺の姿がお目見え。 いただきます、まで少々時間が掛かりすぎたが、それでも麺は見事に硬い。 麺はのど越し?そんなの無理です。 わしわしとアゴを動かし、麺を噛む。 これは、男峠を越える試練のひとつだ。 麺を噛み、野菜を食べる。 ふと、自分が今、ラーメンを食べていることに気付く。 そうだ、スープを飲もう。 ズズっ…「しょっぱいっ!」。 カラメにつくられているから、勿論味が濃い。 しかし、濃いのだが、やさしいのだ。 塩辛く、背脂が異常に浮かぶスープ。 身体に悪いであろう。 物凄いカロリーであろう。 しかし、レンゲを持つ手が止まらない。 麺を噛むのが心地いいッ。 肉塊は果てしなく柔らかく、表面の焦げ目が香ばしい。 男らしく肉をがっつく自分が居た。 そして、無事、完食。 峠を越えて、男、いや漢になりました。 ダイエット?食後のニンニク臭?そんなの関係ない!!だって、美味しくて、すこぶる楽しいんだから!!(取材:).

次の