在職 老齢 年金 廃止 いつから。 2019年の在職老齢年金改定案で得する人はどの年代か?

2019年の在職老齢年金改定案で得する人はどの年代か?

在職 老齢 年金 廃止 いつから

国民年金から支給される老齢基礎年金は在職老齢年金制度の対象外となる 在職老齢年金制度とは、60歳以降働きながら年金を受け取る場合、給料と年金月額の合計額が一定額を超えると、年金が全部又は一部がカットされる制度です。 具体的には、給料と年金12分の1の合計額が ・60歳~64歳 28万円 ・65歳以上 47万円(平成27年度) を超えると年金がカットされます。 例えば、 ・年齢 60歳~64歳まで ・給料 47万円以下 ・年金月額 28万円以下 ならば、以下の計算式で導き出された額がカットされます。 このケースは月額の年金が10万円ですから、 10万円-3万円=月額7万円が支給されます。 しかし、同じ給料、同じ年金月額でも、年金カットが何と「10万円」となる場合もあるのです。 要は「全額カット」ということです。 同じ給料、年金額で 一方は3万円カット、一方は全額カット。 何故こんなこと(格差)が起こるのでしょうか? 在職老齢年金制度における「給料」の考え方 年金カットの計算式は総報酬月額と年金月額によって変わる。 今回の計算式以外にもある。 詳しくは早見表で確認するか、年金事務所等で相談すること 「同じ給料、同じ年金額」で年金カット額が違う原因は何なのでしょうか。 それは、「給料」の考え方にあります。 在職老齢年金のカット額を決める際の「給料」とは、正式名を「総報酬月額相当額」といい、標準報酬月額と標準賞与額の年間総額を12で割った金額となります。 標準報酬月額とは、月給と考えて良く、標準賞与額とは、1年間に受け取るボーナスと考えて良いでしょう。 先ほどの格差は 、「月給は同じでも賞与(ボーナス)の額が違うため」に起こることになります。 具体的に「総報酬月額相当額」がどのように決まるかを見てみましょう。 例えば、平成27年8月の総報酬月額相当額については、以下2つの 合計額で決まります。 ・8月の標準報酬月額 ・平成26年9月から平成27年8月(直近1年間)に受けた賞与額の合計の12分の1 定年退職直後1年間は要注意 ですから、 給料は一定でも直近1年間に受け取った賞与の額に差があれば、カット額を決める総報酬月額相当額も差が出てくるわけです。 例えば、 ・8月の標準報酬月額が20万円 ・直近1年間の賞与 48万円 だと、月額の20万円+賞与(48万)の12分の1(=4万円)で「総報酬月額相当額」が 24万円になります。 一方、 ・1月の標準報酬月額が20万円 ・直近1年間の賞与 240万円 だと、月額の20万円+賞与の12分の1(=20万円)で「総報酬月額相当額」が40万円となります。 定年後、賞与は無し(あるいは大幅にダウン)になったけど、定年前の賞与はけっこうもらっていたという方は多いのではないでしょうか。 年金カットの計算には、 今(これから受け取る)の賞与額ではなく、過去(1年間)の賞与額が使われます。 図に示すとこんな感じです(画像参照)。

次の

悪名高い“在職老齢年金” 早ければ2021年にも廃止か|NEWSポストセブン

在職 老齢 年金 廃止 いつから

「平成26年高年齢者の雇用状況集計結果」(厚生労働省)によると、98. 1%の企業が高年齢者雇用確保措置を実施しており、平成25年6月1日から平成26年5月31日までの間に、60歳で定年になった人のうち継続雇用された人が81. 4%もいます。 希望したが継続雇用されなかった人は0. 3%、定年退職した人は18. 3%です。 そもそもこの改正は、厚生(共済)年金の支給開始年齢が65歳に引き上げられることにより60歳台前半に「公的年金の空白の期間」が生じてしまうことへの対策でした。 では、60歳以降も働き続けると年金にどのような影響があるのでしょうか。 60~64歳に支給される 特別支給の老齢厚生年金 厚生年金は、平成6年と平成12年の改正で支給開始年齢が60歳から65歳まで段階的に引き上げられることになりました。 現在は、特別支給の老齢厚生年金(定額部分)の引き上げが終了し、特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)の引き上げ段階にあります。 特別支給の老齢厚生年金(定額部分・報酬比例部分)とは、60~64歳で国民年金・厚生年金・共済年金のいずれかに通算300ヵ月以上加入しかつ厚生年金に1年以上加入した人に支給される年金です。 65歳以降は、定額部分は国民年金から支給される「老齢基礎年金」へ、報酬比例部分は「老齢厚生年金」へと名称が替わります。 厚生年金に加入して働くと 支給停止になる場合がある 60歳以降も厚生年金に加入ながら働く人に支給される(特別支給の)老齢厚生年金を「在職老齢年金」といいます。 が、給与や賞与に応じて一部あるいは全額が支給停止されることがあります。 在職老齢年金の支給額の計算は60~64歳と65歳以降では異なります。 年金が全額支給されるのは、60~64歳は「基本月額+総報酬月額相当額」が28万円以下、65歳以降は47万円以下の場合です。 70歳以降も支給調整は続きますが、厚生年金から外れるので厚生年金保険料の負担はありません。 【用語解説】 「基本月額」:加給年金を除いた老齢厚生年金の月額。 65歳以降に支給される「老齢基礎年金」は支給調整対象外なので、基本月額の計算には含まない。 「総報酬月額相当額」:月給(標準報酬月額)に直近1年間の賞与を12で割った額を足した額。 「加給年金」:一定の要件を満たす扶養者を持つ一定要件を満たす老齢厚生年金受給者に上乗せして支給される年金。 在職老齢年金が1円でも支給されると支給される。 在職老齢年金が更にカットされる 60歳以降も雇用保険に加入して働くと、賃金が60歳時点の給与の75%未満の月には「高年齢雇用継続基本給付金」が支給されます。 年金も支給される場合は、賃金の6%を限度に年金がカットされます。 これを併給調整と言います。 手取り額はいくらになる? 60歳以降も厚生年金や雇用保険に加入しながら働くと、年金はどのくらいカットされ給与を含む手取りはいくらになるのでしょうか。 例えば、60歳到達時の賃金が50万円、60歳以降の賃金 総報酬月額相当額 が30万円、特別支給の老齢厚生年金 基本月額 が10万円の61歳の人が、厚生年金と雇用保険に加入して働くと、年金は在職老齢年金の支給停止が6万円、加えて高年齢雇用継続給付金との併給調整で1. 8万円、合計7. 8万円カットされます。 一方、雇用保険から高年齢雇用継続基本給付金が4. 5万円支給されるので、手取りは「賃金+年金+高年齢雇用継続給付金-年金カット額=30万円+10万円+4. 5万円-7. 8万円=36. 7万円」になります。 仮に厚生年金や雇用保険に加入しない場合は、年金カットと高年齢雇用継続給付金がないので「賃金+年金=30万円+10万円=40万円」です。 このように働き方や年金額、給与、賞与によって手取り総額は変わります。 事前にいくつかのパターンで手取り概算額を計算するといいでしょう。 厚生年金に加入しない働き方のデメリット 前出のように厚生年金に加入しないで働くと年金カットはありませんが、次のようなデメリットがあります。 ・夫が厚生年金から外れると、専業主婦のような扶養配偶者は国民年金の第3号被保険者から第1号被保険者に替わり、60歳になるまで国民年金保険料を納める必要がある。 ・健康保険から外れ国民健康保険に加入することになり保険料負担が増える可能性がある 厚生年金と健康保険の加入要件は同じ、一心同体なのです。 これらの負担額は思いのほか高額です。 人によってはカットされる年金額に近い額になるかも知れません。 年金と資産と 余命で決める働き方 労働市場では「70歳現役」への流れが始まっています。 厚生年金に加入して働き続け将来の年金受給額を増やすもよし、フリーランサー(個人事業主)として社会保険に縛られず働くもよし、趣味人として生きるもよし、働き方は年金と資産と余命を天秤にかけて選択するのがベストでしょう。 その前に、働き方別に90歳程度までのキャッシュフローを専門家に試算してもらうことをおすすめします。

次の

支給停止の始まりと終わりについて〜在老の始まりと退職時改定〜 年金広報

在職 老齢 年金 廃止 いつから

早ければ2021年にも廃止されるとの見方が有力だ。 現在、60~64歳までは月給と年金の合計収入が28万円、65歳以上は47万円を超えると働き続ける限り年金がカット(支給停止)される。 この在職老齢年金の仕組みによって、年金を減らされている人は約124万人にのぼり、毎年約1. 1兆円もの年金が支給停止されている。 早ければ2021年に廃止となるとの見方が有力だ。 在老廃止の影響は世代によって違いがある。 図を見ていただきたい。 男性の場合、最も恩恵を受けるのが年金受給を控えた現在59歳から62歳までの世代だ。 そのため、現行制度のままであれば、特別支給の年金を全額受け取るためには、短時間勤務などで月給を低く抑える必要がある。 しかし、2021年までに在老が廃止されれば、どれだけ稼いでも特別支給の年金を減額されなくなる。 フルタイムで働き、給料と年金を全額受け取ることでこれまでとは段違いに「老後資金」を増やすチャンスが広がる。

次の