パンがなければケーキを食べればいい 意味。 「パンがなければケーキを食べる」ってどういう意味ですか?教え...

パンがないならケーキを食べればいい←この意味がわかりません...

パンがなければケーキを食べればいい 意味

15歳でオーストリアフランスに嫁ぐ。 ヴェルサイユ宮殿での華麗な暮らしは1789年のフランス革命勃発後に一転、幽閉生活に。 93年、国家反逆罪で処刑されるが、気品ある最期を遂げる。 有名なあの名言はウソだった? 嫌われ者のアントワネット フランス革命前の最後の王妃マリー・アントワネット。 国王一家を中心とした、ヴェルサイユ宮殿での華麗なる宮廷生活は、フランスから他国に亡命した貴族だけでなく、当地を訪れたことのある各国の客人たちにとっても、わすれがたい甘美な記憶として、革命後も長く語り継がれました。 浮き世離れした贅沢な日々だったようですが、アントワネットが「パンがなければ……」という発言をした歴史的な裏付けは一切ありません。 きらびやかな王妃のイメージが一人歩きしすぎた結果が、この言葉に集約されている感がありますね。 彼女が生きた18世紀末のフランスでは天候不順による凶作が続いていました。 天候不順という、解決できるのは神様くらいしかいない問題に対する不満のはけ口に、「なぜか」されてしまったのが、不幸にもアントワネットでした。 彼女の振る舞いに問題がなかったとはとてもいえません。 凶作が続いている時期でも、アントワネットの年間服飾費は、現代日本の貨幣価値にして、なんと数億円~数十億円規模だったそうです。 さらに彼女はフランスにとっては「敵国」のひとつ、オーストリアから嫁いできた身の上で、何かあるたびに「外国人女」「オーストリア女」と陰口を叩かれていましたから。 「パンがなければ……」の「名言」は、アントワネットのものではないのに、彼女の言葉だと容易に信じられてしまうほど、彼女はフランスで嫌われていたということです。 実は「パンが……」の名言には様々な起源説があります。 ジャン・ジャック・ルソーが自伝にあたる『告白』という著作に、1740年頃、家庭教師をしていた時の話として、食事なのにパンがないと気づき「あること」を思い出したと書いているのです。 それははるか昔、「農民にはパンがない」といわれた、さる高貴な女性が「それなら(パンより豪勢な材料を使った)ブリオッシュを食べたら良い」と、不謹慎なジョークを言ってしまったというエピソードです。 アントワネットが生まれたのは1775年ですから、当然彼女には無関係のずっと昔の話だったのですが……。

次の

パンがなければケーキを・・・・

パンがなければケーキを食べればいい 意味

「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」はマリー・アントワネットがいった言葉です。 ダロワイヨがあるならばダロワイヨが食べたいくらいダロワイヨにはまっています。 今日は、10月31日ハロウィンということで、ダロワイヨでもハロウィン限定のケーキを出していました。 ダロワイヨとは ダロワイヨとは、フランスの洋菓子店で、1802年に操業されました。 ダロワイヨの歴史はさらにさかのぼり1682年にシャルル・ダロワイヨがヴェルサイユ宮殿にてフランス王家の食膳係を務めていたところから始まったようです。 ダロワイヨのケーキ ダロワイヨといえば、「オペラ」というコーヒー風味のチョコレートのお菓子やマカロンがありますが、これら以外のケーキも絶品です。 ジャックオランタン ジャックオランタンはハロウィン限定のケーキでしょうか。 かぼちゃの風味のケーキで、目の部分にはかぼちゃの種がトッピングされています。 ダロワイヨ ダロワイヨはお店の名前でもあります。 ヘーゼルナッツがふんだんに使われたケーキです。 ナッツ好きにはたまらない一品です。 上にトッピングされているヘーゼルナッツの先には金箔がのっていて、高級感UPです。 トロワショコラ トロワショコラとは3種のチョコレートという意味です。 しっとりとしたスポンジケーキで一見甘ったるそうに見えますが、とても心地のいい甘さで不思議と後味がさっぱりです。 こちらもムースの上に金箔が乗せられていて高級感があります。 ダロワイヨのケーキやマカロンなど色々な商品を食べていますが、どれも上品な甘さでなかなか飽きがきません。

次の

パンがないなら〇〇を食べればいいじゃない #スナックミー|おやつ体験BOX snaq me(スナックミー)|note

パンがなければケーキを食べればいい 意味

【目次】• パンがなければお菓子を食べればいいじゃないの元ネタ 「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」はフランス国王ルイ16世の王妃マリー・アントワネットが言ったとされている言葉であるが、実際には マリー・アントワネットが言ったとされる記録は残っていない。 この言葉は18世紀のフランスの哲学者 ジャン=ジャック・ルソーが出版した自伝書『 告白』の第6巻に掲載されている、ある話が元ネタになっているとされる。 ルソーの『告白』によると、ルソーはワインを飲むためにパンを探したが見つからず、その時、家臣から「農民にはパンがございません」と言われ、「 それならブリオッシュ(菓子パン)を食べるがよい」と答えた大公夫人の話を思い出したという。 マリー・アントワネットは1755年生まれ、この話は1740年ごろなので、この大公夫人は マリー・アントワネットであるはずがない。 また、『告白』の6巻は1765年に書かれたもので、1764年ならマリー・アントワネットは当時9歳か10歳、フランス王妃として嫁いだのは14歳の時なので、このことからも マリー・アントワネットの発言でないことがわかる。 マリー・アントワネットはオーストリアのウイーン出身で、フランス王太子妃として嫁いできた時には国民から歓迎されていたが、首飾り事件(かたり詐欺が起きた事件)の被害者側であるはずのマリー・アントワネットの陰謀であるという噂が広まり国民から嫌われるようになったり、浪費家であったことから貧困にあえぐ国民から反感を買っていた。 その後、王政への不満が爆発する形でフランス革命が起き、マリー・アントワネットは処刑されることとなった。 当時、小麦の価格の高騰によってパンの価格が上昇し、国民は貧困にあえいでいた。 その際、マリー・アントワネットが「それならブリオッシュを食べれば良い」と発言したとされるが、そのような記録はこれまで見つかっていない。 マリー・アントワネットが浪費家であったのは事実のようで、浪費家の象徴としても語られることが多いマリー・アントワネットのイメージと、「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」といういかにも贅沢を知っている人物が発しそうな言葉が結びつき、誤った認識で広まったと考えられる。 いつごろマリー・アントワネットが「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」と言ったというデマが広まったのかは分からないが、一旦広まったデマは修正するのが容易ではない。 それが歴史上の人物ならなおさらで、本人が否定しようがない。 いつの時代もデマというのは怖いもの…。 歴史上の本人言ってない名言 歴史上の人物はしばしば本人が言っていないのにあたかも本人発信の言葉として語られる言葉が数多く存在する。 たとえば以下の言葉は、実際は本人は言っていなかったり、原文からの解釈が違っていたりする。 では賢者と愚者の違いはなんなのか?それは勉強したか、勉強しなかったかの違いにある、と説いた文である。 この本のタイトル『学問のすゝめ』を考えてみると、なるほどと納得する。 この一文だけ引用すると確かに平等を表す言葉であるが、一般的に解釈されているこの言葉の意味と真逆で、平等でないからこそ努力をして学を身につけるべきであると説いている。

次の