オーバー フロッ シャー ギア。 オーバーフロッシャー対策 倒し方【スプラトゥーン2】

【スプラトゥーン2】オーバーフロッシャーのおすすめギアとサブ/スペ/射程/評価【Splatoon2】

オーバー フロッ シャー ギア

スポンサードリンク オーバーフロッシャーの武器としての特徴 1回の攻撃で4発の泡が地面をバウンドするようにして進んでいく。 泡は壁やオブジェにあたることで跳ね返って進んでいく。 4発の泡が全て当たる距離を射程と考えた場合、スプラシューターやプライムシューターよりも射程が長い。 実は ジェットスイーパーやRブラスターエリートデコよりも射程そのものは長くなる。 ハイドラントやスプラチャージャーよりは短い。 つまり攻撃はかなり遠くまで届くということになる。 とはいえ、攻撃してから相手の元に泡が届くまでの時間はかなりあるし、1回の攻撃で泡を4つ直撃させるためにはある程度近づかなければならない。 射程が長いからと離れすぎるとあまりダメージを与えられない。 泡1発の攻撃力は 30ダメージ。 1回の攻撃で4つの泡が出るので、 すべて当てれば一撃で相手を倒せる。 メイン武器のインク消費はフル状態から14回攻撃した時点でインク切れになる。 サブウェポンはスプラッシュシールド。 スペシャルはアメフラシだ。 オーバーフロッシャーの立ち回りのコツ オーバースロッシャーの立ち回りの狙いの一つが 高い場所から中央を攻撃すること。 相手をキルできればもちろんいいが、キルできなくても 中央地帯を泡まみれにすることで相手を動きにくくさせることができる。 細かくダメージを入れることもできるため、攻撃し続けることができれば塗り・キル共に状況を有利に持っていける。 相手が攻撃してきそうなときはスプラッシュシールドを展開しつつ、中央地帯に向けてメイン武器で攻撃を仕掛けまくろう。 また、目くらまし的に泡を四方に散らせたい時には、 攻撃しながら右スティックでカメラを横に振るようにすると、泡を横に広げて飛ばしやすい。 中央で味方と敵がごちゃごちゃと入り乱れているときは塗り広げの意味でいろんな方向に泡を飛ばすのも有効だ。 スポンサードリンク 相手と撃ち合う時のチョットしたコツ オーバーフロッシャーは泡がバウンドするように飛ぶため、撃ち合いは苦手に思われがち。 だが、1撃で相手を倒せる攻撃力はあるため、接近戦もそこそこ戦える。 オーバーフロッシャーは 攻撃してから相手の元に泡が届くまで時間差がある。 なので、 攻撃した後壁の後ろに隠れたり、 ジャンプして攻撃をかわしながら攻撃を当てるという動きを織り交ぜると撃ち合いに勝ちやすくなる。 相手との位置関係によっては、一旦引いて態勢を立て直そう。 オーバーフロッシャーにおすすめのギア オーバーフロッシャーにおすすめのギアはヒト移動速度アップ、スペシャル増加量アップ、インク回復力アップ。 爆風ダメージ軽減、対物攻撃力アップだ。 ヒト移動速度アップは移動しながらの攻撃をする場面が多いオーバーフロッシャーにとってはかなり役立つギアだ。 キルの場面だけでなく、塗りの場面でも役立つ。 オーバーフロッシャーは決して塗り能力は悪くないが、アメフラシが強力なので、多用するために スペシャル増加量アップも捨てがたい。 オーバーフロッシャーはやや小回りが利かないので、後ろ側にボムを投げてくる相手も多い。 その場面を想定して 爆風ダメージ軽減もいい。 インク効率は悪くないが、メインを連打して攻撃するような動きになるため、意外とインクが切れやすい。 インク回復力アップを入れておくと攻撃を途切れにくくさせる。 やや変わったところでは対物攻撃力アップもあり。 相手のスプラッシュシールドやバブルランチャーなどを遠目から壊しやすい。 この辺りのギアを中心に装備を整えるといいだろう。 オーバーフロッシャーの立ち回りとおすすめのギアのまとめ オーバーフロッシャーは 泡が地面をバウンドして攻撃するというこれまでにないタイプの武器。 1発当たりの攻撃力はやや低いものの、一回の攻撃で4発飛ぶため総合的な攻撃力は悪くない。 大きな狙いは 上から下への攻撃。 特に中央地帯のような広い場所を攻撃すれば、 泡のバウンドも手伝ってキル・塗りともにかなり相手にプレッシャーを与えられる。 常に狙っていくべし。 撃ち合いでは相手の元に 弾が時間差で届くことを利用し、攻撃した後に壁後ろに隠れるなどして相手の攻撃を避けつつ撃ち合うことを意識してみよう。 ギアではヒト移動速度アップを中心に、アメフラシを多用するためのスペシャル増加量アップ、メイン攻撃を連発するためのインク回復力アップなどを入れるのがおススメだ。 使っていて非常に楽しい武器なので、是非各ルール、各ステージで使ってみよう。

次の

【スプラトゥーン2】メイン性能アップのギアパワー効果一覧・付きやすいブランドまとめ

オーバー フロッ シャー ギア

2対応済 強化されたブキ・弱体化されたブキ ブキ(シューター) ボールドマーカー系 シャープマーカー系 H3リールガン系 L3リールガン. 96ガロン系 プライムシューター系 ボトルガイザー系 与ダメージアップ プロモデラー系 わかばシューター系 塗り性能アップ N-ZAP85系 塗り性能アップ& 地上射撃ブレ軽減 スプラシューター系. 52ガロン系 常時射撃ブレ軽減 ジェットスイーパー系 射程アップ& 地上射撃時ブレ軽減 ブキ(マニューバー) スパッタリー系 スプラマニューバー系 ケルビン525系 デュアルスイーパー系 クアッドホッパー系 与ダメージアップ ブキ(ブラスター) ノヴァブラスター系 爆風範囲拡大&塗り拡大 クラッシュブラスター系 ホットブラスター系 ロングブラスター系 ジャンプ射撃ブレ軽減 ラピッドブラスター系 Rブラスターエリート系 ジャンプ射撃ブレ軽減 &爆風拡大 2. これは確定数を変えないために効果が打ち止めになっていると考えられます。 シューター 無し M1 M2 M3 ボールドマーカー 38 40. 8 43. 2 45. 0 シャープマーカー 28 30. 1 31. 8 33. 2 L3リールガン 29 31. 0 32. 7 33. 96ガロン 62 66. 6 70. 5 73. 5 プライムシューター 42 44. 6 46. 8 48. 5 H3リールガン 41 44 46 48 ボトルガイザー 38 41. 4 44. 2 46. 5 マニューバー スパッタリー 36 38. 1 39. 9 41. 3 スプラマニューバー 30 30. 8 32. 0 33. 1 ケルビン525 36 38. 1 39. 9 41. 3 〃スライド後 52. 5 55. 6 58. 2 60. 3 デュアルスイーパー 28 29. 6 31 32. 1 クアッドホッパー 28 29. 6 31 32. 1 スピナー ハイドラント 35 42. 4 44. 4 45. 9 クーゲルシュライバー 短射程時 28 28. 8 29. 5 30. 0 長射程時 30 30. 9 31. 6 32. 2 ローラー ヴァリアブルローラー 150 161. 1 165. 8 168. 9 カーボンローラー 120 125. 4 129. 9 133. 4 スプラローラー 150 161. 1 165. 8 168. 9 ダイナモローラー 150 188. 1 194. 9 200. 1 チャージャー ソイチューバー 180 188. 1 194. 9 200. 1 14式竹筒銃 85 89. 8 93. 8 97. 0 スプラチャージャー 160 169. 6 177. 6 183. 9 スプラスコープ 160 169. 6 177. 6 183. 例 3. シューター GP0 30ダメージ 疑似〇確 シャープマーカー 28 1. 0 3. 1 L3リールガン 29 0. 2 2. 2 プライムシューター 42 — 3. 4 H3リールガン 41 — 3. 4 マニューバー スプラマニューバー 30 — 3. 1 デュアルスイーパー 28 1. 1 3. 6 クアッドホッパー 28 1. 1 3. 6 スピナー ハイドラント 35 — 1. 2 チャージャー 14式竹筒銃 85 — 3. 5 射撃時間アップの全3系統 ギアパワー別射撃時間 無し M1 M2 M3 スプラスピナー系 1秒23 1秒43 1秒50 1秒60 バレルスピナー系 2秒43 2秒56 2秒70 2秒83 ノーチラス系 1秒76 1秒96 2秒10 2秒16 射程アップの全3系統 ギアパワー別射程 試し撃ち場の白線基準 無し M1 M2 M3 ジェットスイーパー系 4. 1 4. 15 4. 2 4. 25 スクイックリン系 3. 7 3. 85 3. 95 4 リッター4K系 6. 2 6. 35 6. 45 6. 5 4Kスコープ系 6. 6 6. 75 6. 90 6.

次の

Splatoon2:オーバーフロッシャーの強い運用法 立ち回りや得意なルール、おススメギア構成等の考察 ~スプラ2メモ:オフロ編~

オーバー フロッ シャー ギア

2018年8月1日に追加された、お風呂の形をしたスロッシャー系の新武器「オーバーフロッシャー」 8月1日午前9時、新しいブキ「オーバーフロッシャー」が追加される。 高級感を感じさせるボディに、特殊な泡状のインクを放つ機能が搭載された、スロッシャータイプの新製品だ。 サブの「スプラッシュシールド」、スペシャルの「アメフラシ」で、相手にシャワーも浴びせてやろう。 — Splatoon(スプラトゥーン) SplatoonJP 通称フロッシャーだが、最初の配信当初は強すぎるという声が数多くあがっていたけれど、配信からすこし時間が経ってきて意見が割れてきているようだ。 僕個人としては「強い」と思うし、どちらにしても新タイプの武器ということでバランスが取れていない感じはする。 今後なんらかの修正がはいるはず。 なので この記事は攻略ではなくて「オーバーフロッシャー配信直後の使用した感想」という内容でまとめる。 Contents• オーバーフロッシャーの特徴と感想 フロッシャーは「泡がバウンドして遠くまで飛ぶ」という今までの武器になかったメイン攻撃。 壁や地面で泡が消えないので、今までのスプラトゥーンにはなかった軌道をするというのも強く感じる理由ではないか。 オーバーフロッシャーの特徴をもう少しくわしく説明していく。 チャージャー並みの射程 フロッシャーのすごいところがチャージャー並みに弾が届くところ。 そのためガチホコのルート作りや、ガチアサリのゴール前を遠くから塗るなど使い道はすごく多い。 しかもフロッシャーは障害物を越えるように撃てば、壁の向こうや高台の向こうまで塗れてしまう。 泡が壁で反射するから適当に打っても地面を塗れる 壁に泡が反射するので、狭い場所で適当に撃っても勝手に地面を塗ってくれる。 ホッケふ頭のような狭い道があるステージだと、泡の跳ね返りの便利さがよく分かる。 壁を越えたり高台の敵も攻撃できる スロッシャーなので壁の向こうにいる敵や、高台で張っている敵も攻撃することができる。 フロッシャーがすごいのは壁のすぐそばの敵だけじゃなく、飛距離が長いのと泡が障害物で跳ね返るため、他のスロッシャーよりも攻撃を与えやすい所にある。 ホコバリアやバブル割りの能力が高い フロッシャーはホコのバリアやバブルランチャーのバブルを割る力がすごく高い。 対物攻撃力アップのギアをつけてしまうと、ホコバリア割りでは無双状態。 回避にはサブのスプラッシュシールド サブウェポンはスプラッシュシールド。 相手が遠くから狙ってくるときはシールドの後ろから泡を撃ち、近距離に近づいてくる敵が現れたらシールドを活かしながら距離を取るなど使い道多数。 シールドで時間を稼ぎながら泡で逃げ道を作るように地面を塗れば、生存率がものすごく上がる。 近距離は泡全弾直撃で実質一発キル もし距離を詰められてキルを取られそうになっても、泡4発を全弾命中させれば実質一発でキルを取れる。 今までにない武器というのも強く感じる原因か フロッシャーが対戦相手にいた時に感じるのが 「うお、泡すごいところから飛んできた!」 というもの。 恐らくみんな思ったことがあるんじゃないだろうか。 スプラトゥーン1のときにスロッシャーが初登場したとき、バケツでバシャバシャインク飛ばされるのに驚いたのを思い出す。 スロッシャーの死角からのインク攻撃はいままで経験したことがない攻撃で、どうやって向かい合えばいいか最初は分からなかった。 また、2では弱体化したがダイナモもスプラトゥーン1では猛威を振るった。 1のときはジャンプ振りが縦振りではなく横振りだったため、横に広くて遠くまで飛んでくるインクにみんなが悩んだ。 フロッシャーもみんなが慣れてきて対策ができてきたら、今ほどの怖さはなくなるかもしれない。 徐々に広がるフロッシャー対策 フロッシャーを使っていると対策に慣れてきている人も多く感じる。 一番のポイントは間合いを詰めるところで、4発当てれば一発キルできると言っても1発でも逃せばキルを取れない。 積極的に接近戦をこなせる武器ではない風に感じる。 また泡が長く残るという事は、弾を撃ったプレイヤーの場所が分かりやすいということでもある。 そういうパターンでキルを取らなかったとしても、フロッシャー自体を押し込むことは多くなってきている。 弱くするとしたらどのような弱体化か スプラトゥーンのアップデートは「確定数(キルを取るまでに当てる回数)」と、サブとスペシャルの組み合わせは変えない。 だから弱体化させるとしたらこんなところだろうか。 飛距離に応じて攻撃力が落ちていく• 飛距離を短くする• 泡を小さくする• 泡が地面に着いたときに塗れる範囲を狭くする• インク効率を悪くする バランスさえ取れれば今までにない面白い武器だし、スプラトゥーンの戦いのバリエーションを大きく膨らませることになる。 スプラトゥーン2は武器種が多くて調整する側も大変だろうけど、これほど対戦がおもしろいゲームはなかなかないのでぜひいい調整をしてほしい。

次の