ゾッと する 雑学。 【閲覧注意】恐怖の雑学|【公式】雑学屋|note

「思い出すだけでゾッとする」 母親が実際に体験した娘の異変(2020年8月1日)|BIGLOBEニュース

ゾッと する 雑学

人気投稿ランキング• 7件のビュー• youtube. 5件のビュー• 5件のビュー• 音割れ誠にすません。。。 5件のビュー• 5件のビュー• 4件のビュー• 4件のビュー• ブラックマウス博物館では皆様におすすめしたい感動する話やスカッとする話、実話、病気や事件、恋愛心理学、異世界に... 4件のビュー• 概要欄を見ていただき、ありがとうございます。 3件のビュー• 子供の頃から変わらない性格…それはあなたの土台になっている性格なのかもしれませんね。 選んだ席で、あなたの子供の... 3件のビュー.

次の

【恐怖】第11回ゾッとする雑学で絶対に知っておくべき鳥肌級の話が…。

ゾッと する 雑学

俳優のが、新型コロナウイルスが再び猛威を振るっていた7月に福岡へ飛び、飲み会などで濃厚接触を繰り返していたと8月4日(火)発売の「週刊女性」が報じている。 石田といえば今年4月、新型コロナウイルスの影響で自粛要請が出ていたにもかかわらず、沖縄でゴルフを楽しんだ後にコロナ感染が発覚したのも記憶に新しい。 その自覚のない行動に批判が殺到し、テレビのレギュラー番組を降板するなど仕事が激減していたが、今度はスポンサーに呼ばれ福岡へ飛び、5日間の滞在中にゴルフを楽しみ3回も飲み会に参加。 また石田は、同誌の取材に対し「CMをやらせていただいている社長とゴルフをやっただけなんで。 僕は今、テレビを干されているので、ビジネスパートナーには気を遣っているわけ」と説明。 加えて「1度(コロナに)なっているからこそ、自分はならないらしいですよ。 高熱を出した男性については「それ誰だか、わかんない」と答えている。 「この記事に対し、4日に放送された『バイキング』(フジテレビ系)では、ヒロミが『石田さんは男っぽい人なんですよ、奥さんと揉めても誘われたら行っちゃう』『仕事だと思ってるから、スポンサーに言われたら行かなきゃいけないという考えが石田さんにはある』と発言。 MCのも『擁護するわけではないが、前回の緊急事態宣言下ではないわけですよね』と気遣いとも取れる発言をしていましたが、これには疑問の声があがっています。 一方、の『一生懸命石田さんのことを治療してくださった医療従事者の方たちのことを思い出してほしいです』という苦言には、《真麻さんの言うとおり》《助けてもらったのにまた遊び歩いてるって、どういう神経なの?》《退院後は神妙に反省してたのにね》など多くの人が賛同しています。 スポンサーも大事でしょうが、この調子では更に仕事が遠ざかるのではないでしょうか」(芸能記者) 自らの行動でいよいよ窮地に立たされた石田。 かつての「不倫は文化」は散々叩かれたが、今回の「3密でも行くでしょ」はどれほど世間に理解を得られるだろうか? (佐山守).

次の

世界の都市伝説まとめ一覧|世界に散らばる怖い話14選!

ゾッと する 雑学

スポンサーリンク 1:テントウムシは共食いする テントウムシは、小さくてポップな模様で、可愛らしいですよね。 赤色や、黄色の種類を見かけることもあるかもしれません。 あまり群れているイメージもなく、ポツンとしています。 恐怖の生態とは、なんだか無縁な気がしますが、 実は、あんなにつぶらなビジュアルなのに、仲間を食べます。 成虫が幼虫と戯れているのかなと観察していたら、 むしゃむしゃと食べているなんてことがあるのです。 また、成虫だけでなく、幼虫は卵を食べます。 卵を食べることで、よりたくましくなり、成虫になるスピードも上がります。 食べる気持ちも分からなくありません。 2:ナメクジは20倍に伸びる ナメクジは、梅雨の時期や秋口にも姿を見せます。 動きがゆっくりで、ぬめっとしたひとつのかたまり。 高さはありますが、割と小ぶりな印象がありますよね。 でも、実はナメクジはとっても長い生き物なのです。 2倍くらい?いえ、私たちが目にするサイズの20倍あります。 その分、細くなるので、狭い場所も難なくすり抜けます。 乾燥が天敵なので、茂みや小石がゴロゴロしている場所を求めて、 自由に動くことができます。 腹足類と呼ばれる種類は、体の底すべてが足です。 どれほど伸びても、上手に歩けるのはそのためです。 スポンサーリンク 3:ミミズの心臓は5つ ミミズにはどんな器官があるでしょうか。 耳や目は持ちません。 内臓も、呼吸器などはありません。 シンプルな構造なのかな…と思いきや、 あの小さな体に、なんと心臓が5つも入っています。 さらに、ひとつひとつが対になっています。 つまり、実際には10個あるわけです。 心臓だらけです。 また、人間のようにポンプの役目をするわけではなく、 血管に圧力をかけて、血液を動かします。 心臓そのものがバクバクすることはありません。 そのほか、消化器官も持っています。 ミミズの体は筋肉の集まり。 全身で消化器官を動かしています。 4:サソリは1年食べなくても平気 サソリは見た目からしてソリッドで、無駄のない雰囲気です。 実際に驚くほど燃費がよく、必要以上の食事を摂りません。 どのくらいかというと、なんと1年に一度の食事で生きていけます。 食べる必要がないわけではありません。 ものすごくゆっくりのペースで代謝が行われます。 さらに、あまり素早い動きをすることがなく、 獲物のハンティングも、陰でそっと待ち構えるやり方です。 つまり、省エネがとても得意なのです。 そもそも、それほど食事を欲していないので、 エネルギーを費やして狩りをする必要もないのかもしれません。 スポンサーリンク 5:イエバエは止まる度にフンをする その名が表すとおり、家など人間が過ごす場所に出没します。 世界に広く分布し、よく見かける種類です。 そのため、様々な感染を広めてしまう存在でもあります。 病原菌を持ち運んでしまうなんて、とても驚異ですよね。 しかし、本当の怖さは彼らが置いていくもの。 実は、プ~ンと飛んで止まると、そこにフンをしています。 それも、止まる都度という恐ろしい頻度です。 フンをしない時は、口から何かを吐くそうです。 顔の周りや食べ物にハエがたかって嫌な気持ちにありますが、 想像以上に汚物を振り撒かれているかもしれません。 まとめ いかがだったでしょうか? 虫と言っても、本当にいろいろな生態で面白いですね。 普段は、虫だな~くらいにしか思わずあまり気に留めませんが、 あんなに小さな体で、いろいろなことが起きているんですね。 ミミズなんて表面が柔らかいのに、心臓だらけだなんて苦労してますよね。 イエバエは追い払う一択ですが、虫を見る目が少し変わりそうです! 最後までご視聴いただき、どうもありがとうございました!.

次の