競輪 当てる コツ。 【競輪を徹底攻略】競輪の当て方のコツ、伝授します。

競輪の当て方と予想する3つコツを紹介!【初心者でもできる】|競輪タイムズ

競輪 当てる コツ

【須田鷹雄(すだたかお)】 1970年東京生まれ。 競馬評論家、ギャンブル評論家。 中学生時代にミスターシービーをきっかけとして競馬に興味を持ち、1990年・大学在学中に「競馬 ダントツ読本」(宝島社)でライターとしてデビュー。 以来、競馬やギャンブルに関する著述を各種媒体で行うほか、テレビ・ラジオ・イベントの構成・出演も 手掛ける。 私は仕事としては競馬を主戦場にしていますが、公営競技はすべて大好き。 競輪場は廃止になったところも含めると50場踏破(もちろん現存するところはすべて含まれます)しましたし、いまでも旅打ちからネット投票まで、さまざまな形で日々競輪を楽しんでいます。 ちなみに選手を引退し評論家となっている吉岡稔真さんと同い年で、誕生日も1週間違い。 個人的には勝手に65期を同期と認定し、現役だと後閑信一選手や古川圭選手(年は上ですが)などを応援しております。 今回は、競馬など他の公営競技はやるけど競輪ははじめて……という方のために、僭越ながらガイド役を務めさせていただきます。 競馬など他の公営競技を先に経験した人は、「競輪の予想は難しい」と考えることも少なくないようです。 しかし、競輪にはひとつ、非常に分かりやすい予想ファクターがあります。 競走得点は各選手の実力と近況をまとめて数値化したような指標ですから、これほど簡潔なものはありません。 競輪選手には、自ら風圧を受けて逃げ、あるいは捲りの戦法をとる自力型選手と、そのうしろにつけるマーク型選手がいます(状況に応じて別な役割で戦うこともあります)。 この両者が連携して戦うことをラインといい、同県・同地区・同期などの結びつきで組まれます。 マーク型選手は終始自分で風圧と戦っては最後までもちませんし、自力型選手はマーク型の援護がないと、他のラインに捲られたりするリスクが増します。 それぞれ利用する関係ですが、もちろん最終的には各選手、自分の着順がより上位になることを目指します。 個人戦と団体戦、両方の側面を持つのが競輪なわけです。 競走においてどのようなラインが形成されるか、これはよほどこじれる番組でない限りだいたい予見ができます。 予想情報としても提供されています。 ですので、ラインも決して初心者に分かりづらいファクターではないのです。 例えば、100点の選手がラインの先頭と番手にいるなら、そのラインの持つポテンシャルは100点とイメージしやすいところです。 しかし、例えば97点の選手がラインの先頭を担い103点の選手が番手につけるとなると、97点の自力が不発に終わって103点が共倒れになる可能性があります。 逆に103点の自力選手が捲りを打った場合、97点の番手選手は付けきれずちぎれてしまうかもしれません。 逃げの場合は番手選手の援護が受けにくいということになります。 この発想が穴車券にもつながります。 競輪ファンは格を重視する傾向があり、格として最上位の選手を軸に順当なスジ決着を買う人は少なくありません。 しかし個別の選手でなくライン全体を評価する癖をつければ、格上の番手選手が出番のないまま終わって穴になるケースや、格上の自力選手が勝ったのに番手が付いてこないスジ違い決着を取りやすくなります。 続いては、各ラインの比較をしてみましょう。 初心者のうちは、各ラインの先頭を担う自力選手に注目するとよいでしょう。 注目ポイントのひとつは、各自力選手の強さです。 先述したように、強い選手が番手・三番手にいたところで自力選手がそれを引き出せなければ威力半減です。 もうひとつは、自力選手の先行意欲です。 専門紙だとバック本数などが指標になりますが、オッズパークの場合は決まり手を見ればよいでしょう。 先行が見込める選手が一人ならばいわゆる逃げイチで当然そのラインが有利になりますが、先手争いになると捲りの餌食になる可能性が増してきます。 実際のレースは三分戦、四分戦という形で行われることがほとんどです。 各ラインを「逃げそうなライン」「逃げてもいいライン」「おそらく捲りのライン」といったように分類し、展開を予想してみましょう。 初心者はまず当てることが先決ですから、以上の整理をしたうえで、一番強いラインで決まる車券、いわゆる「本命ラインのスジ決着」を買うところから始めてよいでしょう。 そのうえでレースの雰囲気がつかめてきたら、さらに高い配当を目指していけばよいのです。 最後に、少しでも高い配当を取るために少しアレンジを加えてみましょう。 通常競輪で高配当になるというとラインどうしで決まらない、いわゆるスジ違いによるものを意識しますが、ごちゃごちゃした展開は初心者には予想しづらいものです。 では、ある程度ライン戦の体裁が整っていて、それでいながら配当が良いというのはどのような状態でしょうか? 当然、それは弱いラインが強いラインを負かすレースということになります。 天と地ほども実力の違う自力選手どうしなら無理でしょうが、少々の差なら点数下位の自力型が結果を出すということはいくらでもあります。 捲りどうしでも中団を取って先捲りを打てば有利になりますし、逃げているところに強い選手の捲りが飛んできても、そのタイミングや番手選手の援護次第では跳ね返せることがあります。 点数通りに評価していては、穴車券は取れません。 少しの点数差ならば逆転もアリと考えていくことも必要です。 また展開についても、強い自力選手がいちばんピンチに陥る展開を考えてみてもいいでしょう。 ある程度自分に都合の良い発想をして、配当の良い車券を追求していくことも必要です。 で、3車・3車・2車に単騎の平原という構成でした。 村上が後ろにつく稲垣は先行意欲が高いはず。 点数最上位の深谷は後ろが他地区ですが、稲垣を出すと村上の番手捲りがあるのでそれに待ったをかけたいはずです。 一方で新田はこの時点の決まり手が2-8-0-1と捲り主体。 平原は単騎ですし、そもそも0-14-3-0という選手です。 好位を取っての捲りしかありません。 稲垣と深谷の先行争いを捲りが飲み込む展開を予想したファンが多かったのでしょう。 2車単の1番人気は新田が捲って成田が続く9-3でした。 同じ捲り前提の平原もある程度は売れていましたが、単騎ということもあり福島ラインには遠く及びません。 2車単2番人気は1-7で、これは格上から買う発想だと思われます。 結果は2車単1番人気の発想が正解で、主導権を取ろうとする稲垣に深谷が早めの捲りを打ち、村上の牽制で深谷が圏外に去ったところを一気に新田が捲りきりました。 3着には稲垣の番手に切り替えた岩津。 岩津そのものは買えて結果オーライの車券になったはずです。 実際のレースでは様々な展開があります。 また、各ラインの先頭にしっかりした自力選手がいるとは限らず、最初から他ラインに競り込むこともあればイン待ちといったケースもあります。 多種多様な展開を初心者のうちから読み切ろうというのは正直難しいところですし、ベテランのファンになっても簡単というわけではありません。 まずはきっちりとした逃げ・捲りのある三分戦や、四分戦でも自力型のキャラクターがはっきりしたレースを並び情報から選び、「基本的な車券」を買ってみるのがよいのではないかと思います。 といっても人気のスジ車券だけを買えというわけではありません。 先述したように人気のライン以外から1着が出ることを想定してもいいですし、1,2着が人気でも3連単の3着が紛れる形を狙ってもいいでしょう。 そうやって車券を買っていると、結果として様々な結果に遭遇します。 レース数を消化し、経験する展開のバリエーションが増えると、あらかじめそれを予見できるようにもなってきます。 そのレベルに達すると、ここまで書かれてきたことの意味もより深く分かるようになるでしょう。 そのためにも、最初から1レースに突っ込むのではなく、小額ずつでも多くのレースに参加してみることをおすすめします。 その経験値が、後々の車券ライフに生きてくることでしょう。

次の

競輪の当て方と予想する3つコツを紹介!【初心者でもできる】|競輪タイムズ

競輪 当てる コツ

今回は競輪予想のコツ、それから車券の当て方や儲け方についてお話ししたいと思います。 競輪予想のコツはなんと言ってもラインと呼ばれるチーム戦をどう読むか?が大きなポイントになるのですが、これが初心者には難しいので、今回は初心者でもわかるように簡単に話したいと思います。 「ラインを組む」=「数人で1つのチームをつくる」 という事• レース終盤まではチームで協力しあうが、最後は自力勝負• ラインを組む最大のメリットは「風よけ」と「後続妨害の手助け」 上記の三点を順に話していきますと、まずラインとは何かというと簡単に言うと所属地が近い者同士や先輩後輩など、なんらかの関係が近い者同士で2人から4人程度のチームになる事を言います。 競輪は基本的には9車なので、通常ですと3人1組のチームが3つできるわけですが、この3チームがそれぞれチーム内同士協力しあってレースを有利に進めるように作戦を考えるわけです。 そして、この同じチーム内の選手はレース中基本的に縦一列に並んで走行する事が多いです。 ラインでチーム戦にすることの最大のメリットは、縦一列で並んで走るため、2番目以降の人は前の選手が風よけになってくれるので走行中の風の抵抗が少なくなり、スタミナを温存できます。 そして、先頭を走る選手にとっても自分が風よけになる事で二番手以降の人が、後続から上がって来たライバルチームやライバル選手を右に左に車体を揺らしてルールの範囲内で妨害をするわけです。 こうして持ちつ持たれつの関係を保ちながら、レース終盤に進むと、ラインでのチーム戦の甲斐あって、必ずではありませんが他のラインの選手たちが「ラインごと勝負圏内から脱落」して行くわけです。 それぞれの長所短所を補い合えるチームを組み、他のチームをひと塊で脱落させるわけですね。 これが9人の選手がそれぞれ好き勝手に自分の力だけで走った場合、風の抵抗を正面からモロに受けてしまいますし、後続から追い込んで来た選手をブロックしてもらえないため後ろで脚を溜めていた選手が単純に有利になってしまったり、飛び抜けて自力のある選手以外勝てなくなってしまいます。 なので、ある程度自力のある選手がライン内での先頭を引き受け(これを先行と言います)て、自力勝負になると分が悪い選手は先行する先頭の選手の二番手・三番手に付いて後続からの追い込みをブロックする代わりに、先頭選手を風よけにさせてくださいという利害関係ができあがるわけです。 つまり、先行する選手というのはチーム内ではリーダーであり、このリーダーの能力が高いのか低いのかは非常に重要であると言えます。 なぜなら弱いリーダーの後ろに付いていても風は避けられるものの強いリーダーのいるチームには追いつけないし、抜かされてしまいますよね。 かと言ってあまりにリーダーが強すぎると、二番手三番手の選手が置いてけぼりを食らってしまい、前車との間隔が広がれば広がるほど後続車は風よけ効果を得られなくなり、風の抵抗でスタミナを削られて失速してしまいます。 なので、競輪予想のセオリーとしては「強いリーダーのいるチームのメンバーを中心とした車券を買う」という事になります。 そして、リーダーと二番手以下の能力差が大きすぎる場合は、リーダー以下の選手はあまり信用しすぎない事が重要になります。 チームのリーダーが強いのかどうか、それを判断するには得点率などが目安になる場合もありますが、やはりそれだけでは判断材料としては弱く、どうしても普段から数多くのレースを実際に見て、各々の選手がどのようなレース振りなのか?という事が「肌感覚」として自分にあるかどうかが重要になります。 ある程度の期間に蓄積したレース観戦経験から導きだされた「選手への格付け」が重要なんです。 これが車券の当て方の大きなポイントだと言えます。 競馬の予想ソフトが数多くリリースされているのに対して競輪の予想ソフトが殆ど存在しないのは、こういった数値化できない予想ファクターが重要だからです。 これは機械には苦手な作業で、人間が得意とする分野なんですよね。 男の子なら経験があるかも知れませんが、学生時代の同級生などと実際に殴り合いのケンカはした事が無いけれど、なんとなーく「あいつは自分より強い」とか「こいつは自分より弱いだろうな」という事が肌感覚としてありませんでしたか? あの感覚、機械で再現しようと思ったら無理だと思います。 機械が得意なのは学生時代の例えで言えばテストの点数だとか、そういうくっきり数値化できる事を蓄積して分析するのは得意なんですよね。 まずは数多くのレースを見て、できるだけ多くの選手の脳内格付け表を作っていく事が車券で儲けるためには必要不可欠だという事です。 競輪必勝法研究の集大成! 先日、岸和田競輪場でほぼ全レース的中を実現しました。 そんな私の競輪必勝法研究の全てをぶち込んだ渾身の1冊好評公開中です!.

次の

当たる競輪(けいりん・KEIRIN)予想はエンジョイ|日刊プロスポーツ新聞社

競輪 当てる コツ

ここでは枠連での競馬必勝法、枠連馬券を当てるコツなどについて話したいと思います。 あなたが枠連馬券の事を「馬連の下位互換だろ、出目予想やってるジジイしか買わねえよ」ぐらいに思っているなら、それはとんでもない間違いかも知れません。 枠連馬券は馬連馬券が登場して以来、馬券売上シェアは低下しているちょっとマイナーな存在の馬券です。 そのため競馬予想をする際に多くの人がハナっから枠連の事など意識していません。 バクチや投資は「人の行く、裏に道あり華の山」と言って、大勢の他人の裏をかいて初めて優位なポジションに立つ事が出来ます。 枠連と言うと「配当が安い」とか「2頭以上同じ枠に馬がいる場合、1頭が競走除外になってもゾロ目以外は返還されない」とか、とかくデメリットばかりが強調される風潮にあり、たとえば馬連16-17・16-18・17-18を買えば枠連8-8と全く同じ的中率の馬券を作り出す事が出来ますし、昔から枠連を愛用してきたファン以外には見向きもされません。 本当に枠連よりも馬連の方が優れているのか、実際のデータで検証してみた そんな影の薄い枠連ですが、本当に馬連の方が配当が高いのか、実際に過去のレース結果を元に検証してみました。 検証ルールは以下の通り。 枠連の買い目は単勝1番人気馬と2番人気馬の入っている枠番の枠連1点書い• 比較対象は単勝1番人気馬と2番人気馬の馬連1点とする• 馬連・枠連ともに1レースあたり1点買いで、馬券購入金額は100円とする• 1番人気と2番人気が同枠の場合はゾロ目1点買いとする 枠連の方が良いじゃん! ま、もちろんこれは2日間という短期間での検証ですから、長く検証を続けてみたり、他の競馬場や地方競馬場でのデータだとまた違った結果になるかと思いますが、そういえば私がで園田競馬の枠連を買った時も馬連よりも枠連の方が配当が良かったですね。 上記のデータは全てを鵜呑みにして活用する事は出来ないと思いますが、それでも人間の思い込みとは違った結果になっている事は特筆すべきで、現場で馬券を買う際には枠連のオッズをチェックしたり、枠連を馬券の候補として考慮するというぐらいの事は「価値がある」と言える検証結果だと思います。 なぜ、外枠から順に同枠馬が追加されるか?を考えると色々な真実が見えてくる 競馬をやっている人ならば、8頭立てならば枠番も8番までで、馬番も8番までという事は常識ですが、では9頭立てになるとここで同枠馬というのが発生します。 枠番はMAXで8番までしか無いのですから当たり前ですね。 で、9番の馬は8枠に入れられます。 必ず8枠に入れられます。 そして出走頭数がさらに増えると7枠、6枠、5枠…と外側から順に同枠馬が追加されていきます。 なぜ、ランダムな枠に追加するとか、内枠から順番に同枠馬を入れないのでしょうか? 理由は単純明快で、競馬は基本的には外枠の方がコーストラックの外側を走るため、長い距離を走る事になって不利だから、内枠と外枠の枠連の的中率を均一化させるためにも外枠から順に同枠馬を追加するのが公平である…という考え方からです。 以下は以前に行われた地方競馬の大井競馬場でのレース結果ですが、これを見ると同じ枠番の馬が、やけにほぼ似たような着順で入線しているのがわかります。 競馬はコースや出走メンバーの脚質によって、内枠が有利になったり外枠が有利になったりする事が多々あります。 どうしてそういう事が起きるのかと言うと、私が以前ブログに書いたを読んで頂ければわかるかと思いますが、要は出走メンバーの力量が同じ程度の場合とか、外枠にやたら先行馬が固まっているような場合などは上位下位に近い枠番が固まる事はよくあります。 以下のGIF動画は、能力・先行力がほぼ同じ程度の馬が同じ程度のペースでコーナーへ進入した場合に枠番・枠順によって各馬の位置取りがどう影響を受けるかを表したものです。 このようなレースの場合には当然の事ながら能力がほぼ同じ程度の馬たちのレースですから、コーナーを曲がったことによって形成された馬群の順番通りに近い入線順位になってしまう事が容易に想像して頂けると思います。 要するに内枠の馬が上位に塊となって、外枠の枠番の馬は下位に塊となって入線するわけです。 こんな感じで状況によって内・中・外と違いはあれど「ここらへんの枠番一帯」という塊で有利不利になる事は競馬ではよくある事なんです。 なので私がの2日目に枠連流し馬券を買った時には内枠の枠番をスパッと切って、中枠と外枠だけにフォーカスして大金を得る事が出来ました。 私のように競馬を研究し尽くして行くと「あ、こりゃ枠順競馬になるな、馬連で1頭1頭チマチマ検討するより、外枠って括りでガサッと一纏めにして買った方が早いわ」とわかるケースも多くなります。 やたら内枠馬で決まったり、やたら外枠の差しばかりが決まったりするような日は、もちろん単にたまたまの偶然の可能性はありますが、馬場が「そういう馬場」である事もあり、そこを見極める事が枠連馬券を当てるコツの1つでもあるわけです。 あなたも私のような馬券力を身につけたいと思うのであれば、から私の作った500ページにも及ぶ競馬教科書を手に入れて読んでみてください。 私の馬券知識をあなたの脳にインストールすれば、同じような馬券成績に近付いていくはずです。 私からのプレゼントです! 累計1万900名以上が読んだ無料レポート 『競馬必勝法はじめの第一歩』差し上げます! このレポートだけでも充分あなたにとって有益だと思いますが、さらにメルマガを読み続けてくれた方にはこっそりと…• 誰でも馬券回収率が57%アップしてしまう方法とは?• 競馬予想会社の闇手口を全て暴露!• 馬券でほぼノーリスクで100万円儲けた話• 競馬予想アプリの罠を無断で公開します!• 初心者でも三連単で簡単に勝ちまくる話• 上級者の勝ち組だけが知ってる予想ファクターとは? などなど、上記はほんの一部ですが、そういう表には出てこないような裏話も公開していきたいと思います。 興味がある人はすぐ下にあるメルマガ登録フォームに名前とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。 1分以内にあなたのメールアドレスにお届けします! (届かない時は迷惑メールフォルダをチェックしてみてください。 ) 登録フォーム ディレクトリトップ• カテゴリー• 競馬必勝法• 単勝 競馬必勝法• 複勝 競馬必勝法• 枠連 競馬必勝法• 枠単 競馬必勝法• 馬連 競馬必勝法• 馬単 競馬必勝法• ワイド 競馬必勝法• 三連複 競馬必勝法• 三連単 競馬必勝法• 追い上げ 倍々法 マーチンゲールの法則• 馬券勝負• 競馬で勝つ方法• 競馬確率論• 競馬新聞に関するコンテンツ• 競馬予想ファクター• 夏競馬• ダート 競馬必勝法• 雨競馬• 競馬場 特徴分析 傾向 攻略法レポート• ご案内 注意事項•

次の