バター ケース。 材質の違いや機能性を徹底比較!バターケースの賢い選び方

バターケースおすすめ6選|使いやすい容器は熱伝導率がカギ!選び方や特徴も紹介

バター ケース

野田琺瑯の「バターケース・BT-200」 本体にはホーロー用鋼板、蓋にはサクラの天然木を使用したバターケースです。 シンプルながら温もりのある質感が魅力的なホーローと柔らかな雰囲気のある天然木の相性が良く、とってもおしゃれ。 またホーローは、表面がガラス質の釉薬でコーティングされているので、酸や塩分に強い上に色移りしにくく、保存容器としても適しています。 また、木蓋をひっくり返すとカットボードとしてバターを切ることも出来ちゃいます。 ナイフだけ用意する必要がありますが、食卓にケース毎持ち運んでも、必要な分だけその場でカット出来て便利。 使い終われば、上からケース本体を被せてひっくり返すだけで収納完了です。 価格は安くないものの、デザインよし、機能性よしでオススメのバターケースです! 和平フレイズの「曙産業・カットできちゃうバターケース」 1位にランクインしたのは、バターをカットしてそのままケースにしまえる便利なバターケースです。 バターをワイヤープレートに置き、上から蓋でギュッと押さえつけると見事にカットされたバターがそのままケースに入ります!手も汚れないので嬉しいですね。 また、カットされたバターは約5gの薄切りになっているので、パンケーキやトーストなどに使いやすいところが魅力。 さらにプラスチック製なので非常に軽くて使いやすく、落として割ってしまう心配もありませんよ。 小さなお子様がいるお家でも安心して食卓に出せますね。

次の

おしゃれ!バターケースの人気おすすめランキング5選【木製・ガラス製など】|Besme [ベスミー]

バター ケース

この記事で紹介した編集部厳選のバターケースベスト3 1. 温度を一定に保てる、木製の「東屋 バターケース 450g」 2. こんなのが欲しかった!「ステンレスカッター式 バターケース 」 3. 角にバターが詰まらない、丸角の「白山陶器 ブルーム バターケース」 バターケースの選び方のポイント 素材は木製やホーロー、陶器のケースがおすすめ さまざまな素材が各メーカーから出ていますが、バターをおいしく保管するなら「木製・ホーロー・陶器」の3つを選びましょう。 木製 断熱性が高く温度を一定に保てるので、 冷蔵庫の中でもバターが溶けたり硬くなりすぎたりしないのが特徴です。 ただし、お手入れを怠ると水分によってカビが付着しやすかったり、水洗いをしても油分が落ちにくかったりという懸念点もあります。 ホーローや陶器 対してホーローや磁器のものは 熱伝導率がよく、バターが溶けやすいので、冷蔵庫から取り出してすぐにバターが切れやすいというメリットがあります。 ただ、ホーロー製品は欠けたところからサビやすかったり、陶器は割れやすいという点では少々不安が残ります。 食品の長期保管には密閉できるフタが必須! ただし、テーブルのうえに出すだけならデザイン性だけで選んでしまっても問題ないでしょう。 バターのサイズを確認しよう 一般的に、 スーパーで売られているバターは200g前後。 また おかし作りをされる方などが購入されているのは、ブロック状の450gのものでしょう。 使用頻度に合わせたサイズを購入しましょう。 ちなみにさんによると、 バターの賞味期限は開封後2週間だそう。 意外と短く感じませんか? 期間内に消費できるサイズを購入しておいしく食べてくださいね。 ケースの四隅は丸い方が洗いやすくておすすめ 意外と見落としがちなのが、このケースの角! 内側がカクカクしていると、その隙間にどうしてもバターが詰まってしまい取れにくくなります。 そんな面倒くささを感じたくない人は、内側が丸くなっているものを購入しましょう。 おすすめのバターケース6選 では、おすすめのバターケースをランキング形式でご紹介します。 用途は無限、常備菜などの保存容器としても使えます。 鮮度を保ちながら、様々な食品を保管できます。 バターケースの洗い方のコツ ベタついたバターケースは洗い物がやっかい? いえいえ、そんなことはありません。 基本の3ステップを守れば、いつまでもきれいな状態を保つことができます。 またバターがついたままスポンジで洗ってしまうと他の食器にも油分が付着するので、スポンジでは軽く洗い流す程度と考えておくのが良いでしょう。 また、木製のケースはしっかり乾燥させてから次のバターを入れましょう。 お気に入りの1点を見つけて、おいしいバタートーストなんていかがでしょう?.

次の

100均ダイソーやセリアのバターケース一覧!便利なおすすめ品は?

バター ケース

あとは、バターケースにスライサーをセットバターカッターに早変わりです。 あとはバターを真上から押してスライスします。 大きさは用途に合わせてスライスする回数を変えて調整してください。 バターカッター付きのバターケースは意外に高く、手が出せないという主婦の方などに味方の代用アイディアです。 誰でも簡単にカットすることができ、一度カットしておけば毎日硬いバターを削る手間も省け時短にもなります。 カロリーなどを気にしている人には1カケのグラムも決められるのでカロリー制限も出来ますね。 100均アイテムでバター入れをオリジナルアレンジも 100均シールを使ってバター入れをデコレーション バターを保存する上での注意点は3つです。 1つ目は長時間常温放置しないことです。 一度溶けると組織が壊れ、再冷蔵しても元どおりにはなりません。 口当たりが悪くなり風味も落ちてしまいます。 また、カビが生える原因ともなるので、バター入れは高温多湿の場所は避けて保存しましょう。 2つ目は日光を避け密閉保存することです。 バターは不飽和脂肪酸を多く含む為、酸化しやすい食材です。 さらに日光など紫外線に当たると酸化が促進し、ビタミンAが減少する原因とも言われています。 せっかくの栄養素がなくならないように冷蔵庫または冷凍庫でバターケースは密閉できるものでの保存を徹底しましょう。 3つ目は開封後、早めに使い切ることです。 バターは臭いを吸着しやすい性質がある為、開封後そのまま置いて置くと風味が落ちてしまいます。 冷蔵庫の中など食材が密集する為、密閉保存容器で保存しましょう。

次の