常陽 銀行。 店舗・ATM一覧:常陽銀行

常陽銀行と筑波銀行、行内メール便を共同運行 :日本経済新聞

常陽 銀行

投資信託に関する留意事項 投資信託はリスクを含む商品であり、組入れた有価証券等の値動き、運用先の信用状況の変化、金利、為替相場の変動等により、基準価額が変動し、元本割れを生じ、損失を被る可能性があります。 投資信託は、預金保険または投資者保護基金の対象ではありません。 投資信託は、預金と異なり元本および分配金の保証はありません。 投資信託へのご投資には、ファンド毎に定められた手数料等をご負担いただきます。 【お申込み手数料】・・・お申込み代金に対して最大3. 3%(消費税込) 【信託報酬】・・・ファンドの純資産総額に対して最大年率2. 2%(消費税込) 【その他費用】・・・有価証券等の売買および保管ならびに信託事務にかかる諸費用等についても、信託財産から差引かれます。 その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率および上限等を表示することができません。 また、当該諸費用等の合計額については、お客様がファンドを保有する期間に応じて異なりますので、表示することができません。 成功報酬は運用状況等により異なるためあらかじめ記載することができません。 お申込みの際には、必ず契約締結前交付書面をよくお読みください。 本サービスについて• 本サービスは、資産運用に関する参考情報をご提示するものです。 本サービスは、投資信託を活用した参考情報を含むため、いかなる場合も元本割れを許容できないお客さまは、ご利用対象外となります。 また、本サービスは、個別の投資信託の勧誘等を目的としたものではなく、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。 本サービスは、過去のデータやお客さまの回答に基づいて、一定の仮定のもとに試算されたモデルポートフォリオや資産運用のシミュレーション結果を提示する機能を含みます。 本サービスにおける各種シミュレーションは、クォンツ・リサーチ株式会社が金融工学の理論(現代ポートフォリオ理論等)を活用して一定の仮定のもとに試算したものであり、その正確性、完全性や将来の運用成果を保証するものではありません。 なお、モデルポートフォリオは、明治安田アセットマネジメント株式会社ならびにクォンツ・リサーチ株式会社が適時協議の上で試算したものを利用しています。 また、試算にあたっては、手数料、税金等、投資信託に必要な費用は考慮されておらず、実際に投資信託を保有した場合の計算とは異なります。 入力された取引と全く同様の取引を現実に行った場合でも、本サービスで表示される結果と現実の結果が一致しない場合があります。 実際の投資信託への投資を検討される際には、お客さまの資産内容・投資の知識と経験・ライフプランなどに応じて商品を選択する必要があります。 また、各投資信託の投資信託説明書(交付目論見書)の内容をご確認の上、お客さまご自身の判断で行ってください。 本サービスは、クォンツ・リサーチ株式会社(以下「情報提供者」といいます)がシステムを提供し、明治安田アセットマネジメント株式会社がサービスを提供しています。 本サービスで用いる情報に関する著作権、知的所有権、商号、商標その他一切の権利は、明治安田アセットマネジメント株式会社並びに情報提供者に帰属します。 本サービスは、お客さま自身のためにのみ利用するものとし、許可なく第三者への再利用及び再配信等を行うことはできません。 投資信託に関する留意事項• 投資信託の信託財産に生じた利益および損失は、すべて受益者に帰属します。 投資家の皆さまの投資元本は金融機関の預貯金と異なり保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、元本を割り込むおそれがあります。 投資信託へのご投資を検討される場合は、必ず投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。 また、投資信託の取得のお申込みを行う場合には投資信託説明書(交付目論見書)をあらかじめ、または同時に販売会社よりお渡しいたしますので、必ず投資信託説明書(交付目論見書)で内容をご確認の上、お客さまご自身の判断で行ってください。 投資信託は、預金や保険契約とは異なり、預金保険・保険契約者保護機構の保護の対象ではなく、また、登録金融機関から購入された投資信託は投資者保護基金の補償対象ではありません。 投資信託の購入から換金・償還までの間には直接または間接的にご負担いただく費用があります。 免責事項• 本サービスの内容について、事前告知なしに変更される場合があります。 本サービスは明治安田アセットマネジメント株式会社および情報提供者が、その内容については万全の注意を払って提供しておりますが、正確性、完全性、信頼性、有用性及び適時性を保証するものではありません。 本サービスにおけるいかなる内容も、将来にわたる運用成果を保証、示唆並びに予測するものではありません。 お客さまは本サービスの利用にあたって、ご自身の責任にて判断を行うものとします。 本サービスの内容を参考にするかの有無に関わらず、お客さまご自身の資産運用結果については、お客さまに全て帰属するものとし、明治安田アセットマネジメント株式会社および情報提供者に一切の責任は生じないものとします。 お客さまの本サービスの利用、お客さまによる第三者の権利侵害に起因又は関連して紛争が生じた場合は、すべてお客さまの費用と責任で解決するものとします。 本サービスから、リンクやバナーにより他社の運営管理するホームページへ移動する場合があります。 移動先のホームページは各社の責任で運営管理されるものであり、明治安田アセットマネジメント株式会社および情報提供者が運営管理するものではありません。 明治安田アセットマネジメント株式会社および情報提供者はリンク先のホームページの内容について、また、それらをご利用になったことにより生じたいかなる損害についても責任を負いかねますので予めご了承ください。 利用する合成指数について 本サービスでは、各資産の計算データとして以下の合成指数を利用しています。 国内株式 国内投資信託の内、「国内 株式 インデックス型」に属する投資信託について、クォンツ・リサーチ株式会社が当該基準価額を用いて独自の計算方法で指数化したもの。 データ分析可能期間は1997年5月以降。 海外株式 国内投資信託の内、「海外 株式 インデックス型」に属する投資信託について、クォンツ・リサーチ株式会社が当該基準価額を用いて独自の計算方法で指数化したもの。 データ分析可能期間は1997年12月以降。 国内債券 国内投資信託の内、「国内 債券 インデックス型」に属する投資信託について、クォンツ・リサーチ株式会社が当該基準価額を用いて独自の計算方法で指数化したもの。 データ分析可能期間は2000年5月以降。 海外債券 国内投資信託の内、「海外 債券 インデックス型」に属する投資信託について、クォンツ・リサーチ株式会社が当該基準価額を用いて独自の計算方法で指数化したもの。 データ分析可能期間は2000年5月以降。 国内REIT 国内投資信託の内、「国内 不動産投信」に属する投資信託について、クォンツ・リサーチ株式会社が当該基準価額を用いて独自の計算方法で指数化したもの。 データ分析可能期間は2003年11月以降。 海外REIT 国内投資信託の内、「海外 不動産投信」に属する投資信託について、クォンツ・リサーチ株式会社が当該基準価額を用いて独自の計算方法で指数化したもの。 データ分析可能期間は2005年9月以降。 ご利用について• 本サービスは、原則的にInternet Explorer11、Firefox、Google Chrome、Mac版Safari最新版の利用を前提にしています。 その他のブラウザで本サービスを閲覧する場合、正しく表示されないことがあります。 クッキー(Cookie)について• 当サイトでは、クッキー(Cookie)の機能を使用しております。 クッキーとは、お客さまのコンピュータにお客さまを識別するための情報を記録する仕組みです。 当サイトでは、お客さまへの最適な情報提供、当サイトのアクセスデータの取得、解析、広告配信のために利用する場合があります。 クッキーの情報で個人を特定することはできないため、お客さまのプライバシーを侵害することはございません。 お客さまのウェブブラウザ側で、クッキーの送受信について、有効・無効を設定することができます。 (クッキーの設定、管理はお客さまの責任において行っていただくものとします。 クッキーの機能を無効にした場合には、当サイトの一部の機能をご利用いただけない場合がありますので、予めご了承ください。 第三者の事業者が、当サイトを訪問したお客さまのクッキーの情報を取得・利用している場合があります。 当該事業者が取得したクッキーの情報は、当該事業者のプライバシーポリシーに従って取り扱われます。 クッキーの利用を無効にしたい場合は、以下のリンクから、当該事業者が案内するオプトアウトの実施をお願いします。

次の

常陽銀行と筑波銀行、行内メール便を共同運行 :日本経済新聞

常陽 銀行

株式会社常陽銀行(じょうようぎんこう、: The Joyo Bank, Ltd. )は、に本店を置く。 2016年10月1日付で とのによる完全子会社化により、傘下のとした。 概要 のを受託している地方銀行で、預金・貸出金残高やメインバンク社数全国・都道府県シェアにおいて北関東三県に本店を置く銀行のうちトップの規模を誇る。 行名の由来は、茨城県を構成する旧2国(常陸・下総)のうち旧国の全域が茨城県となっている旧常陸国の「常」の文字に、明るいという意味をこめて「陽」を付けた事による。 また、常陽は常陸の異称でもある。 名づけ親は初代頭取のである。 各支店には、同行のと、所在地のあるいは日本国旗が掲げられている。 旧系列であり、その経緯からとは親密な関係にある。 10月1日に足利銀行の金融持株会社であると経営統合を実施。 、に次ぐ地銀界第3位の銀行グループとなった。 経営統合後の金融持株会社の社名は「めぶきフィナンシャルグループ」となった。 常陽銀行は、に日本で初めてを導入した銀行としても知られている。 営業政策 店舗展開 本店を置く茨城県には、(河内町役場に店舗外ATMが存在)を除くすべての市町村に支店が置かれており 、の支店やの東京営業部は本店を凌ぐ規模の建物を構えている。 また、隣接する、、、のほか東京都、、にも支店を置くほか、海外駐在員事務所も擁している。 外貨現金 外貨現金の購入は、フリーダイヤルによる予約のみとなっている。 またの購入は、本店営業部・支店・支店・支店・支店・支店の窓口のみだけとなっている。 沿革 旧五十銀行系• (明治11年)• 2月7日 - 第五十国立銀行設立免許。 8月14日 - 第五十国立銀行開業免状下付。 9月9日 - 第五十国立銀行開業。 (明治30年)7月1日 - 国立銀行営業満期前特別処分法により私立銀行として営業継続、第五十国立銀行から 土浦五十銀行に改組・改称。 詳細は「」を参照 旧常磐銀行系• (明治11年)• 3月1日 - 第六十二国立銀行設立免許を取得。 9月6日 - 第百四国立銀行開業免状が下付される。 10月14日 - 第六十二国立銀行開業免状が下付される。 10月25日 - 第六十二国立銀行開業。 (明治30年)10月 - 第百四国立銀行が国立銀行営業満期前特別処分法により私立銀行として営業継続、水戸百四銀行と改組・改称。 (明治31年)• 6月23日 - 第六十二国立銀行が国立銀行営業満期前特別処分法により私立銀行として満期前継続許可を取得。 10月1日:水戸六十二銀行と改組・改称。 (明治40年)7月3日 - 常磐銀行と改称。 (大正3年)11月3日 - 水戸百四銀行を合併引継完了。 詳細は「」を参照 両行合併後• (昭和10年)• 6月21日 - との合併認可。 7月30日 - 常陽銀行創立総会を開催。 7月31日 - 常陽銀行開業。 (昭和14年)10月1日 - 三ツ輪銀行より営業譲受。 (昭和17年)3月1日 - 石岡銀行・猿田公益銀行より営業譲受。 (昭和20年)4月28日 - 茨城貯蓄銀行より営業譲受。 (昭和40年)6月 - 現本店ビル竣工。 (昭和43年)4月 - 市場第二部上場。 (昭和44年) - 東京証券取引所市場第一部に指定。 (昭和48年)11月 - 全店オンラインシステム完成。 (昭和53年)6月 - 第二次オンラインシステム稼働。 (昭和57年)8月 - を設立。 (平成6年)1月 - 第三次オンラインシステム稼働。 (平成8年)• 5月 - 上海駐在員事務所開設。 10月- 茨城中央信用組合と合併。 (平成17年)10月 - 銀行本体によるクレジットカード業務開始。 (平成19年)1月 - 地銀共同化システム稼動。 (平成24年)9月 - シンガポール駐在員事務所開設。 (平成26年)10月 - ニューヨーク駐在員事務所開設。 (平成27年)11月 - との経営統合を発表。 (平成28年)• 足利ホールディングスと株式交換による経営統合について最終合意。 統合後の社名を「」とすることも発表。 株式交換により足利ホールディングスの完全子会社となる。 同時に足利ホールディングスが商号変更により「めぶきフィナンシャルグループ」となる。 (平成29年)• 子会社であった株式会社常陽リースを、めぶきフィナンシャルグループの子会社とし、株式会社めぶきリースに商号変更。 子会社であっためぶき証券株式会社を、めぶきフィナンシャルグループの子会社とする。 関係会社• 常陽信用保証株式会社• 常陽ビジネスサービス株式会社• 常陽施設管理株式会社• 常陽キャッシュサービス株式会社 関連財団• 情報処理システム 、、、および BTMU)、と共にや情報系システムの共同化の検討、開発を開始した。 これに基づき、1月4日、常陽銀はBTMUのシステムを基に参加行の共通、個別ニーズを反映させた「地銀共同版システム」に移行している。 同システムは地銀以外のシステムを基盤とした共同システムでは初のものとして稼働している。 自動機サービス 地域金融機関との提携 (平成18年)からは、常陽銀行と・・・の計4行と提携し、出金手数料無料提携とATMによるカード振込手数料優遇提携を開始した。 更に同年からは、との相互間によるATM出金手数料無料提携も開始している。 この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2012年4月) 開幕当初よりのオフィシャルスポンサーであり、選手をイメージキャラクターとして起用している。 また、水戸市をホームタウンとするJ2ののスポンサーも務めている。 イメージキャラクターを務めた鹿島アントラーズ選手一覧• (1997年)• (1998年 - 2000年)• (2001年 - 2004年)• (2005年 - 2006年)• (2007年 - 2010年)• (2011年)• (2012年)• 、、(2013年)• 、 (2014年 - 常陽銀行ゲート 鹿島アントラーズのホームスタジアムであるの第1ゲートの命名権を買い取り、2007年9月より「常陽銀行ゲート」としていたが、広告契約内容の変更に伴い、2013シーズン限りでこの呼称は廃止となった。 (2014シーズンからは「第1ゲート」に変更。 ) 脚注 [] 注釈• 猿島郡五霞町にはに本店がある五霞支店があり、五霞町役場には同支店の店舗外ATMが設置されている。 また五霞町は武蔵野銀行を指定金融機関にしている。 その後上述地銀3行のほか、傘下の、、が新たに参加。 常陽銀を含め7行の共同システムとなる。 2005年(平成17年)10月から取り扱いを開始したとの提携無担保ローン「キャッシュピット」のイメージキャラクターは、が務めていたが、翌年10月からに変更となった。 2018年12月26日閲覧。 『常陽銀行80年史 : この10年のあゆみ』P 7• 常陽銀行. 2012年4月25日閲覧。 下野新聞. 2015年11月3日. 2016年3月31日閲覧。 日本経済新聞. 2015年11月3日. 2016年3月31日閲覧。 日本経済新聞 2016年4月25日• マネ会 カードローン. 株式会社CyberOwl. 2019年4月17日閲覧。 常陽銀行(2012年8月13日閲覧)• PDF プレスリリース , 常陽銀行、足利ホールディングス, 2015年11月2日 , 2016年10月2日閲覧。 PDF プレスリリース , めぶきフィナンシャルグループ, 2017年3月21日 , 2018年3月10日閲覧。 PDF プレスリリース , めぶきフィナンシャルグループ, 2017年9月19日 , 2018年3月10日閲覧。 『常陽銀行80年史 : この10年のあゆみ』P 34• 日経SYSTEMS. 2007年1月23日. 2013年11月8日閲覧。 セブン銀行. 2003年1月16日. 2013年11月8日閲覧。 参考文献• 経営企画部広報室編 『常陽銀行80年史 : この10年のあゆみ』 常陽銀行、2016年。 常陽銀行編 『常陽銀行二十年史』 常陽銀行、1955年。 外部リンク ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

筑波銀行と常陽銀行の比較

常陽 銀行

筑波銀行と常陽銀行の比較 筑波銀行と常陽銀行を比較することで、茨城県の地方銀行の様子がより深く理解できます。 常陽銀行と筑波銀行は不動の1位と2位 筑波銀行と常陽銀行を比較してみます。 筑波銀行と常陽銀行は共に茨城県の地方銀行であり、知名度的に考えても、茨城の地方銀行と言えば多くの人がこの2行を思い浮かべるのではないでしょうか。 事実、茨城県の企業を対象とした「どの銀行をメインバンクとして捉えているか」という調査によると、常陽銀行と筑波銀行がそれぞれ不動の1位と2位であるようです。 まずは単純なデータで筑波銀行と常陽銀行を比較してみましょう。 公にされているデータによれば、筑波銀行は、店舗数が147店舗、従業員数が約1700人、資本金が約488億円、総資産が約2兆2000億円、預金残高が約2兆円、貸出金残高が約1兆5000億円であり、対するは、店舗数が179店舗、従業員数が約3700人、資本金が約850億円、総資産が約8兆5000億円、預金残高が約7兆5000億円、貸出金残高が約5兆4000億円となっています。 さて、この筑波銀行と常陽銀行を比較したデータから見て取れるように、 銀行としての規模の面では筑波銀行よりも常陽銀行の方がずっと大きいと言えます。 茨城県における預金金額と貸出金額のシェアを見てみると、常陽銀行が40%以上を占めており、次いで筑波銀行が15%ほどを占めています。 また、サービスの面で筑波銀行と常陽銀行を比較すると、サービスの質については大きな差は見受けられませんが、常陽銀行の方がより手広いサービスを展開しています。 常陽銀行は1935年に設立されてから、戦時、戦後の社会の変革期や、バブル崩壊にともなう混乱期を経ても、常に強力な経営基盤を保持してきました。 メガバンクであると深い協力関係にあることなどもあり、常陽銀行は地域住民から圧倒的な支持を得て強固な地盤を築いた銀行であると言う事ができます。 それに対して筑波銀行は戦後になってから設立され、その後バブル崩壊の煽りを受けて経営不振となった中小銀行が寄り集まってできた銀行です。 茨城県の金融業において、常陽銀行の隙間を縫うようにして何とか発展してきた銀行です。 見方を変えれば、筑波銀行は常陽銀行ではカバーしきれない部分をカバーしているとも言え、茨城県の経済を支える屋台骨としての役割を果たしています。 つまるところ、筑波銀行を常陽銀行と比較すれば、銀行そのものの質としては常陽銀行の方が総合的に優れており地域住民の信頼も厚いですが、筑波銀行もまた地域に不可欠な存在であると言う事ができます。 メニュー• コラム• カテゴリー•

次の