小説 家 に な ろう ざ まぁ。 小説家になろうなどで昔からある女主人公の異世界転生もので、乙女...

小説家になろうなどで昔からある女主人公の異世界転生もので、乙女...

小説 家 に な ろう ざ まぁ

小説家になろうなどで昔からある女主人公の異世界転生もので、乙女ゲーそっくりの世界観の貴族社会に転生する作品が昔からありますが、 その作品の乙女ゲーでは悪役令嬢である公爵令嬢が主人公の庶民上がりの男爵令嬢を虐めて最後には悪役令嬢がざまぁされて公爵家取り潰しや国外追放される展開がよくありますが、元ネタの乙女ゲーって何かわかりますか? あと、その乙女ゲー普通にストーリー破綻していませんか?シンデレラストーリーはアラジンをはじめとして昔からよくあるのでまだ分かりますが、貴族社会世界観で身分が低い相手を虐めただけの断罪にしては罪が重すぎる気がします。 それとも元ネタではエリザベートのような虐殺の余罪でもあったのでしょうか? 元ネタがあるかないかだけでも教えてください。 私も気になっていたので、少し調べてみました。 ルーツなどを調べている方がいたので、そちらのURL貼っておきます。 こちらの方のを見るに、結論としては「元ネタ」は存在しません。 ですが、少女漫画であったり乙女ゲームであったり少女小説であったり、「悪役令嬢」としての原型は半世紀くらい前には存在しているようです。 現在なろう系で扱われている「悪役令嬢」は色んな方が作り上げた架空のオリジナル……みたいなものらしいです。 以前何処かで見かけましたが、典型的な少女漫画の例として「遅刻遅刻〜〜!」と言いながら食パンを齧り走るヒロイン、がよく登場しますがこちらも元ネタがあった訳ではなく、たくさんの作品の中から印象的な部分を抜いて、現在のような形になったみたいです。 集合知ってやつでしょうか。 悪役令嬢の件も同じような感じでしょうね。 国外追放などの流れは、先程あげたサイトの方も触れていますが主人公の目的がバッドエンドの回避であることが多いからですかね……悪役令嬢ものにいくつか目を通しましたが、幼少期・又は婚約者と出会ったときに前世のことを思い出し、バッドエンドにならないように奮闘する……というのが基本的な流れのようですし。 国外追放・取り潰しなどそこまでするか?ということに関してはそこまででないとバッドエンド回避する意味がないというか、主人公や物語が能動的に動かなくなってしまうからではないでしょうか。 また、バッドエンドがかなり厳しいものであるからこそそれを回避出来たときのカタルシスはすごいですからね。 困難な壁だからこそ、乗り越えたときのエンディングは素晴らしいものです。

次の

小説一覧

小説 家 に な ろう ざ まぁ

限界超えの天賦《スキル》は、転生者にしか扱えない ー オーバーリミット・スキルホルダー 作者: 三上康明 小説 家 に な ろう おすすめ 小説 限界超えの天賦 《スキル》は、転生者にしか扱えない — オーバーリミット・スキルホルダー 「人には等しく、8枠の天賦《スキル》ホルダーがある。 【腕力強化】のような1枠ならよいが、レアなスキルは4枠や5枠、あるいは8枠すべてを使ってしまうでのう」 天賦珠玉《スキルオーブ》が発掘されるオーブ鉱山で、ヒンガ老人は僕にそう語った。 だけど僕ら「奴隷」は契約魔術でスキルを取得できず、奴隷に未来なんてものはなかった。 それは運命の日。 鉱山を所有する貴族——つまり僕らの「主」がオーブ鉱山に視察に来た。 地震によって崩落する天井。 貴族の脳天に直撃する岩塊。 貴族の死。 瞬間、僕らの契約魔術が消える。 目端の利いた奴隷は走った。 スキルオーブが格納されている倉庫に。 そしてレアなスキルを取り込むと、目を疑うような能力や魔法によって警備兵を薙ぎ倒し、鉱山から飛び出していく。 暴動だ。 出遅れた僕に拾えるオーブはなかった ——終わった。 僕はまた奴隷戻りだ。 絶望したときに見たのは、「あり得ないスキルオーブ」だった。 ホルダー「10枠」を使う【森羅万象】《ワールド・ルーラー》。 使える人間がいないことから研究者以外、興味を持たれない、規格外のスキルオーブ。 だけれど僕は、【森羅万象】を取り込むことができた——なぜか? それは僕が「転生者」だったから。 僕には一般人の8枠+8枠、「合計16枠」ものスキルホルダーがあったから。 鉱山は包囲され、出口は1か所。 僕の手には謎のスキル【森羅万象】。 さあ、どうする——。 限界超えの天賦《スキル》は、転生者にしか扱えない 作者: 三上康明.

次の

ガイドライン

小説 家 に な ろう ざ まぁ

限界超えの天賦《スキル》は、転生者にしか扱えない ー オーバーリミット・スキルホルダー 作者: 三上康明 小説 家 に な ろう おすすめ 小説 限界超えの天賦 《スキル》は、転生者にしか扱えない — オーバーリミット・スキルホルダー 「人には等しく、8枠の天賦《スキル》ホルダーがある。 【腕力強化】のような1枠ならよいが、レアなスキルは4枠や5枠、あるいは8枠すべてを使ってしまうでのう」 天賦珠玉《スキルオーブ》が発掘されるオーブ鉱山で、ヒンガ老人は僕にそう語った。 だけど僕ら「奴隷」は契約魔術でスキルを取得できず、奴隷に未来なんてものはなかった。 それは運命の日。 鉱山を所有する貴族——つまり僕らの「主」がオーブ鉱山に視察に来た。 地震によって崩落する天井。 貴族の脳天に直撃する岩塊。 貴族の死。 瞬間、僕らの契約魔術が消える。 目端の利いた奴隷は走った。 スキルオーブが格納されている倉庫に。 そしてレアなスキルを取り込むと、目を疑うような能力や魔法によって警備兵を薙ぎ倒し、鉱山から飛び出していく。 暴動だ。 出遅れた僕に拾えるオーブはなかった ——終わった。 僕はまた奴隷戻りだ。 絶望したときに見たのは、「あり得ないスキルオーブ」だった。 ホルダー「10枠」を使う【森羅万象】《ワールド・ルーラー》。 使える人間がいないことから研究者以外、興味を持たれない、規格外のスキルオーブ。 だけれど僕は、【森羅万象】を取り込むことができた——なぜか? それは僕が「転生者」だったから。 僕には一般人の8枠+8枠、「合計16枠」ものスキルホルダーがあったから。 鉱山は包囲され、出口は1か所。 僕の手には謎のスキル【森羅万象】。 さあ、どうする——。 限界超えの天賦《スキル》は、転生者にしか扱えない 作者: 三上康明.

次の