新型コロナ死者数国別。 【毎日更新】新型コロナウイルス国別発生状況まとめ

動画グラフで見る新型コロナ 人口100万人当たり死者数の国別比較

新型コロナ死者数国別

【ロンドン=板東和正】米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、新型コロナウイルスの感染者が28日、世界全体で累計1千万人を超えた。 南北米大陸での感染拡大が止まらず、米国とブラジルだけで全体の感染者数の3分の1以上を占める。 ロシアや南アジアでの感染者の増加も目立つ。 新型コロナの感染事例が最初に確認されて約半年が経過したが、いまだに収束する気配はない。 感染者は4月初めに100万人に到達するまで約3カ月を要したが、その後は12~13日ごとに100万人ずつ増加。 500万人を超えて以降はペースが拡大した。 6月22日には過去最短の6日で100万人増え、900万人台に達していた。 感染者急増にはウイルス検査態勢の拡充や経済活動再開などに伴う外出制限の緩和が影響しているとの見方もある。 世界の死者数は28日時点で49万9千人を上回った。 国別の感染者は、米国が約251万人で最も多く、ブラジル約131万人、ロシア約63万人、インド約53万人と続く。 10万人を超えているのは計19カ国に上る。 特に、南北米大陸で感染の勢いが衰えておらず、世界保健機関(WHO)で緊急事態対応を統括するライアン氏は、同大陸について「(感染の)ピークに達していない」との見方を示している。 米紙ワシントン・ポスト(電子版)は、米国内の27日の新規感染者が約4万4800人に上り、2日連続で4万人を超えたと報じた。 死者は累計約12万5千人に上った。

次の

新型コロナウイルス 国別死者数の推移(3/1~)│自分でつくれるエクセル・ライフプラン表

新型コロナ死者数国別

新型コロナウイルスによる各国の死者数を示すインフォグラフィック 新型コロナウイルス感染症による死者が世界で50万人を超えた。 感染の拡大と収束の状況を可視化するため、毎日新聞は国・地域別の1日ごとの死者数(人口100万人当たり)の増減を比較できる動画インフォグラフィック(3Dグラフ)を作成した。 【写真映像報道センター・加藤隆寛】 国ごとに比較する場合、単純に人数だけで比較すると人口が少ない国ほど「死者(患者)が少ないのだから、感染も広がっていないのでは」と錯覚しやすい。 今回は、「人口1億の国で死者1万人」と「人口100万の国で死者100人」は同程度だという前提で各国の感染状況を相対化。 また、PCR検査の実施率などになるべく左右されないよう、感染者数ではなく死者数を比較対象とした。 ただし、死者数の増加は感染者数の増加より1カ月ほど遅れて表面化するため、直近の情勢は判定しにくい。 動画の前半では世界の各地域から100万人当たり死者数が比較的多い計30カ国を選出。 米ジョンズ・ホプキンズ大が集計、公表している国別死者数と国際連合世界人口推計(2019年版)の20年推計値を用いて今年1月23日~6月30日の数値を棒グラフの高さで表した(注・各国が死者数を訂正した日は数値に大きな変動が出る。 また、数値がマイナスの場合はゼロとした)。 人口に対し特に多くの死者を出しているのはベルギー、英国、スペインなどの欧州諸国。 死者数自体は米国(6月30日現在1位・12万6203人)やブラジル(同2位・5万7622人)が多いが、人口比で見ると欧州諸国に比べて低い水準にあることがわかる。 またベルギー、スペインなどが5月半ばごろから収束の傾向を見せているのに対し、中南米のメキシコやブラジル、ペルーなどは同じころから増加傾向にあり、欧州でも英国やスウェーデンなどは収束が遅れているのが見て取れる。 一方、日本をはじめとするアジア諸国の100万人当たり死者数は欧米に比べ圧倒的に少ない。 日本のピーク値(5月4日=0・39人)を見ても、欧州諸国とは2~3ケタ異なるレベルだ。 動画の後半ではグラフの縮尺を変え、東・東南アジアにオセアニアを加えた「西太平洋地域」から計10の国と地域を選んで比較した。 このエリアで見た時は、比較的早い段階から抑え込みに成功している台湾やタイ、韓国などに比べると、日本やフィリピンは収束に向かうペースが鈍いのがわかる。

次の

動画グラフで見る新型コロナ 人口100万人当たり死者数の国別比較

新型コロナ死者数国別

mhlw. html (死亡者数については、突合作業中の74例を昨日の死亡者数に足し上げています) という但し書きと共に死者数が突然増えた 4月22日 11,919 423 287 10 厚生労働省 4月23日 12,388 469 317 30 厚生労働省 4月24日 12,829 441 334 17 厚生労働省 4月25日 13,182 353 348 14 厚生労働省 4月26日 13,385 203 351 3 厚生労働省 4月27日 13,576 191 376 16 厚生労働省 4月28日 13,852 276 389 13 厚生労働省 4月29日 14,088 236 415 26 厚生労働省 4月30日 14,281 193 432 17 厚生労働省 新型コロナウイルス、各国の死者数・感染者数まとめ 新型コロナウイルス、国別死者数・感染者数(2020年4月30日) 国・地域 感染者 死亡者 死亡率 1 アメリカ 1,038,451 60,876 5. しかし、実際には 「 都内で新たに78人感染 一日で最多」「 7人が死亡」 のように、「一日で最多」は「78人感染」にかかっています。 ミスリードですね。 視聴者の誤解を誘うために意図的にやっているのではないかと思うのですが、物言いがついても言い逃れができる形になっています。 都内で一気に死者が増えたように見せかけて、視聴者の不安を煽るような報道姿勢には憤りを感じます。 怪しいニュースを見た時は、鵜呑みにはせず、複数のソースを確認するように各自で心がけましょう。 2020年4月7日、緊急事態宣言(7都府県が対象) 新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言に関する公示 新型インフルエンザ等対策特別措置法(平成二十四年法律第三十一号)第三十二条第一項の規定に基づき、次のとおり、新型コロナウイルス感染症(同法附則第一条の二第一項に規定する新型コロナウイルス感染症をいう。 以下同じ。 )に関する緊急事態が発生した旨を宣言し、次のとおり公示する。 令和二年四月七日 新型コロナウイルス感染症対策本部長 安倍晋三 (一)緊急事態措置を実施すべき期間 令和二年四月七日から五月六日までとする。 ただし、緊急事態措置を実施する必要がなくなったと認められるときは、新型インフルエンザ等対策特別措置法第三十二条第五項の規定に基づき、速やかに緊急事態を解除することとする。 (二)緊急事態措置を実施すべき区域 埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、大阪府、兵庫県及び福岡県の区域とする。 (三)緊急事態の概要 新型コロナウイルス感染症については、 ・肺炎の発生頻度が季節性インフルエンザにかかった場合に比して相当程度高いと認められること、かつ、 ・感染経路が特定できない症例が多数に上り、かつ、急速な増加が確認されており、医療提供体制もひっ迫してきていることから、 国民の生命及び健康に著しく重大な被害を与えるおそれがあり、かつ、全国的かつ急速なまん延により国民生活及び国民経済に甚大な影響を及ぼすおそれがある事態が発生したと認められる。 npb. html 以下の7都府県を対象に緊急事態宣言が出されました。 東京都• 神奈川県• 千葉県• 埼玉県• 大阪府• 兵庫県• 福岡県 期間は2020年4月7日~5月6日。 2020年4月17日、緊急事態宣言(全都道府県が対象) 新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言に関する公示の全部を変更する公示 新型インフルエンザ等対策特別措置法(平成二十四年法律第三十一号)第三十二条第三項の規定に基づき、新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言に関する公示(令和二年四月七日)の全部を次のとおり変更する。 令和二年四月十六日 新型コロナウイルス感染症対策本部長 安倍晋三 (一)緊急事態措置を実施すべき期間 令和二年四月七日(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、大阪府、兵庫県及び福岡県以外の道府県については、同月十六日)から五月六日までとする。 ただし、緊急事態措置を実施する必要がなくなったと認められるときは、新型インフルエンザ等対策特別措置法第三十二条第五項の規定に基づき、速やかに緊急事態を解除することとする。 (二)緊急事態措置を実施すべき区域 全都道府県の区域とする。 (三)緊急事態の概要 新型コロナウイルス感染症については、 ・肺炎の発生頻度が季節性インフルエンザにかかった場合に比して相当程度高いと認められること、かつ、 ・感染経路が特定できない症例が多数に上り、かつ、急速な増加が確認されており、医療提供体制もひっ迫していきていることから、 国民の生命及び健康に著しく重大な被害を与えるおそれがあり、かつ、全国的かつ急速なまん延により国民生活及び国民経済に甚大な影響を及ぼすおそれがある事態が発生したと認められる。 npb. html 緊急事態宣言の対象が7都府県から47都道府県(全国)に拡大されました。 緊急事態宣言(全国)• 期間: 2020年4月17日~5月6日• 対象: 全都道府県 また、以下の13都道府県は「 特定警戒都道府県」に指定されました。 特定警戒都道府県(もともと緊急事態宣言が出ていた7都府県)• 東京都• 神奈川県• 埼玉県• 千葉県• 大阪府• 兵庫県• 福岡県• 特定警戒都道府県(元の緊急事態宣言の対象ではなかったが、追加された6道府県)• 北海道• 茨城県• 石川県• 岐阜県• 愛知県• 京都府.

次の