うつ病 休職 お金。 うつ病の退職で会社都合にして傷病手当金と雇用保険を全部もらう方法

うつ病の退職で傷病手当金をもらう条件【失敗しない退職後の生活方法】

うつ病 休職 お金

ノルマが達成できずストレスに 平成28年10月に大手広告会社の女子社員が月105時間以上の労働で「うつ病」を発症し自殺したと労災認定されました。 平成29年6月にも外国人実習生がパワハラで「うつ病」を発症、同年10月にも高野山の僧侶が1カ月の連続勤務で「うつ病」を発症したと労災認定がありました。 労災とは労働者が仕事上、通勤上の災害に対して行われる労災保険(正式には労働者災害補償保険)のことです。 厚生労働省では平成23年12月に「心理的負荷による精神障害の認定基準」を新たに定め、労災認定を行っています。 うつ病等精神障害で労災認定を受けるには以下のような基準を満たしていなければなりません。 認定基準となる精神障害を発病していること。 精神障害の約6か月間に業務による強い心理的負荷が認められること。 業務以外の心理的負荷や個体側要因により精神障害が発病したとは認められないこと。 うつ病など発病前の約6か月間に業務上の特別な出来事や具体的出来事の有無、1か月間または3か月間など期間内での長時間労働の有無、私生活上の精神的ストレスの有無など詳細にわたる基準を満たしたと認められれば労働災害として認定されます。 うつ病発症が労災だと認定されれば、労災保険から給付金 例えばうつ病や急性ストレス性障害は業務関連で発病しやすい精神障害の代表とされています。 うつ病などが労災と認定され、会社の管轄の労働基準監督署へ手続きすれば支給される主な給付金を挙げてみます。 療養補償給付 病院通いでかかった治療費や要件を満たした交通費などが支給されます。 自己負担無なので、労災指定病院なら原則無料で治療を受けられます。 休業補償給付 労災で療養のため、賃金を受けていなければ会社を休んで4日目から、発症直前3か月間の賃金の約8割が休業補償給付として支給されます。 うつ病が私生活上のことが原因なら健康保険から給付金 私生活上のトラブルなどが原因でうつ病などの精神障害を発病することもあります。 労災認定は基準が厳しく、精神障害の労災給付支給決定率は、平成28年度で36. その場合、働くことができない(労務不能)なら健康保険から傷病手当金が最長で1年6か月支給されることがあります。 会社に迷惑かと思っても極力休業中は会社に在籍していた方が無難でしょう。 復職がかなわず残念ながら会社を退職する場合でも、傷病手当金の継続給付をもらえるように注意しましょう。 1年以上会社員(健康保険)を継続し、労務不能で賃金をもらわない状態(会社欠勤)が4日以上続いてから欠勤期間分を健保に傷病手当金を請求し、最後に退職するようにしましょう。 休みが長くなっても有休中には退職しないことです。 健康保険から最初の欠勤期間分の傷病手当金が支給され、うつ病が治ったと思い、同じ職場に復帰または退職後再就職したとします。 その後うつ病などが再発して労務不能になっても傷病手当金は原則再支給されません。 とうつ病が治ってから復職する方がいいでしょう。 うつ病などの治療にかかった高額療養費を健康保険へ請求できるし、限度額認定申請書を手続きし、自己負担を軽減することもできます。 うつ病で退職ならハローワークへ受給期間延長を! もし、うつ病状態で会社を退職した場合、雇用保険では失業等手当は申請せず、お住いのハローワークへ「受給期間延長」の手続きをしましょう。 退職してから最長4年間、失業手当などを受ける権利を延長できます。 派遣会社に登録をしただけで「労務不能」ではないと、健康保険から傷病手当金の継続給付を止められたケースもあるそうなので、うつ病で通院中は求職活動は行わない方が無難でしょう。 うつ病が長引く場合は、障害厚生年金の請求を。 うつ病等に関して原則最初に病院に行った(初診日)のが、会社員(厚生年金)時代だったなら、初診日から1年6か月経過日にも、退職後でもうつ病なら障害厚生年金を請求できます。 もっと軽いうつ病なら初診日から5年以内で障害手当金を請求できます。 国民年金・健保の保険料はうつ病でも自動的に支払い免除されることはありません。 保険料の支払が苦しい場合は市区町村役場へ免除・猶予申請をした方がいいでしょう。 仕事上?私生活上?どちらが原因かわからない場合。 「うつ病」など精神障害の場合、仕事上か私生活上の発病なのか特定しづらいことも多いのです。 労災保険の基準は厳しいため申請したものの不支給だった、その後健保に傷病手当金を申請してみたところ、2年の消滅時効で不支給になったケースがあります。 休業している被保険者が療養で大変な時期に、療養費用を全額自己負担する事態を避けるためにも、健康保険の「傷病手当金」と労災保険の療養補償給付と両方に支給申請してみましょう。 厚生労働省からも何回か「保険給付の弾力的対応」について通達があります。 民間保険の生命保険・損害保険では? これまで生命保険会社は精神疾患に対応する保険には消極的でしたが、精神疾患の患者は増加しており、対応が変化してきています。 昨年11月に突発性難聴や胃潰瘍などのストレスによる疾患が診断されると給付金が出る医療保険を発売する保険会社も出てきました。 医療保険だけでなく就業不能保険でも精神疾患で働けなくなった場合に備える保険が昨年10月に発売されています。 保険料が割高な引受緩和型の医療保険を検討する前に、精神疾患に対応した医療保険や就業不能保険で加入が可能かどうか確認してみた方がいいでしょう。 【関連記事】.

次の

うつ病で休職したいあなたへ。休職のメリット・デメリットと過ごし方を解説|U2部(うつぶ)

うつ病 休職 お金

あまり人と会うことはなく、基本的にはお家で仕事をしたり家事をしたりしながら暮らす日々ですね。 うつ病で会社を退職。 その後の仕事について。 会社に属さずフリーランスとして生きていく道へ 退職後は 趣味として始めたYouTubeが1つの仕事になっています。 幸いにも始めてすぐにヒットし、約2ヶ月後には月1万円の広告収入が入るようになっていました。 その後しばらくは 「専業YouTuberとして生きていこう」と思い、約1年ほど奮闘していました。 ただ『お金』を目的に頑張ることに疲弊したので現在はただの趣味として続けています。 趣味を仕事にする大変さをしみじみと感じましたね。 現在はYouTubeだけでなく、ブログ業やライター業も行っています。 すべて会社に属さず、パソコン1台でできるため、自分のペースで無理なく働けています。 転職や再就職に関しては 何百回と考えてきましたが、 結局今の働き方が自分にあっていると感じてやめてきました。 未だに不安が頭をよぎったり、衝動的に転職活動に走ることはありますが、今後もおそらくフリーランスとして生きていくのだと思います。 うつ病になってお金や仕事に悩む方へ伝えたいこと 今回は私がうつ病になってからのお金・仕事事情について紹介してきました。 私がうつ病で悩む方に伝えたいことはまずは 『休むこと』ですね。 仕事やその他のことを考えるのはあとでいいので健康を最優先で考えましょう。 そして元気になってきたら 『固定費の見直し』をすることをおすすめします。 固定費はできる限り減らしましょう 大手キャリアの携帯、今も使っていませんか? 携帯代はもっともカンタンにかつ効果的に月々の出費を減らせるところなので、格安携帯を使っていない方は早いうちに切り替えましょう。 私は楽天モバイルに契約し直したところ、 月々の携帯代が7500円から2500円まで下がりました! しかもソフトバンクで買ったiPhoneをそのまま引き継ぎ利用しているので仕事にも支障はありません。 携帯代以外にも固定費で削減できるところがないか、一度見直すことをおすすめします。 税金やお金について正しく勉強しましょう お金がないと療養にも専念できませんし、精神的にも辛くなります。 うつ病悪化にもつながりかねないので、お金について勉強しておくことは本当に大切だと思っています。 私は お金に関する本を読んだり、無料で参加できる 投資セミナーに行ったりしてお金に関する教養を高めていきました。 本のおすすめはこの3冊です。

次の

うつ病の診断書があれば休職できる?休職期間の給料は?

うつ病 休職 お金

この本の著者であり、沖縄でクリニックを開業している中嶋聡医師の主張は、「現在の精神医療の現場において、うつ病休職が必要という診断書が、あまりに安易に乱発されている」ということにある。 本書の冒頭では、皮肉を込めて「うつ病休職の診断書をもらう方法」を指南するのだが、その内容は、「なるべく若い医者がやっていて、心療内科と内科を標榜していて、さらに、できれば同僚に深刻そうに見えないけど休職している人がいたら、その人と同じクリニックに行く」という具合だ。 「抑うつ反応」は病気ではない? 中嶋医師は臨床の現場で、本当にうつ病かどうか疑わしいにもかかわらず、「うつ病のため休職が必要」という診断書を求める人の多さに苦言を呈する。 同医師からすると、診断書問題とは、すなわち病気になることで利益を得るという「疾病利得」に属するものであり、苦しいときに少しでも楽な道があればそれを選ぼうとする気持ちが、診断書の要求につながっているのである。 そこには、問題が起きそうになるとそこから回避するため診断書をもらってくるよう従業員に指示する会社の事情や、診断書をもらうことで時には「傷病手当金」や「障害年金」まで得られるという経済的事情もからんでいる。 中嶋医師は「うつ病ではないか」と診断書を求める人に、「抑うつ反応や心因反応、さらには疾病性なし」といった診断を下すことも多い。 本人としてはまぎれもなく体調が悪くなっていたり、上司との関係や深夜にまで及ぶ労働に苦しめられているのだから、それをあたかも「詐病」のように否定するのは、患者に冷たすぎるのではないか、という気がしないでもない。 また、中嶋医師は有名な労働裁判のケースに関しても、「うつ病」ではなく「抑うつ反応」だという見立てを示している。 これを見ると、同医師の考えるうつ病は、かなり定義が狭い範囲に限定されている印象を受ける。 「病気」と「苦悩」は別物であり、抑うつ反応は苦悩であって病気ではないというのが中嶋医師の見解だ。

次の